夜にお茶を飲んで質の良い睡眠をとろう!おすすめのお茶3選

夜、寝る前にお茶を飲むとほっこりと落ち着いた気持ちになりませんか?

実はお茶には、睡眠の効果を上げることが出来る効能があります。

しかし、一口にお茶と言っても、日本茶、中国茶、紅茶にハーブティなど様々ありますが、どんなお茶を飲むと質の良い睡眠をとりやすくなるのでしょうか。

今回は、質の良い睡眠をとるためのお茶をご紹介します。

眠る前にゆったりとお茶を飲んで、気持ちの良い睡眠をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生、一人暮らしは寂しい?つらい?そんな悩みの解消法

地元から離れた大学への合格が決まり、入学と同時に一人暮らしをするという学生さんは多いのではないでしょ...

鼻呼吸に変えるだけで睡眠・美容・健康の効果が得られる?!

あなたはいつも、口呼吸をしていますか?それとも鼻呼吸をしていますか?このように聞...

ベッドが窓際で寒い!!寒くて眠れないときの対処法

窓際の冷気ってすごく寒いですよね??ベッドを窓際に置いて寝ている人はあまりの寒さに目が覚めること...

肌荒れ防止には質のよい睡眠時間が不可欠!その対策とは?

「吹き出物ができてる!」、「なんかお肌がカサカサ!」と、肌荒れでお悩みの方、いらっしゃいませんか...

赤ちゃんの睡眠を妨げているのは常夜灯かも!その理由とは?

部屋の常夜灯をつけずに赤ちゃんを寝かしつけていると、暗闇によって「赤ちゃんが怖いようで泣いてしま...

睡眠中によだれが垂れてしまう原因とは?対策方法教えます!

「つい電車でウトウトしていたらよだれが垂れてた!」、「朝起きたらよだれの跡が!」という経験、あり...

子供のベッドの転落防止対策とは!?安全に寝かせるポイント

子供のベッドからの転落事故は、ママなら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?大人にとっ...

睡眠の質はパジャマで変わる!?気になるパジャマの選び方

あなたは、眠るときどのような寝間着を着ていますか?もしも、パジャマではなくジャージなどの...

短時間で深い睡眠を取れる健康方法!質の良い睡眠を考えよう

忙しい毎日の中で、あなたは十分な睡眠を取れているでしょうか?短時間でも深い睡眠を取ることが出...

大学で勉強に苦労するのはどんな人?記憶力を高めるには?

大学生の皆様、勉強で苦労されていますか?勉強の苦労は、人によって様々かと思います。ではどんな...

大学での勉強内容がわからない!大学でのベストな勉強方法!

受験勉強を頑張って希望の大学に入り、憧れの大学生活スタート!!かと思いきや、今までと勉強の内...

睡眠不足で悩める方に!入眠促進に期待できる食べ物をご紹介

睡眠時に、なかなか寝つけなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。夏の暑い日や気持ち...

ホテルのベッドで熟睡できる?色んな種類の安眠法で快眠を!

出張や旅行でホテルを利用される方も多いと思いますが、皆さん、熟睡できていますか?「ホテル...

ダイニングテーブルに、こたつを取り付けるメリットは?

一般的なこたつといえば、座卓タイプで床にそのまま直接座るタイプです。座卓タイプのこたつは気持ちよ...

疲労や体力の回復には何より良質な睡眠!そのためにできる事

ストレス社会の現代、心身ともに疲れが取れないとお悩みの方が多いのではないでしょうか?ただ...

スポンサーリンク

夜にお茶を飲むと眠れなくなる?

おすすめのお茶をご紹介する前に、夜にお茶を飲むのは本当に良いのでしょうか?

そもそも、「夜にお茶を飲むと眠れなくなる」という言葉もよく聞きますよね。

特に、年配の方だと「お茶は眠りを妨げるもの」と認識している方が多い傾向にあります。

では、なぜそのように矛盾した意見があるのでしょうか。

おそらく、理由はカフェインにあると考えられます。

カフェインは眠気覚ましに良いということが広く知られているので、眠気覚ましにコーヒーを飲む方は多いでしょう。

しかし、カフェインはコーヒーだけではなく、紅茶や緑茶にも含まれています。

事実として、カフェインは交感神経を刺激するため、睡眠を妨げる効果があります。

また、カフェインには利尿作用もあるため、トイレが近くなることを原因と考える方もいるかもしれませんね。

ただ、カフェインを含んでいても量によっては問題がないとも言われています。

夜にお茶を飲むときは、お茶の種類や量をしっかりと考えて飲むことが肝心です。

それを踏まえて、おすすめのお茶を見ていきましょう。

夜に飲んでも睡眠を妨げないお茶① ほうじ茶

まず、夜に飲むのならばおすすめしたいのは、ほうじ茶です。

ほうじ茶を飲んだことのある方は多いでしょうが、ほうじ茶が緑茶と同じ茶葉を使っていることは知らない方もいるかもしれませんね。

ほうじ茶は、煎茶や番茶を焙煎したものになります。

先ほどカフェインについて述べましたが、日本茶でカフェインの含有量が多いものは玉露がトップで、エスプレッソにも劣らない量が含まれています。

次に抹茶が挙げられますが、煎茶やほうじ茶はさらにその下となるので、睡眠を妨げるほどの量は含まれていないと考えて良いでしょう。

ほうじ茶の香ばしい香りにはリラックス効果があり、胃にやさしいので食事処などでは食事中にほうじ茶を、食後に煎茶を、と分けて出すところも多くあります。

ほうじ茶には、「テアニン」という成分が多く含まれているのですが、テアニンは副交感神経を優位に働かせるので、癒しや睡眠の効果がアップ出来るのです。

さらに、α波を増加させてくれるという効果もあるため、脳もゆったりと落ち着かせてくれます。

日本人には馴染みのあるお茶で、癖もないので飲みやすく、まさに眠る前の一杯としては適したお茶と言えます。

夜に飲んでも睡眠を妨げないお茶② ゆず茶

次におすすめしたいお茶は、ゆず茶です。

ゆずの香りもまた、日本人には馴染みの深いものですし、リラックス効果が高いことには定評があります。

ゆず茶はカフェインが含まれていませんし、ゆずの皮にある「シトラール」という成分が精神安定とリラックス効果、安眠効果を高めてくれます。

また、柑橘類の中でも特に多くのビタミンCが含まれているので、冷え性や風邪の予防にも良いとされています。

冬至には「ゆず風呂」に入るという風習からも、ゆずのリラックス効果や冷え性予防の効果を感じられますよね。

また、デトックスや疲労回復などの嬉しい効能もあります。

安眠とは直接関係ないと思うかもしれませんが、身体が疲れすぎていると中々寝付けないものですし、毒素が溜まってむくんだ身体も安眠を妨げることがあります。

色々な角度から、ゆず茶は質の良い睡眠をとるためのお手伝いをしてくれていると言えるでしょう。

さらにやさしい甘さも身体を落ち着かせてくれている一因なのですが、砂糖が多く含まれているので、摂りすぎないように注意は必要です。

特に、夜に飲むには量を控えめにした方が安心ですね。

小さめのカップに一杯飲むだけでも、しっかりと効果は感じられます。

夜に飲んでも睡眠を妨げないお茶③ 梅昆布茶

もうひとつおすすめしたいお茶として、梅昆布茶を挙げます。

梅昆布茶を常備している家は少ないかもしれませんが、粉末で販売しているので急須を汚すこともなく、夜に入れるお茶としてはとても便利と言えます。

梅昆布茶に含まれるクエン酸やカリウムには疲労回復効果があるので、疲れた身体を休めてゆっくりと睡眠がとれることでしょう。

また、独特の香りも癒しの効果がありますよね。

さらに、カルシウムやミネラルが豊富なことで、抗菌作用や解毒作用にも優れています。

梅昆布茶には、玉露入りなどの但し書きがないものであればカフェインも含まれていないので、睡眠を妨げる要素はありません。

ただし、他のお茶と比べて少々塩分が高めとなっています。

そのため、やはり飲み過ぎは良くないので、一日に一杯ほどにしておくと良さそうですね。

梅昆布茶はお料理に使用する方も多いので、余ってしまったら他に使い道があることも魅力的ですよね。

梅と昆布の力を借りて、身体を綺麗にしつつ質の良い睡眠をとっていきましょう。

ハーブティは?ペットボトルのお茶はどうなの?

さて、安眠効果のあるお茶と言えばハーブティが挙げられますよね。

中でも、カモミールやレモングラスなどは、ハーブティを飲まない方でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

確かに、ハーブティには安眠効果の高いものが非常に多くあるので、夜に飲むお茶として選ぶ方も多いのですが、飲み慣れていない方には、あまりリラックス出来ないという評価もあるために意見が分かれるところです。

睡眠に効果のあるのは成分だけではなく、好みの香りや味でもあるということでしょう。

飲み慣れていてリラックス出来るという方には、もちろんハーブティも強くおすすめします。

種類が豊富なので、自分の好みで選べるのも良いところですよね。

ぜひ、お気に入りのひとつを探してみましょう。

また、ペットボトルのお茶でも効果があるのかは気になるところです。

ペットボトルのお茶でも、「濃い目」とされているお茶にはカフェインが多く含まれているので、あまりおすすめは出来ません。

一方、十六茶や爽健美茶、天然ミネラル麦茶はカフェインが含まれていないので安心して飲むことが出来ます。

また、ほうじ茶と玄米茶も、緑茶と比べてカフェインは少ないので、少量ならば安心です。

夜にお茶を飲むときの注意点

どのようなお茶を飲むと良いのかわかったところで、夜にお茶を飲むときの注意点も確認しておきましょう。

先ほども触れた利尿作用のことも考えると、飲む時間帯は眠る寸前よりも30分くらい前までが理想的です。

また、基本的には歯磨きの前に飲むようにしましょう。

お茶の種類によっては糖分や塩分が含まれていますし、そうでなくても「タンニン」など歯の黄ばみの原因となる成分も含まれています。

タンニンは微量であっても、毎日飲み続けると歯に「茶渋」が付いたような状態になってしまいますので、注意が必要です。

そして、夜にお茶を飲むときは、季節を問わず温かい方が望ましいですね。

眠るときには通常体温が下がるものですが、内臓は冷たいものが入ってくると、これ以上冷やさないように体温を下げることをストップさせてしまいます。

その結果、睡眠が妨げられてしまうことになります。

温かいものが難しくても、せめて常温にするようにしましょう。

また、お茶を飲むときには、あまり摂りすぎずにカップ一杯くらいがおすすめですよ。

安眠のためにお茶で身体を癒してあげよう

お茶を飲んで、ほうっと息をついている構図は、誰でも思い浮かぶものですよね。

温かいお茶は、人を落ち着かせてくれるやさしい飲み物です。

適切なお茶を、適切な量で摂ることで、質の良い睡眠を得ることが出来るのなら、ぜひとも試してみたいですよね。

寒い冬には特に、心も身体もしっかりと温めて、気持ち良く眠れるようにしたいですね。

今日から温かいお茶で、身体を癒してみてはいかがでしょうか。