布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団とベッド、腰痛に良いのはどっち?それぞれの特徴

2018.1.14

腰痛は、全体の3割の人がなると言われています。

そんな腰痛持ちの人が悩むのは、「お布団とベッドどっちがいいんだろう?」という事ではないでしょうか。

そんな腰痛持ちの人は、是非目を通してみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

赤ちゃんのお布団にカビが!!安全な取り方と対処法は?

赤ちゃんは大人の何倍も汗をかきます。なので布団にもカビは生えやすいのです。 また、カビは赤ちゃんに...

部屋のカビってどこから生える!?カビ対策をして予防しよう

カビというのは実は、空気中どこにでも漂っているそうです。 そのカビがあちこちに付着し発育条件が...

お布団で感じる虫刺されはもしかしたらダニかも?対策法は?

お布団で虫刺されに遭った事はありませんか? それは、もしかしたらダニによる虫刺されかもしれませ...

お布団には、それぞれ正しい天日干し方法がある!

お布団の天日干しですが、一番の目的は乾燥させることです。 お布団を天日干しすることで、ふんわり...

お布団を宅配便・宅急便で送る時や引越しでの梱包方法は??

お布団を宅配便や宅急便で送る時や、引越しの際には、どうやって梱包したらいいのでしょうか? お布...

こたつテーブルはどう選ぶ!?こたつを簡単にdiyする方法

寒い時期と言ったら、こたつテーブルですね。 今は、こたつもおしゃれなデザインが多く出ています。 ...

床や畳にささくれ!?無垢材と畳のささくれ修理方法をご紹介

ご自宅の床に傷ができて、ささくれになっていませんか!? ささくれていると素足で歩くのは危ないで...

腰痛に悩んでいる人必見!お布団に工夫するだけで和らぐ?

高齢者だけでなく、若い人も悩んでいる人が多い「腰痛」ですが、皆さんは痛い時どうしていますか? ...

地域によって畳の大きさは違うの!?江戸間や団地間って何?

地域によって、畳の大きさが違うのをご存知でしょうか? 京間、六一間、江戸間、団地間など、畳には...

布団入れの袋を考える!保育園ではどんなものを選ぶ?

保育園に入園が決まったら、お昼寝用のお布団が必要となります。 そのお布団は週初めに持って行き、...

畳にウッドカーペットを敷くとカビが生える?!その対処法は

畳の上にウッドカーペットを敷いてお部屋の雰囲気を変えたい! というかた、いらっしゃいますよね。ウッ...

教えて!羽毛布団の正しい天日干し方法・どんな効果がある?

羽毛布団をお使いの方、こまめに天日干ししていますか? 衛生的に羽毛布団を使い続けるために、天日...

昔はお布団がなかった!?お布団の歴史について

お布団といえば、日本に昔からあるイメージですよね。 ですが、一般家庭でもお布団が普及するように...

幼稚園のお昼寝布団選び!サイズは?柄は?選ぶポイントは?

幼稚園に入園する際の準備物で、最も悩んでしまうのが「お昼寝布団選び」ではないでしょうか? 小さ...

新生児のお布団はどう洗濯する?方法や頻度をご紹介!

新生児は新生児用のお布団があるけれど、これって普通のお布団と洗濯の方法は同じなのでしょうか。 ...

スポンサーリンク

腰痛はなぜ起こる?寝具が原因かも?

腰痛は国民病とも言われるほど、幅広い世代で悩まれている病気です。

お仕事であったり、スポーツであったり、様々な原因が考えられますが、実は寝具による原因の可能性もあり得るのです。

なぜ、寝具が原因で腰痛になってしまうのでしょうか。

ベッドを使っている人もいらっしゃれば、お布団で寝ているという人もいらっしゃいますよね。

共通している事は、「正しい寝姿勢で寝られているか」という事です。

まっすぐ立っている状態と、寝ている状態が同じな場合は、正しい寝姿勢であると言えますが、もし寝具が柔らかいものであれば、腰の部分だけ沈んでしまい、正しい寝姿勢ではなくなってしまいます。

そうなると、腰痛の原因となってしまう可能性もあります。

また、寝具が硬すぎてしまえば、肩や腰に圧力が集中してしまい、しびれや痛みを発症し、腰痛や肩こりの原因ともなってしまいます。

寝具が原因で腰痛が起こってしまう人は、身体の圧力が分散出来ていない事、また、寝姿勢保持が出来ていない事が原因と考えられます。

そのため、お布団やベッドを選ぶ際は、「体圧分散」と「寝姿勢保持」が出来るものを選ぶ事が重要です。

もし、ベッドやお布団を買い換える事が出来ないという人の中で、硬い寝具で寝ている人は、腰や肩にクッションを敷くと良いでしょう。

また、柔らかい寝具の人は、硬めのマットレスを下に敷くなどの対策を取る事で、改善する事が出来ます。

お布団とベッド、腰痛に良いのはどっち?

腰痛持ちの多くの人が気になるのは、「お布団とベッドはどちらが腰痛に良いのか」という事ですよね。

腰痛が気になるという人におすすめなのは「お布団」です。

なぜ、お布団の方が良いのかというと、ベッドのマットレスよりも、床に直置きするお布団の方が硬いからという理由があるようです。

ベッドのマットレスが身体に合わない場合、身体が深く沈み込んでしまい、腰痛を悪化させてしまったりする事も考えられます。

それにより、骨盤が変形してしまう事もあるため、マットレスは慎重に選ばなければなりません。

それに比べ、お布団は、ベッドよりも寝心地は落ちてしまうかもしれませんが、背筋をまっすぐしやすいです。

そのため、正しい寝姿勢を維持する事が出来、腰への負担も軽減される事から、お医者さんでも腰痛の人にはお布団を推奨しているようです。

しかし、お布団が腰痛には良いと言いますが、お布団よりもベッドを使っている人の方が多い事が現状です。

家に帰ってすぐに横になれる、お布団を敷く手間がないなどの魅力を持っているベッドですが、腰痛持ちの人はこれを機にお布団にしてみると良いのかもしれませんね。

朝ベッドから起きると腰痛が!なぜ痛むの?

お布団ではなく、ベッドを使用している人は、朝ベッドから起きると「腰が痛い!」とお悩みの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

原因としては、マットレスや敷布団が身体に合っていないという理由が考えられます。

最近では低反発のマットレスも販売されており、ふかふかで柔らかくて気持ちがいいから使っているという人もいらっしゃいますよね。

先程からお伝えしているように、ベッドで寝る場合はマットレス選びがとても大切なポイントになってきます。

先程お伝えした、「マットレスは身体が沈む」事について詳しくご説明していきます。

マットレスは身体が沈みやすいとお伝えしていますが、身体でどこが一番沈みやすいのかご存知でしょうか。

実は寝ている時は、腰や胸が一番沈みやすい部分となっています。

仰向けで寝ている時は、胸に約33%、腰には約44%もの圧力がかかってしまい、筋肉が緊張した状態になってしまいます。

寝返りをうつときも、頭と腰の回転速度が異なるため、首や腰にねじれが生じてしまい、腰痛や肩こりの原因となってしまうのです。

その結果、朝起きたら腰痛となって痛みが出てしまうわけですね。

その他にも、疲れが取れづらかったり、寝ているのに昼間も眠いなどの日常生活にも影響が出てしまう事もあります。

痛みがひどくなってしまうと、夜中に痛さで目が覚めてしまうなどの睡眠障害ともなる可能性があるので、ベッドで寝ているという人は、自分の身体に合ったマットレスを選ぶように心がけましょう。

ベッドのメリット・デメリット

皆さんはベッドのメリット、デメリットをご存知ですか?

腰痛にはお布団が良いとはいっても、どちらにもメリットはありますし、デメリットもあります。

自分の中で「お布団よりもベッドのメリットが良い!」と感じるのであれば、マット選びを慎重にしてベッドにする事も可能です。

では、お布団とベッドのメリットを知っていきましょう。

まず最初に、ベッドのメリットから見ていきましょう。

・準備、片付けが不要

ベッドの一番のメリットとも言えるのが、寝具の準備や片づけをしなくても良いという事です。

・起きるのが楽

お布団とは違い、ベッドは高さがあるためベッドの端から足を出し、起き上がるだけで立ち上がる事が出来ます。

・床の埃がつかない

ベッドは床面から離れているため、床にあるほこりなどが付きにくく、就寝中も吸い込みにくい事がメリットとして挙げられます。

では、ベッドのデメリットはどのような事があるのでしょうか。

・デッドスペースが出来てしまう

ベッドは家具の中でもトップレベルの大きさですよね。

そのため、お部屋のスペースをかなり取ってしまうので、使いづらいデッドスペースが生まれてしまいます。

・掃除が面倒

ベッドの下は特に埃がたまりやすい空間となってしまうため、掃除をする際にベッド下を注意しながら掃除する必要があります。

・落下の可能性

寝相が悪い人は、寝ている間にベッドから落ちてしまう事もあります。

小さいお子さんなどには、ベッドガードを準備するなどの対策が必要となります。

以上がベッドのメリットデメリットとしてあげられます。

では次は、お布団のメリットとデメリットを見ていきましょう。

お布団のメリットとデメリットとは?

では次は、腰痛におすすめのお布団のメリットとデメリットを見ていきましょう。

お布団のメリットは、

・お部屋を有効に使う事が出来る

朝起きたらお布団をあげる事で、寝室としても、寝室以外のお部屋としても使用する事が出来ます。

また、もしお部屋が使えない場合は、別の場所にお布団を敷いて寝るなどの利点もあります。

・落下の心配がない

ベッドは高さがあるため、寝ている間に落ちてしまう可能性がありますが、お布団ははみ出す事はあっても、落ちる事がないため、小さいお子さんでも安心して使用する事が出来ます。

・お布団を天日干しして衛生的に

お布団の場合は天日干しをする事で、ダニなどの防止を日頃から行う事が出来ます。

また、クリーニングで丸洗いも可能ですので、衛生面も心配がありません。

お日様の匂いがするお布団で寝るのは、とても気持ちが良いですよね。

お布団でしか味わえないメリットと言えます。

以上がお布団のメリットになります。

では次は、お布団のデメリットについて見ていきましょう。

・床に直敷きのため、埃が気になる

埃は床などの低い場所にたまりやすいため、まめに掃除をしないと埃がたまってしまいます。

埃が溜まっている床に寝ると、睡眠中も埃を吸ってしまう可能性があります。

・寝る前、起きた後の片付け、収納スペースの確保

お布団で一番のデメリットとなるのが、毎日のお布団の片付けと準備です。

敷布団は重さもあり、毎日するとなると腰痛持ちの人には堪える作業ともなってしまいますよね。

また収納場所の確保も必須となってきます。

・カビの原因

お布団の敷きっぱなしは湿気が分散されないため、カビが発生してしまう事もあります。

以上がお布団のデメリットとしてあげられます。

ベッドもお布団も、どちらもメリットデメリットが存在します。

メリットとデメリットを見比べて、自分に合う方を選んでみましょう。

お布団やベッドで出来る腰痛に効くストレッチ法がある!?

腰痛に悩んでいる人は、お布団やベッドで簡単に出来る、腰痛に効くストレッチがある事をご存じでしょうか。

このストレッチを実践して、腰痛を改善していきましょう。

では、どのようにするのかをご説明していきます。

・太ももや内側の付け根のストレッチ

①片足を前に出し、もう片方の足は後ろに持っていきます。

②後ろに持って行った足を膝から足のつま先までを床に付けるように伸ばし、前の足は足の裏を地面に付け、ふくらはぎと太ももが付くまでしゃがみます。

③10秒間姿勢を維持し、左右1回づつ行います。

・背中のストレッチ

①まず膝立で立ちます。

②身体に近い所に手を付き、前に伸ばしていきます。

③胸が地面に近づいたらストップし、10秒間維持します。

・太ももの裏のストレッチ

①まずは仰向けに寝転がります。

②片足を上げ、ふくらはぎを持って10秒間維持しましょう。

③左右1回ずつ行ってください。

・おしりのストレッチ

①仰向けで寝転がります。

②腿あげの要領で、膝を胸に近づけます。

③10秒間維持し、左右1回づつ行いましょう。

以上のストレッチが腰痛に効果があるとされています。

どのストレッチも、慣れて来たら時間や回数を増やしていくとさらに効果的です。

腰痛持ちの人はお布団を!ストレッチをするとさらに効果的!

腰痛持ちの人はお布団で寝ると、腰痛改善には効果があるようです。

また、ベッドの人も、お布団で寝ているという人も、ストレッチをする事で腰痛を改善する事が出来るかもしれません。

簡単に出来ますので、是非実践してみてくださいね。

 - お布団