子供が一人で寝られるように助けよう!ベッドの大きさは?

毎日なにげなく生活している中で、子供の存在は、生活を幸せにしてくれますよね。

たまには、いたずらもしますし、親を困らせる事もします。
でも、不思議な事ですが、無邪気な子供の笑顔で、すべて許せてしまうこともあります。

そんな幸せな笑顔の持ち主である子供ですが、寝相が悪い子もいますよね。
360度回転して、朝にはベッドで何もなかったように幸せそうに寝ています。

親としては、回転するたびに起こされますし、一人で寝る事に慣れさせる事も視野に入れて、子供の身体にちょうどいい大きさのベッドを選びたいところです。

ですので、一人でも子供が寝るようになる方法と、子供に合わせたベッドの大きさや素材などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷蔵庫のマットを床に敷くべき理由は?マットは何を使う?

新居に引っ越した時に迷うのが、冷蔵庫の置き方ですよね。直置きか。何かマットを敷いた方がい...

コンセントがお布団の上に位置するのは危険!火事の恐れも!

ニュースでよく耳にする「火事」ですが、コンセントからの発火が原因となっていることが多くあります。...

インテリアをナチュラルに!コーディネートのポイントを紹介

お部屋のコーディネートの中で、非常に多く取り入れられており、人気が高いのがナチュラルインテリアで...

石油ストーブを使用する上での、注意点と危険性とは!?

ストーブといえば、部屋を暖める暖房器具のひとつですね。暖房器具として、使用されている方も多い...

キッチンの吊り戸棚には何を入れるべき?上手な活用法!

キッチンの吊り戸棚は手が届きにくいため、何を入れるか迷ってしまう方も多いことでしょう。特に、...

高校生でもできる!お部屋掃除の手順とコツをご紹介!

高校生にでもなれば自分の部屋を持ち、自分流にお部屋をかっこよく、または可愛く飾りたくなるものです。...

リビングで化粧をする人必見!化粧品を上手く収納する方法

ワンルームに住んでいたり、一人暮らしの女性だと、化粧をリビングでしている人も多いのではないでしょうか...

シーリングライトの設置!壁スイッチなしの部屋でも使える?

最近では、寝室として使う和室にも、シーリングライトを付ける家庭が多くなっているようです。しか...

畳が日焼けしたり傷んできた時に、裏返しは自分で出来るの?

畳のお部屋はありますか?来客時の寝室にしたり、子供の遊び部屋にしたりと、一部屋あると便利な和...

ナチュラルなインテリアをdiyして、寝室をアレンジしよう!

昔から住んでいる家だけど、そろそろ自分好みの部屋に変えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。...

60wの電球はトイレに丁度良い?トイレに適した明るさは?

トイレでご使用している電球が何wか、意識されたことはありますか?賃貸住宅であれば、元々電球が...

マットレスの分割タイプの利点!ポケットコイルで快適睡眠を

コイルがひとつひとつ独立しているポケットコイルのマットレスは、体圧分散に優れ、身体にフィットした...

部屋の天井にカビが!!カビの掃除方法をご紹介!

ジメジメとした梅雨時や結露が付く寒い冬の窓ガラスの近くの壁って、なんだか湿っぽくないですか?...

洗剤の使用期限っていつまで?食器を洗っても大丈夫?

食器用洗剤の使用期限はどのくらいなのか、疑問に思ったことはありませんか?裏を見てみても、特に記載...

一般家庭の電源コンセントはなぜ100vと200vがある?違いは?

一般の家庭での電源元になるコンセントですが、100vと200vの2種類あります。その違いはな...

スポンサーリンク

子供とベッドで一緒に寝たい!将来の事を考えて大きさ選び

「子供と一緒に寝るのは幸せを感じる瞬間でもあり、癒しの時間」と感じている素敵なご両親のもとに産まれたお子さんは幸せですね。

しかし、寝相の悪さには辟易してしまう事もあるでしょう。
寝ている時に教えて、どうにかなる事でもありません。

子供の成長とともに身体の大きさが大きくなると、より大きな悩みになります。

川の字で親子仲よくベッドで寝ていられる時間はあっという間に過ぎてしまいます。

小さい時から一緒に寝ていても、子供の自立心を育てるためには、子供にお部屋を作ってあげるのがおすすめです。

自分でする事をどんどん増やして、それを見守る事も親の役目として重要な事です。

子供が、「一人でベッドで寝るのはまだ怖い」と言うかもしれません。

それでも、子供の将来のためには、しっかり見守って、子供がベッドで一人で寝るようになるまで、心を鬼にして見守る事も大事なのです。

では、どんな大きさのベッドがいいのでしょうか。

子供の成長期の事も考え、ちょうどいいベッド、またおすすめの素材をご紹介します。

子供部屋に慣れさせよう!ベッド選びの前に

両親の愛情をいっぱい受けて安心したいという幼少期の時期で、急に突き放してお部屋を分けると心に傷をつけてしまうかもしれません。

ですので、「自分で寝てみるために興味を持たせる事」が重要になってきます。

幼い子供は、「お部屋に興味がなく、自分のベッドにも最初は興味ない」、ということが多いものです。

ですから、少しずつお部屋で遊ぶ習慣をつけて、ベッドで一人で寝る事ができるまで順序を踏めば、心を傷つけずにスムーズにお部屋作りへすすめます。

ちょうどいいベッドの大きさなどを考える前に、お部屋は安心していられる空間である事を子供に理解させていきましょう。

それには、遊ぶことしかなかった子供のお部屋で、お昼寝をする習慣をつけると効果があります。

「このお部屋で一人で寝る事は安心である」と子供が認識したのを確認してから、ベッド探しを始めましょう。

安心していないと一人で寝る事を怖がって、「つらい経験」というイメージがついてしまいます。
それだけは、避けて下さい。

大切な存在なのに、「心に傷がつく」なんて、親として望んでいないことですよね。

子供のベッドで適切な大きさは?

自分のお部屋で安心して遊べて、スムーズにお昼寝もするようになったら、今度は実際のベッド選びに進みます。

ゆっくりと慣れさせる事で安心出来る空間にしたいということはお話しましたが、ベッドは小さめよりも大きめがおすすめです。

成長期は、これから経験していきます。
そのため、最初からベッドを少し大きめのベッドにすることをおすすめします。

大人はもう大きくなりませんが、子供の成長期は幼児期にもやってきます。
すぐにサイズが合わない、という事のないよう、大きさに注意して購入しましょう。

子供によって成長する早さには差があります。

一概に、このサイズがベストです、とは言えませんが、窮屈でなく大の字に十分なれるサイズを選ぶ事をおすすめします。

ベッドから足がはみ出てるなんて、嫌ですよね。
ベッドの大きさで横幅はサイズ指定の通りですが、「ロング」という長いサイズもあります。

成長が早い子供にも対応可能で、おすすめな大きさです。

子供のベッドで正解はあるの?!適切な素材とは

育てていても思いますが、子供の成長の早さは、あっという間ですよね。

そんな、成長期に大切な睡眠時間を過ごすベッドの大きさは、大の字になれてゆとりある、ロングサイズをおすすめしました。

では、次はどんな素材が子供のお部屋でベッドの素材としていいか、をご紹介していきます。

まず、子供は走り回ります。
ベッドの上を跳ねて遊ぶ事もあるでしょう。

ですので、角が丸まっているベッドで、天然素材の木材のベッドがおすすめです。
はしゃいで怪我をする時も、角を丸くしていると怪我は軽度で済むかもしれません。

また、フレームがしっかりしていれば、子供らしくはしゃいでもベッドがしっかりしているので、よほどの事がない限りは壊れないでしょう。

ベッドフレームは重たいですが、しっかりした作りで自然の木材が特におすすめです。
飛び跳ねたりしても、しっかり耐える十分な強度があります。

塗装していたり、飾りっ気があったりすることは、子供のお部屋には、優先順位の上位ではないのです。

アレルギーなども、天然無垢素材の優しい木なら問題ないですよね。
子供らしく遊んではしゃいで、楽しめるベッドを選んでみましょう。

子供のためのお部屋ですので、大人の都合より、成長のための便利さや品質を重視してください。

ベッドの大きさよりも子供にとって重要な事

おすすめなベッドの大きさや、素材などもわかっていただけたでしょうか。
後は、一人で寝る習慣も大事である、という事もお伝えしました。

それでは、これから、何に気を使えば安心できる空間になり、子供のためのお部屋ができるか、ご紹介していきます。

居心地が悪い場所に子供は長時間いられません。
大人よりも、はっきり主張します。

ですので、安心するお部屋にするために、子供と共に、楽しいお部屋を作る事を話す事が大切です。

子供の発想は、興味ない事には反応ないのですが、自分の楽しい事には、大人では思いつかない事を思いつきます。

ベッドはここ、おもちゃはここ、など事務的にせず、話し合って決めましょう。

子供との時間を、そういう部分で大事にしていけるといいですね。

分かりやすく表現すると、お部屋自体が、おもちゃ箱なのです。

親の働きかけによって、「自由で楽しい空間をつくれる」と子供が思えると、楽しくて安心できる場所と、認識しやすくなることでしょう。

成長に大切な睡眠環境!感情的に強制はしないこと

子供に、楽しいという事を認識させる事の大切さは、ご理解していただけたでしょうか?

幼児期の子供の「自分に興味がある事に対する集中力」は、大人でもびっくりさせられるほど記憶力がいい事や、夢中になっている時に呼んでも気づかないくらい熱中するなど、凄い集中力です。

幼児期から自我の確立までの成長段階を間近で見ることができるのは、親として嬉しいことですよね。
成長と睡眠は深く関係しています。

先ほども書きましたが、大きめのサイズで丈夫なベッドを選びましょう。
また、転がり落ちないように柵などが付いたものを選びたいですね。

その時の子供の発達状態に合わせる事が重要です。

ただ、幼児期は、本当に自分が興味を持たない限り、自分一人で寝ると言い出すことは難しいので、親がしっかり見守って上げる事が大事です。

きちんとかかわってあげて、自分のお部屋は楽しい空間だという事を認識させましょう。
無理に、「ここで寝なさい!」などと、感情をぶつける事だけはやめましょう。

また、青年期に近づいた子供の大きさは予測できません。

ロングサイズでも、それ以上に身体が成長したらベッドを本人に選ばせる事も、自立に向けて、大切な事です。

子供のために楽しいお部屋にして、安心して眠れるようにしよう

家族そろって川の字でベッドで寝る事は、とても幸せで癒される時間です。
しかし、ずっと続けていけるわけではありませんよね。

子供が自分の部屋で、一人で眠れるようになるのは、親にとっては寂しくもあり嬉しい成長です。

子供の成長に合わせたベッドの大きさや素材を選びましょう。

自分で考えられるようになるその時までは感情をぶつけて行くのではなく、楽しいんだという気持ちを持つように、そっと見守りましょう。