こたつ布団で変わる部屋!インテリア性の高いこたつ選び

寒い季節は、こたつに入ってゆっくりと温まりたいですよね。

冬は、室内にいても足が冷たくなりがちです。
そんな時、ぽかぽかに温めてくれるこたつがあったら嬉しいですよね。

それも、おしゃれでインテリアとしても人目を引くようなデザインなら、もう手放せません!
実は、そんなこたつは、あるんです!

今回は、こたつ布団で部屋が変わる!インテリア性の高いこたつ選びについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不動産屋で家探し!賃貸契約の流れや必要な契約書類を確認!

進学や、就職・転勤を機に引越しをされる方は多いですよね。快適な新生活を送るために、まずは住む...

畳にお布団を敷く場合のインテリアコーデ!古き良きスタイル

近年、畳の良さが見直されており、一時期人気が低迷していた和室の物件が人気を取り戻しています。ま...

お布団がずれるお悩みを解決!寒い冬の快適な睡眠生活のため

寝ている間に、お布団がずれることはありませんか。冬の季節にずれてしまうと寒いですよね。...

ストーブの給油中に灯油をこぼした!そのときの対処法は?

一般的なストーブの燃料と言えば、みなさんもよくご存知の灯油ですね。ストーブを使っていて灯油が...

インテリアで空間演出!リビングはダークブラウンがおすすめ

自宅のリビングがなんとなく落ち着かないと感じる人には、インテリアをダークブラウンで統一することを...

壁に飾れば部屋が劇的に変わる!!タペストリーの飾り方

部屋のイメージを変えようと思ったら模様替えを思い浮かべる方が多いかと思います。しかし、模...

洗面所は造作で!毎日がオリジナリティ溢れるシンプルライフ

毎日使っている洗面所に満足していますか?メーカーの既製品も優れたものはありますが、毎日使うも...

らくらく上下する椅子は油圧式が安全?その仕組みに迫る!

レバーを上げ下げすると「シュッ」と、かっこよく自分の高さに合わせることができる昇降式の椅子。...

お布団の裏側に生えたカビを取る方法って?カビの予防法は?

いつもきちんと掃除しているつもりでも、湿気の多い季節になると「お布団にカビが生えていた」という経験を...

メタルラックが分解できない!分解の方法や使用する工具は?

メタルラックは、テレビや小物をなど、いろいろ乗せることができて便利ですよね。しかし、そんな便利...

冬に最適なふわふわ布団カバー!ネット通販で人気のアイテム

布団カバーは、大切なお布団を清潔に守ることができる重要なアイテムです。また、寒い冬の季節には...

古いお布団の引き取り方法教えます!無料から有料まで6選!

お布団を新しく買い換える時、古いお布団をどのように処分するのか迷いますよね。自治体のごみ回収...

高校生の部屋着は進化している!?高校生に人気の部屋着は!

皆さん仕事や学校から帰ってきて、何に着替えますか?ジャージやTシャツでいいやと思っている人も...

鍵がないっ!!一人暮らしで部屋の鍵を紛失した時の対処法

一人暮らしでアパートやマンションに住んでいる方、鍵をなくしてしまった経験はありませんか?どこ...

日本のトイレの疑問!男女の表記、なぜ男は青で女は赤なの?

私達が何気なく使っている公共トイレ。男女の表記って気にして見たことありますか!?ほと...

スポンサーリンク

こたつ布団の購入前に知りたい!インテリア性の高いこたつ

素敵なこたつ布団もたくさんありますが、最近は、どんな種類のこたつがあるのでしょうか。

よくある正方形や長方形の他、円形や楕円形、椅子付きにの1人用デスクこたつや、4人用の椅子付きダイニングこたつなど、生活様式や家族構成に合わせて、いろいろなタイプのこたつがあります。

温かいだけではなくて、インテリア性の高いこたつもたくさん販売されていますので、いくつかご紹介します。

○天然木を使用した猫脚のおしゃれこたつ

白と天然木の自然な風合いをいかした、2色使いがおしゃれなこたつです。
特徴は、こたつ脚部分のデザインが、猫脚になっているところです。

猫脚部分の白い曲線が上品で、冬のこたつとしての用途意外にも、オールシーズン使えるおしゃれなデザインになっています。

天然木のテーブル部分の一部に、正方形の可愛いタイルが埋め込まれており、食卓として使う際は、そこに熱い鍋を直接置くこともできます。

お友達が来たら、話題の中心になること間違いなしでしょう。

○他樹種のモザイク柄がおしゃれなアンティーク調こたつ

天板部分にアカシア、レオ、チーク、ウォールナットなどの樹木をランダムに使った、色合いが豊かなアンティーク調のこたつです。

インテリア性が高く、どこから見てもこたつには見えないほどおしゃれなデザインです。
また、天板や脚部分の角はすべて削られており、お子様がいても安心な作りになっています。

どの季節にも合うので、長く愛用したいこたつになるでしょう。

○ろくろ調の脚部が特徴のカントリー風こたつ

パイン材を使用した、ナチュラルな色合いのカントリー風のデザインこたつです。
脚部分がろくろ調のデザインになっているのが特徴です。

正方形と長方形の2つから選ぶことができるので、自分の部屋に合うものを購入することができます。

インテリア性の高いこたつの良いところは、オールシーズン楽しめるところにあります。
季節ごとに楽しめる素敵なこたつはたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてくだいね。

どんな種類があるの?インテリアにしたいこたつ布団

こたつの他に、冬にはもう1つ大事な主役が必要です。
その主役とは、こたつ布団です。

最近は、こたつ布団を使用しないタイプのこたつも販売されていますが、こたつの温かさと、好みのデザインを満喫するためには、やはり必須アイテムなのではないでしょうか。

では、インテリア性の高いこたつ布団には、どんな種類があるのでしょうか。
人気のあるものをいくつかご紹介しましょう。

○北欧柄のこたつ布団

最近は、北欧柄のこたつ布団を好む人が多いようです。

木や花、雪の結晶など、自然をモチーフとした優しい風合いと鮮やかな色使いが人気の秘密です。
ニットとボアを使った、ふわふわな感触に包まれて、幸せなひとときを過ごせそうですね。

○気分で楽しめるリバーシブルこたつ布団

表と裏で、対極色を使ったおしゃれなこたつ布団です。

片面は落ち着いた色使いのブラウン系、もう片面は、ポップなオレンジやピンク、または、爽やかなブルーを使っているので、部屋の模様替えや、気分に合わせて変えることができるところに人気があります。

○パッチワークデザインのこたつ布団

カラフルな色使いが人目を引く、パッチワークデザインのこたつ布団です。
見た目も可愛く、暖かみのあるデザインに人気があります。

明るい色使いなので、お友達や家族と楽しい時間を過ごすことができそうですね。

もっとインテリア性を高めたい!こたつ周りの合わせ技!

おしゃれなこたつと、素敵なこたつ布団を揃えたけれど、「もう少しアクセントが欲しい!」という人もいるのではないでしょうか。

そのような場合は、アイテムを増やして、さらにインテリア性を高めてみませんか?
では、どのような方法があるのでしょうか。

◇こたつ用敷布団と合わせる

ラグだけでも暖かいこたつですが、インテリア性を増すために、こたつ用敷布団を使ってみるのはどうでしょうか。

同系色で合わせても良いですし、相性の良い対極色を使っても良いでしょう。

◇おしゃれな座椅子と合わせる

最近は、ゆったりと寄り掛かることのできる、ソファのような座り心地の座椅子がたくさん販売されています。

座椅子は、こたつの欠点である姿勢の辛さと、腰の冷えを解消してくれます。

また、何段階にもリクライニングができる座椅子もあるので、背中も暖かく、こたつには相性抜群のアイテムと言えるでしょう。

こたつ布団と相性の良い色を選ぶことにより、色のアクセントが増し、よりおしゃれな雰囲気になるでしょう。

◇パレオと合わせる

使用しているこたつ布団が少し地味な場合は、部屋の雰囲気や、こたつ布団との配色のバランスを見ながら、好みのパレオを重ね掛けしてみてはいかがでしょうか。

アレンジによっては、南国リゾートのような出来栄えになるかもしれませんよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

こたつは部屋のどこに置くと効果的?機能性重視?インテリア性重視?

寒い冬に、体を温めてくれるこたつは、部屋のどこに置くのが良いのでしょうか。

◆とにかく温まりたい!こたつの機能性をより重視したい場合

理想的には、南に面していて、窓から少し離れた場所にこたつを置くのがベストです。

北向きの廊下や洗面所、浴室やトイレなどに近い部屋の場合は、寒さを感じることが多く、こたつで温まることに重点を置く人にとっては、不向きな場所と言えます。

特に寒い冬は、廊下の床の冷たさ、浴室のドアを開けた時に感じる冷たい空気は、寒さの原因になります。

また、どうしてもそのような場所を避けられない場合は、こたつ用敷布団や、こたつ用中掛け毛布を使うと良いでしょう。

◆おしゃれこたつは目立つ場所に置きたい!インテリア性の重視の場合

インテリア性を重視したい場合は、家具の配置など、全体のバランスを考慮したベストな位置に置きましょう。

無理に目立つ場所に置いても、他の家具との調和が崩れては意味がありません。

部屋全体の配色や、家具の配置をよく確かめてから置くようにすると、インテリア性の高いこたつが、より際立つことでしょう。

こたつ布団の使い方は1つじゃない!いろいろな使い方

最近のこたつ布団は、豊富な色とデザインでインテリア性が高く、「しまっておくのはもったいない!」と思っている人は意外と多いのではないかと思います。

そこで、こたつ布団の活用法について、いくつかご紹介していきます。

○ベッドカバー

こたつ布団にもいろいろな厚さはあるのですが、どの厚みでも利用しやすいのが、ベットカバーです。
特に、生地の薄いものは季節を選ばないので、ベッドカバーとしては長く愛用することができるでしょう。

○ソファカバー

こたつ布団は、ソファカバーとしても使えます。

ソファは、殆どが単色使いなので、パッチワーク風のデザインや、幾何学模様、ポップなデザインなどの柄物のこたつ布団のほうが、ソファカバーにはよく合います。

北欧柄のおしゃれなこたつ布団なども、ソファにはよく合うのではないでしょうか。
インテリアとしては、とても素敵なデザインですね。

○ブランケット

マイクロファイバーやニットの生地のこたつ布団は、厚すぎないので、ブランケットとして使用するには最適です。

お子さんのお昼寝や、肌寒い日の膝掛けとしては充分暖かく使用できます。
また、厚い生地でも寒い日には重宝するので、お布団の重ね掛けとして使用するのも良いでしょう。

こたつ布団のしまい方

素敵なこたつ布団ですが、ぽかぽかとした春の日差しを感じ始めたら、しまわなければなりませんね。
次の冬に、また快適に使用するために、しっかりお洗濯をしてから収納しましょう。

こたつ布団は、家の洗濯機でも洗えますが、手間が省けるという面で一番楽なのが、クリーニングに出す方法です。

また、大きくて厚手のこたつ布団は、家で洗えなかったり、クリーニング代が気になる場合もあるでしょう。

そんな時は、コインランドリーがおすすめです。
高温で乾燥までしてくれるので、安心できますね。

家で洗う場合は、天気の良い日を確認してから洗濯しましょう。
なるべく一日でしっかり乾くように、午前中の早い時間に干すようにしましょう。

そして、収納する場合、なるべく風通しの良い場所を選びましょう。
そうでない場合は、時々出して湿気やカビなどを防ぐようにしましょう。

また、収納の際、押入れなどに十分なスペースがない場合は、圧縮袋を使うのも良いでしょう。

ただし、収納袋や圧縮袋は便利ではあっても、長く置いておくことで湿度が上がり、ダニが住みつくこともあります。

手間がかかるように思えますが、インテリアとして楽しむ大事なこたつ布団ですから、次のシーズンも快適に使えるように、時々はメンテナンスをするようにしましょう。

お布団を干すついでにこたつ布団を出したり、あらかじめカレンダーに干す月を決めて書いておいたり、工夫しながら管理すると良いでしょう。

インテリア性の高いこたつグッズで部屋の雰囲気を変える5つの方法

1.こたつは、オールシーズン使えるものを選び、夏も楽しみましょう。

2.こたつ布団を選ぶ際は、デザインの他、生地の厚み、大きさや形も視野に入れましょう。

3.インテリア性に欠けていると感じたら、アイテムを増やしてみましょう!

4.こたつを置く位置は、寒さ対策、他の家具とのバランスを考慮して決めましょう!

5.こたつ布団は、いろいろな使い方をしてみましょう。

これで素敵な冬を過ごせそうですね。

ぜひ、参考にしてみてくだいね。