布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団をレンタルしたい!格安料金って?レンタル最新事情!

2018.1.1

今度の休みに友達が泊まりに来る、週末に親や親戚が泊まりに来る、子供のお泊まり会があるなど、急な対応に困ってしまう時ってありますよね?

そのような時に限って、急用が入って忙しかったり、金銭面にも余裕がなかったり・・・

でも、そんな時にお布団のレンタルを格安料金で利用できたら嬉しいですよね!

そこで、急な要望にも対応してくれて、尚且つ格安の料金で借りれるお布団のレンタルについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

気持ち悪い!!和室の壁にカビ発生!掃除の仕方と予防法は?

カビを見ただけで気持ち悪くてゾッとしますよね。 家屋に発生するカビは、普通にお掃除しているだけ...

風邪やウイルスの予防にはお布団も除菌するべき?方法は?

冬は、空気が乾燥しやすく風邪やインフルエンザなどにかかりやすい時期です。 予防のために除菌...

畳の上にお布団を敷きっぱなしにするとカビが発生する?

畳にお布団を敷いて寝ている人は、毎日お布団をたたんでますか? ベットのように、敷きっぱなしにし...

ダニにはダニアースが効く!?お布団にかかっても大丈夫?

ある日突然、湿疹が出来た。 とても痒い! そんなことはありませんか? それは、もしかし...

地域によって畳の大きさは違うの!?江戸間や団地間って何?

地域によって、畳の大きさが違うのをご存知でしょうか? 京間、六一間、江戸間、団地間など、畳には...

お布団の処分方法とは?小さく切ると燃えるゴミに出せる?

使わなくなったお布団を処分したいと思ったら、粗大ゴミに出すのが一般的です。 しかし、粗大ゴ...

お布団を干す意味って!?ダニを駆除する効果的な方法とは?

お布団を干すと、ふっくらして気持ちいいですね。 しかし、お布団を干しただけで、その後何もしないでい...

床にお布団を敷く時は「下敷き」を!お布団のカビ予防のコツ

最近は、畳のないお家も増えてきましたね。 昔は、畳の上にお布団を敷いて寝るのが一般的でしたが、...

便利で暖かい!お布団をふかふかにする布団乾燥機の時間設定

毎日使うお布団だからこそ、清潔で快適なお布団で眠りたいですよね。 ところが、お布団にはカビやダニが...

暑い夏の夜もエアコンを利用してお布団でぐっすり快眠を

暑い夏の夜。 エアコンをつけて眠るという方もいらっしゃると思います。 ただ、エアコンは使...

洗えるお布団はどうやって丸洗いする?シーツの洗濯方法は?

毎日使っているお布団、汗や汚れが気になりますよね。 最近では、洗えるお布団が人気ですが、どうや...

お布団はコインランドリーで洗濯可能!洗い方と注意点とは

コインランドリーでお布団が洗えるのは、もはや常識です。 ここなら、毎晩汗を吸って汚れているお布...

あこがれお布団生活!大きさを利用してソファに変身?!

最近はベッドで寝る方が多くなりましたが、絶対にお布団!という方もいらっしゃいますよね。 そんな...

お布団の干し方は室内の場合、どうすれば効果的?やり方は?

お布団を干すと言えば、明るいお日様に当てる方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。 しか...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。 ...

スポンサーリンク

すぐにお布団が必要!近場で格安にレンタルしたい!

「あまり時間がないので、できれば家に近いところでお布団をレンタルしたい!」
そんな時は、町の寝具店や大きなクリーニング店で、お布団をレンタルできる場合があります。

使用したい日にちまでの日数があまりない時は、近くでレンタルできたほうが運送に日数や時間がかからないため、急な来客にも対応できますね。

また、レンタル店まで車で行ける距離であれば、もっと時間が短縮できますし、運送費等もかからないのでより良い条件でお布団を格安にレンタルすることができます。

レンタルしたいお布団の枚数などにもよって料金もお安くなる場合があるので、お店に相談してみると良いでしょう。

また、近場の利点としては、仮に送料負担だとしても一番安い料金になるところです。
距離が近く配送料も安いとなれば、レンタルもリピートしやすいですよね。

料金だけではなく、配送に時間がかからないのも魅力の1つです。
天候にも左右されないので、より安心して利用ができます。

格安お布団の送料とレンタル料金

お布団をレンタルするとなると、気になるのが送料の有無ですよね。
ネットで探してみても、送料無料の文字は結構見つかります。

でも、肝心のレンタル料が高い場合も多いです。
それは、返却後のクリーニング代が含まれていることが多いからだそうです。

また、1泊レンタルでも7泊レンタルでも同じ料金という設定もよくあります。
これも結局、クリーニングをすることに変わりはないからでしょう。

でも極稀に、「シングルのお布団のみ1泊2000円代で往復の送料も無料!」という会社もあるようですので、ネットなどで根気よく探してみるのも1つの手でしょう。

レンタル自体のお値段は、クリーニング代が込みで3000円台から6000円台くらいが相場のようです。

1週間以内の使用であれば、1泊から7泊のレンタルでも代金が変わらない設定のところもあるくらいなので、できるだけ格安なところを狙いたいところです。

また、送料負担の場合は、レンタル会社や送る地域によって異なりますが、大体の相場としてお伝えすると、近ければ2000円前後から、遠い地域であれば3000円前後となっているようです。

レンタル代が安くても送料が別途の場合、格安のお布団のレンタル代くらいにはなってしまうので、他を探す時間の余裕がない場合を除いては、送料込みの格安のレンタル店を探すほうがお得と言えます。

とにかく格安なお布団のレンタルを探す!

お布団のレンタルを格安料金だけで探してみました。

ある会社では、通常1泊3300円が学生に限っては1500円と格安レンタルを行っています。
また、他の会社では、2日間で2676円と、こちらも格安料金です。

他にも、お布団25組レンタルで1組1500円などがありました。

冠婚葬祭の会社が行っているお布団レンタルでは1泊2916円でした。
格安ではないにしろ、お布団を2000円台でレンタルできるのはかなりお安い設定のようです。

また、大きなクリーニング店で、1泊から3泊までのレンタルで2100円、配達も無料というところもありました。
関東と香川にお店を持つ寝具会社では、1セット1泊1900円でレンタルをしているところもあります。

お布団やクリーニング店の他にも、介護などのケアショップもしているお店でもレンタルを行っているようです。

お得な価格でレンタルしたい場合は、時間のある時にネットや広告などで根気よく探すと、より格安なお布団をレンタルすることができるでしょう。

すこし変わった設定では、自分のお布団をクリーニングに出すと、1000円でお布団一式がレンタルできるところもありました。

用途に応じて、自分に合ったお布団のレンタル方法を試してみてはいかがでしょうか。

お布団をレンタルすることの利便性

お布団のレンタルは、格安店などを利用することによって、とても経済的です。

一式揃えて何組か買うとなると、経済的な負担になることに加え、時々天日干ししたりするなど、時間や労力も必要です。

また、クリーニングに出せば、お金も当然かかってしまいます。

その点、レンタル店を利用することによって、これらの手間を大幅に省くこともできて、いつでもきれいなお布団をお客様に使用してもらえます。

お布団のレンタルは、借りる側の安心感が最大のポイントと言えるでしょう。

また、お布団のレンタルシステムがとても簡単であるというのもポイントの1つです。
返却の際は袋にお布団を入れ、集荷を待つのみである場合が大半なため、片付けもとても楽です。

「高級お布団でなければダメ」ということでなければ、格安のお布団レンタルで楽に賢く対応したいものですね。

また、最近はベビーサイズのお布団を用意してあるレンタル会社もあり、お子様連れのお客様への配慮もされているようです。

レンタルのお布団にもデメリットが??

何から何まで良いこと尽くめのお布団レンタルですが、デメリットもあるようです。

例えば、近場でお布団をレンタルできなくて、ネットや電話注文した場合、到着まで1週間以上かかってしまうこともあります。

また、天候によって到着日が変更してしまうことも考えられます。
週末に使いたくても、なかなか到着日までの日数や不安を考えると、簡単には注文し兼ねてしまいます。

また、レンタルしたいと思っている、お布団の料金が高い場合もあります。

いくら格安店であっても、良いお布団は当然レンタル代も高く1セット1泊6000円前後にはなってしまう事もあります。

さらに、自分でお布団をクリーニングに出さなければならない場合もあり、近所にクリーニング店がない場合などは非常に面倒で、手間がかかってしまうこともあります。

このような事にならない為にも、来客の増えそうな時期がやってくる前に、クリーニング店やお布団を格安でレンタルできるお店を探しておきましょう。

レンタルしたお布団の返却方法

レンタルしたお布団を返却する際は、到着時に入っていたお布団ケース、またはお布団袋に畳んで入れ、あとは集荷依頼の電話をするだけ、というのが通常の流れです。

注文の際に、お布団の引き取り日をあらかじめ決めるシステムの会社もあるようです。

万が一お布団が汚れてしまった場合でも、通常はレンタル代の中にクリーニング料金も含まれているので、追加でクリーニング料金を払う必要はありません。

ただし、コーヒーや醤油、子供のおねしょなど、ひどい汚れの場合は特殊洗剤を使用するので、追加料金が発生することもあります。

また、破れてしまったなどの破損の場合も、同様に料金が発生します。

レンタル会社によって規定は異なるので、もし不安な場合は、あらかじめレンタルする会社に聞いておくと良いでしょう。

せっかく探した格安のレンタル会社なので、次回からも気持ちよく利用するために確認事項はしっかりメモしておきましょう。

快く利用するための4つの心得

1 急な来客に備えて格安でお布団をレンタルできるお店を探しておきましょう。

2 お布団が送られて来る時は悪天候の場合も考え、日にちに余裕を持って注文しましょう。

3 返却の際は追加料金が発生しない為にも、事前にしっかり返却日を決めておきましょう。

4 来客が予定より長く泊まる場合の延滞料金や万が一の破損の追加料金なども聞いておきましょう。

以上の4つを確認して、自分のスタイルに合ったお布団のレンタル店を探してみましょう。

 - お布団