布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

四畳半の部屋にベッドも机も置きたい!おすすめレイアウト

2017.11.24

四畳半のお部屋は、どうしてもその狭さゆえに、どのような家具をどのようにおけばいいのか、迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

狭いお部屋でも「ベッドも置きたいし机も置きたい」と思う方も少なくないでしょう。

ですが、ごちゃごちゃしていたり、圧迫感のあるお部屋にしたくはないですよね。

では、どのような工夫をすればスッキリしたお部屋になるのか、さまざまな案をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

エアコンのある部屋から隣の部屋に冷気を送る!扇風機の効果

震災以降、節電が求められている昨今・・・ エアコンと扇風機を上手に使って快適な夏の生活が送れていま...

ベッドマットレスのダブルが欲しい人必見!おすすめ商品紹介

「疲れたから眠いなあ!」とベッドに入っても、ベッドマットレスが合わずに熟睡できない、ということあ...

寝具を黒っぽいものにすると風水的によくない?その理由は

医学的には、私たちは眠っている間に昼間に使ったエネルギーを回復しています。 そして風水的に...

マットレスカバーのおすすめ6選!キングサイズの人気商品

キングサイズのベッドで寝ているご夫婦や、家族みんなでベッドを繋げて寝ている方は、そのサイズに合っ...

これでダニも気にならない!防ダニ布団の人気ランキング!

疲れた体をお布団に横たえ、眠りにつく瞬間は、至福のひと時ですよね。 しかし、お布団に入ると、く...

賃貸のクッションフロアの張り替え費用の相場は!?

近頃の賃貸でも増えている、クッションフロアという床材。 クッションフロアは水に強く、台所やキッ...

ベッドの上でおしゃれなテーブルを使おう!おすすめ商品は?

「ベッドの上にテーブルを置いたら便利だな」と考えたことはありませんか? 例えば、海外映画のワン...

イヤなマットレスのシミ!簡単シミ取りテクニックで綺麗に!

夏から初秋にかけての時期は、寝苦しい夜が続きます。 そのため、汗をかき、マットレスのシミになっ...

蛍光灯と白熱電球の寿命を決める要因&おすすめな照明の色!

住宅で使用されている照明の蛍光灯や白熱電球が切れると、交換するのが面倒で嫌ですよね。 電球は可...

お洒落な快眠生活を!ロフトベッドにはマットレスがおすすめ

ベッド下を自分のセンスで自由自在にアレンジできるロフトベッド。 ロフトベッドにマットレスを敷くこ...

ベッドにヘッドボードを付けたい!そんなときは手作りしよう

ベッドで寝ている皆様、ベッドの頭の方向と壁の間に、ヘッドボードが入っていますか? このヘッドボ...

賃貸住宅の壁紙に傷や汚れ!退去時に補修費用は請求される?

賃貸住宅で暮らしていると、気づいたら壁紙に傷があったり汚れがあったりと、きれいに使っているつもりでも...

ダニの発生を防ぐ!抗菌・防ダニ加工のお布団で快適な睡眠を

皆さんは、お布団をどれくらいの頻度で洗ったり、干したりしていますか? お布団をあまり洗わないと...

寝室にはled照明が良い?その寿命は?点滅したら交換時期?

ご自宅でled照明をお使いの方、「ledに変えようかな?」とお考えの方も、多くいらっしゃるかと思いま...

お布団は湿気だらけってホント?カビ取りの方法や対策は?

みなさんが毎日寝ているお布団は、清潔に保たれていますか? 綺麗に見えても、湿気が溜まってカビの...

スポンサーリンク

四畳半の部屋を少しでも広く見せるためのコツ

四畳半のお部屋はやっぱり狭いですよね。
特に、「机もベッドもどちらも置きたい!」という場合には、そのレイアウトに悩んでしまいます。

ですが、狭いお部屋でもコツを押さえれば狭さを感じさせない圧迫感のないお部屋を作ることができるのです。

それでは、そのアイディアをいくつかご紹介しましょう。

【カラーを同系色でまとめる】

お部屋のカラーを同系色でまとめることによって、統一感が出てすっきりと見えます。
少しでも広く見せたいのであれば、白やベージュなどの明るめの色でまとめるのがおすすめです。

ですが、やっぱり自分がくつろげる空間を作るのが第一なので、ピンクでも黒でも、自分の好きな色で大丈夫です。

大事なのは、ごちゃごちゃした色遣いをしないことです。

【家具の高さを低くする】

高さのある家具を置いてしてしまうと、どうしても圧迫感が出てしまいます。

一方、お部屋に置く家具の高さを低くすると、天井までの空間がより広く確保できるため、お部屋が広く感じられるのです。

高さのある本棚や収納棚などを置いてしまうと、一気にお部屋が狭く感じられますので気を付けましょう。

四畳半の部屋で机も置くならソファベッドが便利

四畳半のお部屋にベッドも机も置きたいという場合、ベッドをソファベッドにしてみるというのもおすすめです。

通常、シングルベッドは幅1m長さ2mくらいの大きさなので、寝るとき以外にこのスペースがとられるのはちょっともったいないですよね。

そこで、ソファベッドを置くことにすると、寝るとき以外はソファにして、その分スペースを開けることができます。

それに、四畳半のお部屋でも、くつろぎたい時や友人が遊びに来た時などでも、ソファがあると便利です。

また、机を置く時は当然、椅子も置くことになりますよね。

ベッドが置いてあると、椅子を引いた時にぶつかってしまうかもしれないので、とても使い勝手が悪いです。

その点、ソファベッドであれば、椅子を引くスペースを確保でき、通路の幅もできるので、「机もベッドも両方置きたい!」という方にうってつけです。

最近は、おしゃれなソファベッドがたくさん販売されていますので、お気に入りの1点を見つけてみてはいかがでしょうか?

ソファとしても使えてベッドとしても使えるソファベッドは狭いお部屋の頼もしい味方です。

四畳半の部屋にベッドと折り畳み机を置いてみると

先ほどは、ベッドをソファベッドにして占有面積を小さくしましたが、今度は机を折り畳みの机にするアイディアをご紹介します。

疲れて帰ってきたときに、とりあえずベッドにゴロンと寝そべりたいという方もいらっしゃるでしょう。
そういった方には、ソファベッドよりも通常のベッドを置いた方がより落ち着けるお部屋になりますよね。

その上、さらに机も置きたいという場合は、折り畳みの机にすると、空間を有効活用することができます。

通常、机の奥行きは少なくても40cmといわれています。
四畳半の狭いお部屋で、奥行き40㎝の机を常時置いておくと、だいぶ圧迫感が出てしまいます。

ですが、折り畳みの机は色々なパターンのものが販売されていますが、壁に取り付けるタイプのものなら、使う時だけ手前に倒し、使わない時は壁際に収納することができるので、すっきりとした空間になります。

また、壁に収納するタイプではなく、持ち運びできる折り畳み机の場合は、使わない時はお部屋の空きスペースにしまっておくといいですね。

さらに、椅子も折り畳み式にすると、もっとお部屋を広く使えるようになりますが、折り畳みではなくても、椅子はちょっとしたもの置きにも使えるので、お好きな方を選んでみましょう。

四畳半の空間を有効活用!ロフトベッドの下に机を置いても

四畳半などの狭いお部屋を有効に活用するのに便利なものとして他にあげられるのが、ロフトベッドです。
お部屋の縦の空間も有効に使えるので、狭いお部屋でもベッドと机の両方を置くことができます。

ロフトベッドというと、子供部屋用と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大人でもうまく活用している方がいらっしゃいます。

最近では、インテリアのバランスも考えて、ロフトベッドに机や収納家具がセットになったものも販売されていますね。

こうしたアイテムを使い、さらに同系色でまとめられていれば、お部屋全体のイメージもすっきりとしますよ。

また、ロフトベッドの下に横長のデスクと収納家具を置ければ、通路や他の家具を置くスペースも確保できます。

ロフトベッドに寝ることに少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分だけの特別な空間なので、秘密基地感覚で利用するのもいいかもしれませんね。

狭いお部屋では、縦の空間をうまく活用することが家具のレイアウトのポイントにもなりますので、ベッドも机も置きたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

四畳半の部屋の収納場所を確保するために

四畳半のお部屋で最も深刻なお悩みは、「収納場所」についてではないでしょうか?

必要最低限の家具を置いただけでもいっぱいいっぱいなのに、さらに収納スペースを確保するのはかなり大変です。

今までも収納スペースを確保するためのアイディアをご紹介してきましたが、他にもこんな方法がありますので、参考にしてみてください。

【ベッド下収納は基本】

ベッドを購入する際に、下に収納スペースがあるものを選ぶだけで、デッドスペースを有効に活用できます。
また、人目にもつきにくいことから、雑然としたイメージがありません。

【机のサイドの棚は可動式のものを】

机のサイドに置く棚は、必要な書類や大事なものなどを入れておくと思いますが、この棚を可動式のものにすると、ソファの前に移動していけばテーブル代わりにもなり便利です。

アイディア次第で、収納のみならずテーブルとしても利用できますね。

【壁面収納はお部屋のアクセントにも】

今は、画鋲の穴をあけずに取り付けられる壁面収納も販売されています。

こうしたアイテムによって、お気に入りの本や小物、植物などを収納しつつも、お部屋のインテリアにすることができます。

【洋服やアクセサリーはあえて見せる収納で】

お気に入りの洋服やアクセサリーなどはしまってしまわずに、見せる収納にしてもおしゃれです。

四畳半の部屋は子供部屋としてはどうなのか

新築する時に、子供部屋として四畳半が狭いのか充分なのか、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

子供部屋の大きさを考える上で大事なのは、「子供部屋を何に使うか」ということです。

例えば、子供は小さいうちは自分のお部屋で一人で机に座って勉強する、というよりも、リビングなどで家族のいる中で勉強をしてる場合が多いです。

親としても、自分の目の届く範囲で勉強していれば、困った様子であれば声を掛けたりでき、コミュニケーションがとりやすいですよね。

そう考えると、子供が小さいうちは、子供部屋にいわゆる学習机はあまり必要ないかもしれません。
もしかすると、ベッドもまだ必要ないかもしれませんね。

ですので、当面、収納やおもちゃなどを置いておくような形になるかもしれません。

しかし、子供は年齢が上がると、お部屋の大きさに関係なく「自分だけの部屋」が欲しい、と思うようになることでしょう。

仮に四畳半という狭いお部屋でも、工夫して自分の好きなようにアレンジできるスペースがあれば、きっと子供は喜ぶと思いますよ。

狭い部屋にベッドと机を置く時の工夫

四畳半のように狭いお部屋でも、工夫次第でベッドも机を両方置くことができます。

ぜひ、ベッドをソファとしても使いたい場合は「ソファベッド+机」、ベッドをメインにして机を収納する場合は「ベッド+折り畳み机」などの方法をお試しください。

また、ロフトベッドに抵抗の無い方は、下にテーブルや収納棚を付けて空間を有効活用することができます。

狭いからと諦めずに、自分の理想のお部屋に近づけるように工夫して、あなただけのお城を作ってみましょう。

 - ベッド, ベッドのレイアウト, 寝具