布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

コンセントから発火!その原因と対策と修理方法は?

2017.10.5

コンセントにプラグを差し込んだら、急に発火して黒こげに・・・。
こんな体験をして慌ててしまったことはありませんか?

これは、最悪火災にもつながってしまい、大変危険です。

ここでは、コンセントから発火してしまう原因と予防法、また修理はどうすればいいのか?についてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ワイヤーネットで棚が作れる!?補強次第で強度もバッチリ!

ちょっとした棚がほしいな、と思ってもカラーボックスや既製品の棚は高いし、組み立てや移動が大変だったり...

石膏ボードに壁紙を貼る方法!上手に貼るための準備と手順

苦労して重たい家具を移動して模様替えをしたのに、イメージどおりにならなかった経験はありませんか? ...

昭和レトロなお部屋を提案!かわいい昭和の食卓

今、古民家カフェが人気で、おしゃれでどこか懐かしい雰囲気に魅了され、自宅を古民家風に改造する人も増え...

蛍光灯が消える原因ってなに?突然消えたら故障は確定?

ある日、何の前触れもなしに蛍光灯が消えることってありませんか? 蛍光灯は、普段その存在を意...

憧れの部屋スタイルになるアイデア!おしゃれ部屋に大変身!

自分の部屋が、おしゃれなインテリアだったら、帰宅するのが楽しみになっちゃいますよね。 インテリ...

高校生に理想的な部屋とは?勉強机はどのように活用する?

高校生は、大人と子供の部分が共存しているとても難しい年代と言われます。 そんな高校生にとって、...

シーツを洗濯するのにネットなしはNG?洗濯手順や頻度は?

皆さんはシーツをどのように洗っていますか? シーツは洗濯物の中でも特に大きいサイズのため、洗うのも...

素敵なタペストリーの飾り方をマスター!壁に柄のあるくらし

お部屋のインテリアを考えるときに、一番先に頭に浮かぶのは家具の配置や配色、形、またはカーテンの色など...

蛍光灯の2本セットのタイプが切れた時は同時交換するべき?

どの家庭でも使われている蛍光灯。 家庭で使われている蛍光灯は、2本セットで使用するものが主流に...

全自動洗濯機のカビや汚れ!効果的に落とす様々な掃除方法!

全自動洗濯機は、定期的に掃除をしなければならないとわかっていても具体的な頻度や方法をご存知の方は...

電気オンオフ関係なしで点滅スイッチになる時の解決策とは?

電気をつけるときに壁の電気スイッチを何気なく見たときに、点滅スイッチになっていたらあなたはどうします...

大正ロマン・昭和レトロな部屋でノスタルジックな雰囲気に!

最近、古民家カフェって流行ってますね! どこか懐かしい気分にさせてくれる雰囲気は、とても居心地...

椅子が下がるのはガス抜けが原因?誰でもできる修理方法とは

レバーを引くと座面が下がるガスシリンダー式の椅子は、使っているうちにガスが抜けてしまい、下がりっぱな...

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯の交換についての対応策!

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯は、買ってきてすぐに取り替えるような消耗品ではなく、長年使用するもの...

洗剤の使用期限っていつまで?食器を洗っても大丈夫?

食器用洗剤の使用期限はどのくらいなのか、疑問に思ったことはありませんか? 裏を見てみても、特に記載...

スポンサーリンク

コンセントから発火!「トラッキング現象」とは?

「トラッキング現象」を知っている方もいると思いますが、あまり一般的に使われる言葉ではないので、知らない方も多いと思います。

多くの方が引き起こしやすい現象なので、しっかりと知っておきましょう。

トラッキング現象とは、コンセントに長期間プラグを差しんでいることで、その隙間に埃が溜まり、この埃が湿気を帯びて、プラグから火花放電が発生し、熱を帯びて、最後には発火してしまう現象のことです。

特に注意が必要なプラグは次のような場所にあるものです。

・洗面台や台所など、湿気が高く湯気や水滴が直接かかる位置にあるコンセントに差し込まれたもの
・エアコンや暖房器具などにより、結露が生じやすいところにあるコンセントに差し込まれたもの
・熱帯魚などの水槽に使われている電源プラグ

このようなところは要注意です。

また、トラッキング現象による出火・火災を予防するために、日ごろから心がけたいことをまとめました。

・常時通電している電化製品は、時々プラグを抜いて乾燥布で拭く
・コンセントや電源プラグ、コードなどが異常に熱くなっている場合は、すぐに使用をやめて電気工事店に点検、もしくは修理をしてもらう

トラッキング現象による火災は、毎年多発しています。
特に、留守中に発生してしまった場合、発見が遅れるため大きな火災になってしまいます。

日ごろからのまめな点検や、掃除で予防することが大切です。

埃や異物、たこ足配線が原因でコンセントから発火することも

コンセントをプラグ部分に何気なく差し込むことがあると思います。

しかし、異物(髪の毛・貴金属等)が付着したまま差し込むと、そこから電流が流れてショートしてしまうことがあります。

また、埃や水分などが付いたまま差し込んでもも差込口から発火する恐れがあります。

電子レンジやオーブントースターのコンセント口に、埃はたまっていませんか?
濡れたものが付いていませんか?

大きなタンスの裏にあるコンセントも、掃除がなかなかできないため埃が積もっていることが多いです。

これらのコンセントは、突然発火して稀に燃え上がることもあるため、注意が必要です。

また、電源が常に入れたままにされているコンセントや、複数のたこ足配線の延長コードから電気を引いているような場合、大量の電流が流れる危険があり、発火の原因となることがあります。

修理が必要になる前に、コンセント周りの埃をきれいに掃除したり、水分を含んだものを近くに置かないように気を付けましょう。

一方、埃・異物などの原因ではなく、電圧量が不安定な時にも火花が散ることがあります。

家庭用の電流は「交流型」で電流の流れが一定ではありません。
電圧の高い状態と低い状態が繰り返されているため、供給される電圧の変化に大きな差ができてしまいます。

このために、高い電圧が流れている状態に使用すると、コンセント口で火花が散るケースがあります。
この場合は、使用している電圧が高いだけで起きている現象なので、あまり心配する必要はありません。

ただし、埃などがあると引火することがあるので、周りを綺麗にすることは常に心がけましょう。

コンセントからの発火を防ぐためには

スマートフォンなどの充電器、ドライヤーなど、毎日使用するコンセントは、使い終わったらコンセントを抜くようにしましょう。

その時、電源をOFFにしてからコンセントを抜くようにすると火花が出ません。

他にも、電源はゆっくりと抜くようにする、たこ足配線はなるべく使わないというようなことでコンセントからの発火を防ぐことができます。

プラグの「安全カバー」を取り付けるのもおすすめです。

プラグが抜けかけている、埃が溜まっているといった状態は大変危険ですので、使っていない電源は抜いておいて使うときにコンセントを入れるといったことを心がけましょう。

それとよくありがちなのが、一つのコンセントに電源が集中しているというケースです。
できれば、電源を分散させるために配線を見直したり、コンセントを増設したりなどができると安心です。

コンセントから発火してしまうと、修理の必要が出てきます。
日ごろからコンセント周りの掃除をして、安全な状態を保っておきたいですね。

コンセントから発火してしまったらまず消火!それから修理を

コンセントから発火してしまったら、消火しなければいけません。

一番おすすめする方法は、ABC消火器を使用することです。

ABC消火器は、(A)木や布などの「普通火災」や(B)ガソリンや天ぷら油などの「油火災」、(C)配電盤や電気配線などの「電気火災」のいずれにも対応できます。

消火器は粉なので、感電してしまう恐れはありません。

値段は安いものから高いものまで色々ですが、ご家庭に常備しておくものであれば、ホームセンターなどで数千円で売っているものでも大丈夫です。

ただし、消火器には使用期限がありますので、注意が必要です。

また、「水で消火する」と考える方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。
コンセントが差さったまま水をかけると、感電してしまう恐れがあります。

コンセントが抜けるようであれば抜いて、難しいようであれば部屋のブレーカーを落とします。
その後、空気を遮断するか水をかけます。

感電防止のため、通電していないことを確認してから消火するようにしましょう。
念のため、靴を履くと安心です。

このような状態になってしまうと、電気工事店に点検・修理を依頼する必要があります。

コンセントが発火して焦げてしまった!自分で修理できる?

コンセントが発火して焦げてしまった場合、自分で修理することはできるのでしょうか?
答えを先にお伝えすると、「NO」です。

電気工事をするには、「電気工事士」という資格が必要です。

ただ、資格が無い方でも壁コンセントのカバー交換のみであれば大丈夫ですが、それ以外の作業はしてはいけないことになっています。

しかし、中には電気工事士の資格を持っていなくても、ある程度電気に関する知識があって手先が器用な方などは、コンセントの修理をしてしまうこともあるようです。

しかし、接続の間違いや締め付け等の問題で加熱してしまい、火災が発生してしまう危険性があります。

ご自分の身体に被害が及ぶだけでなく、他の方を巻き込んでしまった場合、大きな責任問題に発展してしまいます。

確かに自分で修理ができれば、コストも部品代だけで済むので、安く済ませたい方はご自分で修理したいと思うかもしれません。

しかし、大変なリスクを背負う可能性があるので、素人の方は自分で修理するのはやめましょう。

発火して焦げたコンセントの修理は、電気工事店に依頼しましょう

発火して焦げてしまったコンセントは、破損してしまう場合が多いため、取り換える必要があります。

これは、先にもご説明しましたが、電気工事になりますので、「電気工事士」の資格を持っている専門の方に依頼する必要があります。

具体的には、電気工事店や町の電気屋さん、工務店などで対応してもらえます。

気になる費用ですが、コンセントの破損状況によって修理も変わってくるため、値段も変わってきますが、平均で5千円から1万円前後になるようです。

費用が心配なようでしたら、作業前に見積もりを出してもらい、できるだけ安く修理をしてもらえる業者を選ぶのもいいでしょう。

また、個人宅での修理であれば、ご自分で直接電気工事を依頼できますが、賃貸物件の場合は先に管理者へ相談しましょう。

賃貸物件の場合は、管理者経由で電気工事業者を手配してもらう方がいいでしょう。

「コンセントから発火して修理・・・」となる前にこまめな点検を

コンセントに埃や異物などが付いたまま差し込んでしまうと、発火する危険性があります。
また、たこ足配線も発火の原因の1つとされています。

トラッキング現象による火災も毎年たくさん起きていることから、決して他人事ではありません。

日ごろから、コンセント周りをきれいに掃除して、湿気などにも気を付けましょう。
まめなお手入れと点検で、コンセントからの発火は防ぐことができます。

もし修理が必要になった場合は、ご自分で修理せずに電気工事店に依頼しましょう。
費用がかかりますが、プロに正しい修理をしてもらって安心できるのが一番ではないでしょうか。

 - 生活