快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と書きます)と、見間違えそうな黒い布団干し袋が干されているのを見たことがあると思います。

手間のかかることをしなくても…と思いがちですが、実は1つあると、とても重宝するアイテムなのです。

この布団干しにはかかせない布団干し袋について解明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目的別!西川マットレスのおすすめはこのモデル!

西川のマットレスは、1969年に床ずれ防止用として病院向けに開発された「クレーター状マットレス(...

意外に悩む、ロフトベッドの簡単な解体方法を知っておこう!

普段使いで心地がいい、ロフトベッド。お部屋の模様替えやインテリア合わせて移動したり、引っ越し...

日本の冬は湿度が低い?乾燥しているとどんな影響がある?

日本の冬は湿度が低いと言われますが、はたしてそうなのでしょうか?また、乾燥していた場合、人体...

ペットは家族!ペット用ベッドのおすすめと選び方とは?

ペットを飼っているご家庭で、ペット用のベッドを購入して設置している人は、どれくらいいらっしゃるのでし...

掃除が楽々なベッド!移動可能なキャスター付きベッドとは?

ベッドの購入を検討している場合、ぜひ「キャスター付きベッド」もその候補へ入れてください。...

床にお布団を敷いて寝る場合はマットレスの追加がおすすめ!

床に直にお布団を敷いて寝ている人も多いのではないかと思いますが、敷布団に厚みがない場合は、寝心地...

低反発ウレタンフォームの特徴!手入れや洗濯は可能?

低反発ウレタンフォームは最近では色んな商品に使用されています。例えばこんな商品があります。...

犬が歩かないのは病気のサイン?歩けない犬の原因とは?

愛犬家の皆様にとって、散歩は楽しみの一つですよね。散歩を楽しんでくれるワンちゃんなら良いのですが...

売れ筋の布団掃除機6選!高機能で人気のアイテム特集

お布団は、ハウスダストやダニの温床になりやすいです。しかし、頻繁にお洗濯をすることも難し...

LEDダウンライトは交換できるの!?その費用はどのくらい?

LEDのダウンライトは交換できないというのは本当でしょうか?もし交換可能であれば、費用はどの...

木材の家具をリメイク!初心者にオススメの塗料と方法とは!

塗装されていない木材の家具、なんとかしたい・・と思っている方いらっしゃるのでは?特にベッドの木枠は塗...

ダニ防止効果のあるおすすめ寝具4選!選び方も解説

ダニ防止効果のある寝具は数多くありますが、何によってその効果がもたらされているのかをご存知の方は...

フローリングにお布団を敷くと寒い!眠るときの防寒対策は?

住居の洋式化が進んだ現代では、フローリングのお部屋が多くなってきましたね。床材がフローリング...

種類の多いベッドマット!おすすめの安いマットレスはどれ?

ベッドマット(マットレス)の良し悪しは、価格で決まるものでしょうか?そうとばかりは言えません...

お布団の収納グッズ6選!おしゃれで機能的なアイテムを厳選

お布団は厚みがある上、幅を取るため収納する際にかさばりがちです。特に、お部屋に収納スペースが...

スポンサーリンク

どうしてお布団を干すの??

人間は寝ている間にコップ1杯分、約180CCの汗をかくと言われていて、気温が上がり始める5月下旬から6月頃からは、それ以上に汗をかきがちです。

日本はカビの繁殖しやすい梅雨時は、湿度65%以上、気温20~25度になります。

そうなるとカビの繁殖を防ぐために、汗を吸収したお布団を乾燥させることが必要になってきます。

また、高温多湿で繁殖するダニの好物であるヒトのフケ、アカ、髪の毛などはお布団の中にあるため、チリダニが生息してその死骸や糞がアレルギー、喘息の原因になることが多いのです。

アレルギーや喘息の発生、悪化を防ぐことも人やお布団にとって必要なのです。

他にもお布団についた臭いの除去をする作用もあります。

昔からの夏の土用、秋の晴天の日などに衣類等に風を通して虫の害やカビを防ぐために行う「虫干し」と同じように、天日干しをすることで同じ効果を得ることができるのです。

昔は、お布団や衣類をそのまま干していましたが、現在では布団干し袋に入れたり、乾燥機をかけたりと変化してきています。

実際、布団干し袋ってどんなもの?

名前のどおりに袋の中にお布団を入れて干す袋、布団干し袋の色はほとんどが太陽光を集めやすい黒色です。

大きさは143~160×210~220cmで、シングル敷布団、シングル掛け布団、ダブル敷布団を入れることができ、重さは500g程度のものが多く販売されています。

値段は1100円~2500円くらい、ホームセンターや家電量販店、ネット通販などで購入できます。

様々なメーカーから販売しており、SMS不織布を三層構造にすることで花粉やほこりを通さず空気のみが通る仕組みの商品や、洗濯機で洗えるポリエステルタフタ生地でできている布団干し袋もあります。

両者ともファスナーが、三方向についているので開閉範囲が広く、お布団の出し入れが楽にできるようになっています。

さらに干している間に予測ができない鳥のふんが落下してきたり、除草作業や工事作業場から飛んでくるゴミの付着も防ぐことができます。

お布団を清潔に保てるようにお布団そのものを洗うのもなかなか困難ですし、クリーニングに出して高い金額を払うのも考えものです。

リーズナブルなただの「袋」のようですが、便利なアイテムなのです。

どんな効果があるの?布団干し袋のメリットデメリット

太陽熱の吸収効果に優れている黒い袋でできているので、お布団をそのまま干すよりも熱を吸収できる上、日差しによるお布団の痛みも軽減することができます。

花粉・ほこり・今話題になっているPM2.5がお布団につきにくく、思いがけず布団干しの時に、ついてしまうベランダの汚れなども気にせずに、すっきり清潔にお布団を干すことができます。

花粉シーズンに布団干し袋を使用しない状態でお布団を干すと、400万個以上の花粉がつくのを防御できるのです。

そして、お布団の奥まで熱くなるので、寒い冬の就寝時には暖かいままのお布団で寝ることができます。

逆に暑い夏はお布団を干し終えたら、袋からすぐに取り出してお布団の熱を冷ましたほうがよさそうです。

すっぽりダブルサイズが入るものがあまりないのですが、ダブル掛け布団は2つ折りにすれば入れることができます。

布団干し袋でも洗えるタイプは洗った後、濡れたまま干しても吸水性が低くく数分で乾くので、翌日でも使用できます。

ベランダに干す時には生地が滑りやすく、落下する危険があるので注意が必要です。

布団干し袋+αで完全無欠の布団干し

布団干し袋の使い方は、まずお布団を袋の中に入れ、テープまたはファスナーを閉じ、いつもの様に天日干しをします。

最初に約2~3時間、そしてひっくり返して再び約2~3時間干すのが理想的です。

時間帯は午前10時~午後2時くらいの間がベターで、夕方の日が暮れるころまで干しっぱなしや前日に雨が降った時は、湿気を吸収しやすいので、お布団を干すのは止めておきます。

干し終わったら、袋に付いたほこりなどを軽く掃って取りこみ、お布団を取り出してから掃除機で目には見えない高熱で死滅したダニの死骸やほこりなどを吸い取ると効果的です。

お布団を叩いてしまうと、お布団を痛める原因にもなりかねませんし、保湿力や透湿力も低下してしまいます。

また、中綿に蔓延っているダニの死骸や排泄物が表面に出てきてしまい、逆効果を招くことになるので注意します。

ダニが死滅するのは50℃で20分以上の時間が必要です。

黒い布団干し袋に入れて干すと、65℃以上にも温度が上がるので、良く晴れた日の布団干し袋で干すとより効果的と言えます。

また、羽毛羊毛や枕を袋に入れて干すことも可能です。

布団干し袋だけじゃない!布団干しグッズ最前線

お布団だけではなく、お布団と同じだけ使う枕も忘れずに干したいものです。

布団干し袋に枕を入れて干すこともできますが、重なるのが気になる方におすすめの「枕干し袋」も販売されています。

値段は、約800円から1300円くらいで、枕が2つ入り、本体上部に穴が空いているので、S字フックで竿などに掛けやすいようになっています。

お布団は干したいけれど、日中は留守がちな方には伸縮式の室内布団干しもあり、余ったスペースに洗濯物も干す事もできます。

室内で干しているまま、ベランダに出せば場所をとらずに在宅時の布団干しにも使えますし、マンションの規定でお布団をベランダに干せない方にもおすすめです。

布団干し袋は布地が滑りやすくできているので、強力なお布団ばさみも併せて揃えておきたいところです。

一般的な強力なお布団バサミは、バネ部分の強度が強いため、お布団を挟み込む時に力が必要です。
しかし、最新ではネジではなく、ギア式で手に力を入れずに固定できるものも販売されています。

いずれも布団干し袋と合わせて使ってもいいかもしれません。

布団干し袋のお手入れと注意点

お布団をダニ、花粉やハウスダストからガードする布団干し袋ですから、当然のことながら布団干し袋にはそれらが付着しています。

干したお布団を思い切り叩くことはタブーですが、布団干し袋は使用後にベランダや室外でしっかり叩き落とし、定期的に洗濯機で洗います。

洗濯する時は、他のものとは一緒に洗わずに必ず単独で洗うようにします。

お布団を干した後さらに、掃除機をかけるという方は忘れずに布団干し袋も掃除機で、付着したダニ、花粉やゴミなどを吸い取ると効果的です。

また、長い期間使っていると、黒い繊維が剝がれ始めてお布団に付着してくるので、ぽろぽろと目立ち始めた頃には、新しいものに取り替えたほうがよさそうです。

使用頻度にもよりますが、ポリエステルタフタ生地のものは比較的長く使用できるようです。

オールシーズン、いい夢をみましょう!

ネット通販などの口コミでの中では、夏はお布団がさらさら、寒い冬にはお布団が暖かく、「子どものアレルゲンが軽減できている」「毎晩マスクをしなくても快眠できるようになった」など、快適な睡眠を確保できているユーザーの声が多くみられます。

高価な機械を使わなくても、昔ながらの天日干しにエッセンスを加えた布団干し袋は、コストパフォーマンスに優れているのです。

お宅にも1つ、常備してみてはいかがでしょうか。