布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団を郵送!コンパクトなまとめ方とおすすめの発送方法!

2017.4.10

引っ越しの荷物で、場所をとるお布団を、スッキリ、コンパクトにまとめる方法はあるのでしょうか。

ふとん圧縮袋を使って郵送する時の注意点や、安く済む宅配便をご紹介していきます。

下宿先にお布団だけ郵送したい、大学生の方も必見ですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新生児のお布団はどう洗濯する?方法や頻度をご紹介!

新生児は新生児用のお布団があるけれど、これって普通のお布団と洗濯の方法は同じなのでしょうか。 ...

お布団を丸洗い!自宅で丸洗いする際の注意点やポイントは?

毎日使うお布団の汚れ、気になりませんか? シーツやカバーは、こまめに洗濯しているけれど、お布団...

布団乾燥機で上手にダニ退治!おすすめの布団乾燥機をご紹介

暖かくなってくると気になってくるお布団のダニ。 そんなときに頼りになるのが、布団乾燥機です。 ...

妊婦さんはお布団で寝た方が良い!?身体が痛いのを改善!

妊婦さんは寝る時も体勢に気を使わなければ身体が痛くしてしまったり、腰痛の原因にもなってしまいます。 ...

暑い夏の夜もエアコンを利用してお布団でぐっすり快眠を

暑い夏の夜。 エアコンをつけて眠るという方もいらっしゃると思います。 ただ、エアコンは使...

お布団のお漏らし・尿漏れ掃除には、酸とアルカリが決め手!

よく、お掃除にはクエン酸や重曹がいいと耳にします。 これは、酸性やアルカリ性という化学的性...

保育園にはお布団が必要!お布団の選び方のポイントは?

保育園の入園が決まると色々揃えるものがありますよね。 その中でも迷うものの一つにお布団がありま...

お布団を干して快適に!庭で干す時の注意点やおすすめ商品

天日でお布団を干すのがいいとわかってはいるものの、重いお布団を2階のベランダまで運ぶのは面倒です。 ...

気持ち悪い!!和室の壁にカビ発生!掃除の仕方と予防法は?

カビを見ただけで気持ち悪くてゾッとしますよね。 家屋に発生するカビは、普通にお掃除しているだけ...

ファブリーズを使用する際に気を付けたいお布団の湿気

人は誰でも、寝る時に必ず使うのがお布団ですよね。 毎日使うものだけど、毎日お洗濯やクリーニングは難...

お布団についた血の落とし方と子供が就寝中に鼻血を出す原因

今回は、就寝中の鼻血の原因と対処法、お布団や衣類などに血がついてしまった時の染み抜き方法をご紹介しま...

お布団のダニやアレルギー対策に布団乾燥機!売れ筋商品は?

お布団をこまめ干していますか!? 花粉症で干せない、マンションなどの環境で干せないという事もありま...

足元を快適に!フローリングにラグを敷いて夏を乗り切る!

暑い夏のお部屋を快適にするのは、エアコンや扇風機だけではありません。 冬の足元にホットカーペッ...

あまり知られていない!?正しいお布団の干し方と注意点

夜寝るときは必ずお布団を使いますよね。 皆さんは正しいお布団の干し方をご存知でしょうか。 ...

お布団の下に敷くマットレスの効果!カビ対策はどうする?

みなさんは、寝るときはベッドで寝ますか?お布団で寝ますか? ベッドのようにスペースを取りたくな...

スポンサーリンク

かさばるお布団をコンパクトに!郵送に便利な布団袋

引越しするときに、かさばる物の一つに、お布団があります。
お布団は重くはないのですが、質量をとるため、布団がそのまま収納できる箱はめったにありません。

しかし、引越ししたらすぐに使う布団をむき出しにして、郵送するのは衛生的にもよくありません。

そこで便利なのが、布団袋です。
お布団をそのまま包めて手軽です。

お布団袋は、お布団を買ったときに付いてくることもあるのですが、付いていなかったり、捨ててしまったりした場合は、引越し業者からレンタルできます。
業者によって、無料のところと料金がかかるところがあります。

また、荷物の容量を、できるだけ少なくしたいなら、お布団圧縮袋を使いましょう。

ホームセンターや通販などで売っています。
1枚200円~300円くらいで買えます。

布団圧縮袋を使うと、お布団の容量が半分くらいになります。
そのため、荷物を軽くすることができます。

また、圧縮袋がお布団全体を包んでくれるため、衛生的にもおすすめです。

おすすめ布団圧縮袋!使用上の注意点って?

ふとん圧縮袋は、ジッパーのついた厚手のビニール袋です。

圧縮袋にお布団を入れて、掃除機で空気を抜いたら、ふとんが圧縮されるため、お布団の移動や収納が手軽にできます。

ホームセンターで、安価で良質な圧縮袋が売られています。
特に、袋に空気を吸い出すバルブがついているものが便利です。

袋の口から空気を吸い出すものは、お布団みたいに大きなものは、あまり圧縮できません。

ただし、バルブ式でも、かさを減らそうとして、圧縮しすぎてはいけません。
お布団に、ダメージを与えてしまいます。

また、布団圧縮袋は、圧縮しても袋から出したら元に戻る素材のお布団にだけ、使うようにしてください。
木綿、羽毛は問題ありませんが、羊毛は圧縮したらダメになります。

また、羽毛でも圧縮で羽が傷むため、圧縮しすぎないようにしてください。

それから、圧縮袋はあまり丈夫ではないため、圧縮袋にお布団を入れてそのままトラックに積んだり、郵送するのはやめましょう。

積み降ろしの際、引っかかったりして穴が開くこともあります。
そのため、圧縮袋は、ダンボール箱やふとん袋に入れましょう。

また、お布団は、到着したらすぐに袋から取り出してください。
お布団は汗などを吸っているため、密閉するとカビが生じてしまうからです。

また、日常使いでないお布団の場合は、袋に入れる前に乾燥機にかけることをおすすめします。
袋から出したお布団は、外で干したり、布団乾燥機を使ったりして、元に戻しましょう。

安心できるお布団の郵送方法は、ゆうパック!

日本郵便のゆうパックを使って、お布団を郵送しましょう。

お布団や毛布を宅配便で送る方法として、ベストな方法が、お布団を圧縮袋で圧縮してからダンボールに入れて、ゆうパックで送る方法です。
ヤマト運輸の宅急便よりも、ゆうパックの方が安いです。

3辺が計160cmのダンボールにお布団を入れたときの値段は、東京から大阪までなら、1,930円です。

ゆうパックは、郵便局はもちろん、ローソン・ミニストップ・セイコーマートとなどのコンビニでも取り扱っています。

しかし、お布団や毛布は大きいため、集荷を依頼することをおすすめします。

集荷は、日本郵便のドライバーが、荷物を家まで無料で取りに来てくれるというものです。
お布団や毛布のように、大きくて、重量があるものは、自分で運ぶのは大変なので、集荷を依頼すると楽です。

また、ゆうパックの集荷をお願いすると、ドライバーに荷物を直接手渡しすることになるため、安心して荷物を送ることが可能です。

ヤマト運輸の郵送方法もおすすめ!

ヤマト運輸の宅急便でお布団を郵送するのもおすすめです。

お布団と毛布を郵送するときに、ゆうパックの次におすすめするのは、ヤマト運輸の宅急便です。
ゆうパックと料金・配送日数は、ほとんど同じになります。

また、ゆうパックと同様に、集荷も無料でしてくれます。
集荷を依頼しないときは、ヤマト運輸の営業所や、セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラなどのコンビニに、圧縮袋で圧縮した布団を入れたダンボールを持ち込めばOkです。

日本郵便のゆうパックとヤマト運輸の宅急便が使えるサイズを越えてしまったときは、宅急便より大きいサイズが送れるヤマト便で送るしか方法がありません。

サイズが大きくなるため、送料は宅急便より高くなってしまいます。

また、宅急便のような着払いやコンビニ発送はできません。

ヤマト便を使うときは、ヤマト運輸の営業所に送る物を持ち込むか、家に荷物を取りにきてもらうよう集荷をお願いすることになります。

お布団の郵送方法!条件が合うなら、はこBOONが安い!

はこBOONは、サイズではなくて、重量だけで料金が決まります。

そのため、お布団や毛布を郵送するときに便利にみえるのですが、実際はそうではないこともよくあります。

どうしてかというと、はこBOONは、ゆうパックやヤマト運輸の宅急便とは異なって、集荷サービスがないからです。
荷物を送る場所は、ファミリーマートしかないのです。

そのため、はこBOONを布団や毛布の郵送として使う場合は、家の近くにファミリーマートがある人や、車でお布団を運ぶことができる人しか利用できません。

また、ゆうパックやヤマト運輸の宅急便のような着払いもありません。

さらにはこBOONは、コンビニのファミリーマートが取り扱っていますが、全てのファミリーマートが、はこBOONを取り扱っているのではありません。

全国のファミリーマートの99%は、はこBOONを取り扱っています。

しかし、会社のビル内のファミリーマートでは、取り扱っていないところもあるのです。

お布団だけでもOK?引っ越し業者の便利な見積もりサービス

引越し業者の多くは、お布団だけの郵送をしてくれます。

「引越し業者には、たくさんの荷物を依頼しないといけない」と思っている人がいますが、実際には荷物の数は関係ないのです。

引越し業者に見積もりしてもらうときには、安い業者を見つけるために、多くの業者に仮見積もりをお願いしましょう。

それでは、一括見積もりランキングのおすすめをご紹介していきます。

●引越し侍
テレビのCMなどで知っている人も多いでしょう。

引越し侍は、一括見積もりが簡単にでき、全国160社の提携企業から、一番安いところを見つけることができます。

引越し価格ガイドは、 見積もりを比べて、最大50%安くなることもあります。
特に、キャンペーン中の優良企業があれば、びっくりするくらいの安さになります。

●HOME’S 引越し
独自の割引サービスがあり、また3つのポイントを抑えれば最大50%オフになることもあります。

全国130社から、希望に合う業者が見つかります。

お布団を郵送する時に便利な商品と、発送方法

お布団を郵送する際には、必ず布団袋に入れましょう。

衛生的ですし、ふとん圧縮袋を使えば、容量が減り、料金を安く抑えることができます。
お布団が傷まないように圧縮しすぎないことと、届いたらすぐに取り出すことなど、幾つか注意点もありましたね。

郵送方法も、宅配便や引っ越し業者など、比較検討しやすいようにまとめてみました。

ぜひ活用してみて下さい。

 - お布団