お布団には、それぞれ正しい天日干し方法がある!

お布団の天日干しですが、一番の目的は乾燥させることです。

お布団を天日干しすることで、ふんわりさせるほかに殺菌作用もあります。

しかし、それぞれお布団の種類によって、正しい天日干しの方法があることをご存知でしょうか?

今回はお布団の正しい干し方についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布団乾燥機の利用でダニは退治できる?布団乾燥機の種類比較

雨など湿気の多い季節になると、お布団の湿り気やダニが気になりますよね。ダニは、熱に弱いとよく...

ベビーベッドは必要!?マットレスと敷布団に寝かせる方法

赤ちゃんが生まれたら用意するものといえば、ベビーベッドがひとつ思いつきますが、ベビーベッドって本当に...

お布団を持ち運びするなら布団袋が便利!使い方とは?

お布団を持ち運びしようとすると、意外に重い上に、持ちづらくて困ってしまうことはないでしょうか。...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか?季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

和モダンは琉球畳が映える!フローリング部屋でお布団で寝る

最近の住宅は、畳の和室よりフローリングの洋室が多くみられます。お布団派の人は、直接、フローリ...

知って楽ちん!掛け布団カバーの簡単な付け方

敷布団は形がしっかりしているので比較的着脱が楽ですが、掛け布団はサイズが大きくて柔らかいので扱い...

布団乾燥機って毎日使うと電気代はどれくらい?節約法って?

寒い時期に使う布団乾燥機って、足が温かくて本当に幸せな気分になりますよね。布団乾燥機は、お布...

賃貸マンションのクッションフロアにカビ!お布団にも注意!

最近の賃貸マンションは、クッションフロアが使用されていることも多いですよね。クッションフロアは利...

布団セットのおすすめ6選!激安でセミダブルのお布団を厳選

掛け布団と敷布団のセットは、それぞれを単品で購入するよりもお得な場合が多いです。また、セット...

木材に生えたカビの除去方法は?どうしたら予防できるの??

湿っぽい場所にある木材や木部には、どうしてもカビが生えやすいですよね?除去したいけど木材を傷...

女子必見!!お布団と部屋の掃除方法とは??

女子の皆さん。お部屋は綺麗に片付いていてもお布団の掃除は忘れていませんか?布団は汚れが目に付...

敷布団やマットレスはどう選ぶ!?おすすめの寝具選び

睡眠は毎日するものですから、寝具のマットレスや敷布団は自分に合ったものを選びたいですよね。そ...

ベッドと敷布団はどちらが最適か?2つの違いを見ながら検証

寝具というと、ベッドか敷布団かに分かれますよね。日本では昔、敷布団を利用するのが一般的でした...

お布団を収納する時のポイントは?押入れのアイデア収納術!

みなさんは、お布団をどこに収納していますか?押入れやクローゼット、お部屋の隅など、住宅事情に...

知っていますか?お布団の収納方法と効果的な虫除け方法

季節の変わり目になるとそれまで使っていたお布団を片付けますよね。皆さんは、どうやってお布団を...

スポンサーリンク

お布団を天日干しすることで得られる効果とは?

ダニやカビは、湿気のあるところに繁殖します。

人は寝ているときに、コップ1杯くらいの汗をかくのですが、汗で湿度が高くなった羽毛布団はダニやカビが出やすくなります。
お布団から湿気を取り除くことは、ダニやカビを防ぐために重要なことなのです。

また、湿気が多いお布団は、本来の機能が発揮できません。
お布団を天日干しして乾燥させ、湿気を取り除けば、ふかふかで保温性のあるお布団に蘇るでしょう。

それから、お布団の臭いはお布団に湿気があると生じます。
「最近、お布団の臭いが気になる。」と言う場合は、お布団の湿気が原因かもしれません。

そんなときも、天日干しでお布団の湿気を取り除けば、臭いがなくなるでしょう。
また、お布団の中の空気を入れ替えると、お布団の臭いがなくなることもあります。

天日干しをする前とした後に、お布団を小さく折り畳んで空気を押し出すようにすれば、お布団の空気を入れ替えることができます。

お布団の天日干しをすると、ダニやカビを防いだり、お布団の嫌な臭いを防ぐことができるでしょう。

錦布団の正しい天日干し方法

錦布団を天日干しにすると、湿気がなくなってふかふかになります。

しかし、炎天下で長い時間干せば綿の油分がなくなるため、バサバサになることもあります。
ということで、錦布団の正しい干し方をご紹介していきます。

①冬は、長時間干して問題ありません。

夏は日差しが強いため、殺菌力は強いのですが、綿にダメージを与えてしまいます。
お布団を長持ちさせたければ、夏は長時間干さないようにしましょう。

また、夏はお布団を午前中に干してください。
そして、湿気がたまりやすい肌に触れる側を日光に当てて、1、2時間くらい干しましょう。

できれば両面を干すのがベストです。

また、お布団を干し終わったときにお布団を叩く人がいますが、お布団にダメージを与えるため、叩かないようにしてください。

羽毛布団を叩いたときに出るホコリは、お布団の中身が壊れたものとも言われています。

そのため、お布団の表面のホコリが気になる場合は、お布団を叩かずに、掃除機をかけてきれいにしましょう。

羽毛布団の正しい天日干し方法は?

羽毛布団は、風通しのよい日陰に干しましょう。
窓を開けて風通しをよくすれば、羽毛布団は乾燥します。

そのため、干すことができない人は、風通しのよいところに置いておくようにしましょう。

しかし、殺菌するために月に2回程は天日干しをすることをおすすめします。
干す時間は、錦布団と同じです。

それから、羽毛布団を叩かないようにしましょう。
お布団を叩と、生地にダメージを与えるだけでなく、羽が飛び出ることもあります。

また、羽毛布団は、直射日光に当てると側生地が日焼けしてしまいます。
できれば、天日干し用のカバーを使ってください。

さらに羽毛布団にカバーを付ければ、汗、垢、フケなどがお布団に直に付くことを防ぎます。
もし、カバーがなければ、布団カバーを付けたまま天日干しをするといいでしょう。

また、布団カバーは定期的に洗ってください。
天日干しとは関係ないのですが、清潔な羽毛布団を維持するために、布団カバーを洗うことは大切です。

正しい天日干しを身に付けよう!羊毛布団の場合

羊毛布団も羽毛布団と同じで、風通しのよい日陰にときどき干せばOKです。
それでは、羊毛布団を干す方法をご紹介していきます。

①羊毛布団には、毛50%ポリエステル50%の羊毛混のものもあります。
品質表示でチェックしてみましょう。

判断できない場合は、三つ折に畳んで真ん中がヘタれば、羊毛混と判断してください。

②羊毛は吸湿性・放湿性が高いため、風通しをよくするだけでOKです。
湿気が溜まりやすい床に当たる側を、上にしましょう。

お布団を長持ちさせるために、布団カバーを使ってください。

③殺菌するために、月に2回くらいは天日干しをしてください。
空気が乾燥している朝10時から午後3時までに干すのがベストです。

天日干しの場合は1~2時間、陰干しの場合は2~3時間ほど干しましょう。

④カバーは付けて干してください。
天日干しが終わったときは、羊毛にダメージを与えてしまうため、強く叩かないようにしましょう。

ホコリが心配なら、掃除機をかけてください。

お布団が干せない人の対処法は?

お布団を干せないときの対処法をご紹介します。

必ずするべきことは、毎日お布団をめくって、湿気を放出することです。
今日は足下側、明日は頭側、というようにして毎日めくるようにしましょう。

また、天日干しができなくても、お布団を丸洗いすれば大丈夫です。
お布団の丸洗いは、専門業者に依頼する必要がありますが、クリーニングに出すとダニや臭いがなくなってふかふかになります。

最近は、お布団の丸洗いもネット通販で宅配してもらえます。

お布団をたまに天日干ししている場合でも、お布団の衣替えをするときに、お布団の丸洗いをするようにすれば、お布団に染みついた汗をきれいに落とせます。

また、布団乾燥機を使う方法もおすすめです。

布団乾燥機の温風で、お布団を乾燥させるため、熱でダニも殺せます。
もちろん、乾燥することによって、湿気もなくなります。

布団乾燥機を使うとお布団がふかふかになるので、とても気持ちいいです。

布団乾燥機は、梅雨のシーズンや花粉の多い季節、そして冬にお布団を乾燥させることができるので便利です。

お布団が頻繁に干せない!そんな方におすすめなお布団とは

お布団の天日干しができない人は、たくさんいます。

仕事で家にいなかったり、朝早く出かけて帰りが夜遅い人は、お布団を洗う時間もないですし、お布団を干して出かけることもできません。

もし、夜遅くまでお布団を干していれば、湿気を吸ってお布団が湿っぽくなってしまいます。
また、雨が降ることもあります。

そのようなお布団を干したり洗う時間がない人は、できるだけ手入れが簡単なお布団を選びましょう。
羽毛布団や羊毛布団は、繊維を使用したお布団よりも手入れが簡単です。

その理由は、乾燥しやすいからです。
陰干しだけで、しっかりと乾燥するのです。

錦布団や合成繊維のお布団は、乾燥しにくいため、忙しくてお布団が干せない場合は、錦布団や合成繊維のお布団はやめたほうがよいでしょう。

また、羽毛布団や羊毛布団は、機能面でも衛生面でもお布団が劣化しにくいため、快適に眠れます。

忙しくてお布団が干せない人は、羽毛布団や羊毛布団を購入すれば、値段以上の価値を感じることができるでしょう。

お布団は素材によって干し方が変わる!

いかがでしたか?

お布団は素材によって、こんなにも干し方が変わってくるのです。

お布団は、ただ干せばいいというわけではありません。
より快適に長持ちさせるためにも、干し方だけでなく時間などにも注意してみましょう。

布団を干す時間がなかなかない!という方は、布団乾燥機や、乾燥しやすい羽毛布団や羊毛布団がおすすめですよ。