普段は二重なのに、朝になると一重になってしまう原因は!?

いつもは二重なのに、朝だけ一重になってしまう原因はなんでしょう?
実際、朝だけ一重という方、結構いるのではないでしょうか。

その理由のひとつとして、むくみが上げられます。

今回は、まぶたが一重になってしまう原因と対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝つきが悪い人必見!睡眠を促すツボで眠りの質を上げる!

仕事で忙しくストレスが溜まっていたり、育児で疲れていたりと何かと心身ともに休まる時間が足りない現...

活動量計で睡眠管理?アラーム機能つきで質のよい睡眠を!

「ちゃんと睡眠時間はとっているのに眠い!」、「なかなか寝つけなくて困る!」と、お悩みの方、いらっ...

背中が熱い!身体が熱くて眠れない原因と対策を徹底解明!

夏の夜、「背中が熱い」と感じ、眠れないといった経験はありませんか。実は、背中が熱いと感じるの...

ストレス解消のために音楽を聴こう!効果的な聴き方とは

ストレス社会とも言われる現代は、いろいろなストレス解消法が提案されています。そして、その中の...

肌荒れ防止には質のよい睡眠時間が不可欠!その対策とは?

「吹き出物ができてる!」、「なんかお肌がカサカサ!」と、肌荒れでお悩みの方、いらっしゃいませんか...

睡眠時無呼吸症の改善方法!おすすめマウスピースの値段紹介

「睡眠時無呼吸症」という病名を聞いたことのある人は多いと思いますが、どのような方法で改善されていくの...

睡眠不足と過労はどのような症状が出る?その原因とは!

ここ数年、仕事関連での過労死事件を良く耳にするようになり、大きな社会問題となっています。...

電球交換したのにつかない!その原因は?正しい電球交換とは

電球の交換時期って急に来ます。電球の交換をしたのにつかない!なんてこともあって、困ってしまう方も...

快適な睡眠をとるために自律神経との関係を知ろう

睡眠をとるということは、日常的に必要なことです。それによって、自律神経も安定するといいますが...

睡眠の大切さと短時間でも熟睡できて疲労回復する方法

世の中には短時間睡眠の人、長時間睡眠の人がいます。これは、人によって適切な睡眠時間が異なって...

春はどうして眠い?睡眠が浅いと感じるワケとその解消法とは

春眠暁を覚えず、といわれるように春はついつい居眠りしたくなりますよね。寒かった冬を越え、...

子どもの睡眠には絵本がおすすめ!眠りを誘う人気の絵本紹介

睡眠前に子どもに本の読み聞かせをする人は多いのではないでしょうか。やさしい明りで本を読む...

トイレなどの故障は誰が負担する!?賃貸の責任問題

賃貸などに住んでいても、トイレや電化製品など、故障してしまうことがあります。そういった場合、...

ベッドが窓際で寒い!!寒くて眠れないときの対処法

窓際の冷気ってすごく寒いですよね??ベッドを窓際に置いて寝ている人はあまりの寒さに目が覚めること...

睡眠中によだれが垂れてしまう原因とは?対策方法教えます!

「つい電車でウトウトしていたらよだれが垂れてた!」、「朝起きたらよだれの跡が!」という経験、あり...

スポンサーリンク

二重なのに、朝一重になってしまう原因はむくみ!?むくみの原因は?

朝起きたらまぶたがむくんでいたなど経験はありませんか。
まぶたのむくみにはどんな原因が考えられるでしょう。

むくみは、代謝機能の低下が関係してきます。
普通なら腎臓で余分な水分が尿として体から排出されますが、ろ過できずに体に水分が残った状態になってしまうことでむくむのです。

皮膚の薄いまぶたは、むくみが出やすいので腫れたようになり、普段は二重なのに朝は一重になってしまうことがあるのです。

むくむ原因のひとつとして、味の濃いものを食べたりなど、塩分の摂りすぎがあります。
これは、体内の塩分濃度が高くなり、それを調節しようと体に水分をため込むため、むくんだ状態になります。

また、むくみには、時間帯で起きる場所が違ってきます。
夕方になると靴がきついなど足のむくみが気になる女性がいることでしょう。
それは、体内の水分が重力で下半身に移動してむくみとなるのです。

また、睡眠中は体を横にしているので、体内の水分が全身に行き渡り顔全体がむくんだり、皮膚の薄いまぶたにむくみが出やすくなったりもします。

また、年齢を重ねると腎臓が萎縮して機能も低下してくることがあります。
このときにもむくみは出ます。

血液検査で数値が基準よりも高いと人工透析になる場合もあります。
頻繁にむくむ方や、むくんだ状態が治らないときは、尿と一緒に多量のたんぱくが排出されるネフローゼ症候群の可能性もあります。

頻繁にむくむ方は、一度医療機関の受診をおすすめします。

二重から一重に!朝まぶたがむくんでしまう原因

まぶたにむくみが出るのは様々な原因がありますが、前の日にお酒を飲んだりしても、朝に一重になるくらいむくんでいることもあります。

それは、アルコールを分解しようと多くの水分を蓄えてしまうため、その結果むくみに繋がります。

朝起きると二重が一重になるくらいまぶたがむくむ場合には、生活習慣によるものが大きいということです。
運動不足や不摂生な夜更かしなど続けていると、身体全体の代謝も低下し老廃物をためこむ状態に陥ります。

さらに外食が多い人やコンビニの食品も要注意です。
特にラーメンやそばの麺類の汁、牛丼などのファーストフードの塩分はかなり高いことが分かっています。

インスタントラーメンなどの即席食品にも塩分がとても多く含まれています。
このように、生活の周りには、まぶたがむくむ原因がたくさん潜んでいますから、普段から意識して気を付ける必要があるでしょう。

疲労や睡眠不足が続くと腎臓機能を弱める可能性もあり、体の新陳代謝をも著しく低下させてしまうので、むくみやすい体になってしまいます。

疲労や睡眠不足はむくみだけでなく、体に様々な悪い影響を与えますので、十分な質の良い睡眠による疲労回復が大切です。

睡眠不足が二重、一重に関係している!?

まぶたのむくみを解消するのは、まず、食生活を見直す必要があることが分かって頂けたかと思います。

また、むくみには睡眠に関する関係性もあります。
疲労が原因のむくみの場合は、十分に睡眠を取って休養することが1番有効です。

他にも早寝早起きを心掛けること、食生活では薄味にすること、利尿効果のあるお茶を積極的に摂取する、などして適度な運動をし、新陳代謝を活発にしましょう。

睡眠不足でむくむ場所は、目元は疲れが出やすいパーツであるため、むくみとして現れやすくなります。

反対に前日の睡眠時間がいつもより多い場合は、寝過ぎが原因と考えられます。
横になっている時間が長いので、全身の水分が顔に集中しやすくなってしまいます。

運動不足やデスクワークの仕事など、身体が全然動いていないとむくみやすくなって、冷え性の方は、より血行が悪くなるのでむくみやすくなります。

一駅早く降りて歩くことや、エレベーターではなく階段を使うなど、少し多めに歩く工夫をしてみたり、休憩中にストレッチをするなどの意識をすることから始めてみてください。

体を動かすことで質の良い睡眠がとれるでしょう。

しかし、今までしてきた生活習慣を明日から変えるのは、すぐにはむずかしいものです。

いつもは二重なのに今朝は一重になっているなど、朝起きたときにまぶたがむくんでいる場合の簡単な解消法をご説明します。

蒸しタオルと冷水を交互に顔に当てることで、滞った血流が促進され、顔やまぶたのむくみが解消されます。
ぜひ試してみてください。

朝、一重にならないために!寝る前のマッサージが効果的

二重の方が一重にならないためにするマッサージについてご紹介します。

血流を良くするには「首」がつく部位をストレッチしたり、温めたりすると効果的です。
湯船に浸かって、少し汗をかくくらいだと体も心から温まります。
就寝前に疲れた首をストレッチなどでほぐし、顔と首の血行をよくしましょう。

入浴後にはマッサージクリームじゃなくても大丈夫なので、ボディクリームなどでリンパマッサージで首のリンパの流れを良くしましょう。
指先で耳の後ろから鎖骨の方へ軽く数回擦ります。

また、つぼ押しもむくみの効果があります。
眉頭の少し凹んだことろに指先で眉毛を押し上げるような感じで数秒間押します。
少し痛気持ちいくらいの強さで行ってください。

目頭の間も同じように押すとよいでしょう。
このつぼ押しは、ヨガでも行いますのでゆっくりとリラックスしてするのがよいでしょう。

朝起きたらむくんで一重だったときや、まぶたのむくみだけでなく、目の疲れが気になるときにもおすすめなので、リフレッシュしたい時にも押してみてください。

朝起きて、二重から一重になってしまった時の対処法!

朝起きた時に二重から一重になってしまっていたときの対処法をご紹介していきます。

◯まぶたのむくみには冷やすと効果的
冷たくしたタオルを目にのせて、5分ほどソファーで横になっているとすっきりした感じになります。
このとき炭酸水があれば炭酸水を使うと効果倍増です。

◯温度の違うタオルでむくみ解消
目元に冷たいタオルと温かくしたタオルを数分間、交互におくことで血行がよくなりまぶたのむくみに効果的です。
この際、タオルを温めるとき電子レンジなどで熱くなり過ぎないように注意が必要です。
注意点でまぶたの皮膚は、薄いのでやけどに気をつけてください。
しかし、血行をよくすることで朝起きたら二重のはずが一重だったり、クマができてしまったときにもよいです。

◯まぶたのむくみにはティーパック
紅茶を飲むなら、カモミールティーを飲むのもいいですが、今回は飲んだ後のティーパックも使います。
冷めたティーパックをそのまま乗せるのもいいですが、気になる方はカモミールティーをコットンなどにたっぷり染み込ませてからまぶたの上にのせるとよいでしょう。

朝のむくみが気になるなら、食生活を見直してみよう

先ほど塩分を摂りすぎるとむくみが出てしまい、前日に飲んだお酒やラーメンが原因でいつもは二重なのに朝起きると一重になることがあるとお伝えしました。

それでは、食生活を見直す方法についてお伝えします。

まず、一般的にいわれている1日の食塩摂取量についてですが、成人男性が10g未満、成人女性が8g未満といわれています。
塩分制限の食事では6gといわれています。

味が薄すぎると美味しくなく感じてしまうので、酸味や辛みを少し加えたり工夫しましょう。
塩や醤油の塩分以外のもので、ゆず、コショウ、レモン、すだち、しそ、みょうがなどでも味付けができます。

麺類の汁には、塩分が多いので全て飲まないで残すようにしましょう。

味噌や醤油で減塩の商品が販売されていますが、減塩だからといって使いすぎると塩分の取りすぎになることもあるので、注意してください。

減塩に努めるとともに、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる作用のあるカリウムを積極的に摂る事が推奨されています。
意識して摂りましょう。

カリウムが多く含まれている食品はパセリ、豆味噌、よもぎ、こんぶつくだ煮、アボガド、ひき割り納豆、ホウレンソウ、ゆりねなどです。

果物ですと調理もしなくていいので、手軽に摂取できます。
バナナ・はっさく・いよかん・もも・干し柿・りんご・キウイなどです。

カリウムの過剰摂取は、尿中に排泄されるので心配ないですが、腎臓の機能が低下すると、カリウムの排泄が困難となり、高カリウム血症を起こす可能性があるので、腎障害がある場合は摂取量に注意が必要です。

まぶたがむくんでしまう前に、対処しよう

朝起きてまぶたが腫れてしまう主な原因は、むくみのせいなのです。
寝不足や、塩分の取りすぎでも起こるむくみは、しっかりと対処することで、防ぐことができます。

もし、まぶたがむくんで一重になってしまったら、マッサージが効果的です。
マッサージを行うときは、やさしく行いましょう。

まぶたは皮膚が薄く、デリケートですからね。