布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

家のコンセントとスイッチの高さや位置はどう決める!?

2017.2.8

家を建てる上で、決めなければならないことはたくさんありますが、その中で、今回はコンセントとスイッチについてご紹介します。

スイッチとコンセントの高さや位置、そこまで重視されていない方もいるのではないでしょうか?

ですが、一度設置してしまうと、変更することは、簡単には出来ません。

失敗してしまう前に、快適な生活のため、コンセントやスイッチの高さや位置を確認してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

女子が憧れるベッド「天蓋カーテン付きベッド」の楽しみ方

ふわふわの白いレースに囲まれたベッドは、お姫様気分を味わえたり、海外のベッドルーム気分を味わえたりと...

海外のベッドルームに近付けるならライトはどれを選ぶ?

写真やカタログ、映画などで見る海外のベッドルームのライトの使い方、素敵だと思いませんか? ちょ...

心和む空間。昭和レトロな部屋づくりを人気ブログから学ぶ!

数あるインテリアテイストの中でも、注目度の高い「昭和レトロ」。 どこか懐かしく、温かみの感じら...

ベッドとお布団選ぶなら?高さをあげるメリットとデメリット

寝具でのベッド、お布団どちらで寝ていますか? ベッドとお布団にはそれぞれメリット、デメリットが...

マンションのドアの隙間の音漏れ軽減方法と外からの防音対策

マンションなどの室内のドアの下に隙間がありますよね。 この隙間は、シックハウス対策の為のものです。...

ベッドと敷布団はどちらが最適か?2つの違いを見ながら検証

寝具というと、ベッドか敷布団かに分かれますよね。 日本では昔、敷布団を利用するのが一般的でした...

スイッチとコンセントの設置高さの標準的な目安が知りたい!

新築作りが進んでいくと、電気の配線計画も打合せしますよね。 家が完成して生活していく中で特に重...

母の日のプレゼントにおすすめ!寝具を選ぶポイント

5月の第2日曜日は、母の日ですね。 「今年は特別な感謝の気持ちを伝えたい!」と思う方におすすめ...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。 ...

ベッドに除湿シートは必要!?有効的な除湿シートの使い方

ベッドの生活は便利ですが、ベッドも寝具である以上、寝汗などの湿気とは縁が切れません。 ベッドの...

ウッドスプリングベッドを選ぶならコレ!すのこベッドと比較

しっかり寝たはずなのに朝起きたら、腰が痛かったり体中がこわばっている、という時ってありませんか? ...

幼児とベッドで寝るなら必須!落ちる危険を回避する方法とは

活発に動く幼児は、夜ベッドでもおとなしく寝ていてはくれません。 夜中にドスンという音とともに、...

夏でも使いたいラグ・カーペット!フローリングより快適!?

暑い夏、お部屋の中では、できるだけ涼しく快適に過ごしたいですよね? 床がフローリングだと汗のベ...

マットレスの掃除してますか?お手入れ方法をご紹介します!

ベッドのマットレスってお手入れしてますか? 最近はお布団で寝るよりも、ベッドを使っているお宅が多い...

寝相の悪い子供用の寝具は、実は冬でも薄めが基本

寝相が悪い子供が隣に寝ていると、お布団のズレが気になって、安心して眠れませんよね。 特に、寒い...

スポンサーリンク

コンセントとスイッチの高さの基準は?

コンセントの高さは、コンセントのてっぺんではなくて芯(プレートの真ん中)で測ります。

洋室の場合、コンセントの高さは床から30cm上です。
和室の場合、畳の上に直に座ることもあるので床から20cm上です。
屋外の場合、地面から50cm以上です。

スイッチの高さは床から120cm、もしくは130cm上であることが多いですが、身体障害者や老人に対応しなければならない施設だと床から100cmのところにスイッチが配置されることもあります。

それでも事務所などの業務用の室内では、床から130cmの高さにスイッチが配置されることが多いです。
事務所のような所では、子供が操作することを考えていないのである程度の高さを確保することで利便性を高めています。

スイッチの高さの注意点としては、フリーアクセスフロアのように二重床になっているところでは、床を上げた分だけスイッチの高さを上げるようにしてください。

二重床のことを考えていないと、スイッチの高さが少なくなることがあります。

コンセントの高さは、用途によって使い分ける

コンセントの高さは床から20cm、もしくは30cmであることが一般的です。

しかし、そうであってもスイッチの高さを大人に合わせるようにコンセントの高さを用途に合わせて変えることもできます。

冷蔵庫に使うコンセントなら、普段は抜き差しすることがなくコンセントに溜まった埃が発火してしまうトラッキング現象を防ぐためにも、高く配置しておくと良いでしょう。
具体的には床ら170cmから180cmくらいにしてしまいましょう。

洗濯機に使うコンセントなら、漏電の心配があるので少し高く配置しておくと良いです。
一般的には床から110cmに配置されることが多いですが、使用する洗濯機に合わせて邪魔ならない高さにしましょう。

廊下・階段に配置するコンセントは、電飾や掃除機に使い、掃除機をかけるということなら床から少し高くしておくことで、スムーズに掃除できるようになります。

エアコンに使うコンセントなら、エアコンが天井に近いところに配置するということで、床から185cm、もしくは天井から50cmくらいの高い位置への配置が良いです。

その他の用途が決まっているコンセント、たとえば洗面所では壁掛けの扇風機を使うというように用途に合わせて都合の良い位置に配置しておくと便利になります。

コンセントの配置を決めるときの注意点とは?

コンセントの高さが決まったら次は数です。

コンセントの数というのは、重要なもので、適当に決めてあとで後悔するという話も多いものです。
その場合は、パソコンやテレビ周りのコンセントが足りないということが頻繁に起きます。

タコ足ケーブルや延長ケーブルでコンセントを足すことができますが、それだと見た目がごちゃごちゃしてしまいます。
当然ながら延長ケーブルなどがないほうがすっきりとした気持ちの良い部屋になることでしょう。

タコ足ケーブルなどでごちゃごちゃな見た目にならないように具体的にシミュレーションして考えておくことが大切です。

また、コンセントについて考えることはもう1つあります。
それは、コンセントから伸びるケーブルが見えないようにすることです。

タコ足ケーブルや延長ケーブルだけでなく、テレビやパソコンなど電化製品とコンセントをつなぐのにケーブルが必ずいります。

ケーブルを使わなくては、スイッチを入れても電化製品は使い物にならず電化製品からケーブルは失くすことはできません。
ケーブルが見えていると部屋がごちゃごちゃした印象になってしまうので、目隠しを用意することも忘れないようにしましょう。

それに目隠しをすれば埃対策にもなるので一石二鳥です。

スイッチの場合、高さ以外に注意するポイントは?

スイッチもコンセントと同様に高さだけを注意すれば良いわけではありません。
いかに使いやすくするかということが大切になります。

スイッチは、扉の影にならないように配置するのが原則で、人の動きである動線を考えたり取り付け場所を確認したりシミュレーションしておくと良くと、より良い配置を見つけられることでしょう。

照明や換気扇などのスイッチは、存在が分かり難く・押しやすく・押し間違えないことが理想的です。

そして、照明などの毎日使うスイッチの配置は本当に重要なものになります。
そのようなスイッチが不便だと、日増しで不便さが際立ってしまいます。

人が常にいるような部屋なら、スイッチは室内にあったほうが便利です。
逆にお風呂場や倉庫のように普段は人がいない所なら、スイッチはその部屋の外に配置しておくほうが便利です。

また、照明のスイッチを考えるにあたっては、暗がりを歩かないで済むような配置になることを心がけてください。
出入り口が2箇所以上ある場合は、どこでもオンオフできるように3路スイッチや4路スイッチを用いることも計画に入れましょう。

忘れがちな寝室のコンセントはどこに付ける?

コンセントやスイッチに関しては、寝室への配置ならばベッドサイドに設置することを考えてみてください。

ベッドサイドのコンセントは、不可欠だと言っても良いです。
ルームランプを使わない人でもベッドサイドにコンセントがあると便利です。

ベッドサイドのコンセントでスマホが充電でき、寝ているときに充電しておいて、朝起きたらすぐに使うことができます。
または、目覚まし時計の代わりにスマホを使うにしてもちょうど良い高さにあるベッドサイドのコンセントは便利です。

また、夏場のどこかから侵入してくる蚊を防ぐための蚊取り線香の電源にもなります。
さらに美容家電の電源にもなります。

これらのようにベッドサイドのコンセントの用途は結構あるのです。
それでも延長ケーブルでコンセントを引っ張ってくれば良いじゃないかと思うかもしれません。

しかし、ケーブルは目に入るだけでごちゃごちゃとした印象を作ってしまうのでリラックスしたい寝室には不向きでしょう。
それに延長ケーブルではベッドから出る埃での発火も心配になるのでおすすめできません。

寝室に取り入れたい便利なスイッチ!

寝室の照明を消すのに、わざわざ寝室入り口のスイッチを押したり、照明のコンセントを抜いたりするのは面倒だと思います。
それに寝室入り口のスイッチは立っているときに使うもので寝ながら押すことかできません。

それらのもどかしい悩みを解決してくれるのが3路スイッチです。

3路スイッチは階段でよく使われているもので、1階にいて階段照明をつけて、階段を登ってから2階で階段照明を消す、というように2箇所で1つの照明を切り替えられるものです。

それを寝室に取り入れれば、寝室の入り口、ベッドの近く、その2箇所から照明の点灯を切り替えられるようになり、眠たくなってから寝室の入り口まで歩かずに、ベッドに寝たまま照明を消せるようになります。

また、3路スイッチを使わないのなら、リモコン機能付き照明がおすすめです。
スイッチがリモコンになっているので、持ち運べて、部屋のどこにいても照明を切り替えられるようになります。
暗くて、スイッチの高さがわからなくなり、スイッチを探すこともなくなります。

シーリングライトにはリモコン付きの機種が多いので探してみてはいかがでしょうか。

コンセントとスイッチ計画は念入りに!

いかがしたか?

コンセントやスイッチは、快適に生活する上では欠かせないものです。

コンセントが足りなかった、スイッチここにあったら便利なのに・・となる前に、しっかり計画することが大切です。

一度取り付けてしまったものは、なかなか変更できませんからね。

 - 寝具全般