布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

セミダブルのベッドを購入!掛け布団の最適なサイズは!?

2017.1.27

一人でセミダブルのベッドを使う場合、掛け布団はシングルにするのかセミダブルにするのか迷いませんか?

布団カバーやシーツをお選びの際にも「そもそも、セミダブルのベッドを使う場合はどの規格サイズかわからない」という場合があるかもしれません。

そのような方のために、カバーやシーツのサイズの確認の仕方とセミダブルベッドにおすすめの掛け布団のサイズをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

赤ちゃんが転落して後頭部を強打!注意すべき症状は!?

赤ちゃんはいきなり想像も付かないような行動をしたりします。 たとえば、ベビーベッドの柵を乗り越...

LEDダウンライトは交換できるの!?その費用はどのくらい?

LEDのダウンライトは交換できないというのは本当でしょうか? もし交換可能であれば、費用はどの...

畳の上にウッドカーペットを敷いた時のメリット・デメリット

畳の上にウッドカーペットを敷いて部屋の雰囲気を変えたい! もしくはすでに敷いている方、いらっし...

意外に悩む、ロフトベッドの簡単な解体方法を知っておこう!

普段使いで心地がいい、ロフトベッド。 お部屋の模様替えやインテリア合わせて移動したり、引っ越し...

ウッドスプリングベッドを選ぶならコレ!すのこベッドと比較

しっかり寝たはずなのに朝起きたら、腰が痛かったり体中がこわばっている、という時ってありませんか? ...

寝室6畳の、最適なテレビのインチは何インチ!?

寝室が6畳あれば、ダブルベッド、もしくはシングルベッドを2つ置くことが出来ます。 やはり寝室で...

マンションの照明をおしゃれにしたい!交換は自分で出来る?

マンションやアパートに元々付いている照明を、おしゃれな照明に交換してみませんか? 交換となると...

新築のリビングや寝室をこだわりたいなら内覧会へ行こう!

建物の完成前に販売された新築住宅は、その建物が完成した後、引渡し前の段階で内覧会が開催されます。 ...

木製パレットのベッドが話題!作り方やおすすめ商品をご紹介

近年、DIYブームで大きな家具も自分で作る方が増えています。 その中でもベッドを作る素材と...

ローベッドの下に収納スペースを!ベッドの高さを上げる方法

ローベッドを使用している人は沢山いますよね。 ローベッドを使用することで、お部屋の空間が広がっ...

赤ちゃんの寝具を選ぼう!ベビーベッドやマットレスは必要?

妊婦さんや、その御家族の方、赤ちゃんの寝具はもう揃っていますか? 初めての赤ちゃんの場合は、何...

和室にベッドを置きたい!!カビやダニ対策は!?

洋室にはベッド、和室にはお布団というイメージがありますが、反対に畳の部屋にベッドを置きたい場合や、逆...

ダイニングテーブルの形が丸!使い勝手などの良し悪しは!?

ダイニングテーブルを買い換える際、とくに狭いダイニングではテーブルの大きさや形に悩むことがありますよ...

ベッドのサイドテーブルをおしゃれに!選ぶ時のポイントは?

ベッドの横にサイドテーブルをひとつ置くと、お部屋の印象が大きく変わると思いませんか? サイ...

インバーターの蛍光灯とは?寝室の場合は交換すべき?

蛍光灯には、グロー、インバーター、ラピッドといった種類がありますが、一体それぞれ何が違うのでしょうか...

スポンサーリンク

セミダブルベッドにおすすめの掛け布団サイズ

セミダブルベッドをお使いの方におすすめの掛け布団は、巾150cmのシングルサイズです。
一人でお使いでしたら、丁度ベッドにもフィットする大きさです。

しかし、セミダブルのベッドに二人でお休みの場合だと、掛け布団の巾は190cmのダブルサイズがおすすめです。

お互い寝返りをうっても、掛け布団がめくれたりしないお布団巾です。
体が大きめの方も、ダブルサイズの方が手足肩をすっぽり包んでくれるため、暖かくお休みいただけます。

下記は、一般的なベッドサイズと掛け布団サイズの適正な寸法です。

【ベッドの種類】 【ベッドサイズ】  【掛け布団サイズ】
シングル       100×200      150×210
セミダブル      120×200      175×210
ダブル        140×200      190×210
ワイドダブル     155×200      190×210/210×210
クイーン       160×200      210×210
ワイドクイーン    170×200      210×210
キング        180×200      230×230
ワイドキング     200×200      230×230

この他、210cm丈のロングベッドもございます。

セミダブルベッドに使用する掛け布団カバー、シーツのサイズ確認方法

布団カバーやシーツを選ぶ際、寸法がわからないと適当に買った物が合わなかったと交換する羽目になる場合もあります。

購入前には必ず寸法を確認しておきましょう。
大抵の場合、お布団本体に「品質表示タグ」が縫い付けてあります。
それには寸法だけを書かれていて、シングルサイズ等と明記されているものは少ないでしょう。

お店の商品を確認する場合は、商品ポップなどでシングルやダブルといった規格名と寸法が書かれていることが多いので探しやすいです。

また、「品質表示タグ」に寸法がなかったり、擦れて見えなくなっていたら、直接お布団を測ってください。

掛け布団カバー、敷きパット、敷布団のおおよその寸法は下の通りです。

【掛け布団カバー】
シングル  150×210cm
セミダブル 170×210cm
ダブル   190×210cm
クイーン  210×210cm

【ボックスシーツ敷きパッド】
シングル  100×200×25cm(マチ幅分)
セミダブル 120×200×25cm
ダブル   140×200×25cm
クイーン  160×200×25cm

【敷布団カバー】
シングル  105×210cm
セミダブル 125×210cm
ダブル   140×210cm
クイーン  165×205cm

セミダブルベッドに使用する掛け布団サイズとカバーのルール

シングルサイズと書いてあるからと、シングルのカバーを買えば大丈夫と思われるかもしれません。
しかし、大きさが異なる場合もあるので、「品質表示タグ」の確認はやはり大切です。

更にメーカーや生産国によって少し寸法が違ったりもします。
基本的な掛け布団のサイズは、シングルからキングに至るまで、お布団の縦の長さはほぼ同じです。

横の長さが20cmずつ大きくなります。
(シングルとセミダブルの差は25cm)

例外で、お子様用のジュニアサイズやベビーサイズは縦の長さが違います。
子ども用のお布団では、身体の一部が沈み込んでしまわないよう、柔らかすぎないことを気を付けて作られています。

また、自分でお布団の上げ下げの習慣がつくように、重量も軽くなっているのです。
更に衛生面でもお手入れしやすく抗菌性にすぐれた素材を使用しています。

もしも大人用のお布団を使うとしたら、小さな身体が埋まってしまい、重さでの窒息や、誤って踏んでしまう可能性もあります。
そうならないためにも、体の成長に合わせてお布団のサイズを変える必要もあるかもしれません。

セミダブルベッドに使用する敷布団サイズとカバーのルール

敷布団のサイズは、直敷きかベッドかによって異なっています。
直敷き用のお布団は、ベッド用より縦の長さが10cm長く出来ています。

シングルサイズですと、直敷きでは100×210cmですが、ベッド用だと100×200cmです。
セミダブルだと直敷きでは120×210cm、ベッド用は120×200cmといった具合です。

もちろんのことですが、掛け布団よりも敷布団の方が小さい寸法です。

敷布団カバーは、お布団の厚みがある為、大きめに作られています。

直敷き用とベッド用のサイズ別の大きさを下記に記します。

       【直敷き用】 【ベッド用ボックスシーツ】

シングル   105×215cm   100×200×30cm
セミダブル  125×215cm   120×200×30cm
ダブル    145×215cm   140×200×30cm
クイーン   165×215cm   160×200×30cm
キング    185×215cm   180×200×30cm

同じシングルでも、掛け布団カバーあるいは敷布団カバーを購入される際には、寸法が違いますので間違えないようにご注意ください。

セミダブル等のベッドサイズ一覧

掛け布団と敷布団のサイズの次は、ベッドサイズについてのご説明です。

狭いワンルームなどで、なるべく小さなベッドを置きたいという方に、セミシングルサイズがあります。
横幅85cmのコンパクトベッドです。
部屋を広く使えるベッドとして便利ですが、寝返りはうちにくい大きさになります。

シングルベッドは、横幅が100cmあって、一般的に一人用として多く使われます。
身体が大きめの方だとちょっと窮屈かもしれません。

セミダブルベッドは、横幅120cmで、大人がゆっくりと寝られる広さがあります。

ダブルベッドは、横幅140cmで、大人二人寝られる広さですが、ゆったりという程ではありません。

ワイドダブルベッドは、横幅150cmで、大人二人でも少しゆとりがあります。

クイーンベッドは、横幅160cmあり、大人二人に十分な広さです。
小さなお子様と3人でも大丈夫です。

キングベッドになりますと、横幅が180cmもあり、大人二人とお子様でもゆったりなサイズです。
しかし、幅があるので、お部屋のサイズとも相談する必要があります。

ベッドは折りたたみ式でない限り、固定されてしまいます。
部屋をベッドで占領され過ぎないように考えて選ぶようにしましょう。

安眠を得る上でおすすめはセミダブルサイズ

いろいろなサイズのお布団やベッドがありますが、一人用を考えるとゆったりと寝られるセミダブルサイズをおすすめします。

人は寝ている間に何度も寝返りをうちますが、これは非常に大事なことなのです。
それを自由に行える広さが欲しいとなると、シングルよりもセミダブルが適しています。セミダブルであれば、手足を動かしてもお布団から大きくはみ出すこともないです。

重要な役割を持っている寝返りの効果は、3つあると言われています。

①マットと接触して、圧力がかかっている部分の血液や体液の循環が悪くなるのを防ぐ。
②掛け布団を押し上げることで寝具の中に対流を生じさせて、温度や湿度を調整する。

③一晩の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すことで構成されている。
質の高い睡眠をするには、このサイクルが重要とされ、寝返りはレム睡眠とノンレム睡眠の段階を移行させる、スイッチの役割がある。

無意識のうちに行っている寝返りには、実は大事な役目があったのです。
知らなかった人も多かったのではないでしょうか。

シングルとセミダブルの横幅の差は20cmですが、余裕で寝返りがうてる広さにすることで、健康に大きく関わってくるのです。

セミダブルサイズで快適に睡眠をとろう!

セミダブルサイズの掛け布団というのは、比較的少ないサイズのお布団です。

ベッドがセミダブルだから掛け布団もセミダブルのはず!と決め付けないようにしましょう!

購入する前に掛け布団の端についているタグなどで確認のうえ、掛けふとんカバーをお探しください。

ベッドは睡眠をより豊かにするために、非常に重要なものです。

より充実した人生を送るためにも、自分にぴったりのベッドと掛け布団を使用しましょう。

 - 寝具全般