シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。

更におしゃれなデザインのベッドはインテリアとしても優秀です。

今の時代、お布団よりもベッドを選ぶ方が多いのではないでしょうか?

シングル・セミダブル・ダブルベッドなどをお使いの方、掛け布団のサイズは本当に合っていますか?

それぞれにベッドに合った掛け布団のサイズをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドと机が一体型!子供の自立心と意欲を育てるアイテム!

「そろそろ子供にベッドや机が必要かな?」と、考えることはありますか。それはどんなタイミン...

家の寝る部屋を掃除しよう!お布団の片付け方法のコツ

家の寝室って寝ること以外に使うことってあまりないかもしれませんが、意外と寝室は汚れています。...

日本におけるベッドのシェアが大きなメーカーはどこか

日本で寝具といえばお布団ですが、畳の部屋にお布団を敷いて寝ている方は、少数派だということをご存知でし...

ラテックスマットレスで快眠!ダニを防ぐ抗菌作用もあるの?

寝具選びに失敗すると、睡眠の質が悪くなり、寝不足や疲れの原因につながってしまいます。快眠...

寝具は寝心地が重要!どんなマットレスなら熟睡できる?

厚みのあるマットレスって弾力性があって寝心地が良いですよね。ベッドの他、敷布団にベッドマット...

ベッドは簡単に手作りできる!木製パレットで海外風の寝室に

木製の「パレット」を使った、手作りベッドが流行しています。ナチュラルでラフな空間を演出できる...

壁埋め込み型スイッチの交換方法&壁穴の補修方法と費用相場

普段、何気なく使っている家のスイッチですが、種類も豊富で、便利な機能を合わせ持つタイプも多いですよね...

100均アイテムで運気UP!ベッドのフレームやサイズの選び方

ベッドの購入をお考えの方、どんなベッドにしようか迷いますよね。今回は、ベッド購入時のサイズや...

一人暮らし!!賃貸へ引っ越す前に購入する物を確認しよう!

初めての一人暮らし、ドキドキ、ワクワクしますよね!?賃貸アパートなどに引っ越す予定の方、必要...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか?...

姫系寝具カバーのおすすめ6選!通販で人気の商品を紹介

今、通販ではさまざまなデザインの寝具カバーが販売されていますが、その中でも姫系デザインの寝具カバ...

おすすめベビー布団をご紹介!ピンクも選べるお布団を厳選

成長がまだ未発達で繊細な赤ちゃんが使用するベビー布団は、なにかとこだわって選びたいものです。...

子供が園で使うお昼寝用お布団に袋は必要?役割と選び方

幼稚園や保育園で使うお昼寝用お布団は、園によっては定期的に持ち帰らなくてはいけないこともあります...

アメリカはベッドに靴のまま上がるという話は本当?

よく、テレビや映画などで、アメリカの人は靴のままベッドに上がり、寝ているシーンを目にしますが、実際の...

マットレスだけで寝る!?床に直に敷くメリット・デメリット

マットレスはベッドのパーツの1つと思っている方も多いと思いますが、フレームが無くても使うことはできま...

スポンサーリンク

一般的なベッドや掛け布団のサイズの目安は?

一般的なベッドサイズの目安をご存じでしょうか。
ベッドのサイズをご紹介していきます。

下記がベッドのサイズになります。

・セミシングル:幅85cm前後(子供、小柄な人)
・シングル:幅100cm前後(子供から中肉中背の大人)
・セミダブル:幅120cm前後(大人1~2人、大人と子供、大人とペット)
・ダブル:幅140cm前後(大人2人、大人と子供など)
・クイーン:幅170cm前後(大人3人、大人2人と子供1人)
・キング:幅180cm前後(大人2人、親子、子供どうしなど、最大級のサイズでシングルサイズ2つ分)。

そして、一般的な掛け布団サイズは、下記の通りになります。

・シングル:150cm×210cm
・セミダブル:175cm×210cm
・ダブル:190cm×210cm
・クイーン:210cm×cm
・キング:230cm×230cm

ベッドと掛け布団のバランスが最も良いとされる組み合わせは下記の通りになります。

・シングルベッド100×200と掛け布団 150×210
・セミダブルベッド120×200と掛け布団175×210
・ダブルベッド140×200 と掛け布団190×210
・ワイドダブルベッド155×200と掛け布団190×210
・クイーンサイズベッド160×200と掛け布団210×210
・ワイドクイーンサイズ170×200と掛け布団210×210
・キングサイズ180×200と掛け布団230×230
・ワイドキング200×200と掛け布団230×230

体格差によりサイズを選んだり、ロングサイズのお布団も販売されています。

シングルベッドにダブルサイズの掛け布団をかけるのは変?

引っ越しなどで、ダブルベッドからシングルベッドにした場合、今まで使っていた掛け布団のサイズで良いのか、ベッドに合わせたほうが良いのか、悩むこともあるでしょう。

そのような時は、大きさを確かめるために実際に寝て、寝返りをしてみましょう。
寝返りを打って、余ったお布団に乗ってしまう違和感や、巻き込んで寝心地が悪いようなら、買い替えたほうが睡眠には良いですね。

そのままのお布団を使う場合には、お布団の端のほうに身体を寄せて、余った反対のお布団を折り返して幅の調節をすると良いかもしれません。

シングルベッドに使う掛け布団の疑問点に次のようなものがあります。

Q.ダブルサイズのお布団をシングルベッドに使うのは変ですか?

A.お布団が大きいとベッドが覆われるので、ベッドの両脇を広めにとることができます。しかし、お部屋が広ければ問題ありませんが、狭い場合はより狭く感じてしまいます。

ただ、ひとまわり大きいサイズのお布団を使う人も多く、冬にお布団がずり落ちにくいなどのメリットがあります。

このようにお布団をワンサイズ上のものにすることで、寝相の悪い人でも、朝起きたら掛け布団が掛かってなかったなんてことも、少なくなるのではないでしょうか。

セミダブルベッドの掛け布団のサイズは?

セミダブルベッドの掛け布団サイズはどうでしょうか。
セミダブルベッドにはダブルサイズの掛け布団で良いのか、セミダブル用の掛け布団が良いのか迷います。

マンションなどで部屋が狭い場合は、ダブルベッドは大きすぎて使用することができず、セミダブルベッドを使う人が多いです。

2人で寝るためにダブルベッドにしたい人も多いですが、ダブルベッドを購入した人の中には、下記のような話があります。

◯寝室のドアとベッドが近すぎて、ドアの開閉時に手を挟みそうになってしまう。
◯部屋に入りきらないため、ベッドをバラしたまま、使っていない。
◯ベッドを置いたら他のものが置けなくなった。

上記のようにならないために、事前に置けるサイズを把握しておく必要があります。

また、セミダブル掛け布団とダブルサイズ掛け布団は差が20cmです。
このことからお布団を掛けた時にセミダブルだと身体がはみ出るか、はみ出ないかで判断して選ぶのも良いでしょう。

身体がすごく大きい人に関しては、セミダブルの掛け布団を1人で使っても良いでしょう。

また、2人で寝る場合に寝返りが多い人、身体の大きい人が寝返りした時にお布団を一気にもっていってしまうときなどは、掛け布団をワンサイズ大きくしたほうが良いでしょう。

ただし、お布団をワンサイズ大きくすることで注意しなければいけないことがあります。

家庭でお布団を洗うことも多いですが、お布団をワンサイズ大きくすることで、自宅で洗えなくなってしまうこともあるのです。

自宅洗いができないお布団の場合は、クリーニングに出しますが、お布団にかけていたカバーは自宅で洗いましょう。
また、お布団に関しては湿気やダニ対策をしっかりしていれば、頻繁に洗う必要がないと言えます。

ダブルベッドにはシングルの掛け布団もアリ!?

小さいサイズのベッドから大きいサイズのベッドになった場合です。

シングルベッドからダブルベッドになった場合に、掛け布団はどちらが良いかで迷いますが、シングル掛け布団でも良いようならば、無理に買い替えることもないでしょう。

ただ、ダブルベッドにシングル用掛け布団は、見た目のバランスが悪くなるので、気になる場合は買い替えても良いでしょう。

2人で寝る場合に、掛け布団は別々にしたい人もいますので、その場合、ダブルベッドでシングル用掛け布団を2枚使う方法もあります。

また、寝室を人に見せるわけではないので、良い睡眠ができるのならば、少しくらいバランスや見た目が悪くても気にする必要はありませんし、余計なお金を使わなくて済みます。

寝室を自分の好みにしたい場合は、ベッドサイズにぴったり合ったサイズの掛け布団や好みのデザインの掛け布団に買い替えても良いですね。

良い睡眠を取るために、積極的に良い環境作りをすることは良いことです。

1枚の掛け布団を2人で使う場合には、細めの人同士や子供同士で寝る場合などは、セミダブル用の掛け布団サイズで寝れる場合があるので、身体の大きさなどを良く考慮して掛け布団のサイズを選ぶと良いでしょう。
 

クイーン・キングベッドをお使いの方、サイズ選びに悩んだら

クイーンサイズベッドとキングサイズベッドは、大きな掛け布団一枚のイメージがありますが、寝る人によっても使う掛け布団が変わってきます。

具体的には、2人の大人で寝る時に1人はダブルサイズの掛け布団、もう1人のほうはシングルサイスの掛け布団にする人もいるようです。

このように、身体の大きい人は大きめのダブルサイズの掛け布団にして、隣に寝る人が細身ならシングルサイズの掛け布団にしても良いでしょう。

親2人と子供1人の場合は、お父さんがダブルサイズの掛け布団を使い、お母さんと子供がシングル用掛け布団を使っても良いですね。

1部屋を子供2人で使う場合に2つのシングルベッドを並べて使うこともできます。

子供2人でダブルベッドでも良いのですが、後々のことを考えた場合はシングルベッド2つのほうが良い場合があります。

シングルベッド2つ並べるとキングサイズベッドのサイズになりますが、大きな掛け布団1枚を2人で使うのではなく、シングル用掛け布団を1人1枚で使う方法があります。

シングルベッド2つを並べて作ったキングサイズのベッドは、個別の子供部屋を作った時に、シングルベッド2つに分けて使うことができます。

そのため、大きな掛け布団一枚を子供2人で使うより、初めからシングル用掛け布団を使ったほうが良いとも言えるでしょう。

大きなサイズのベッドに複数で寝る時には、寝返りによるお布団の偏りがないように、サイズ選びや枚数などを考えて選びましょう。

掛け布団のサイズは大きめがいい!?

ここでは、とある体験をご紹介していきます。

Q.ダブルベッドを先日購入したのですが、その時に、クイーンサイズの掛け布団を勧められ、床に着くかもしれないので心配になりました。

A.ダブルベッドのサイズなら、クイーンサイズの掛け布団が良いと思います。
ダブルベッドに2人で寝た場合、意外とダブルサイズの掛け布団は小さいんですね。

くっついて寝ている時は良いのですが、寝返りを打った時に片方にお布団がいってしまって、もう1人は寒い思いをしてしまいます。

そのようなことから、お店の人がクイーンサイズの掛け布団を勧めたというケースです。

また、お布団が床に付いてしまうかは、それぞれのベッドにもよるので一概には言えません。

ベッド本体の高さやマットレスの高さにもよりますので、このようにお布団が床についてしまうのでは、と考えるようであれば、高さを測って計算されてはいかがでしょう。

ネット通販ですと、クイーンサイズの掛け布団はもちろん販売されていますし、それなりにデザインも揃っています。

寝心地とカバーのデザインでどちらを重視するのかなど、考慮して納得した良い掛け布団を選んでいただけたら良いと思います。

掛け布団のサイズ、悩んだ時は大きめで!

一人でゆったりと寝たい人、数人でぴったりくっついて寝たい人がいると思います。

ダブルベッドを共有するなら夫婦でよく話し合って、満足できる掛け布団が見つかるといいですね!

悩んだ時はベッドよりもワンサイズ大きめの掛け布団を選ぶと良いかもしれません。

寒い時期にはシングルの掛け布団を2枚使った方が温かくて心地良く眠れそうです。