布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

大学の勉強が集中できないときの対処法はあるの!?

2016.12.14

大学の勉強に集中できない!!
なんて人も多いのではないでしょうか。

集中できる人とできない人の違いってなんだろう?なんて疑問に思ったことありませんか??

実は集中力には睡眠が深く関係していたのです。

なぜ勉強に集中できないのか?その原因と対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

リラックス効果のあるbgmを聴くと睡眠の質があがるの?

こういった症状を感じたことはありませんか? 「夜の寝付きがものすごく悪い…」 「全くリラ...

夜、カーテンを開けて寝るときの効果は?体内時計を整えよう

寝室用に人気の遮光カーテンですが、朝になっても全く光が入らないので、体は朝が来たことに気がつかず、体...

美味しいチョコレートの効果!睡眠前に食べても大丈夫?

皆さんはチョコレート、好きですか? 甘くて美味しくて、 ちょっとリラックスしたいときに食べたり...

仕事の集中や安眠には音楽が良いって本当?音楽の力とは

音楽には、集中を高める効果や安眠効果など、さまざまな効果があります。 ここでは、仕事などで集中...

可愛い赤ちゃんが子供部屋で一人寝!?外国と日本の違いは?

可愛い生まれたばかりの赤ちゃんを子供部屋で一人で寝かせるなんて、日本では考えにくいですよね。 ...

豆電球の明るさはどのくらい?明るい寝室は睡眠に悪影響!?

皆さん、寝るときに真っ暗で寝ますか? それとも豆電球をつけて寝ていますか? そもそも、睡眠の...

空腹の状態で睡眠を取るのはダイエットに良い?悪い?

みなさんは、空腹の状態で睡眠を取ることがダイエットに繋がる、というお話を聞いたことはありませんか...

睡眠時間が無い!短時間睡眠と眼精疲労にアイマスクを使おう

毎日、朝起きて仕事をして少し寝て、また次の日が来る...。 そんな生活リズムで生活している方は...

ドアの隙間の音もれを軽減したい!外からの騒音対策って?

ガラス窓や木製の室内ドアからは、楽器の音や映画の音楽・効果音、ダンスの足音が外に漏れやすくなります。...

大学での勉強内容がわからない!大学でのベストな勉強方法!

受験勉強を頑張って希望の大学に入り、憧れの大学生活スタート!! かと思いきや、今までと勉強の内...

要注意!!寝相のバンザイ寝は身体からのSOS!?

朝、起きたら知らないうちに両手を頭の上にあげて“バンザイ”の格好で寝ていた… 心当たりのある方も多...

犬が安らかに寝る?寝るときに音楽を聴かせると落ち着くの?

犬は種類や性格によっても異なりますが、寝ることが大好きな犬が多いですね。 犬は人と同じ睡眠をし...

トリプトファンは睡眠に効果大!含まれる食品と摂取方法は?

近年、スマートフォンの利用や日常的なストレスなどが原因で、しっかりと睡眠を取れていない人が増えて...

小型クーラー(スポットエアコン)のメリットと使い道とは

エアコンの購入や設置が難しくて、小型クーラーのスポットエアコンを購入しようと考えている方もいるのでは...

朝は鼻水、鼻づまりが起こりやすい!?鼻血がでる原因は?

朝の寝起きに、鼻水が出て、鼻が詰まっているという症状を経験したことありませんか? 特に鼻のつまりは...

スポンサーリンク

集中して大学の勉強ができない人に実践して欲しいこと

大学受験の勉強に集中できない方は、部屋が散らかっていたりしませんか?
例えば、漫画やテレビゲーム、趣味関連の雑誌など、それらは、生きるためには必要かもしれませんが、勉強するためには必要のないものになります。
勉強ができないと悩んでいる人は、思い切って押し入れに入れるか、処分してしまいましょう。

もし、処分や目の届かないところに置くことができないのであれば、勉強する場所を変えましょう。

本来興味があって気になってしまうものを、あえて気にしないようにするのは、誰にとっても難しい事です。
勉強以外のことにエネルギーを使っていると、勉強に集中できません。
片づけてしまいましょう。

勉強に使用しないものを片付け始めたら、不思議と部屋全体を片づけようとしていることはないですか?
最初は億劫に感じても、一旦始めてしまえば、作業しているうちに勢いがついて、捗ってくるということでしょう。

「部屋をちゃんと片付けよう」と、やる気が出るまで待っていたら、いつまでたっても部屋は片付きません。
そうなると受験勉強も捗りません。
必要のないものはすぐに片づけてしまいましょう。

大学の勉強ができないと悩む人へ集中力の高め方とは

スポーツ選手の中には、ガムを噛んでいる人がいますね。

野球選手やサッカー選手、バスケットボール選手など。
あれは、実は集中力を高めるために噛んでいるんです。

「噛む」といった単純動作の繰り返しには、精神安定させたり、意識を分散させない効果があるのです。
大学受験の勉強に集中できないという方は、ガムを噛んでみるのも良いかもしれませんね。
眠気がある場合はミント系のガムが良いでしょう。

眠気が覚めるし、気持ちもスッキリしてくるはずです。

ガムを噛むことの他に音楽を聴くことも効果的です。
今はインターネットで手軽に音楽を聞くことができます。
それを積極的に活用していきましょう。

「集中力」「勉強用BGM」「精神安定」「α波」などのキーワードで検索して、聴いてみてください。
特に脳からα波を出すような音楽が効果的です。
音楽を聴く際には、ヘッドホンをつけて聴くことをおすすめします。
周囲の雑音をシャットアウトすることで、より集中力を高めることができますね。

大学の勉強が集中できない理由は睡眠時間が関係している!?

集中力を維持するためには、睡眠も大事です。
最低でも6時間はとる必要があるでしょう。

「時間がもったいないから」と、睡眠時間を削りながら勉強をしている人もいますが、効率は悪いですよね。
睡眠不足のまま、だらだらしてしまう2時間と、十分な睡眠をとった上で集中する30分では、後者のほうが圧倒的に成果が出ます。

睡眠不足では集中できない状態になってしまいます。
しっかりとした睡眠をとることをおすすめします。

最初は不安になってしまうかもしれませんが、その分濃く勉強してやろうという気持ちが湧いてくるので、驚くほどのスピードで勉強することができるはずです。

特に長期間にわたって勉強が必要な場合(大学受験はまさにそうですね)には、体力面やストレスの面も考慮する必要があるので、そういった意味でも睡眠は大事になってきます。

そして、栄養も大事になってきます。
食べ物から摂取する栄養は、脳の働きにも影響してきます。
集中力を高める栄養としては、カフェイン、低GIの糖分、ビタミン、ミネラルなどがありますね。
是非積極的にとるようにしてください。

良質な睡眠をとることで勉強の集中力が上がる!?

睡眠時間に関しては、多ければ多いほど良いわけではないということが様々な実験から確認されています。

みなさんも「寝すぎて逆に体調が優れない」という経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

私の場合、寝すぎると勉強ができないです。
そのため、睡眠時間を長くするというよりは、睡眠の質を高めていくことが大事になってきます。
睡眠の役割として、特に重要なのは「記憶の整理」です。
人間の記憶には、短期記憶と長期記憶の2つがあります。

短期記憶は脳の「海馬」というところで管理されるのですが、その短期記憶のうち、脳が重要だと判断したものだけが、脳の「側頭葉」というところへ移され、長期記憶として定着します。

この「短期記憶から長期記憶に移行する作業」というのは、実は寝ている間に行われているのです。
大学受験で使うようなものは、なるべく長期記憶にもっていきたいですよね。

そのためにも睡眠の質は大事になってきます。
自分なりに、睡眠の質を高めていくような工夫をしていきましょう。

勉強に集中できない人は、持続する方法ってあるの?

例えば、行きたい大学があるとします。
「どのくらいその大学に行きたいか」という度合いによって、集中力の持続力が変化してきます。

「絶対に合格するぞ」という強い願望がある場合は、集中力が持続しやすいでしょう。
逆に、願望がなければ、持続することができないでしょう。

こう考えると、「集中力の持続=やる気」とも捉えられますね。
「絶対に合格するぞ」という覚悟があれば、それだけ、勉強の苦痛を感じなくなります。

苦痛がなくなれば、あとは継続することにより、受験を乗り越えられる可能性が高まっていきますね。

もうひとつ大事なのが日常化です。
勉強をすることを、お風呂や歯磨きのような生活の一部にしていくということです。

私は、予備校に通っていて分かったことがあります。
それは、他にすることがないような半分監禁状態の中で、強制的に勉強することで、それが当たり前になっていくということです。

最初は、かなり苦しかったですが、「これで合格できるなら良いか」と考え、勉強だけに没頭しました。
これにより勉強することが日常化しました。

家で勉強できない人が、出来るようになるために環境を変える

家で勉強できないという高校生は結構多いですね。

勉強しなければいけないのはもちろん分かっていますが、何故かやる気が湧かず、図書館や自習室、塾に行くという人も多いのではないでしょうか。

なぜ、家だとこんなに勉強できないのでしょう。

それは、環境的なものもあると思います。
そのため、環境を思い切って変えてしまうことも、場合によっては必要なこともあります。

例えば、お気に入りのものだけで部屋を埋めてみたり、壁紙を全く違ったデザインのものに変えてみたり、机や椅子を高いものにしてみたりなど、毎日勉強する場所が、魅力的になれば、やる気も出るようになります。
また、やる気が出れば、勉強する時間が楽しくなってくるのです。

そのための費用や時間はかかるかもしれませんが、それ以降、ずっと高い集中力状態で勉強できると思えば、十分に元はとれると思います。

自分の家で大学受験の勉強ができないと悩んでいる人は、環境を大きく変えてみてはどうでしょうか?

勉強に集中できないと悩んでいる人に

勉強にどうしても集中できないと悩んでいる人も少なくないでしょう。

今回紹介した記事を試してみて自分にあった方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

息詰まってしまったときは一回休憩をとることも大事です。

集中力をアップさせて勉強に励みましょう。

 - 睡眠