一人暮らしの部屋のインテリアを手軽にアジアンテイストに!

一人暮らしを始めたら、部屋のインテリアにこだわりたいですよね。

中には、東南アジアのリゾート地を思わせる「アジアンテイスト」に憧れている方もいるでしょう。

そこで今回は、一人暮らしのインテリアを、アジアンテイストにする方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしていただいて、自分だけの居心地の良いリゾート空間を作り上げましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアにポスターは高レベル?フレームの選び方と飾り方

ポスターは、誰でも気軽に飾ることができるアイテムで、ぐっとおしゃれなインテリアを演出してくれます...

60wの電球はトイレに丁度良い?トイレに適した明るさは?

トイレでご使用している電球が何wか、意識されたことはありますか?賃貸住宅であれば、元々電球が...

高校生にピッタリなお部屋作り!かっこいい男前インテリア!

高校生の皆さん、突然ですが男前インテリアをご存知ですか?ブラウンやブラックを基調とした、どこ...

モノトーンで魅せる男前インテリアを100円小物で叶える!

お部屋のインテリアをカッコよくしたい!でもお金がかかりそう・・・と断念した事はありませんか?...

マンションのドアの隙間の音漏れ軽減方法と外からの防音対策

マンションなどの室内のドアの下に隙間がありますよね。この隙間は、シックハウス対策の為のものです。...

憧れのシーリングファン、新築の吹き抜けに付けてみる?

静かな午後に、シーリングファンがゆっくりとまわるリビングで、優雅にアフタヌーンティーを…なんて夢...

100vのコンセントを200vに変えると海外製の家電も使える!

最近、家電量販店には、200vの電気を使うパワフルな家電製品が並んでいます。また、外国では、...

部屋を汚さないために!キッチンの換気扇フィルターの選び方

キッチンの換気扇掃除はなかなか手強いものですが、換気扇フィルターを使えば汚れが減り、換気扇掃除の...

30代女性が始めての一人暮らし開始!まず、すべきことは!?

あなたの周りにも何人か30代の独身女性、実家暮らしの方がいるのではないでしょうか?女性も仕事...

寝室の天井照明の注意点!寝室に追加したい間接照明!

寝室で悩むのが天井の照明位置ですね。寝室は寝るための部屋ですから、リラックスできる空間にした...

和室を子供部屋に!ラグなどのインテリアでお洒落に変身!!

子供が小さい間は危険な事もあるので、ママの目の届くところを子供部屋にできたら安心という方も多いのでは...

寝るときのエアコンは除湿?冷房?電気代が一番高い機能は?

寝苦しい夜には欠かせないエアコン。でも寝るときは「冷房」「除湿」どちらがいいの?と悩む方いらっし...

インテリアに花をプラスしてリビングを華やかで癒しの空間に

リビングのインテリアの1つとして「花」をおすすめします。花は、落ち着いた色や鮮やかな色や...

フローリングの上にカーペットは滑る!滑り防止アイテムは?

フローリングの上にカーペットを敷いている方は多いと思います。カーペットを敷くと床の傷防止になった...

オフィスの椅子、油圧式やガス圧式タイプ別の故障と修理

オフィスでよく見かける、レバーを上げ下げすると座面の高さが変わる椅子、ありますよね。便利...

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリア!アジアンテイストとは?

アジアンテイストは、一人暮らしのインテリアの中でも人気が高いです。

そもそもアジアンテイストとは、どういったものなのでしょうか。

アジアンテイストとは、バリ、タイ、ベトナムなどの、東南アジアのリゾート地をイメージしたインテリアで部屋を統一することを言います。

日常を忘れて、ゆったりとくつろげる空間になるように、部屋を仕上げるのがポイントです。

昨今では、バリの「高級ホテル」や「ヴィラ風」のイメージでアジアンテイストにする方が多いようです。

自然素材の家具を取り入れたり、間接照明を設置したりするため、リラックスできる空間をつくり出してくれるでしょう。

しかし初めての一人暮らしで、部屋のインテリアをアジアンテイストにするのは、少し難しいと感じる方もいるかもしれません。

その場合、まずは部屋を「ダークブラウン」でまとめてみましょう。

ベッドやラグなどのインテリアを、ダークブラウンで統一させることで、落ち着いた室内空間に変えることができます。

それをベースにして、アジアンテイストのアイテムをプラスしていくことをおすすめします。

一人暮らしの部屋をアジアンテイストに!まずは「照明」から!

ここからは、一人暮らしの部屋のインテリアを、アジアンテイストにする方法をご紹介していきます。

まず、部屋の印象をがらりと変えられる「照明」についてお話しします。

一人暮らしを始める際に、照明器具を購入しますよね。

その照明を、自然素材で編み込んだライトなどにすることで、部屋のアジアンテイスト感がぐっと強まります。

バンブー(竹)や麻といった素材は、アジアン雑貨でよく使われる、丈夫でおしゃれな素材です。

バンブーや麻などを使ったオレンジ色の照明を飾れば、あっという間に部屋の雰囲気はアジアンテイストに変わるでしょう。

以下でおすすめの照明をご紹介します。

【Asia-kobo:アジアン照明 ラタンのペンダントライト ビッグボール】

サイズ:約W34cm×D34cm×H30cm

スチールフレームを編み込んで、丸い形にさせたおしゃれな照明です。

吊り下げ型のライトなので、明かりをつけると優しい光が部屋全体を包み、リラックス空間を演出します。

昼間の明るい時間帯でもアジアンな雰囲気を醸し出し、ヴィラで過ごしているような雰囲気になるでしょう。

バリで生産されたハンドメイド製なので、独特の色むらや小さな傷が味となるでしょう。

アジアンテイストのインテリアを目指す!「カーテン」を変えよう!

一人暮らしの部屋をアジアンテイストのインテリアに変えたいとき、照明の次に大事なのは「カーテン」です。

窓の大きさにもよりますが、カーテンは部屋を占める面積が大きい傾向がありますよね。

部屋の小物をアジアンテイストでまとめたとしても、仮にカーテンがチェック柄や花柄だと、雰囲気が台無しになってしまいます。

そのため、カーテンもしっかりアジアンテイストに変えましょう。

おすすめするのは、「木のブラインド」です。

冒頭でアジアンテイストは、部屋のものをダークブラウンで統一させると良いとお話ししましたが、ブラインドについても同様です。

ダークブラウンのブラインドと、天然素材の照明といったインテリアを使うだけでも、十分アジアンテイストの雰囲気を持つ部屋にできるでしょう。

ブラインドは部屋をスッキリと見せる効果もあるため、一人暮らしの部屋には特におすすめです。

ただ、木のブラインドが予算的に難しい場合は、柄物のカーテンでも対応できます。

そのときは、バリの民族衣装のような模様のカーテンを選ぶと、簡単に部屋の雰囲気をアジアンテイストに変えられるでしょう。

また、幾何学模様のロールスクリーンやシェードなどを採用しても、部屋によく合うでしょう。

家具にこだわって一人暮らしのインテリアをアジアンテイストに!

一人暮らしでアジアンテイストの部屋をつくるには、「家具」にこだわることも重要です。

ここでは、ベッド、ソファ、ローテーブルといったインテリアをアジアンテイストにする方法を見ていきましょう。

●ベッド

ベッド自体を買い替えると、高額なお金がかかってしまいます。

そのため、布団カバーの上にバリ風の布やカバーをかけるだけで、一気にアジアンテイストな雰囲気に変えることができます。

カバーを購入するだけで手軽に雰囲気を変えられるのは、一人暮らしの方にとっては嬉しいですよね。

●ソファ

ソファはくつろぐために重要視したいインテリアです。

もしお金に余裕があれば、「ヒヤシンス」を編み込んだ自然素材のソファをおすすめします。

バリなどの高級リゾートホテルでよく見かける家具に、ヒヤシンスソファがあげられます。

丈夫で座り心地が良く、アジアンテイストな雰囲気がワンランクアップするでしょう。

●ローテーブル

ローテーブルもヒヤシンスのテーブルをおすすめしますが、高額なため、ソファだけでも十分でしょう。

代わりにダークブラウンの木のローテーブルを置けば、アジアンテイストな雰囲気にマッチします。

アジアンテイストなインテリアには「間接照明」が重要!

先ほど、一人暮らしの部屋をアジアンテイストにするために、自然素材の照明を吊るして設置することをおすすめしました。

この他に、部屋にいくつか間接照明を置くと、よりリゾート感がアップしたアジアンテイストな空間にできるでしょう。

おすすめなのは、下に置くタイプの間接照明です。

バンブーなどの自然素材で編んだものを選び、オレンジ色に光る照明を選びましょう。

バリなどの南国リゾートのホテルには、必ずと言っていいほど間接照明が置いてあります。

夜はオレンジ色の光に包まれ、ゆったりとリラックスして過ごせるでしょう。

以下でおすすめの間接照明をご紹介します。

【アイランドスタイル:フロアスタンドライト サハラ】

サイズ:H100cm×W20cm×D20cm

オレンジ、黒、ベージュがマーブル状に混ざったデザインの間接照明です。

LEDに対応しており、優しいオレンジ色の光が、ゆっくりと燃える炎のような印象を与えます。

インドネシア産でハンドメイドのため、1つ1つ風合いが異なり、味となります。

アジアンテイストのインテリアはダークブラウンのものが多いですが、その中に置いても映えるようなデザインです。

一人暮らしでアジアンテイストを目指すなら「観葉植物」を取り入れよう!

一人暮らしの方は、毎日その忙しさから、植物を育てる余裕がないことが多いかもしれません。

しかし部屋をアジアンテイストにするのなら、観葉植物はおすすめのアイテムです。

ここでは、アジアン風インテリアとして映える観葉植物をご紹介していきましょう。

●葉の大きな観葉植物

熱帯地域には葉の大きな観葉植物が多く、アジアンテイストのインテリアとの相性も抜群です。

「ウンベラーダ」や「モンステラ」などがおすすめです。

●背の高い観葉植物

部屋をスッキリ見せたいのなら、背の高い、幹がしっかりとした観葉植物がおすすめです。

「ガジュマル」や「ベンジャミン」、「アレカヤシ」などがおしゃれですよ。

●ツタ系

ツタ系の観葉植物は、おしゃれで涼しげで、部屋に置いておいても邪魔になりにくいインテリアでしょう。

「アイビー」や「アジアンタム」は、部屋の中でもツタの成長を楽しめる観葉植物のため、おすすめです。

アジアンテイストのインテリアは誰にでも簡単に作れる!

今回は、一人暮らしの部屋のインテリアをアジアンテイストにする方法をご紹介してきました。

ご紹介した方法をすべて実施しなくても、カーテンや照明を変えるだけでも、アジアンな雰囲気を簡単に演出できます。

また、ベッドの上にアジアン風な布をかけるだけでも、それほど費用をかけずにアジアンテイストな部屋に変えられます。

ぜひ当記事を参考にしていただいて、リラックスできる居心地の良いリゾート空間を作り上げてくださいね。