コンパクトなベッド・マットレス特集!サイズが小さいと便利

小さいサイズのベッドやマットレスは、狭いお部屋にお住いの方や、小柄な女性に人気です。

そこでこの記事では、コンパクトサイズのベッドや、折りたためるマットレスを中心にご紹介していきます。

近年はさまざまなタイプのものがありますから、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生活スタート!一人暮らしで失敗しない寝具の選び方は?

新生活を一人暮らしでスタートする方の最大の悩みは、お部屋の家電や家具選びですよね。その中でも...

お布団や毛布がずれる!寒い冬を乗り切る解決法とは?

夜、お布団や毛布がずれることで、あまりの寒さに目が覚めた経験はありませんか?寒い季節には避け...

ロフトベッドのおすすめ!安い価格で高品質なベッドを厳選

ロフトベッドは、空間を有効活用できる機能的なインテリアです。ベッドの下の空間に、デスクやテレビ...

省スペースで使いやすいベッド!サイズ短めショート丈に注目

ショート丈ベッドは、通常サイズより長さが短めです。小柄な方やお子さん用ベッドとして使いやすく、...

ダニの発生を防ぐ!抗菌・防ダニ加工のお布団で快適な睡眠を

皆さんは、お布団をどれくらいの頻度で洗ったり、干したりしていますか?お布団をあまり洗わないと...

冷却する敷パッドでベッドを快適空間に!おすすめ商品は?

皆さんは眠る時に暑い場合は、どのような対策をとっていますか?エアコンや扇風機は快適だけど、電...

イヤなマットレスのシミ!簡単シミ取りテクニックで綺麗に!

夏から初秋にかけての時期は、寝苦しい夜が続きます。そのため、汗をかき、マットレスのシミになっ...

失敗しないベッドマットレスの選び方!最適の1枚で快眠を!

日本人のライフスタイルにベッドが多く取り入れられ、質のよい睡眠のためにマットレスが重要視されていま...

新築のキッチン照明を選ぶ時に失敗しない選び方!!

部屋の雰囲気や使い勝手に大きな影響を及ぼす照明。細かい作業中心のキッチンでは、リビングやダイニン...

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。何...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか?季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

窓ガラスにフィルム・寝室にはステッカー!貼り方や剥がし方

窓ガラスにフィルムを貼っていますか?フィルムには、たくさん種類があり、それぞれ効果も異なります。...

ダニやカビを退治!お布団のクリーニングを激安でできる方法

ダニやカビが気になるお布団のクリーニングをしたことはありますか?日干しや掃除機がけもよいです...

1人暮らしの部屋をインテリア次第でアジアンテイストに!

近年人気を集めている「アジアンテイスト」な空間ですが、1人暮らしをしている方も憧れているのではな...

赤ちゃんはベビーベッド?添い寝?寝具セットはどう選ぶ?

初めての出産の場合、赤ちゃんをどのように寝かせるか悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

小さいサイズのマットレスベッドが人気!

お部屋にベッドを置くとき、どうしても気になってしまうのが圧迫感です。

かさばるベッドをレイアウトした途端、余計にお部屋が狭く感じてしまうものですよね。

これでは、「お気に入りのソファやドレッサーが置けない…」という事態も考えられます。

だからと言って、床上に敷くお布団、いわゆる「万年床」はインテリア的に見栄えが気になります。

そこで、そんな方にまずおすすめしたいのは、小さいサイズの脚付きマットレスベッドです。

通常のベッドサイズは、長さが190~195cmとなっていますが、ショートサイズになれば、180cm程度しかありません。

「たった15cmの違い?」と思われるかもしれませんが、この差は大きいと言われています。

ベッドの長さが短くなるだけで空間にゆとりが生まれ、レイアウトの幅や置ける家具の選択肢が広がります。

そして、気になる使用感ですが、身長が160cm以下なら問題なく眠れるでしょう。

そのため、一人暮らしの女性や子ども用のベッドとして人気がありますが、男性でも小柄な体型であれば使用することは可能です。

また、コンパクトなマットレスベッドの中には、2つに分割できるものまであります。

分割してあると搬入しやすくなるため、間口が狭いお部屋にもおすすめです。

さらに、ベッドフレームがないので重量は軽く、大変扱いやすいのが利点です。

●参考商品【ショートサイズ2分割ボンネルコイルマットレスベッド(リネンなし)】

オンライン販売を専門とするインテリアショップ「CCmart7」にて取り扱われています。

90cmの脚付きマットレスを2つ並べて使用します。

横幅のサイズだけでなく、脚の高さが選べるのもうれしいポイントでしょう。

小さいサイズだけど使いやすい!収納たっぷりタイプ特集

ショートサイズの小さいベッドは、脚付きのマットレスベッドだけに限りません。

ベッド通販の専門店「bednet」では、さまざまなタイプのショートサイズベッドが販売されています。

ロータイプのものや、床板がすのこになっているものまで、バラエティ豊かな品揃えです。

また、ベッドサイズに合ったマットレスとセットで購入することができるのも魅力でしょう。

実は、市場に出回ることの少ない小さめのベッドですが、「bednet」のようにベッドを専門に扱っている通販サイトが狙い目となっています。

ここでは、実際に「bednet」で取り扱っているショートサイズベッドをご紹介しましょう。

収納力たっぷりのコンパクトなベッドを2つ厳選しました。

【ショート丈チェストベッド wunderbar(ヴンダーバール)】

こちらのベッドは長さ180cmながらも、引き出し5枚付きで長物収納スペースが設定されています。

これなら、大きなクローゼットやチェストが置けないような、狭いお部屋でも安心ですね。

ヘッドボード付きのタイプもありますが、手狭な場合には省スペースなヘッドレスタイプがおすすめです。

【跳ね上げ収納ベッド Vogel(フォーゲル)】

ガス圧式の跳ね上げリフトが付いているため、ベッド下が大容量の収納スペースとして利用できます。

深さを選ぶことができるのも魅力で、かさばりやすいスーツケースや、来客用のお布団なども収納可能です。

ヘッドレスタイプは、長さが約184cmと短めになっています。

伸縮自在のベッドに注目!

ここでは、少し変わったベッドをご紹介します。

なんと、部屋の大きさや使用する人の身長に合わせて、長さを調整することができるベッドです。

【のびのびベッド Scelta(シェルタ)】

こちらの伸縮自在なベッドは、楽天市場の「E-BAZAL」をはじめ、いくつかの通販サイトで販売されています。

最短150cmから10cmずつ伸ばしていくことが可能となっており、最長210cmまでの7段階仕様です。

別売りの専用マットレスも販売されていますから、同時購入を検討してみてください。

それではまず、最短の150cmを想定してみましょう。

設置スペースを節約した、小さいお子さんにぴったりのベッドとなります。

成長に合わせてベッドの長さを変えることができるため、長い期間活躍しそうですね。

そして、ちょうど中間の180cmなら、小柄な女性に最適でしょう。

また、最長で210cmまで延ばせるので、背の高い方にもおすすめです。

平均的なロングサイズベッドの長さは、207cm前後です。

こちらのベッドがあれば、高身長の男性でもゆったりと過ごすことができそうですね。

折りたためるコンパクトサイズのベッドでお部屋広々!

次にご紹介するのは、小さいサイズな上に折りたためるベッドです。

【コンパクト折りたたみベッド Mallow(マロウ)】

前項でご紹介した【のびのびベッド Scelta(シェルタ)】と同様に、楽天市場の「E-BAZAL」をはじめ、多数の通販サイトで販売されています。

高反発マットレスが付属しているリクライニング機能付きベッドで、もともとコンパクトな設計になっているのが魅力です。

横幅85cm×長さ180cmのため、手狭なお部屋にも設置可能でしょう。

また、リクライニング機能は42段階で、好みの角度に調整できます。

そのため、テレビ鑑賞や読書が好きな方にはうれしいポイントです。

さらにそれだけでなく、折りたたんで収納できるのが最大の特徴となっています。

スリムになるのでかさばらず、「お布団を一緒に折りたためば部屋干しもできる」といった機能性には驚きですね。

来客用などのサブベッドとして購入される方も多くいらっしゃいます。

小さいベッドだけじゃない!折りたためるマットレスも便利

ここまで、小さいサイズのベッドを中心にご紹介してきましたが、折りたためるマットレスも便利でおすすめです。

かさばりやすいマットレスも、折りたたんでしまえばお布団と一緒に収納することができます。

折りたためるマットレスにはスプリングが内蔵されているものと、ウレタンやラテックスなどを用いたものとで大きく分けることができますが、扱いやすさを重視するのなら後者がおすすめです。

スプリングが入っていると重量が重くなる傾向にあるからです。

そのため、小柄な女性やお年寄りには、ノンコイルタイプのマットレスが最適でしょう。

しかしながら、あまりにも厚みが薄すぎる製品や、安価な製品には少し注意が必要です。

そういったものの中には、「へたりやすい」「通気性が悪い」といったデメリットが隠れていることがあるからです。

一般的には、ある程度の厚み(8cm以上が目安)があることが好ましいとされています。

薄かったとしても有名なメーカーやブランドであれば信頼性もあるため、このような問題は起こりづらいです。

ソファになるマットレスもある!?

前項では、小さいサイズのベッド以外の選択肢として、折りたためるマットレスのご紹介をさせていただきました。

折りたためるマットレスの中には、ソファとして使える製品も多くあるのをご存知ですか?

そこで最後に参考として、ニトリで販売されている【ソファになるマットレス レヴィン】をご紹介します。

こちらのマットレスは、ソファとしてもマットレスとしても使用できる構造となっています。

折り目に合わせてたたんでいくと、あっという間にソファへと変身します。

硬めのウレタンフォームが使用されており、へたりにくくなっているのがポイントです。

サイズはシングル、セミダブル、ダブルの3種類から選べるので、ご自分の用途や住居環境に合わせて選びましょう。

不要なときはコンパクトになるため、狭いお部屋にもぴったりですね。

小さいベッドや折りたたみマットレスを活用しよう!

今回は、通常よりも長さの短いコンパクトベッド、折りたたむことのできるマットレスをご紹介しました。

見かけることの少ないショートサイズのベッドですが、通販サイトでは数多く取り扱われています。

デザインや機能性、収納力などを考慮しながら、最適なものを選んでみてください。

また、折りたためてコンパクトになるマットレスもおすすめです。

お部屋が狭くてインテリアにお悩みの方は、移動ができる折りたたみベッドや、折りたたみマットレスのほうが適しているかもしれませんね。