布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

キッチンカウンターのリメイクアイデア!おすすめ収納も紹介

2019.1.20

古くなったキッチンカウンターのリメイクには、リメイクシートやインテリアマスキングテープといった低価格で簡単に貼ることができるアイテムを使用するのがおすすめです。

また、カウンター下の空間には専用の収納を取りつけて有効活用してみましょう。

今回は、費用を抑えながらキッチンカウンターのリメイクをする方法と、おすすめのカウンター下収納をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

椅子の高さは健康に直結!油圧式が下がる原因と対処法は?

突然ですが、皆さんは「椅子の高さは健康に直結する」という話を聞いたことはないでしょうか? ...

靴下などの衣類の洗濯での毛玉を防ごう!正しい洗濯方法は?

靴下やセーターなどの衣類には、どうしても毛玉が付きものです。 しかし、洗濯方法を一工夫すると毛...

気砲緩衝材のプチプチの表裏は使用する物によって変化する!

私たちが、プチプチを呼んでいる、商品を包んだり、荷物に巻いたりする緩衝材は、どちらが表でどちらが...

グレーと水色の組み合わせは最強!?お洒落なインテリア術

お部屋のインテリアを決めるうえで、色の組み合わせは重要です。 お洒落なインテリアにしたい場...

生活保護受給者の入院中の支給額は?オムツ代はどうなるの?

厚生労働省によれば、生活保護受給者のおよそ半分が高齢者にあたるそうです。 高齢者ともなれば...

部屋を彩る照明と照明についているグローランプとは?

部屋を明るく照らす照明には、白熱球やLED、蛍光灯などの様々な種類があります。 これらの照明、...

低反発ウレタンは洗濯不可?丁寧なお手入れで快適生活を!

押すと、ゆっくり沈み込みゆっくり元通りの形に戻る、独特の形状で人気の低反発ウレタン。 今では、...

物が多い高校生の勉強机をスッキリキレイに整理する方法

高校生にもなると、雑多な物もいろいろと増えて、どうしても勉強机の上がゴチャゴチャになりがちですよね。...

インテリアをランクアップさせるには椅子のデザインに注目!

洋服と同じように、インテリアもオシャレに見せたいものですよね。 インテリアがオシャレだと気...

あなたの家にまだ残ってる?昔のストーブの上手な活用法

雪国に限らず、冬の寒さを凌ぐのに必須なストーブですが、昔の古いストーブはどうしていますか? 新...

だって好きなんだもん!フィギュアをお部屋におしゃれに飾る

フィギュアを買ったけれど、お部屋を誰かに見られた時にどう思われるか不安で飾れない、と思っている方...

インテリアで人気のある通販商品の傾向!オンリーワンの部屋

お部屋を彩るインテリアですが、これらの物を購入する場合、皆さまならどちらで購入されるでしょうか。 ...

トイレの内側?外側?電気のスイッチはどこにあるべきなのか

毎日、使っているトイレ。 自宅トイレの電気のスイッチ場所が、どこにあるかやどんな種類か考えたこ...

コンクリート壁もネジで固定しておしゃれな部屋作り!

鉄筋コンクリート造のマンションの壁は、コンクリートか、石膏ボードかのどちらかになります。 ...

キッチンの便利グッズ!おしゃれなグッズでラクして楽しく!

お料理が好きな方もそうでない方も、キッチンにおしゃれな便利グッズがあったら、家事のモチベーション...

スポンサーリンク

キッチンカウンターにリメイクシートを貼るアイデア!

まず、最初にご紹介するのは、キッチンカウンターにリメイクシートを貼ってイメージチェンジするアイデアです。

キッチンカウンターの下の壁の部分は、お子さんの手が届く位置にあるため汚れやすくて困っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、カウンターをリフォームするとなると、それなりに費用がかかってしまいます。

そこで、リメイクシートを使い、自分で補修することで安価な費用で手軽に汚れや傷をカモフラージュすることができるのです。

リメイクシートとは、シール状になっているインテリア用のシートで、木目調やタイル調などのインテリアに馴染むデザインのものが数多く販売されています。

また、リメイクシートは100円ショップでも購入することができます。

キッチンカウンターの場合、壁のように広範囲にシートを貼る必要がないため、100円ショップで売っているようなミニサイズのリメイクシートを組み合わせる形でも十分綺麗にリメイクすることが可能です。

ナチュラルテイストなキッチンのカウンターには、レンガ調や木目調のリメイクシートを貼るとマッチし、おしゃれになります。

また、カウンターの下部分のみをデザイン性のある柄にすることで、引き締まった印象にもなりおすすめです。

キッチンカウンターにマスキングテープを貼ってリメイク!

キッチンカウンターの下の壁の部分をリメイクするアイデアは、まだまだあります。

リメイクシートは安価で、貼るのも簡単でおすすめですが、インテリアマスキングテープを使ったアイデアも斬新でおすすめです。

インテリアマスキングテープとは、文房具のマスキングテープのように、好きな場所に貼ってインテリアをリメイクすることができる優れものです。

簡単に剥がすことができるため、賃貸物件のキッチンカウンターにもおすすめできます。

デザインも豊富にあるため、ご自宅のキッチンを思い思いのテイストに変えることが可能です。

例えば、ダマスク柄のインテリアマスキングテープを使用すると、キッチンカウンターがエキゾチックな印象になります。

また、花柄のマスキングテープは、キッチンの可愛らしいアクセントになりおすすめです。

貼り方のポイントはいくつかあり、テープを隙間なく貼り合わせることで壁紙のように仕上げることができます。

デザイン性をもっとプラスしたい場合には、2つの異なるデザインのテープを交互に貼ったり、等間隔に貼るとおしゃれなストライプ柄のように仕上げることができます。

また、等間隔に貼る方法を取ることで、その分費用を抑えることができるので、ポイントとして押さえておきましょう。

キッチンカウンター上の収納をリメイクするアイデア!

キッチンカウンターの上には、使いやすいように調味料類を置いている方が多いのではないでしょうか。

砂糖や塩などの頻繁に使用する調味料や、こしょう、七味唐辛子などの小瓶に入った細かい調味料類は整理整頓が難しく、カウンターの上がごちゃごちゃとした印象になりがちです。

そこで、カウンター上の調味料類をおしゃれにすっきりとまとめる方法としておすすめなのが、100円ショップで販売している調味料ストッカーや木箱を使用したリメイクアイデアです。

しかし、調味料ストッカーは、そのまま置いておくと重ねることができません。

そこで、サイズに合う100円ショップの木箱の中に入れることで、重ねて置くことができ、見た目にもおしゃれになります。

また、木箱の上に小さなケースを置くことで、その中に小瓶の調味料類を入れることもできます。

100円ショップでは、小瓶の調味料を並べて収納することができるケースも販売されているので、探してみてはいかがでしょうか。

次の章からは、カウンター下のスペースに設置できるネットで人気の収納をご紹介していきます。

キッチンカウンター下引き戸キャビネットは美しくおしゃれ

ここからは、キッチンカウンター下の部分に設置することができる、人気の収納をご紹介します。

設置するだけで、キッチンカウンターを大胆にリメイクすることができるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

まず最初にご紹介するのは、ベルメゾンネットで取り扱っている「カウンター下引戸キャビネット 日本製」です。

こちらのカウンター下収納は、80cmと90cmの2つの高さから選ぶことができます。

引き戸タイプで開閉スペースを気にする必要がないため、ダイニングテーブルの近くに設置してもスムーズに中のものを取り出すことが可能です。

板扉とガラス扉の2種類から選ぶことができる点もポイントで、しっかり隠したい場合は板扉を選ぶとよいでしょう。

また、食器を収納したい場合には、ガラス扉を選ぶとおしゃれです。

カラーは、ホワイト・ナチュラル・ダークブラウンの3種類から選ぶことができます。

参考価格はおよそ24,000~47,000円となっています。

奥行30cmのカウンター下収納は傷がつきにくくおすすめ!

ベルメゾンネットで取り扱っている「奥行30cmのカウンター下引き戸収納」は、傷がつきにくいタフな素材のカウンター下収納です。

引き戸式で開閉スペースを確保する必要がなく、取っ手はフラップタイプになっており、すっきりとした印象です。

カラーはホワイトで清潔感もあり、キッチンカウンターをスタイリッシュにリメイクすることができ、使い勝手も抜群です。

本体はタフな素材のハードコート紙を採用しており、傷や汚れに強い仕様となっています。

また、棚板は収納物に合わせて高さを調整することができる、可動式である点も嬉しいポイントです。

サイズはコンパクトな90cmと、ややワイドな120cm、たっぷりと収納ができる150cmの3サイズから選ぶことができます。

参考価格は、およそ17,000~23,000円となっています。

ダブル棚板のカウンター下収納は素材感がおしゃれ!

最後にご紹介する、キッチンカウンター下のリメイクにぴったりの収納は、ベルメゾンネットで取り扱っている「61cm ピッチダブル棚板のカウンター下収納 日本製」です。

こちらのカウンター下収納は、棚板を1cmという細かい単位で調節することが可能となっています。

最下部には地板がついていないので、箱で購入した飲料などを収納するのに最適で重宝します。

また、キャスターつきのケースをそのまま入れておくともでき、非常に便利です。

カラーは、ホワイト・ナチュラル・ダークブラウンの3種類から選ぶことができます。

ホワイトタイプにはヒッコリー材を、ナチュラルタイプにはオーク材を、ダークブラウンタイプにはウォルナット材をイメージして作られており、あたたかみのある木の素材感を楽しむことができます。

参考価格は、およそ18,000~42,000円となっています。

キッチンカウンターのリメイクは簡単!収納も取り入れて!

キッチンカウンターのリメイクは、リメイクシートやインテリアマスキングテープといった貼るだけの素材を使用することで、非常に簡単にできます。

また、カウンター下のスペースには、ご紹介してきた収納を取り入れ、空間を有効活用しましょう。

ご紹介したアイデアと商品を参考に、キッチンカウンターをおしゃれにリメイクしてみてください。

 - 生活