キッチンが狭い!まな板を置けないときの対処法とは?

ワンルームや1Kの賃貸物件では、お部屋が狭いように、キッチンのスペースにもゆとりがありません。

そのため、「まな板が置けなくて自炊がはかどらない…」という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、キッチンが狭くてまな板を置けないときの対処法をご紹介します。

いくつか方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リラックス空間!お風呂場や寝室に設置する窓の高さとサイズ

新築の設計で、お風呂場や寝室に設置する窓の高さと窓のサイズについて悩んだりしていませんか!?...

間仕切りをカーテンでオシャレに!お部屋に合った選び方は

大きなお部屋をふたつに分けて使いたい時、あるいは扉がない場所に間仕切りが欲しい時は、オシャレなカ...

犬が歩かないのは病気のサイン?歩けない犬の原因とは?

愛犬家の皆様にとって、散歩は楽しみの一つですよね。散歩を楽しんでくれるワンちゃんなら良いのですが...

コンロは電気が便利!?様々な種類の商品をご紹介!

皆さん、電気コンロをご存知でしょうか。電気コンロというとコイルをぐるぐる巻きにした商品を...

電球が焦げてる!ソケットとの接触部分が黒くなるのはなぜ?

ある日、天井にある電球とソケットとの接触部分が、焦げているようになっているのを発見したことはありませ...

石膏ボードにはられた壁紙のはがし方!おすすめの壁紙とは

インテリアの模様替えをすると、お部屋のイメージが大きく変わって、気分もウキウキしてきます。特...

素敵なタペストリーの飾り方をマスター!壁に柄のあるくらし

お部屋のインテリアを考えるときに、一番先に頭に浮かぶのは家具の配置や配色、形、またはカーテンの色など...

椅子が下がるのはガス抜けが原因?誰でもできる修理方法とは

レバーを引くと座面が下がるガスシリンダー式の椅子は、使っているうちにガスが抜けてしまい、下がりっぱな...

エアコンを設置するとき天井との隙間はどのくらい必要なのか

皆さんはエアコンの設置をなさったことがありますでしょうか?エアコンと天井にはどのくらい隙間を...

家のゴミ箱、臭いませんか?原因と対策を徹底解説!

家のゴミ箱がとても臭う、家中に広がってしまって困ってしまう。冬場は平気だけど、夏場はとても臭って...

キッチンカウンターのリメイクアイデア!おすすめ収納も紹介

古くなったキッチンカウンターのリメイクには、リメイクシートやインテリアマスキングテープといった低...

モノトーンインテリアでキッチンをおしゃれな空間に!

最近モノトーンインテリアが流行っているのはご存知でしょうか。リビングや寝室、キッチンをモ...

led電球の寿命が長いって本当?照明で睡眠の質は良くなる?

led電球の寿命は長いと一般的に知られていますよね。では、実際に何時間なのか、ご存知ですか?...

オフィスの椅子、油圧式やガス圧式タイプ別の故障と修理

オフィスでよく見かける、レバーを上げ下げすると座面の高さが変わる椅子、ありますよね。便利...

眩しい寝室のダウンライトをシーリングライトに交換できる?

天井に埋め込まれたダウンライトは、照らされた対象を浮かび上がらせ、とても美しく見せてくれます。...

スポンサーリンク

狭いキッチンでも大丈夫!シンクの上にまな板を置こう①

まずは、スタンダードな対処法として、シンクの上を活用する方法についてお話ししていきます。

シンクの上にアイテムをプラスすることで、狭いキッチンであっても、作業スペースを延長することができるのです。

ここでは、2つのアイテムをご紹介していきましょう。

はじめにご紹介するのは、「水切りラック」です。

水切りラックには、さまざまなタイプがありますが、まな板を置くことを考えれば、フラットな製品をおすすめします。

クルクルと折りたためて、収納にも便利なタイプの水切りラックを選びましょう。

また、まな板を置かないときには、本来の用途である、食器やカラトリーの水切りとして使ってください。

次にご紹介するのは、「スライドまな板受け」です。

こちらは、もともとまな板を置くためのスペース確保に特化しているため、安定感が魅力です。

刃物を扱うまな板ですから、なるべく安全性には配慮したいものですよね。

さらに、まな板プレートが付属している製品もあります。

まな板受けとサイズがぴったりなので、より安定感が増してユーザーからも高評価です。

しかし、シンクのサイズによっては使用できない場合もあるので、必ず購入前にサイズを確認するようにしましょう。

狭いキッチンでも大丈夫!シンクの上にまな板を置こう②

次にご紹介するのは、「シンクのサイズに合ったまな板を使う」という対処法です。

狭いキッチンであれば、シンクの大きさもミニサイズです。

そこで、シンクの大きさにぴったりはまるサイズのまな板を用意します。

そして、シンクにフタをするような感覚で、まな板をセットしてください。

すると、まな板は固定され、安定感が生まれます。

このとき、なるべく厚みのあるまな板を用意し、段差が生まれないように配慮してくださいね。

また、「ぴったりサイズのまな板が見つからない!」ということであれば、シンクよりも大きいサイズのまな板を用意しましょう。

シンクを完全に覆えるサイズのまな板であれば、よりスペースが確保できます。

しかし、ときに不安定になることもありますから、刃物を扱う際にはよく注意しながら作業してください。

便利なコンロカバーでスペース確保!

近年は、狭いワンルームや1Kの賃貸物件であっても、IHコンロを採用することが多くなりました。

IHコンロの上であれば、平面なのでまな板を置くことも可能です。

しかし、ガスコンロの場合はバーナーキャップやゴトクと呼ばれる部品があるため、まな板を安定させた状態で使用することはできません。

そこで便利なのが、「コンロカバー」というアイテムです。

このコンロカバーは、ガス台の上に置ける耐熱性のボードです。

人工大理石なので、リッチな風合いが特徴的で、スタイリッシュなキッチンにぴったりでしょう。

ガスコンロの上に設置することで、作業スペースとしてガス台を活用できるようになります。

また、20kg程度までなら、お鍋やフライパンを置くことも可能です。

不使用時もスリムでしまいやすいため、ぜひ使ってみることをおすすめします。

<参考商品>

商品名:コンロカバー(ガスコンロ用)

サイズ:幅53.5cm×奥行43.5cm(特注サイズ可能)

重さ:2.6kg

カラー:薄いベージュ・ホワイト系

参考価格:4,590円(税込)

キッチンが狭いなら作業スペースを増やす!

これまで、狭いキッチン上での対処法についてお話ししてきましたが、ここでは、キッチン以外で新たな作業スペースを設ける方法をご紹介しましょう。

それは、「食器棚の上を作業スペースにする」というものです。

もともとキッチンにスペースが少ないのなら、無理して使うことを諦めるのも、選択肢としてアリですよね。

そこで、腰よりも少し高めな食器棚を用意して、その上にまな板を置き、調理時の作業スペースとして活用します。

食器棚が不要であれば、スチールラックでも構いません。

上部には隙間があるので、サイズの合ったボードを乗せて対応しましょう。

まな板だけでなく、鍋などのかさばる器具も置けるので重宝します。

このように、大変便利なアイデアですが、残念ながら全ての物件で使えるわけではありません。

この対処法は、キッチンの廊下に余裕のある場合に適しています。

食器棚やスチールラックが置けないときは、前述した対処法を活用してくださいね。

まな板収納に困ったらどうする?

狭いキッチンで、まな板の置き場所が確保できたなら、収納についても考えていきましょう。

貴重なフラットスペースにまな板を保管していると、どうしても邪魔に感じてしまいます。

そのため、置き型タイプの収納は避けてください。

そこで、キッチンのデッドスペースを活用してみましょう。

便利なのは、吊戸棚に引っかける「吊戸棚下収納」です。

まな板を水平に収納できるため、とてもスッキリとした印象になります。

さらに、下にフックがついていれば、コーヒーカップやキッチン周りの小物を収納することもできます。

また、キッチンペーパーホルダーが付属されている製品もあり、工夫次第でさまざまな使い方ができそうです。

続いておすすめするのは、「コンロ脇にまな板を吊り下げる」という方法です。

コンパクトなまな板であれば、キッチンツールと並べて「見せる収納」とするのもいいですね。

まな板がウッド素材ならば、まるでカフェのような雰囲気になるでしょう。

狭いキッチンを少しでも広く見せるために!

最後に、狭いキッチンをスッキリと見せるためのポイントをご紹介します。

まな板を置く場所や収納も大切ですが、インテリアにも配慮しましょう。

■整理整頓を心がける

キッチン周辺には、必要最低限の物しか置きません。

そして普段から、なるべく物を増やさないように注意し、収納できる範囲内で抑えてください。

また、食器は洗ったらすぐにしまいましょう。

出したままでいると、キッチンがごちゃついて、来客にだらしない印象を与えてしまいます。

■スパイスの容器を統一する

生活感の出やすいスパイスの容器は、形や素材、ラベルシールを揃えます。

さらに、スパイスラックに並べることで、インテリアとして効果的で華やかになります。

■カラーリングを工夫する

狭いキッチンのカラーコーディネートは、シンプルな「ブラック」や「ホワイト」をベースにしてください。

モノトーンカラーであれば、キッチンの狭さを強調させることなく、スッキリと仕上がります。

そこに、アクセントとして、ご自分のお好きなカラーをプラスしても構いません。

おすすめは、活力の出る「レッド」や、清潔感のある「ターコイズ」です。

狭いキッチンはアイデア次第で使いやすくなる!

これまで、「キッチンが狭くてまな板が置けない」というケースの対処法や、便利なアイテムなどをご紹介してきました。

シンクやコンロ上を活用する方法や、食器棚やスチールラックの上を作業スペースにする方法がありましたね。。

ご自分に合った方法で、狭いキッチンでも料理がしやすくなるよう工夫してみましょう。