ナチュラルでエレガント!フレンチスタイルのインテリア

シャビーシックなフレンチスタイルに、憧れを抱いている方は少なくないでしょう。

ナチュラルながら優雅でエレガント、どこか懐かしい雰囲気のテイストをシャビーシックと呼び、流行に敏感な女性に人気です。

そこで今回は、そんなフレンチスタイルのインテリアポイントについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベランダに洗濯機を置くなら排水には特に配慮を!

ベランダで洗濯機を使うのは、決して珍しいことではありません。ワンルームの狭いスペースを有効に使う...

和室にベッドを置きたい!賃貸でもできる部屋アレンジ

賃貸物件にお住まいで、和室にベッドを置きたくても「雰囲気に合わせるように置くのが難しい!」、「畳...

だって好きなんだもん!フィギュアをお部屋におしゃれに飾る

フィギュアを買ったけれど、お部屋を誰かに見られた時にどう思われるか不安で飾れない、と思っている方...

部屋の湿度の適正は何度?適正な湿度を保つ対策まとめ

部屋の温度と同じように気になるのが部屋の湿度ですよね。夏は湿度が上がり肌のベタベタ感が不...

これはオススメ!いいことだらけの勉強机の蛍光灯をled化

みなさんは勉強机の照明には、明るければ明るいほど文字が見えやすく勉強の効率があがると思い込んでいませ...

玄関のインテリアをお洒落な「シンプルモダンスタイル」に!

お家の顔ともいえる、玄関のインテリアには、こだわりたいものですよね。今回は、取り入れやす...

照明のダウンライトはリビングや寝室にはどうなの!?

おしゃれで邪魔にならないダウンライトは、今の家でも多く取り入れられています。そんなダウンライ...

スイッチの故障!?電気がつかない原因と対処法は?

スイッチを付けようと押しているけれど、電気がつかない!スイッチひとつで電気がつけられる便利な時代...

インテリアよりも壁紙がポイント?憧れの西海岸スタイル!

家を建てる際に、多くの方が悩むと言われているのが壁紙です。部屋の雰囲気を決める上で、壁紙選び...

led照明の寿命は短い?本当に省エネ?特徴や電気代について

「自宅で使っている白熱電球、そろそろledに買い替えようかな」とお考えの方に、ぜひ、この記事をご一読...

フリードスパイクが最強!車中泊をより快適にする改造法!

近年は、アウトドアレジャーを楽しむ方が増え、車中泊をする方も多くいらっしゃいます。ホンダ「フ...

ダイニングテーブルの形が丸!使い勝手などの良し悪しは!?

ダイニングテーブルを買い換える際、とくに狭いダイニングではテーブルの大きさや形に悩むことがありますよ...

ミシンが上手く縫えない!ガタガタになってしまうのはなぜ?

ミシンを使っていると、誰でも1度は「上手く縫えない」と思うのではないでしょうか。また、縫い目...

緩衝材のプチプチ、正式名称や正しい使い方は!?

誰しも一度は見たことがある緩衝材として使われるプチプチですが、実はあれ、「プチプチ」が名前ではありま...

オフィスの椅子、油圧式やガス圧式タイプ別の故障と修理

オフィスでよく見かける、レバーを上げ下げすると座面の高さが変わる椅子、ありますよね。便利...

スポンサーリンク

エレガントで女性に人気!フレンチスタイルのインテリアテイストとは?

今回ご紹介する「フレンチスタイル」は、フランスのインテリア様式がベースとなっています。

曲線が美しいアンティークの家具や、シャンデリアなどが特徴的でしょうか。

そんな中、近頃は少し落ち着いた雰囲気の「フレンチカントリー」が人気です。

フレンチカントリーのインテリアスタイルは、フランスのプロバンス地方が発祥だとされています。

豊かな自然があり、景観が優れていることで有名な地域ですね。

そのため、インテリアもナチュラルテイストがベースとなっています。

しかし、ただ素朴なイメージだけでなく、エレガントな上質さをミックスさせるのがポイントです。

また、フレンチカントリーにも幅広いジャンルが存在します。

フェミニンでガーリーな甘い雰囲気をプラスしたり、ラスティック(素朴)でカントリーな風情を強調するものまで、さまざまです。

そんなフレンチスタイルは、「シャビ―」が重要なキーワードとなります。

この「シャビ―」とは、いったいどういう意味なのでしょうか。

ナチュラルなスタイルにもマッチ!「シャビ―」ってどういう意味?

「シャビ―」という単語は、インテリア関連の雑誌や書籍などでも頻繁に目にしますよね。

また、記事の冒頭では「シャビーシック」という言葉を用いました。

これはどういった意味かご存知でしょうか?

もともと「シャビ―(shabby)」には、みすぼらしい、古めかしいといった意味があります。

インテリアであれば、ペンキの剥がれやアイアンのサビがこれに該当します。

傷や汚れがついた家具や雑貨も、その一部です。

そして、「シャビーシック(shabbychic)」は、「shabby」と「chic」を組み合わせた言葉です。

「シック(chic)」という単語は、上品といった意味を持ちます。

そのため「シャビーシック」は、「上品で優雅なアンティーク」ということなのです。

これは、インテリアスタイルの一種であり、使い古された中に美しさや味があるインテリア雑貨などを指すこともあります。

フレンチスタイルは「フレンチシャビ―」とも呼ばれるように、洗練された空間にある、上品でエレガントな古めかしさが特徴です。

さらに、流行のフレンチカントリーを目指すのであれば、素朴でナチュラルなテイストをミックスさせていきましょう。

シャビ―でエレガントに!フレンチカントリーのインテリアポイント

ここでは、フレンチカントリーのインテリアポイントを学んでいきましょう。

<カラーは淡く>

基本の配色は、ナチュラルなホワイトやグレーとなります。

特にグレーは、シャビーシックな印象を与えるので、上手に取り入れていきたいですね。

そして、少しくすんだベージュカラーや淡いブルーカラーをアクセントにすることが多いでしょう。

コントラストがはっきりとしすぎない、優しい配色を心がけてください。

<家具はエレガントに>

家具は、丸みのあるデザインが適しています。

なめらかな曲線やアーチ、猫脚を多用しているとフレンチスタイルが強調されるでしょう。

また、チェストやキャビネットは、繊細な装飾が施されたデザインのものを選ぶようにしてください。

<塗装をシャビーシックに>

新品の家具や内装であっても、加工でユーズド感を出していきましょう。

ところどころ塗装を剥がしたり、こすって薄くしてみると雰囲気がアップします。

また、チョークペイントなどを利用するのも手です。

手軽にアンティーク加工ができて、より古びた質感が増していくため大変おすすめです。

ナチュラルで魅力的!シャビ―テイストな雑貨

続いて、フレンチスタイルのインテリアには欠かせない、シャビ―テイストな雑貨をご紹介していきます。

■アイアン雑貨

鉄製のカゴやポットにドライフラワーを飾ると、シャビーシックなフレンチスタイルにぴったりです。

少しサビていたり、塗装がはがれているものを選びましょう。

■ラダー

ラダーとは、はしごを意味します。

流木や無垢材を使用したラダーを壁に立てかけると、ナチュラルな雰囲気が演出できます。

また、ラダーをディスプレイスペースとして活用するのもいいでしょう。

■スツール

コンパクトなスツールは、エレガントでデザイン性の高いものを選びます。

脚の部分がアイアンで古めかしい雰囲気だと、よりインテリアにマッチするでしょう。

■壁面キャビネット

壁面にかける仕様のキャビネットは、インテリアコーディネートのアクセントになります。

ホワイトやグレージュカラーの塗装で、金具は細かな装飾が施されたデザインのものを選んでください。

■ハンガーボード

壁面キャビネットと同様に、壁のポイントとなるアイテムです。

機能性のあるハンガーボードは、なくしてしまいやすい鍵などを引っかけるのに便利です。

アンティークデザインで、アイアンや木材が使用されたものがおすすめです。

ナチュラルでラスティック!フレンチスタイルのインテリアコーディネート例 ①

ここからは、フレンチスタイルのインテリアコーディネート例をご紹介します。

まずは、ナチュラルでラスティックなフレンチスタイルです。

ログハウスのように、丸太や梁をアクセントにしたおうちにぴったりで、流行のフレンチカントリーに、より田舎風で素朴な雰囲気をプラスしていきます。

ポイントとなるのは、自然素材です。

木材やタイル、アイアンなどを使用して手づくり感を演出します。

メインカラーは、ホワイトをベースにしつつ、落ち着いたアースカラーをミックスしていきます。

エレガントさは抑えつつ、内装や家具はウッド調で統一し、金具などでシャビーシックな雰囲気を出します。

古びた風合いや質感を大事にしながら、フレンチの要素を落とし込んでいくといいでしょう。

飾り気が少ないため、男性にもおすすめなフレンチスタイルと言えます。

エレガントで上品!フレンチスタイルのインテリアコーディネート例 ②

続いて、エレガントで上品なフレンチスタイルについてお話ししていきます。

大人の女性におすすめなのは、ナチュラルなテイスト感を薄めた、エレガントなインテリアコーディネートです。

クラシカルなデザインの家具で統一し、優雅な雰囲気を演出していきましょう。

メインカラーは、やはりホワイトです。

また、アクセントカラーを女性らしい色合いにすると、優しい印象のお部屋になります。

ペールカラーのピンクや、爽やかなグリーンも魅力的です。

そして、天井が高いリビングであれば、煌びやかなシャンデリアをセットします。

ただし、ゴージャスすぎるデザインや大きすぎるものは避けてください。

シャンデリアだけが浮いてしまうので、注意が必要です。

ベーシックな配色で、装飾がシンプルなものだと失敗しないでしょう。

あくまでも甘くなりすぎないよう、インテリア全体のバランスをとっていくことが大切です。

シャビーシックなフレンチスタイルで流行のインテリアに

今回は、フレンチスタイルのインテリアについてお話ししました。

シャビーシックなフレンチスタイルは、洗練された空間を演出しつつ、アンティーク家具をバランスよくレイアウトしていきましょう。

古びた雰囲気の中にも、優雅で上品なフレンチ様式をミックスさせてください。

少し上級者向けのインテリアテイストなので、はじめは雑貨や小物から取り入れてみるのもいいですね。