布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアに便利!さみしい壁は「紐」でお洒落に変身する!

2018.12.26

「テーブルやカーテン、ソファにラグ…」と、どんなに家具にこだわっていても、お部屋の雰囲気がパッとしないこともありますよね。

そんなときは、壁のインテリアに工夫をしてみましょう。

今回は、壁との相性が良い「紐」を使ったアイテムをご紹介します。

インテリアコーディネートにお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

蛍光灯が切れる原理と、長持ちさせる為のカンタンひと工夫

私たちの生活を明るく照らしてくれる蛍光灯。 実は結構デリケートで、複雑な仕組みからなっています...

腰痛の種類やヘルニアの特徴とは?どんなマットレスを選ぶ?

一口に「腰痛」といっても、その原因によって症状は異なります。 状態によっては、長時間立っていら...

ベランダに洗濯機を置いて使う時には、専用の台が必要なのか?

基本的に家のベランダは洗濯ものや布団干しなどに使うのが当たり前ですが、マンションなど屋内に洗濯機が置...

カーテンを買うならここがおすすめ!安い通販サイト5選!

カーテンを購入する際に、ネットを利用する方が多くいるかと思います。 近年は、安いカーテンを扱っ...

キッチンリフォームのポイント!マンションの場合を解説

マンションのキッチンリフォームには、どれくらいの費用がかかるかご存知ですか? また、I型キッチ...

インバーター蛍光灯が故障した!蛍光灯がつかなくなる原因!

夜、帰宅して部屋のスイッチを押してもインバーター蛍光灯がつかない! 急に故障してつかなくなると、と...

1LDKは寝室と生活空間を分けられる!インテリアはどう選ぶ?

一般的に1LDKの部屋は、一人暮らしや二人暮らしをする人が選ぶ傾向にあります。 ワンルーム...

冬の暖房は何度設定にする?冬のエアコン節約術!

冬の暖房器具のひとつとして、エアコンがありますが、皆さんは何度に設定していますか? 実は冬のエアコ...

おしゃれ部屋のインテリア!癒しの空間を作る方法を解明!

皆さんは、毎日の仕事や勉強や家事で疲れていませんか? 家に帰って、癒される空間はありますか? ...

お部屋を可愛く!フレンチポップなインテリアコーディネート

フランスの上品なインテリアをベースに、ポップなカラーを取り入れた「フレンチポップ」というスタイルは...

赤ちゃんの睡眠を妨げる照明!電気は消して寝た方がいいの?

皆さんは、赤ちゃんが睡眠しているとき、照明はつけていますか? それとも真っ暗で寝ていますか? ...

海外のインテリアが魅力的!ポスターが魅せる世界観!

海外映画やドラマに出てくるお部屋を見ると、そのセンスの良さについつい目を惹かれます。 そんなお...

キッチンのゴミ箱位置は重要!家事ストレスが大きく変わる!

新築やリフォームで家づくりをしているときは、間取りや素材選びなど、決めることがたくさんありますね...

新築時のバス・トイレやリビング・寝室などの照明の選び方!

新築を予定されている方、今後新築を希望されている方もいますよね。 お部屋ごとの照明を決めるのって、...

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。 特に賃貸物件や...

スポンサーリンク

紐とピンチで!壁の定番インテリア「フォトガーランド」

紐を使った壁のインテリアとして、一番はじめに思いつくのは「フォトガーランド」ではないでしょうか。

フォトガーランドとは、紐に写真を取りつけて、室内の飾りにしたものです。

近年人気の装飾ですが、自分で簡単につくることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

用意するものは、紐とピンチと画鋲(2個)です。

それから、飾りたいお気に入りの写真もピックアップしておきましょう。

写真の枚数に応じて、紐の長さとピンチの数は調整してください。

フォトガーランドにおすすめしたい紐は、「麻紐」です。

麻紐は、植物の繊維からできているため、ナチュラルで素敵な雰囲気に仕上がります。

また、ピンチも麻紐に合わせて「ウッドピンチ」を用意してみましょう。

天然素材同士で組み合わせることで、調和の取れた素敵なインテリアになります。

それでは、つくり方をご説明します。

まずは、用意した紐をピンチの金具の穴に通していきます。

全てのピンチを通したら、画鋲で紐の端っこを壁に固定します。

バランスを見ながら、中央が少したるむように調節してみましょう。

両側を固定して、ピンチに写真をはさんだら完成です。

インテリアに最適!フォトガーランドをアレンジしてみよう!

さきほどご紹介したフォトガーランドですが、アレンジを加えることで、さらに魅力が増していきます。

<何列もつくってみる>

お気に入りの写真がたくさんあるときは、フォトガーランドの列を増やしてみましょう。

少し斜めにしてみたり、紐の長さを変えてみたりと、いろいろなバリエーションがあります。

<ピンチをカラフルにする>

ポップなテイストがお好みであれば、ピンチの素材や色を変えてみるのもおすすめです。

プラスチック製で、元気なビタミンカラーのピンチに統一すれば、それだけで、お部屋が明るい印象になります。

<電飾をプラス>

壁に飾ったフォトガーランドに、キラキラと輝く電飾を巻きつけるだけで、一気に幻想的になります。

そして、使用するライトのカラー次第で、インテリアの雰囲気も変わるでしょう。

<紐をリボンにチェンジ>

お部屋のテイストに合わせて、紐を変えてみるのも良いですね。

ガーリーなテイストであれば、シルク素材のリボンがおすすめです。

また、可愛らしいタッセルリボンをあしらえば、インテリアのアクセントになります。

<ポストカードを飾る>

ガーランドには、写真だけでなく、お洒落なポストカードを飾ることもおすすめです。

お部屋の雰囲気に合わせて、敷き詰めるようにレイアウトすると良いでしょう。

壁が華やかになる!「紐カーテン」の取り入れ方

続いてご紹介するのは、「紐カーテン」です。

本来紐カーテンは、仕切りや目隠しなどに用いられますが、壁にかけることでお部屋の雰囲気が様変わりします。

透け感のある紐カーテンは、主張しすぎることがないので優秀なアイテムです。

インテリアを邪魔せずに、素敵な空間を演出することができるでしょう。

おすすめな取り入れ方は、大きなサイズの紐カーテンを、壁の一面いっぱいに吊り下げることです。

そうすることで、わざわざ壁紙を張り替えなくても、壁の印象が華やかになります。

このとき、選んだ紐カーテンのカラーや素材によって、インテリアの雰囲気が変わります。

フリンジで光に反射する繊維が織り込まれた紐カーテンであれば、シックで洗練された空間にピッタリです。

クリスタルガラスをあしらった製品もありますので、華やかさを求める方にはこちらが最適です。

また、モチーフをあしらった紐カーテンも素敵です。

カラフルな毛糸のポンポンがついていれば、お部屋がガーリーな雰囲気になりますし、バードモチーフでフェルト素材のモビールがついていれば、人気の北欧風インテリアにおすすめです。

インテリアにグリーンを!「プラントハンガー」

流行のインテリアスタイルは、観葉植物のグリーンを多用していますよね。

グリーンが多いお部屋は、リラックス効果も高まり、お洒落なセレクトショップのような、ゆったりとした雰囲気を演出することができます。

そこでおすすめなのが、壁にも使える「プラントハンガー」です。

プラントハンガーとは、紐を編み込んでハンガーをつくり、観葉植物や多肉植物のプランターを飾る手法のことをいいます。

取り入れ方は簡単で、壁にフックをかけて、植物のプランターを入れたプラントハンガーを吊り下げます。

いくつか並べて吊り下げれば、よりお洒落に見えますし、インテリアのアクセントになります。

また、葉が垂れ下がるタイプのグリーンだと、ボリュームが出て、さらに魅力的に仕上がります。

このように、壁にプランターをぶら下げることで、空間を有効利用することができるので、狭いお部屋にも最適です。

「お部屋が狭くてプランターの置き場所に悩んでいる」という方も、ぜひお試しください。

壁は収納になる!紐の使い方①

壁と紐の組み合わせには、無限の可能性があります。

ここからは、収納に便利な使い方をご紹介していきましょう。

<帽子の収納>

かさばりやすい帽子は、重ねて収納すると形が崩れてしまうことがあります。

そんなときには、「見せる収納」がおすすめです。

やり方は、前述したフォトガーランドの応用になります。

壁に紐を取りつけ、クリップで帽子のツバを挟んで吊り下げます。

ツバ広の帽子にも対応できるので、収納場所にお困りの方は実践してみましょう。

<スリッパの収納>

床にそのまま置いてあると邪魔になりやすいスリッパですが、壁に工夫をすることで、すっきりと収納することができます。

幅の太目な紐を用意し、壁に平行になるよう、画鋲で両端を固定します。

このとき、スリッパの幅を確認しながら、中心にゆとりを持たせて取りつけましょう。

また、足元にセッティングすることで、インテリアを邪魔することがなく、違和感のないディスプレイになります。

たったこれだけで、簡単にスリッパが壁に引っかけられる、スリッパラックができあがります。

壁は収納になる!紐の使い方②

最後に、壁にネットを取りつける手法をご紹介します。

紐やワイヤー製のネットは、壁面収納だけでなくディスプレイとしても便利です。

お部屋の雰囲気がナチュラルテイストな方には、柔らかいイメージのある、紐ネットがおすすめです。

ただし、強度はありませんから、軽量で小さめなフックを使用して、小物やアート、観葉植物などを飾りましょう。

一方で、ワイヤーのネットには、武骨で無機質なイメージがあります。

そのため、男前インテリアとの相性が良いでしょう。

また、多少重量のあるものを飾っても耐えられます。

壁にブラックのワイヤーネットを取りつけて、お洒落なディスプレイをお楽しみください。

さらに、この手法はリビングだけでなく、スペースの限られたキッチンにも有効です。

ネットに調理器具を吊り下げたり、よく使用する調味料を並べてみましょう。

そして、火元の周辺で使用する際には、耐火性のあるネットを用意してください。

紐のネットでは、火が燃えうつる危険性がありますから、大変危険です。

「壁×紐」で、快適な空間へ!

今回は、壁に使える「紐」のアイテムや、便利な手法をご紹介しました。

壁は面積が広いので、お部屋のインテリアにとって重要な役割を担っています。

そのため、収納やディスプレイを工夫することが大切です。

この記事を参考に、今よりも快適な空間づくりを目指してみてくださいね。

 - インテリア・家具, 生活