ダニによるアレルギーを予防!様々な寝具のお手入れの仕方

定期的に寝具のお手入れをしていますか?

お手入れをしていない場合、ものすごいダニが寝具の中にいて、その上で寝ている状態になっている可能性があります。

また、ダニはアレルギーを引き起こす原因になります。

それによって、アトピー性皮膚炎、喘息などを引き起す可能性もあるのです。

そのならないためにも、寝具のお手入れをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

海外風の豪華なベッドにするには!?ホテルのベッドメイク術

「海外のような豪華なベッドで眠ってみたい!」と思ったことはありませんか?何層にも重ねられたフ...

お布団のダニの見つけ方って?お布団のダニを駆除する方法

お布団に中にダニがいるとはよく聞きますが、実際には小さくてなかなか目にすることはありません。...

ベッド選びの悩み解決!スノコベッドでスノコの向きは重要?

スノコの防湿効果を取り入れたスノコベッドに、人気が集まっています。各メーカーから、様々な種類が...

お布団の裏側に生えたカビを取る方法って?カビの予防法は?

いつもきちんと掃除しているつもりでも、湿気の多い季節になると「お布団にカビが生えていた」という経験を...

夫婦と子供の三人暮らし、寝室や子供部屋はどうする?

現代、夫婦と子供の三人暮らしというご家庭は多いのではないでしょうか。そんな三人暮らし、子供は...

オーダーメイドマットレス!各メーカーの評価や口コミは?

家を建てたり、引っ越しをしたり、新生活のために寝具を買い替える機会があるでしょう。せっか...

布団クリーナー選びに困ったら、シャープをチェックしよう!

梅雨に入るこれからの時期、なかなかお布団を干せない日も多くなります。また、ベッド派の人やベビ...

木製パレットのベッドが話題!作り方やおすすめ商品をご紹介

近年、DIYブームで大きな家具も自分で作る方が増えています。その中でもベッドを作る素材と...

快眠するにはエアリーマットレスが良い?耐久性や寝心地は?

皆さんは、快眠できていますか?近年は、健康ブームや「少量の良質なものに囲まれて暮らす」と...

人気ベッドメーカーの特徴は?おすすめマットレスもご紹介!

高級なものから安い価格帯のものまで、いろんな種類が売られているベッド。家具屋さんの店頭やネッ...

ベッドフレームを選ぶならウォールナットの無垢材で決まり!

ベッドを新しく購入する時に、ベッドフレーム選びで悩む人は多いのではないでしょうか?1日の大半...

マットレスは中古でも買取ってもらえる!?買取のポイント

引越しなどで、新たにマットレスを新調した場合、中古マットレスをそのままゴミとして処分してしまっている...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか?...

お風呂の照明カバーが破損する原因と交換する際の注意点!!

お風呂に入ろうとしたとき、または入っているときに電球が切れて困ったことはありませんか?また、...

お布団に潜むダニにドライヤーは効果あり?ダニの特性と対策

お布団や衣類、畳など、ダニはどこにでも潜んでいる厄介者です。そんなダニの弱点は熱です。驚...

スポンサーリンク

ダニアレルギーになる原因

ダニアレルギーになると、目のかゆみ、肌のかゆみ、喉の痛み、くしゃみや鼻がムズムズしてくるなどの症状が出てきます。

そして、一度なるとなかなか治ることは難しいです。

それでは、ダニアレルギーになる原因は何なのでしょうか。

主に、ダニの死骸や糞だと言われています。

ダニが何かをするというよりは、死骸と糞を吸い込むことによってアレルギーを引き起こすとされています。

つまり、死骸と糞をキレイに掃除すればアレルギーになる確率は低くなり、アレルギーなっている人も症状を軽減できる可能性があるということです。

それでは、部屋の中で死骸や糞が一番多く、体内に入る確率が高い場所はどこでしょう。

それは、寝室です。

ダニは、人のフケや垢などを食べて成長します。

つまり、お布団や枕マットレスなどにはたくさんのダニがいて、ダニの死骸や糞があるということです。

寝具をいかにお手入れするかがダニアレルギーの予防になるのです。

寝具をお手入れしてダニによるアレルギーを防ぐ(お布団編)

お布団のお手入れは、「お布団を洗濯する」「お布団を天日干しする」「お布団を乾燥機にかける」「掃除機を3分間ゆっくりとかける」「ダニシーツなどを敷く」この5つです。

・お布団を洗濯する

アレルギーになる大まかな原因のダニの糞は、水溶性です。

そのため、洗濯をすることで溶けてなくなります。

洗濯可能なお布団は、「そのまま洗濯機で洗濯する」「大きいお布団なら浴槽で手洗いをする」「宅配クリーニングに出す」などの方法があります。

また、洗濯不可のお布団は、自宅での洗濯は避け、宅配クリーニングに出してください。

洗濯をするだけで、糞はおよそ90%排除できるとされています。

・お布団を天日干しする

ダニが繁殖する環境は、湿気のある暖かい環境です。

そのため、天日干しをして乾燥させましょう。

このように乾燥させることでダニが住みづらい環境を作ります。

なお、生きているダニを死滅させるには60℃以上を20分継続する必要がありますので、天日干しでは死滅できないという話もあります。

・お布団を乾燥機にかける

生きているダニを死滅させるためには、高温にすることができる乾燥機が有効とされています。

・掃除機を3分間ゆっくりとかける

お布団が乾いて取り込んだ後は、掃除機をかけましょう。

この時、乱暴に掃除機をかけるのではなく、ゆっくりと掃除機をかけましょう。

とくに、頭を置いている位置は、フケや垢がたくさんあるのでダニの糞や死骸も多いです。

念入りに掃除機をかけましょう。

・ダニシーツなどを敷く

さっきの2つの方法は、ダニの糞と死骸を除去するためのものです。

次は、ダニを増やさない対策です。

このダニシーツをお布団に敷くとフケや垢などがお布団に入りにくくなります。

そのため、ダニの繁殖を防ぐことができるのです。

お布団などの寝具は、ダニが繁殖しやすい環境が整っています。

「洗濯する」「天日干しをする」「乾燥機にかける」「掃除機をかける」「ダニシーツをかける」の作業を2週間に1回は行うとよいでしょう。

寝具をお手入れしてダニによるアレルギーを防ぐ(枕編)

次は、枕のお手入れです。

洗濯ができる枕は、まず60℃の乾燥機に入れます。

ダニは、60℃の高温になると10分間で死滅すると言われています。

そのあとは、水洗いできるものであれば、洗濯機に入れて洗いましょう。

次に、ウレタンやそば殻、ビーズ、羽毛などの洗えない素材でできた枕のお手入れについてご紹介していきます。

お手入れの方法は、「天日干しをする」「掃除機をかける」「高密度の枕カバーをつける」の3つです。

・天日干しをする

お布団と同様に天日干しをして、枕を乾燥させましょう。

・掃除機をかける

掃除機で、枕の中にあるダニの死骸や糞を吸い取りましょう。

・高密度の枕カバーをつける

高密度の枕カバーを枕に付けることによって、枕にいるダニなどを外に出さないようにします。

それによって、ダニの糞や死骸などを体内に吸い込んだり、皮膚に触れたりすることを防ぎます。

枕は、口などに触れやすい寝具です。

ダニの死骸、糞をなるべく除去して、ダニアレルギーの予防をしましょう。

寝具をお手入れしてダニによるアレルギーを防ぐ(マットレス編)

次は、マットレスのお手入れです。

マットレスには、高反発と低反発の2種類がありますが、ダニが繁殖しやすいのは低反発のマットレスです。

お手入れ方法としては、「掃除機をゆっくりかける」「高密度のシーツをかける」「ベッドを通気性のいいものにする」「天日干しにする」「ダニ退治用のスプレーを使う」などです。

・掃除機をゆっくりかける

掃除機をゆっくりかけることによって、アレルギーの原因となるダニの糞や死骸を除去することができます。

素早くかけるよりは、丁寧にゆっくり掃除機をかけたほうが除去できます。

・高密度のシーツをかける

高密度のシーツをかけることによって、ダニの侵入を防ぎ、死骸や糞などを体内に吸収したり、皮膚に触れさせたりしないようにできます。

・ベッドを通気性のいいものにする

すのこベッドやパイプベッドなど、ベッドの下に隙間があり通気性のいいベッドを使うことによって、湿気を溜めこまなくします。

そのため、ダニの繁殖を抑えることができます。

・天日干しにする

もし、天日干しができるのなら行ってください。

それによって、マットレスを乾燥させることができます。

・ダニ退治用のスプレーを使う

「掃除機をかけるだけでは不安」と言う人は、ダニ退治用のスプレーやシートなどを使うといいです。

マットレスは、なかなか洗えない寝具なので、掃除機をかけてアレルギーの原因を取り、湿気を抑えていかに繁殖させないかが大切です。

寝具のお手入れの際にしてはいけないこと

先ほど寝具のお手入れ方法をご紹介してきました。

次は、やってはいけない間違ったお手入れをご紹介していきます。

やってはいけないことは、「お布団をたたく」「お布団を長時間天日干しする」「マットレスにスチームアイロンを当てる」などがあります。

・お布団をたたく

よく布団たたきでお布団をたたいている人がいますが、ダニの死骸や糞が落ちることは少ないです。

逆に、お布団の中にいるダニの死骸や糞が出てきたり、細かく砕けて体内に入りやすくなってしまうことも少なくないのです。

その結果、アレルギーになりやすくなることもあるため、お布団を叩くのはやめましょう。

・お布団を長時間天日干しする

天日干しをする時間が長いとお布団の繊維を傷めてしまう可能性が出てしまいます。

素材や季節によっても時間が異なりますが、大体片面1時間~2時間程度までとして干すようにしましょう。

・マットレスにスチームアイロンを当てる

ダニを駆除するには、スチームアイロンを当てたらいいとよく言われていますが、マットレスの場合は、中まで熱が届きません。

また、素材が熱で変色してしまい寝心地が悪くなってしまう可能性もあるため、このようなお手入れは避けたほうがいいでしょう。

このように、普段よかれと思ってしていることが悪い影響を与える可能性もありますので、気をつけましょう。

ダニが繁殖しにくい寝具の素材

今まで、アレルギーとなるダニの死骸や糞の除去方法についてご紹介してきましたが、最後に、ダニが繁殖しにくい寝具の素材についてご紹介していきます。

日本のベッドでよく使われている素材は、綿、ポリエステルなどの化学繊維、羊毛、羽毛などです。

この中でも、ダニが繁殖しにくいのは化学繊維と羽毛です。

・化学繊維

湿気がこもりにくいため、ダニにとっては繁殖できにくい環境となります。

また、ほとんどが丸洗いできるためダニアレルギーなどを持っている人におすすめです。

しかし、静電気が起こりやすくホコリが付きやすいので、頻度に洗わないといけません。

・羽毛

羽毛布団は、羽毛が外に出ないように、高密度の生地でできています。

そのため、お布団の中にはダニが入りにくいと言われています。

しかし、表面にはダニがいるので布団カバーを洗濯して、お布団に掃除機をかけることが大切です。

また、動物性のアレルギーを持っている人には、おすすめできません。

このように、メリット、デメリットがあるのでしっかり検討して決めてください。

しかし、どの素材を選んでもダニがゼロになるわけではないので、お手入れはちゃんとしましょう。

ダニ予防がアレルギー性の病気を防ぐ

ダニは肉眼ではあまり見ることができません。

そのため、寝具のお手入れをおろそかにしていませんか?

しかし、ダニの死骸や糞が引き起こすダニアレルギーは、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー性の病気を引き起こしてしまう可能性があります。

アレルギーになる前に、寝具にいるダニの死骸と糞を駆除して、ダニが繁殖しにくい環境をつくるのが大切なのです。