布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

布団干し竿やスタンドは「自作」よりも「購入」をおすすめ!

2018.12.21

お布団はどこに干していますか?

専用の物干し竿はとても便利ですが、良いものはそれなりにお値段も張ります。

そこで、DIYがお得意の方は「自作しよう」と考える方もいらっしゃいます。

しかし、自作DIYは手間が掛かる上、耐久性が劣ってしまう可能性もあります。

今回は、布団干し竿やスタンドに必要な機能、あると便利な機能をまとめてみました。

購入か自作か迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団に熱がこもって暑い!寝苦しい夜の暑さ対策は?

暑い夏の夜には、お布団に熱がこもって寝苦しいときも多いかと思います。 しかし、エアコンの冷房機...

大切なお布団の収納には防虫剤が必ず必要!収納場所も清潔に

お布団は、毎日使うものだからこそ、いつも清潔に気持ち良く使いたいものですね。 季節の入れ替えな...

お布団の正しい干し方!ベランダで衛生的に干す方法と注意点

ベランダにお布団を干すときは、どのような方法で干しているでしょうか? お布団をふかふかにするた...

お布団の湿気対策には除湿シートがおすすめ?その効果とは?

お布団が湿気っていたり、敷布団の裏側にカビが生えていたりという経験、ありませんか? 日本は高温...

我が家の飼い猫はお布団に入る?入らない?その違いとは

猫を飼っている方、あなたの飼い猫は、お布団に入ってきますか? 世の中には、お布団に入る猫と入ら...

清潔に使いたいお布団はクリーニングに託す!その相場とは?

お布団を、専用のクリーニングに出したことはありますか? 衣類と違って、お布団をクリーニングに出...

羊毛布団は家の洗濯機で洗っても大丈夫?脱水や乾燥方法は?

羽毛布団は、夏でも冬でも使える優秀なお布団ですが、1年を通して使用する事ができる分、季節の変わり目な...

パナソニックの掃除機に!布団用ノズルでダニ対策万全!

お布団の中に潜むヒョウヒダニは、様々なアレルギー症状を引き起こし、特にその死骸やフンが要因である...

お布団はポリエステルと綿のどっち?それぞれのメリットは?

家で毎日眠っている、お布団の素材はなんでしょう? 当たり前のように使っていながら、素材を意...

昔はお布団がなかった!?お布団の歴史について

お布団といえば、日本に昔からあるイメージですよね。 ですが、一般家庭でもお布団が普及するように...

お布団の干し方は室内の場合、どうすれば効果的?やり方は?

お布団を干すと言えば、明るいお日様に当てる方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。 しか...

キレイに片付けたい!かさばるお布団のたたみ方と湿気対策

お布団、毎日たたむのって、意外と大変ですよね。 特にかさばるのが羽毛布団です。 ケースの入っ...

布団レスこたつの評判は?メリット・デメリットを公開

最近、こたつ用のお布団がいらない布団レスこたつというアイテムが話題を集めています。 お部屋...

お布団で感じる虫刺されはもしかしたらダニかも?対策法は?

お布団で虫刺されに遭った事はありませんか? それは、もしかしたらダニによる虫刺されかもしれませ...

お布団に圧縮袋を使うときのコツ!掃除機を使う場合は?

寒い冬が終わると、お布団を収納しなければなりませんが、困るのが収納場所ですよね。 そこで、お布団に...

スポンサーリンク

購入でも自作でも知っておきたい布団干し竿やスタンドで大切な要素

布団干しという作業は足腰にかなりの負担が掛かるものです。

家事の中でもかなり重労働と感じている方も多いようですね。

ついつい布団干しを敬遠しがちになってしまうと、ダニの繁殖などのためアレルギーや喘息の方には深刻な問題を引き起こさないとも限りません。

誰だって、いつも気持ちの良いお布団で眠りたいものです。

布団乾燥機は便利ですが、やはり天気の良い日にお陽さまの下で干したお布団の心地良さにはかないませんね。

効率良くお布団を干すためには、干す時間帯や干し方に気を配ると同時に、お布団を干す物干し竿やスタンドについても考えてみることが必要です。

素材、形状、高さ、強度など、どのようなものが使いやすいのかを考え、生活スタイルや住宅事情に合ったものを選ぶと布団干しがグッと楽になります。

予算のことを考えて、DIY好きの方はネットやホームセンターで材量を購入し自作したいという方もいらっしゃいますね。

しかし、少しお待ちください。

市販のものでも、布団干し竿やスタンドに少しの工夫が施されているものを選ぶと、布団干しがと楽になります。

一度購入すると、10年以上もつものもあるほどです。

安物買いや自作する前に、機能や生活様式に合った良いものを購入することを検討してみてはいかがでしょうか?

自作を考える前に!布団干しスタンドには便利な機能がある

布団干しの労力を軽減するために欲しい機能は、力仕事とも言える大変さを軽減させること、そしていかに夏場はサラッと気持ち良く、冬はふっくらとしたお布団に、素早く干せるかということです。

そして、使っていないときはコンパクトに収納できて、生活の邪魔にならないということも大切です。

羽毛布団などは軽いですが、綿入りの敷布団は重いものでは5キロにもなるものがあります。

そのような重いお布団を干すのに便利なのが、腰の高さくらいまでのスタンド式です。

お布団干しの際は、重いお布団を持ちあげる動作をできるだけしないようにできるタイプが良いですね。

また、ステンレスなどでできた四角い枠のもの4枚~5枚が、まるで本のように閉じられるタイプのものがあります。

これは、四角い枠の数だけお布団が干すことができ、またお布団だけでなく、洗濯物を枠に干すことができます。

使っていないときは閉じて、壁などに立てかけておけるので収納の邪魔にもなりません。

こういったものは自作をするのは無理とまでは言えませんが、材料費や手間を考えると購入した方がいいのではないでしょうか。

野外に置く場合の布団干し竿やスタンドに適した素材

布団干し竿やスタンドを屋外に置いておく場合は、雨に当たる可能性があります。

そのため、外に置いておくことを考えるのであれば、錆びにくいものがおすすめです。

また、お布団を掛ける部分は汚れにくく汚れを拭き取りやすいということも大切な要素です。

布団干しの素材の中で、丈夫で錆びにくいものと言えばステンレスですね。

ただし、ステンレスは重さのある素材ですので、その点が難点に思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、重いということは布団干し竿やスタンドにとって決して悪いことではないのです。

むしろ物干し竿には、ある程度の重さが必要と言えます。

なぜかと言うと、敷布団は特にかなりの重量があるものが多いですね。

その重量に耐えうるだけの強度が必要になってくるからです。

また、使用していないときに屋外に置く場合、風に飛ばされることを避けるためにもある程度の重量は必要と言えるでしょう。

とは言え、移動する場合を考えると重量のあるのものは大変です。

そのため、移動のことも考えるのであれば、キャスター付きのものにしましょう。

このように考えるとステンレスポールに耐えうる土台を作るのは、大変ですし、それにキャスターを付けるのも大変です。

市販のものでも良いものがありますので、このように野外に置くスタンドの場合も自作するより購入する方が良いかもしれませんね。

2本並列ポールのスタンドは自作と購入どっちがいい?

布団干し竿には、ポールが2本並列に並んでいてその上にお布団を掛けるようになっているタイプがあります。

その分、重量は重くなりますが、メリットとしてはお布団の下に空間ができるので、湿気がこもらないということです。

また、お布団の代わりにシーツを干したり、ハンガーに吊り下げた洗濯物も1本タイプの2倍干せるということになります。

このように使い方にもバリエーションがあるため、このようなタイプを使用するのもおすすめです。

では、このタイプの自作はどうでしょうか。

このタイプに関しても自作はおすすめできません。

その理由は耐久性です。

敷布団はかなりの重量があるだけでなく、掛けたり下ろしたりという作業のときにそれ以上の力がポールや設置金具に掛かることになります。

はずみで落ちてしまったり、設置金具が剥がれる際、壁が破損してしまう可能性があるということを考え、金具やポールにはお布団の重量の3倍以上の耐荷重量が必要と言えるでしょう。

このように耐荷重のことを考えると、とてもしっかりとしたものを作らないといけません。

また、自身で耐荷重の計算をするのは大変でしょう。

このことを考えると市販品の方が事前に耐荷重の計算がされているため、購入の方が良いでしょう。

扇形の布団干しスタンドも自作は難しい

こちらは先程もお伝えしたとおり、機能の豊富なタイプとして、本をペラペラめくっているように見える扇型になっている布団干しスタンドがあります。

干すポールが4枚、5枚になっているので、お布団を複数枚干すことができます。

また、中にはキャスター付きタイプもあり、お布団を干しているときも干していないときにも動かせるのが嬉しい機能ですね。

このタイプは、お布団だけでなく洗濯物をかなりの枚数を干すことができます。

まるで「小さなベランダ」機能と言えます。

しかし、扇型タイプはさすがに自作となるとDIY上級者でも、材料費や作成時間のことを考えると難しいでしょう。

そのため、購入することをおすすめします。

一度購入して普通に取り扱えば、良いものでは10年以上使用できる物ですので、安物買いよりじっくりお気に入りを選ぶ方が結局お得です。

あったら便利な布団干しグッズ

布団干しという行為に伴い、どういった手間が発生するか、そして軽減させるために便利なグッズもご紹介します。

たとえば、ベランダやお庭に布団干しを置いておくにしても、使わないときに雨風が当たるとどうしても汚れてしまいます。

いざ、お布団を干そうと思うときに、物干し竿をわざわざ拭かないといけなくなると大変です。

そのための布団干し竿やスタンドのカバーというのも販売されています。

インターネットやホームセンターで購入することもできますが、こちらは比較的簡単に自作できますので、わざわざ購入しなくても手作りしてみても良いですね。

また、100均で売っている自転車カバーで代用することも可能です。

近年では、花粉やPM2.5のために安心してお布団を干せない場合も多いものです。

黒っぽい色のシートや布を掛けてお布団を干すと、これらをお布団に付着するのを防ぐ効果があり、また黒い色が太陽光を吸収しダニ退治にも効果的です。

こちらも販売されていますが、黒い大きな布をかぶせるだけでも代用できます。

機能付き布団干しは自作より購入をおすすめする理由

布団干し竿にはさまざまなタイプがあり、お布団を効率良く、そして楽に干せる機能が付いているものがいくつもあります。

そういった機能付き布団干しは、自作する手間や耐久性などを考えるとやはり購入することをおすすめします。

また、せっかくですから効率良く、お布団をフカフカにするためにも、生活スタイルに合った良い物を購入することをおすすめします。

お値段も数千円~2万円くらいまでと幅広くあります。

予算の関係でどうしても自作したいという方は、お布団の重量や素材の耐荷重量を調べることが大切になってきます。

 - 布団, 布団干し