布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

新生児に最適なお布団のおすすめをご紹介!選び方も解説

2018.11.19

新生児用の寝具は素材や厚さ、デザインなど、さまざまな点にこだわって選びたいという方が多いのではないでしょうか。

特に初めてのお子さんの場合は、尚更こだわりたいという気持ちが強いかと思います。

そこで、今回は新生児に最適なお布団の選び方と、新生児から使えるおすすめのお布団をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。 お布団とベッドでは、どちらが腰...

布団乾燥機をつなぐコンセントが熱い!その原因と対策とは?

お布団の湿気取りや、ダニ対策などに便利な布団乾燥機ですが、使用中につないでいるコンセントがいきなり熱...

お布団に潜む刺す虫の種類!刺されてかゆい場合の処理の方法

お布団で寝ている間に、いつの間にか何かの虫に刺されて、かゆい思いをしたことはありませんか? 私...

お昼寝用お布団の人気のポイントは?大人と子供で違う?

お昼寝は大切な健康管理の一つと言われていますが、大人と子供によって、その重要性は微妙に違ってきます。...

お布団は湿気だらけってホント?カビ取りの方法や対策は?

みなさんが毎日寝ているお布団は、清潔に保たれていますか? 綺麗に見えても、湿気が溜まってカビの...

今や布団掃除機は必需品!あると便利なおすすめ布団掃除機!

最近は、布団掃除機がご家庭にある家はとても多いのではないでしょうか。 お布団からでる埃は想像以...

季節で変わる?お布団を干すタイミングっていつがベスト?

干したお布団に飛び込むと、ふかふかで良い匂いがしますよね。 天気の良い日は、お布団を干した...

お布団の収納はマンションではどうしてる?圧縮袋の使用方法

お布団って、狭い住居では保管場所に困りすよね。 季節によって使わなくなったお布団は、来客用を含...

フローリングの床にお布団を敷くなら!実践したい湿気対策

あなたは寝るときはベッド派ですか? お布団派ですか? どちらもそれぞれに利点がありますが、お...

気持ち悪い!!和室の壁にカビ発生!掃除の仕方と予防法は?

カビを見ただけで気持ち悪くてゾッとしますよね。 家屋に発生するカビは、普通にお掃除しているだけ...

布団との併用や収納を考察!抱き枕の様々な視点での利用価値

就寝時のアイテムとして、抱き枕が人気です。 布団との併用により、様々な不快症状にも役立つことを...

お布団を干す場所に迷う!どこに干せば良い?干す場所紹介!

戸建でもマンションでも、建物の向きや間取りなどによって、お布団を干す最適な場所がなくて困ることってあ...

お布団とマットレスの選び方はなにを重視する?ポイントは?

眠る時にはベッドが良いのか、お布団が良いのかは人それぞれ違いますよね。 どちらを選んでも良いの...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

冬の室内は湿度が高い!?カビが生えないようにするには!?

冬の室内って実は湿度が高いってご存知ですか??カビは多種多様なエリアに生えてきます。 寝室のマ...

スポンサーリンク

新生児用のお布団は素材とサイズで選ぶのがおすすめ!

新生児から使えるお布団の素材は、掛け布団の場合、羽毛とポリエステルがあります。

天然素材の羽毛には調湿効果があるので、赤ちゃんが寝ている間の寝汗やムレが気になる場合におすすめです。

また、羽毛は保温性にも優れています。

一方、ポリエステル素材は、羽毛と比較すると価格が安価です。

また、自宅の洗濯機で丸洗いできるタイプもあるなど、お手入れが簡単なものが多いというメリットがあります。

続いて、新生児から使えるお布団のサイズですが、こちらは大きく分けてレギュラーサイズとミニサイズがあります。

レギュラーサイズのお布団は、赤ちゃんがある程度大きくなるまで長期的に使うことができるというメリットがあります。

そして、新生児にぴったりのミニサイズは、赤ちゃんがある程度大きくなった際に親御さんと寝る予定があり、新生児の時期しかベビー布団を使用しない場合におすすめです。

このように、ベビー布団の素材とサイズにはそれぞれにメリットがあるので、赤ちゃんの状況や、これからの睡眠環境に合わせて選ぶのが良いでしょう。

ベビー布団7点セットは掛け布団の洗い替えができるのでおすすめ!

ここからは、新生児から使用することができるおすすめのベビー布団をご紹介します。

まず、最初にご紹介するのは、ベルメゾンネットで取り扱っている「ベビー布団 7点セット 日本製」です。

こちらは、ボリュームのある敷布団と、ワンタッチシーツ、ウォッシャブルタイプの掛け布団が2枚と、掛け布団カバー、枕カバーがセットになったベビー布団セットです。

こちら一式で、赤ちゃんの寝具が揃うので、あとで足りないものを買い足す煩わしさがありません。

こちらのベビー布団セットの嬉しいポイントは、ウォッシャブルタイプの掛け布団が2枚付いている点です。

赤ちゃんがミルクを吐き戻したり、寝汗をかいたりして汚してもすぐに洗い、代えのお布団を用意することができます。

また、枕カバーやワンタッチシーツ、掛け布団カバーは綿100パーセントです。

通気性が良くやさしい肌触りで、赤ちゃんの繊細な肌が触れても安心です。

サイズはレギュラーサイズで、長く使用することができます。

さらに、デザインが豊富な点もポイントです。

羊や象、白くま、リスなどの癒されるアニマル柄から、星やお花などの可愛らしい柄に、マルチドットやネイビーストライプといったおしゃれな柄まで多彩なデザインが揃っています。

選ぶのが楽しい「ベビー布団 7点セット 日本製」の参考価格は、14,000円と非常にリーズナブルな点でもおすすめです。

背骨が柔らかい新生児に!ローズラジカル敷布団がおすすめ

「ローズラジカル敷布団 ベビータイプ」は、背骨が柔らかい新生児をしっかり支えることができる敷布団です。

新生児の時期はまだ骨格が未発達で、背骨が大人のようなS字カーブではなく丸いCの字にカーブしています。

したがって、赤ちゃんが仰向けで寝た際に腰が沈みやすいのです。

そこで、こちらのローズラジカル敷布団を使用すると、赤ちゃんの沈み込みやすい腰をしっかりと支えてサポートします。

また、程よい硬さと反発力があるので、寝返りを覚えたての赤ちゃんが体位を変える際に、動きがスムーズになりおすすめです。

中材には「ダブルウェーブ」という、繊維の組織を上下前後の四方向にウェーブさせた綿を使用しています。

綿がウェーブ状になっていることで空気の通り道が生まれ、通気性が良くなります。

また、接触面積を減らすことでムレにくくなり、赤ちゃんが寝汗をかいても快適に眠ることができるのです。

耐久性があり、丈夫で長期的に使用することもおすすめの「ローズラジカル敷布団 ベビータイプ」の参考価格は、およそ16,000円となっています。

ママの声から生まれたベビー布団セットは清潔でおすすめ!

ベルメゾンネットで取り扱っている「ママの声から生まれたベビー布団厳選5点セット」は、実際に子育てをしているお母さん方の声を反映させたベビー布団セットです。

「寝汗をたくさんかく赤ちゃんが使うお布団は、清潔に保ちたいけど頻繁にクリーニングに出すとお金がかかる。」といったお母さんの生の声を受けて作られた、自宅で洗うことができる布団セットです。

赤ちゃんの汗やよだれなどで汚れてもすぐに洗濯機で洗うことができるため、子育てにお仕事にと、毎日忙しいお母さんにおすすめしたいです。

また、セット内容も本当に必要な寝具だけを厳選されており、掛け布団と掛け布団カバー、敷布団と敷パッド、圧縮袋の5点というセット内容になっています。

さらに、サイズがミニとレギュラーサイズから選ぶことが可能です。

したがって、新生児期のみ使う予定の場合はミニサイズを、長期的に使用する予定の場合はレギュラーサイズを選ぶと良いでしょう。

参考価格は、およそ9,700~10,000円です。

ウォッシャブルベビー掛け布団は新生児期にぴったり!

ベルメゾンネットで取り扱っている「ウォッシャブルベビー掛け布団」は、高い吸水性と放湿性を兼ね備えたベビー掛け布団です。

中綿には、赤ちゃんの寝汗をすぐに吸収する「テンセル(TM)」繊維という素材と、洗うことが可能なポリエステル素材の綿を50パーセントずつ使用されています。

側生地は、綿100パーセントで肌にやさしく、赤ちゃんの繊細な肌をやさしく包み込みます。

吸放湿性が高いという点では、寝汗をたくさんかく赤ちゃんに非常におすすめです。

さらに、こちらの掛け布団は自宅の洗濯機で丸洗いすることが可能なので、吐き戻しなどが気になる新生児期の赤ちゃんの使用にも最適と言えます。

カラーは、シンプルな白で清潔感があります。

参考価格は、およそ3,000円と非常にリーズナブルな点もおすすめです。

医師がすすめる布団セットは単品でも購入可能できおすすめ!

最後にご紹介するのは、東京西川の「医師がすすめるベビー布団8点セット 日本製」です。

こちらは、お医者さんがおすすめするベビー布団セットで、新生児から安心して使用することができます。

掛け布団と敷布団に各種カバーと、吸湿マットといった充実したセット内容となっています。

その点では、赤ちゃん用の寝具を何から揃えたら良いかわからないという、子育てが初めての方におすすめです。

また、マットレスは表面に凹凸があり、体圧分散効果があります。

加えて、ほこりが立ちにくく、赤ちゃんがアレルゲンを吸い込んでしまう心配も少ないです。

掛け布団は、赤ちゃんの体に沿ったキルティング加工が施されており、赤ちゃんが寝返りを打ってもズレにくいです。

さらに、自宅の洗濯機で丸洗いすることもできます。

参考価格は、およそ32,000円です。

新生児から使えるお布団は機能性で選ぶのがおすすめ!

これまで、新生児から使用できるおすすめのベビー布団をご紹介してきましたが、参考になりましたか。

骨格がまだ未発達である新生児期の赤ちゃんが使用する敷布団は、赤ちゃんの体をしっかりとサポートできるものを選びましょう。

通気性や吸放湿性なども考慮して、赤ちゃんが安心して使えるベビー布団を選んでください。

 - お布団