布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団とマットレスの日常の掃除やお手入れ法をご紹介!

2018.10.23

あなたは、毎日使っているお布団とマットレス、普段はどのようにお手入れしていますか。

お布団はクリーニングで丸洗いもできますが、頻繁にするものではありませんよね。

また、マットレスは洗濯することもできません。

寝具を清潔に保てるよう、お布団やマットレスの、日常の掃除やお手入れ法をお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団が原因?!寝ても背中が痛い人が見直すべき6ヶ条

お布団から起きて背中が痛いと、日中すっきりしないものですよね。 お布団や寝具は「暖かければ良い...

お布団のダニ!布団乾燥機&布団掃除機で効果的にダニ退治!

お布団のダニを駆除するのに、みなさんはどんな方法を使っていますか? ダニは50度の高温でなけれ...

お布団の打ち直しで羽毛が蘇る!知って得するイオンの通販!

寿命が10~15年といわれる羽毛布団も、収納時に掛かる負担などが原因となり、使い続けるうちに羽毛...

お布団の湿気対策には除湿シートがおすすめ?その効果とは?

お布団が湿気っていたり、敷布団の裏側にカビが生えていたりという経験、ありませんか? 日本は高温...

綿布団はコインランドリーで洗える?洗濯はどうすれば良い?

購入しやすい価格でありながら、吸湿性に優れたお布団と言えば綿布団ですが、毎日使用するとなると、湿気や...

お布団を清潔に!肌が弱い人のための除菌スプレーの使い方

毎日使用するお布団の除菌はどのように行っていますか? お天気が良ければ天日干しも良いのですが、...

お布団を干す時間はどれくらい?冬の日照時間と天日干し対策

天気が良いと、お布団を天日干ししたくなりますよね。 夏のように気温も高く日照時間が長いと、お布...

畳が日焼けしたり傷んできた時に、裏返しは自分で出来るの?

畳のお部屋はありますか? 来客時の寝室にしたり、子供の遊び部屋にしたりと、一部屋あると便利な和...

布団カバーやシーツが乾燥機で縮む理由とは?対策方法って?

布団カバーやシーツって、ご自宅の洗濯機でも洗えるので、天気の良い日などに洗う人は多いと思います。 ...

お布団とベッド、腰痛に良いのはどっち?それぞれの特徴

腰痛は、全体の3割の人がなると言われています。 そんな腰痛持ちの人が悩むのは、「お布団とベ...

教えて!お布団や、大理石の床の掃除の仕方がわからない!

一生のうち、多くの時間を過ごす我が家は、いつも綺麗にしておきたいですよね。 しかし、いざ掃除を...

お布団に掛ける夏にお勧めのシーツは?大切なのは素材選び!

皆さんは夏に使うシーツをどのように選んでいますか? 夏は、快眠を得るのが一番難しい季節です...

お布団に圧縮袋を使うときのコツ!掃除機を使う場合は?

寒い冬が終わると、お布団を収納しなければなりませんが、困るのが収納場所ですよね。 そこで、お布団に...

腰痛持ち必見!敷布団は適度な硬さと柔らかさが勝負

よく「腰痛持ちには、硬い敷布団が良い」と耳にしますが、本当はどうなのでしょうか? 疲れた夜...

風邪やウイルスの予防にはお布団も除菌するべき?方法は?

冬は、空気が乾燥しやすく風邪やインフルエンザなどにかかりやすい時期です。 予防のために除菌...

スポンサーリンク

掃除はしっかりしよう!お布団とマットレスを清潔にする意味

あなたが普段使ってるお布団とマットレス、掃除などでお手入れはちゃんとしていますか。

きちんとお手入れしていないと、ダニが大量発生したり、カビがはえてしまうかもしれません。

人間は、一晩の睡眠で、500mlもの汗をかくと言われています。

そして、寝ている間に、汗と一緒に体の汚れや髪の毛のフケなどが溜まっていきます。

それらを放っておくことは、ダニやカビが発生してしまうことに繋がるのです。

そうならないために、普段から掃除をしっかり行うことが大事になります。

それは、何も毎日掃除機をかけたり、シーツを洗濯することばかりではありません。

ちょっとした心掛けで、お布団とマットレスをキレイに保つことができるのです。

最近では、アレルギーを持っていない方のほうが珍しいくらいで、ダニアレルギーやハウスダストアレルギーの方も多いのではないでしょうか。

お布団とマットレスをお手入れしておくことは、アレルギー症状を軽減できるかもしれませんので、ぜひ行ってください。

湿気はお布団もマットレスも苦手!

お布団とマットレス、共に注意しておきたいことがあります。

それは、どちらも「湿気を溜めない」ということです。

湿気を溜めると、ベタベタして気持ちが悪いだけでなく、ダニやカビの原因になってしまいます。

寝ているときの毎日の汗の量を考えてみても、湿気対策を行うことがまず大事なことだと言えます。

【お布団の湿気対策】

お布団の湿気対策は、天日干しがまず挙げられます。

天気や時間に注意して外に干しましょう。

もし、梅雨時でなかなか外に干せない場合は、布団乾燥機を使うこともひとつの方法です。

布団乾燥機は高温で、中に潜んでいるダニを殺す効果があります。

布団乾燥機が終わったら、掃除機でダニなどを吸い取っておきましょう。

【マットレスの湿気対策】

マットレスは、お布団のように干すことができません。

ですから、もしフローリングに敷いている場合は、朝起きた時、壁に立てかけるなどして湿気を逃がしてください。

ベッドで使っている場合も、壁に少し立てかけてあげると風が通り、湿気が逃げていきます。

また、マットレスは、時々ローテーションしてあげるといいです。

前後・上下を3か月に一度程度ローテーションすることによって、湿気のたまりがいつも同じ場所になることを防げます。

お布団のお手入れといえばこれ!天日干しにする

お布団を干すと、湿気が飛んでいきますので、ダニやカビの繁殖が抑えられます。

お布団を干す時間帯は、天気が良く、「外の湿気が少ない10時~14時くらい」にしましょう。

ただし、夏は日ざしが強く、お布団の生地が傷むのを避けるため、午前中に干すことをおすすめします。

また、シーツなどをつけたままお布団を干したほうが、外生地を傷めません。

他にも、前日に雨が降った日の午前中に、お布団を干すのは避けたほうがいいでしょう。

せっかく湿気を飛ばすために干しているのに、前日の雨の湿気をお布団がまた吸ってしまうからです。

干す際には、「両面まんべんなく日光が当たるように」してください。

そうすることで、両面ふっくらと膨らませることができます。

あとは、「お布団を叩かないこと」が大事です。

お布団を叩くと、ほこりが落ちるような気がしますが、中の生地をただ痛めてしまい、膨らむこともなくなってしまうので、やおめましょう。

お布団を取り込む際は、手などで優しく表面をはらうように撫でるだけで大丈夫です。

お布団を取り込んだら、掃除機をかけましょう。

お布団は、敷布団は干しますが、羊毛・羽毛布団は無理に干す必要はありません。

気になる場合は、ごく短い時間だけ干したり、部屋干しにしましょう。

マットレスもそうですが、お布団は湿気を溜めず、ほこりなどもしっかり落とすことが大事です。

お布団やマットレスの掃除を楽にする!シーツやカバーを洗濯

お布団やマットレスに使っているシーツなどは、一見すると汚れていない気がしてしまいます。

しかし、毎日使っていれば、汗をかきますし、フケや皮脂汚れなどが溜まっていきます。

せっかく体をキレイにしても、シーツなどが汚くては心地よい睡眠が得られません。

ですから、シーツなどは定期的に洗濯することが大事になります。

定期的な洗濯は、掃除をするときも楽に済みますよ。

洗濯する頻度は、最低週1度くらい行えばいいでしょう。

ただし、夏などものすごく汗をかいたり、梅雨時でジメジメしているときはもっと増やしてもいいですね。

シーツなどを清潔にしておくことは、ダニなどの繁殖を抑えることができます。

汗っかきの方は、湿気が溜まりにくいシーツを選ぶといいですよ。

暑がりの方には、ひんやりと感じるタイプのシーツがおすすめです。

抗菌効果があるシーツなどいろいろなタイプが売っていますので、季節に合ったシーツをえらんでみてはいかがでしょうか。

お布団やマットレスの掃除法!掃除機をかけよう

お布団やマットレスに掃除機をかけると、ほこりなどを吸い取るだけでなく、ダニも吸い取ることができます。

アレルギーの原因とも言われるダニを吸い取れれば、アレルギー症状を軽減させる効果が期待できます。

お布団の場合は、お布団を干し終わった後に掃除機をかけると、ダニやほこりなどのアレルゲンをしっかり吸い取ることができます。

マットレスは、外に干すことができませんので、いつ掃除機をかけても構いません。

掃除機のかけ方は、一定方向だけでなく、縦・横・斜めの順にかけていくと吸い漏れがありません。

また、掃除機をかける速さも大事です。

掃除機は、お布団やマットレスの生地に合わせて、ゆっくりと動かしましょう。

速く動かすと、細かいダニやほこりなどを吸い取ることができません。

ついつい速く動かしたくなりますが、見えないダニなどを吸い取っているつもりでゆっくり行ってください。

アレルギー症状が収まらないときはお布団をクリーニングへ!

ここまで、普段のお布団やマットレスの、お手入れや掃除法についてお伝えしてきました。

しかし、ちゃんとお手入れしていても、ダニなどのアレルギー症状が治まらない場合があります。

そのような時におすすめなのが、「お布団のクリーニング」です。

お布団のクリーニングは、普段のお手入れなどで取り切れなかったアレルゲンを完全に除去することができます。

街のクリーニング屋さんなどでも行っていますが、宅配クリーニングサービスもあるようです。

お布団のクリーニングで、特におすすめなのが、防ダニ抗菌加工ができることです。

せっかくクリーニングでキレイになったとしても、使っていくうちにすぐダニなどが繁殖してしまっては困りますよね。

アレルゲンを根底から除去できるお布団クリーニング、一度試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、普段のお手入れも忘れなく行ってください。

お布団とマットレスは日常のお手入れが大事!

お布団とマットレスで共にまず大事なのは、「湿気を溜めない」ということでした。

そして、お布団の干し方、シーツなどの洗濯、掃除機をかける重要性などもお話ししてきました。

アレルギー症状が治まらない方には、お布団のクリーニングもおすすめです。

お布団とマットレスの日常のちょっとしたお手入れを忘れずに、快適な睡眠時間を送ってください。

 - お布団