布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

アスリートが認めたマットレス !高反発といえば西川のエアー

2018.9.12

今や、多くのアスリートたちが遠征に自分のマットレスを持っていく時代です。

これは、食事やトレーニングだけでなく、睡眠が体調管理にとても重要視されているからです。

高反発を追求した西川のマットレス、「エアー」がトップアスリートたちに支持されるのはどうしてでしょうか?

敷寝具の機能を深化させた特殊立体構造に着目し、アスリートが認めた質のよい眠りを、毎日の睡眠に取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

和室の部屋をお洒落にする為のインテリアコーディネート術!

もし、一人暮らしをしようと考えて、お部屋選びの際に和室の畳部屋をご紹介されたら・・・。 特に若...

ベッドなどの大型家具を購入するべき時期とおすすめの方法

新生活の時期、必ず必要となるのが家財道具ですよね。 テレビや電子レンジ、炊飯器などなど、揃える...

寝具は寝心地が重要!どんなマットレスなら熟睡できる?

厚みのあるマットレスって弾力性があって寝心地が良いですよね。 ベッドの他、敷布団にベッドマット...

マットレスコイルの寿命は何年?交換時期のサインってある?

スプリングコイルを使用したマットレスは、弾力性が高く、硬さを選ぶ事もできるので大変重宝しますよね。 ...

ベッドはこれで決まり!きしみが気になるすのこはどう選ぶ?

新生活が始まり、ベッドを買い替えようかと考える方は多いのではないでしょうか。 せっかく買う...

【ベッド選びに困ったら】一人暮らしに最適な収納方法

一人暮らしをする方にとって、「収納」は大きな問題の1つです。 決められたお部屋の大きさの中、で...

簡単クッションフロアの貼り方!畳の上からでも張れる!

畳をフローリングにしたいと思っても、大工さんに頼むのは、お金も手間もかかるもの。 賃貸だと、張...

新築時、床の色選びに迷わない為に!フローリングの色別特徴

新築時に床の色を決めるのって難しいですよね? フローリングはそう簡単に張り替えられるものではな...

アメリカの大手ベッドメーカー「3s」を比較してみよう!

「サータ」「シモンズ」「シーリー」は、アメリカの有名なベッドメーカーです。 これら3大メーカー...

マットレスのおすすめ4選!セミダブルも選べるタイプを厳選

マットレスは、種類が豊富で選ぶ際には迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 今、ネット通販...

電源の元、コンセントのアースとは!?電磁波の危険性

私たち一般家庭で使用している家電製品の電源の元となるコンセントですが、実は、これら家電製品からは電磁...

快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と...

デッドスペースが大変身!ベッド下収納ケースのおすすめは?

ベッド下のデッドスペースといわれる空間は、工夫次第で衣類や雑貨、寝具などの収納スペースとして利用でき...

ベッドの高さを上げると、どんなメリットデメリットがある?

意外と後悔が多いベッドの高さ、気にしないで購入してしまうと後々大きな後悔をすることになります。 ...

コーディネート次第で海外風ベッドルームへ!脱・狭い空間

毎日、何気なく過ごしている自分のベッドルームに満足していますか? 今の狭い部屋から広い部屋に引...

スポンサーリンク

絶妙な寝心地!西川のマットレス「エアー」最大の特徴

多くのアスリートたちが愛用している高反発のマットレス、「エアー」。

「エアー」の特徴は敷寝具の機能を深化させた、特殊立体構造にあります。

これは、他社メーカーも数多く取り入れている、マットレス表面のプロファイル加工(凸凹加工)に層構造を組み合わせた「エアー」ならではの特殊構造です。

マットレスのベース部分が体をしっかりと受け止め、自然な寝姿勢をキープすることができます。

また、表面のプロファイル加工によって施された、多数の凸凹が体圧を分散し、寝返りがスムーズにできるため、常にリラックスした状態を保てます。

さらに、この凸凹が層のように色分けされていて、色が違う部分ごとに、素材のウレタンフォームの硬さが異なり、絶妙な寝心地を生み出しています。

ウレタンフォームの通気を促進する構造が、カビやダニの原因になる湿気を放湿しやすく、衛生的なのも特徴のひとつです。

これらは全て、東京有明医療大学教授と、日本睡眠科学研究所の共同開発で実証されています。

トップアスリートたちが「エアー」を支持し、遠征に必ず持参するのにも納得がいきますね。

自分にあった一枚を!「エアー」の幅広い選択肢

食事や運動と同様に睡眠が重視され、今では、マットレスが体調管理に不可欠なものとされています。

その高い機能性から、数ある高反発のマットレスの中でも、多くのアスリートに支持される「エアー」は、コンディショニングマットレスとも呼ばれています。

それぞれのコンディショニングに対応できるように、マットレスの種類に幅広い選択肢が設定されていて、身長、体重、利用環境、硬さの好みから自分にあったものを探せます。

まずは大きく分けて、床に敷いて使うタイプのホームコンディショニングと、丸めて外出先で使うタイプのポータブルコンディショニングに分類されます。

さらに、各モデルごとに、床や畳の上に敷くマットレスタイプと、厚みがありベッドフレームの上に単体で敷くベッドマットレスタイプが設定されています。

硬さの違いでは、BASICとHARDにも分けられています。

このような予備知識を頭の片隅に置き、まずはお近くのエアー取扱店まで足を運んで、実際にマットレスに横になってみて下さい。

あなたのコンディショニングに最適な一枚が、見つけられるかもしれません。

ファーストモデル!高反発マットレス 「エアー01」

東京西川が手掛ける高反発のマットレスの中で、基本モデルとされる「エアー01」。

このモデルの特徴である「特殊立体波型凸凹構造」が、体圧を分散し、寝姿勢を保持して心地よい眠りをサポートします。

裏側にはシングルで70個もの通気孔があいていて、湿気や寝汗の拡散を促し、睡眠中の接触面の不快感を減らす工夫もされています。

また、プロファイル加工部分の3層構造に加えて、その中間層のウレタンフォームの硬さの違いで、2タイプのバリエーションがあります。

ウレタンフォームの硬さは、BASICで100N、HARDで120N。

マットレスタイプの厚みは8センチ、ベッドマットレスタイプで14センチになります。

また、このシリーズの特別デザインバージョンとして、「エアー01 SE」があり、側生地とメッシュ切り替え部分のデザイン違いになっています。

価格面から考えると、一番手が出しやすいのが「エアー01」ですね。

初めて高反発マットレスを購入する方などにもオススメです。

グレードアップモデル!高反発マットレス 「エアー03」

「エアー01」からグレードアップしたものが「エアー03」です。

「エアー01」の3層構造に加え、ベース部分も異なるウレタン素材を使用し、全体でみると4層構造になっています。

表面のプロファイル加工部分が、1200個もの点で体圧を分散し、ベース部分で身体をしっかり支えます。

新ウレタンフォームはクッション性がアップし、さらに寝返りがしやすく、安定した寝心地を実現しています。

裏側は、シングルで80個もの通気孔に加え、波状の切れ込みが入ったカーブスリット加工を導入し、さらに通気性がよくなっているのも特徴です。

ウレタンフォームの硬さは、BASICで90N、HARDで120N。

マットレスタイプの厚みは9センチ、ベッドマットレスタイプは14センチと、体感や見た目は「エアー01」とほぼ同じです。

しかし、この「エアー03」モデルから一気にお値段は上がります。

通気性が格段によくなり、高反発のマットレスにありがちなカビやダニの心配も軽減し、干す手間が省け、日々のお手入れがさらに楽になっているようです。

プレミアムモデル!高反発マットレス 「エアーSI」

「エアーSI」は高反発のマットレスによる、さらなるプレミアムな眠りを追求したモデルです。

横向き寝、仰向き寝のどちらでも肉体を支えれることを軸に、日々のセルフケアのために開発されています。

「エアー01」「エアー03」モデルと根本的に構造が異なり、眠る体勢の最適化にこだわった一枚です。

プロファイル加工に変化を加えたもので、表面の凸凹の形状がまとまった3ブロック毎に区切られています。

それぞれのブロックが独立して身体を保持し、クッション性が高まるため、しっかりとボディラインにフィットし、あらゆる寝姿勢に対応できるのです。

マットレスのベース部分が、身体が沈み込まない硬さを維持し、表面の凸凹部分が、1860個もの点で体圧を分散するので、血行を妨げにくく圧迫感を緩和します。

裏側は、これまでのどのモデルにもない、クロススリットと言われる深い切れ込みが入り、寝汗などの湿気を発散し、ホコリや小さなゴミが入りにくい構造を実現しています。

種類の違うウレタンフォームとこのスリットで、通気性を格段にアップさせています。

このモデルからウレタンフォームの硬さによる2色展開になり、レギュラーが100N、HARDが115Nと表記が変わります。

マットレスタイプの厚みは9センチ、ベッドマットレスタイプが14センチと大きさに変わりはありません。

価格はもちろん上がりますが、まさに雲の上で寝ているような快適な寝心地を実現しています。

最新モデル!高反発マットレス 「エアーSX」

トップアスリートに認められた高反発のマットレス「エアー」で、最新技術が結集したのが、新しく発売した「エアーSX」です。

柔軟性と弾力性を併せもった、ハイブリッド4層構造が最大の特徴です。

4種の異なる素材による特殊立体クロススリットが、しなやかにボディラインに添いながら、身体を支える硬度も保ち、横向き寝にも対応します。

表面の1680個もの凸凹が、体圧を分散するプロファイル加工を根底に、側面部分に点の幅を広げたタフサイドラインを取り入れ、両サイドのエッジを強化しています。

こうすることで、立ち上がる際のクッション性や、寝返りを打ったときの安定感が向上します。

今までの、どのモデルよりも硬い体感で、レギュラーが140N、HARDが170Nです。

マットレスではめずらしく、世界的ファッションデザイナー滝沢直己氏が、デザインを手掛けていることでも注目されています。

素材や、加工、機能性、デザインと全てにおいて「エアー」の最進化形マットレスの登場です。

アスリートが認めたマットレスで快眠生活を手に入れよう

「エアー」のマットレスは、高機能、高性能、デザイン性からもスポーティなイメージを推しています。

トップアスリートが持ち歩くほどの寝心地を、是非、体感してみたいと思いませんか?

数種類のモデルがあり、その機能の違い、硬さや、マットレスの大きさなど選択肢も様々です。

基本的な特徴を理解して、あなたに合ったマットレス選びに役立てて下さい。

 - ベッド, ベッド・マットレスのおすすめ, 寝具