布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ブルックリンテイストで男前なインテリアコーディネートを!

2018.7.30

男前な雰囲気を演出できる「ブルックリンテイスト」は、人気の高いインテリアスタイルです。

お洒落で一見敷居が高そうに思えますが、いくつかのポイントを押さえれば、誰でも簡単にブルックリン風のインテリアコーディネートができますよ。

そこで今回は、ブルックリンスタイルには欠かせないアイテムの取り入れ方や、空間別のアドバイスをしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

六畳のワンルームでベッド?快適に過ごすためのアイデアとは

狭いお部屋にベッドを置こうか悩む方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 一人暮らしだと...

私がおかしい?部屋が綺麗すぎると落ち着かないのは変なの?

世の中には潔癖症で常に身の回りを綺麗に保たなければ気が済まない人がいます。 それとは反対に所謂...

新築のインテリアを失敗しないために!ブログ紹介のポイント

新築を建てたら、誰でもおしゃれなインテリアを使い、コーディネートを考えることでしょう。 しかし...

子ども部屋がきれいに片付く収納術!ブログに投稿して収入?

子ども部屋って、すぐに散らかります。 まだ小さい子だから仕方ない、なんて諦めていませんか。 ...

あなたも部屋の片付け上手に!?ブログに載せたい片付け方法

部屋の片付けが苦手な人って以外にも多いのですよ。 そこで今回は、部屋の片付けのコツとポイントを...

フィギュアの組み立て!台座に入らないときはどう対処する?

多くの方が組み立てたことがあるであろうフィギュアですが、たまに台座に「入らない」「届かない」なんてこ...

led照明の寿命は短い?本当に省エネ?特徴や電気代について

「自宅で使っている白熱電球、そろそろledに買い替えようかな」とお考えの方に、ぜひ、この記事をご一読...

アパートの子供部屋をすっきりに見せるインテリアコーデ

お部屋のインテリアコーディネートを考える時に1番頭を悩ませるのは、子供部屋ではないでしょうか? ...

憧れの男子部屋の作り方~インテリア家具選びのポイント~

一人暮らしを始める男子の中には、部屋作りにワクワクしている方もいらっしゃるのではないでしょうか? ...

流れ落ちる洗濯機の水…原因は排水弁?!この場所だった!

汚れた衣服を軽快に洗ってくれる洗濯機は、生活していくうえで必要な家電です。 しかし、洗濯機も使...

実家に眠る掃除しづらい物のちょっとした手入れのコツ

実家にある普段使ってるもの、使ってないもの、手入れしづらいもの… 掃除しようと思ってもどう...

マンション等のリビングの家具の上手な配置で快適な空間作り

マンション等のリビングに置く、家具の配置について悩んだことはありませんか!? リビングは、家族...

インテリアのコーディネートを北欧風にしたい方必見!

落ち着きがあり品のある北欧インテリアは、日本でも根強い人気があります。 北欧インテリアの魅力は...

カーテンをおしゃれに遮光!おすすめの遮光カーテンも紹介

遮光カーテンと明記されていないカーテンも、閉じることである程度外からの光を遮断できますが、遮光カ...

木製の家具やベッドが粉だらけに!虫食いによる被害だった!

掃除をしても、床や木のベッドや家具から粉が毎日のように落ちている・・・ それは、虫食いが原因かも知...

スポンサーリンク

そもそも「ブルックリンスタイル」ってなに?

「Brooklyn(ブルックリン)」は、アメリカ合衆国のニューヨーク州にある、地区の名称です。

ラグジュアリーな雰囲気で、高層ビルが立ち並ぶマンハッタンとは異なり、倉庫や古いアパートが残るブルックリンには、どこか懐かしさを感じます。

1990年代頃からは、新進気鋭のデザイナーやアーティストの卵たちが集まるようになり、のんびりとした街の気質と融合した、新しいブルックリンカルチャーが生まれました。

そんなブルックリンスタイルは「ヴィンテージ感を生かす」ことが一番の醍醐味であり、ハンドメイド調のインテリアデザインが基本です。

さらに、気取った風潮を好まないため、生活感はあえて隠しません。

また、ブルックリンには「カフェ」や「ワインバー」が多いので、お店のような雰囲気を演出するのも、人気の手法となっています。

このような、男前ながらに洗練された空間づくりには、いくつかポイントがあるので、しっかり押さえておきましょう。

次項で、詳しくご紹介します。

ブルックリンスタイルに仕上げるポイントとは?

ここからは、ブルックリンテイストに仕上げるための「ポイント」をご紹介していきます。

ブルックリン風の空間には、以下の要素が欠かせませんよ。

ポイント①【基本はダークカラー】

ブルックリンの落ち着いた雰囲気を演出するためには、色彩が重要です。

「ブラック」「ブラウン」「グレー」を基調にし、色味をプラスする場合には、くすみがかった「スモーキーカラー」を選びましょう。

ポイント②【ハンドメイド感を出す】

古い倉庫を自らの手で改装したような、ハンドメイド感溢れる演出が人気です。

あえて、パイプやダクトをむき出しにしてみると、男前な雰囲気の空間になります。

さらに、テーブルやカウンターを木材で手作りしてみてもいいですね。

ポイント③【ウッド調で統一する】

配置するインテリアのデザインは、木目を生かしたものに統一しましょう。

風合いのあるヴィンテージ風の加工がされていると、より一層雰囲気が増します。

以上が、ブルックリンスタイルのポイントです。

温かみを感じさせながらも、洗練されたイメージになるよう工夫してみましょう。

続いて次項では、テイストの要となる「アイテム」についてお話しします。

ブルックリンスタイルにはコレ!欠かせないアイテムとは?

ここでは、ブルックリンスタイルには欠かすことができない「アイテム」をご紹介していきます。

いくつかありますので、さっそく見ていきましょう。

■レンガ(コンクリート)

壁にレンガを並べるだけで、落ち着いた雰囲気の街並みを演出することができます。

最近は、簡単に貼ることができる「レンガシール」も販売されています。

また、レンガだけではなく、打ちっぱなしの「コンクリート風壁紙」も人気です。

■黒板

黒板をレイアウトし、英字でペイントしてみましょう。

ブルックリンにある、お洒落なカフェのメニューを参考にしてみてください。

こうしたチョークのレタリングアートは、日本でも趣味としての人気が高まっています。

■黒アイアンのインテリア

「アイアン=鉄」であり、黒アイアンとは、黒くペイントされた鉄パイプのことをいいます。

黒アイアンを使用したインテリアは、男前な雰囲気のブルックリンスタイルと相性がよく、クールなテイストともマッチします。

■観葉植物

ダークなカラーリングの空間には、グリーンがよく映えます。

エコな風潮を好むブルックリンスタイルには、観葉植物が欠かせません。

最近は、世話をする必要のない「フェイクグリーン」の需要も高まっています。

以上が、ブルックリンスタイルのマストアイテムでした。

次項からは、空間別のインテリアコーディネートについてお話ししていきます。

男前な雰囲気!ブルックリンスタイルのインテリアコーディネート①リビング編

まずは、生活の拠点となる「リビング」のインテリアコーディネートについてお話しします。

ブルックリン風のリビングには「レザーのソファ」がおすすめです。

ヴィンテージで風合いがあり、皮に少しツヤが出ているものがいいでしょう。

さらに、英字がプリントされているシンプルなデザインのクッションをいくつか用意して、クッションの上に並べると雰囲気がよくなります。

テーブルには、古い木材を使用したローテーブルや、黒アイアンを使用したスタイリッシュなガラス天板のテーブルはいかがですか?

そして、壁にはレンガシールを貼り、ブルックリンテイストを強調していきましょう。

よりリアルな質感を求める方には、凹凸のある「レンガタイル」がおすすめです。

硬度が陶器質に近い「せっ器質」で軽いタイプのものだと、両面テープで張りつけることができるので、施工がしやすくなりますよ。

壁一面に張りつけるよりも、ざっくりと一部に留めることで、男前な雰囲気になります。

男前な雰囲気!ブルックリンスタイルのインテリアコーディネート②キッチン・ダイニング編

続いて「キッチン」「ダイニング」のインテリアコーディネートについてお話しします。

キッチンのカウンターには、ヴィンテージ感のある缶や、観葉植物を並べると男前な雰囲気が出ます。

さらに、シンクまわりを「見せる収納」にすることで、気取らない生活感を演出していきましょう。

見せる収納のためには、レイアウトする小物のセンスが重要になります。

調味料は、パッケージが邪魔になるので、瓶に移し替えるとスッキリしますし、並べて見せる調理器具には、木製やステンレス製がおすすめです。

そして、ブルックリン風のダイニングには、黒アイアンのダイニングテーブルが欠かせません。

同じく黒アイアンのスツールを並べ、お洒落なカフェやバーのような雰囲気を演出していきましょう。

照明には、電球がむき出しになっている吊り下げ式の「ペンダントライト」がおすすめです。

温かみのあるオレンジ系の電球だと、より一層雰囲気が出ます。

こうして、近くの壁に、英字のメニューが書かれた黒板を掛ければ、完璧ですね。

男前な雰囲気!ブルックリンスタイルのインテリアコーディネート③寝室編

最後に、プライベートな空間である「寝室」のインテリアコーディネートについてお話しします。

ブルックリン風の寝室には、真っ白なシーツを掛けた、ニューヨーカーらしい大きなベッドが似合います。

壁紙もシンプルに、スモーキーなブルーカラーやグリーンカラーで、落ち着いた雰囲気にするのがおすすめです。

このときお好みで、アクセントに英字のステッカーなどを貼ってもいいですね。

雑然とランダムに貼ると、男前な雰囲気になります。

そして、ベッドサイドのテーブルには「ドラム缶」を使用するというアイディアがあり、その上に黒アイアンの照明をレイアウトすると、さらにブルックリンテイストが強調されます。

デッドスペースには、少し背の高い観葉植物をレイアウトすることで、スタイリッシュな雰囲気になるだけでなく、リラックス効果も期待できます。

是非、参考にしてみてください。

憧れのブルックリンスタイルで、お洒落な空間に!

今回は、定番にもなりつつある「ブルックリンスタイル」についてお話ししました。

レンガや黒板などのアイテムを取り入れ、ダークな色彩を意識するだけで、簡単にブルックリン風の空間を演出することができますね。

落ち着いた雰囲気の中に、ちょっとした遊び心を取り入れて、本場ブルックリンのイメージに近づけてみましょう。

 - インテリア・家具, 生活