赤ちゃんにはどんな寝具がいい?寝具の選び方とおすすめ4選

赤ちゃんは体がまだ未発達で繊細なので、赤ちゃん用寝具の選び方には慎重になる方も多いかと思います。

そこで今回は赤ちゃん用寝具の上手な選び方と、ネット通販人気の赤ちゃん用寝具を厳選して4つご紹介します。

赤ちゃんにやさしく、発育をサポートするおすすめの寝具もあるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロフトベッドのおすすめ!安い価格で高品質なベッドを厳選

ロフトベッドは、空間を有効活用できる機能的なインテリアです。ベッドの下の空間に、デスクやテレビ...

生まれた季節で選ぼう!新生児寝具の選び方のポイントとは?

もうすぐ、出産を控えたママはベビー用品をそろえ始めることを、検討しているのではないでしょうか。...

ベッド下の収納はNG?風水的にNGな部屋や良い習慣とは!

空間効率を上げるために、ベッドの下に不要な物をしまっているという方は多いと思います。たし...

赤ちゃんのための寝具の選び方!6つポイントを押さえよう!

筋肉や骨格が未発達で身体が繊細な赤ちゃんにとって、寝具は発育に影響を与える重要なアイテムです。...

ベッド用マットレスの無料処分!分解作業は手順と準備が重要

ベッド用マットレスを処分する際、いくつか方法がありますが、粗大ゴミ回収や廃品引き取り業者への依頼...

和室のベッドとラグ選びの決め手は色と素材と高さ!

ベッドというと洋室というのが一般的ですが、和室にベッドとラグを置いたインテリアにしたい人もいますね。...

ベッドルームのインテリアを北欧風にするポイントをご紹介!

北欧のインテリアには、おしゃれなデザインのものがたくさんありますよね。おしゃれでありながらも...

床にお布団を敷く時は「下敷き」を!お布団のカビ予防のコツ

最近は、畳のないお家も増えてきましたね。昔は、畳の上にお布団を敷いて寝るのが一般的でしたが、...

お布団のカビを取る方法って?エタノールはどう使えば良い?

湿気の多い季節になると気になるのがカビですよね。梅雨時期は天日干しができないので、ついついお...

猫ちゃんの寒さ対策〜暖かい猫ベッドでハッピーに〜

寒くなってくると、猫の防寒が気になってきますね。真冬なら、エアコンやペット用ヒーターも必要で...

新生活スタート!一人暮らしで失敗しない寝具の選び方は?

新生活を一人暮らしでスタートする方の最大の悩みは、お部屋の家電や家具選びですよね。その中でも...

白いフローリングのメリット・デメリットとワックスの効果!

フローリングの色選びって『何色にしたらいいんだろう?』って悩みますよね。そこで、白いフローリ...

毎日静かに休むためのベッド選び!不快なきしみを防止したい

毎日の生活の中で、睡眠をとるのに使うベッドで、きしみが気になる方もいると思います。睡眠に必ず...

どうして?枕がホテルに2つ置いてある理由とは?

皆さんは旅行に行った時、ホテルや旅館などの宿泊施設を利用しますよね。ホテルにチェックインして...

寝室にはled照明が良い?その寿命は?点滅したら交換時期?

ご自宅でled照明をお使いの方、「ledに変えようかな?」とお考えの方も、多くいらっしゃるかと思いま...

スポンサーリンク

赤ちゃん用寝具の選び方!お布団は高反発がおすすめ

まず最初に、赤ちゃん用の敷布団の選び方について解説します。

敷布団は赤ちゃんの寝姿勢を支え、体の発達をサポートする重要な寝具です。

そんな赤ちゃん用の敷布団の選び方で注意したいのが、硬さです。

柔らかすぎる低反発タイプの敷布団や、弾力のある敷布団は赤ちゃんの体が沈み込みすぎてしまう上、赤ちゃんがうつ伏せ寝になった際に顔が沈んで呼吸を確保できないくなる恐れもあります。

そのため敷布団は、硬めの高反発タイプがおすすめです。

まだ未発達の赤ちゃんの骨格や筋肉をしっかりと支えることができ、うつ伏せ寝になった際にも顔とお布団の間に隙間ができ、呼吸を確保できる敷布団を選びましょう。

続いて赤ちゃん用の掛け布団ですが、こちらは重さに注目して選ぶのがおすすめです。

羊毛布団や中綿がポリエステルの重みのある掛け布団は、通気性や吸湿、放出性があまり良くありません。

また、掛け布団が重いと赤ちゃんの顔の上にかかった際に、呼吸がしづらくなる恐れもあります。

そのため、掛け布団は通気性と吸湿、放出性に優れた羽毛布団や綿布団がおすすめです。

赤ちゃん用寝具は素材も重要!おすすめは綿!

赤ちゃん用寝具の選び方では、素材も重要になります。

赤ちゃんは肌が繊細で、寝汗をかくことやアレルギーのことなども考えると、体に優しい素材を選ぶことが大切です。

特に、赤ちゃんの肌に直接触れるタオルケットや肌掛け、布団カバーなどは、化学繊維のものを選ぶと赤ちゃんの肌への刺激になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

化学繊維は、ほこりが立ちにくいというメリットもあるのですが、通気性があまり良くないので、寝汗を吸収できず蒸れが発生してしまいます。

蒸れが発生すると、赤ちゃんの肌がかぶれてしまったり、痒みが発生したりすることもあります。

そのため、赤ちゃんの肌への刺激や蒸れの問題を考えると、肌掛けや布団カバーの素材はコットン100パーセントのものを選ぶと良いです。

特に、3年以上化学薬剤不使用の畑で、農薬や化学肥料を使わずに育てられた綿花を使用したオーガニックコットンの寝具がおすすめです。

肌にやさしく、吸湿性と放出性にも優れているので、1年を通して赤ちゃんが快適に使用することができます。

また、タオルケットは繊維がループ状に織り込まれているパイル生地のものを選ぶと、感触がふわっとしていて、吸湿性にも優れているのでおすすめです。

ボボコジョの寝具セットはやさしい素材でおすすめ!

ここからは、赤ちゃん用寝具の選び方に合ったネット通販で人気のおすすめ寝具をご紹介します。

まず、最初にご紹介する人気の赤ちゃん用寝具セットは、BOBO(ボボ)cojo(コジョ)の「スペシャルベビーふとんセット」です。

こちらは、季節によって組み合わせを変えることで、通年使用できる布団セットです。

セット内容は掛け布団カバーと掛け布団の中芯、ワンタッチシーツ2枚、クリーンくるマット2枚、ドーナツ枕、6重ガーゼケットとなっています。

寝具カバーとシーツ、ガーゼケットはコットン100パーセントで肌にやさしく、通気性と吸湿性が良くおすすめです。

また、クリーンくるマットは、自宅の洗濯機で洗うことができます。

赤ちゃんが寝汗をかき蒸れやすい夏には、湿気を吸収しさらさらとしていて快適で、冬には空気を含んで暖かく使用できます。

また、刺繍やピンタック、編み梵天などの手仕事のあたたかみや風合いが感じられる装飾が贅沢にあしらわれており、素朴で上品なデザインも魅力です。

装飾がほつれないよう、洗濯する際には洗濯ネットに入れることが推奨されています。

気になる参考価格は、およそ35,000円となっています。

西川リビングの赤ちゃん用寝具セットはオーガニック!

続いておすすめするネット通販で人気の赤ちゃん用寝具は、西川リビングの「ベビーふとん8点セット アニトレ オーガニックコットン」です。

こちらは、オーガニックコットンを使用した赤ちゃん用寝具セットで、肌に優しくデリケートな赤ちゃんに最適の寝具セットです。

敏感な肌に刺激を与えることなく、赤ちゃんが夏はさらさらと快適に使用でき、冬はあたたかい空気を含みぬくもりを感じながら眠ることができます。

セット内容は、うずまきキルト加工の掛け布団と掛け布団カバー、固綿を使用した敷布団シーツ、枕と枕カバー、防水シーツとなっています。

掛け布団は洗濯ネットを使用せずに洗うことができるのでお手入れが簡単で、掛け布団カバーはファスナーがひっかかりにくい仕様になっており取り付けがスムーズです。

防水シーツは、赤ちゃんが寝汗をたくさん夏の時期や吐き戻しが心配な際などに重宝します。

デザインは、掛け布団の上部に小さな動物の柄の刺繍が施されていて、可愛らしい印象です。

参考価格は、およそ23,000円です。

6重ガーゼケットは赤ちゃんにやさしい素材でおすすめ

ベルメゾンネットで取り扱っている「綿100パーセント 6重ガーゼケット[日本製]」は、綿を100パーセント使用したおすすめの赤ちゃん用寝具です。

6重になったガーゼが空気をたっぷりと含むので、触り心地がふんわりとしていて柔らかく、使っていくうちに肌に馴染んでいきます。

通気性が良く蒸れにくいのも特徴で、赤ちゃんが寝汗をかいてもさらさらとした快適な使用感が続きます。

デザインは、総柄の5種類から選ぶことができます。

ライオンのデザインは、ギザギザのたてがみで怒っているような表情のライオンと、丸いたてがみで微笑んでいるような表情のライオンの柄の刺繍がほどこされており、赤ちゃんが見て楽しめるユニークなデザインとなっています。

気球のデザインは、配色や色の切り替えが異なる気球の柄の刺繍が施されており、おしゃれな印象です。

他にも星と月のデザインもあり、どれもナチュラルで可愛らしいです。

価格はサイズにより異なり、およそ2,000~5,000円となっています。

赤ちゃん用の洗える羽毛布団は衛生的でおすすめ!

最後にご紹介するネット通販で人気の赤ちゃん用寝具は、「ベビー&キッズ ポーランド産グースダウン 洗える羽毛布団」です。

こちらは、自宅の洗濯機で洗うことが可能な羽毛布団で、干す手間も省くことができる忙しい親御さんにおすすめの赤ちゃん用寝具です。

羽毛布団は、綿布団に比べて湿気を溜めにくく、干す回数が少なく済みます。

また、軽さも特徴で、一般的な掛け布団のおよそ3分の1の軽さなので、寝ている赤ちゃんに圧迫感を与えません。

サイズは、赤ちゃんから小学校の低学年まで使用できるゆったりとした大きさで、長く清潔に使うことができます。

さらに、掛け布団カバーと結ぶループは8か所に付いているため、カバーの中でお布団が偏る心配もありません。

安心の国産な点もポイントの洗える羽毛布団の参考価格は、およそ9,000円となっています。

赤ちゃん用寝具は素材と機能性で選ぶのがおすすめ!

これまで、赤ちゃん用寝具のおすすめの選び方と、ネット通販で人気の赤ちゃん用寝具を4つご紹介してきましたが、いかがでしたか。

赤ちゃん用寝具は、肌に優しいオーガニックコットン素材や羽毛などが原料のものがおすすめです。

また、敷布団やマットレスは、赤ちゃんの発育をサポートし安全性を確保できるものを選ぶことも大切です。

ご紹介した商品や選び方を参考に、赤ちゃんに最適な寝具を選んでください。