布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

来客用敷寝具の収納が面倒!マットレスは折りたたみがラク!

2018.7.4

来客が来た時の寝具の出し入れって、結構面倒ですよね。

来客用の大型ベッドマットレスが用意されているご家庭では特に問題はありませんが、そうでない場合は、敷寝具の寝心地なども気になってしまいますよね。

今回は、「来客用敷寝具の収納が面倒だけど便利な敷寝具はない?」、「折りたたみのマットレスってどう?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新築のリビングや寝室をこだわりたいなら内覧会へ行こう!

建物の完成前に販売された新築住宅は、その建物が完成した後、引渡し前の段階で内覧会が開催されます。 ...

新築注文住宅のコンセントや照明スイッチの配線を考えよう!

注文住宅で新築される場合、コンセントや照明スイッチの配線で悩む方が多くいらっしゃいます。 ハウ...

アジアンテイストなお部屋におすすめな家具やアレンジ方法!

アジアンリゾートなインテリアのお部屋は、おしゃれで憧れますよね。 アジアンとっても、素材によっ...

シーツを洗濯機で洗うには?頻度から洗い方、設定コースまで

汚れが目立たないのでサボってしまいがちなのがシーツの洗濯ですよね。 「大型の洗濯物なだけに...

ベッド下の引き出し収納の使い方!湿気を防ぐにはどうする?

引き出し付きベッドやベッド下の収納家具は、部屋に家具を増やさないで約一畳分の収納スペースが確保できる...

白いフローリングのメリット・デメリットとワックスの効果!

フローリングの色選びって『何色にしたらいいんだろう?』って悩みますよね。 そこで、白いフローリ...

姫系寝具カバーのおすすめ6選!通販で人気の商品を紹介

今、通販ではさまざまなデザインの寝具カバーが販売されていますが、その中でも姫系デザインの寝具カバ...

ベッドを購入する際の様々な視点の注意点を一挙ご紹介!

新生活の時期や引っ越しの時期、購入するべき家具の一つがベッドですね。 毎日使うものなので、...

ベビーベッドは必要!?マットレスと敷布団に寝かせる方法

赤ちゃんが生まれたら用意するものといえば、ベビーベッドがひとつ思いつきますが、ベビーベッドって本当に...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。 今回は、ドアについて詳...

マットレスだけで寝る!?床に直に敷くメリット・デメリット

マットレスはベッドのパーツの1つと思っている方も多いと思いますが、フレームが無くても使うことはできま...

直管型・丸型蛍光灯の交換方法をご紹介!寝室の照明の色は?

丸型蛍光灯や直管型蛍光灯を自分で交換できますか? 蛍光灯の外し方や取り付け方を知らない方は、...

パイプベッドで寝るにのに敷布団とマットレスどちらが必要?

ベッドってたくさんの種類がありますよね。 サイズはもちろんのこと、素材も木製や畳、ソファと一体...

冷却する敷パッドでベッドを快適空間に!おすすめ商品は?

皆さんは眠る時に暑い場合は、どのような対策をとっていますか? エアコンや扇風機は快適だけど、電...

ベッドのきしみが気になって眠れない!その原因と対策とは

夜熟睡することは、翌日に疲れを残さず、毎日元気に働くために必要なことです。 しかし、ベッドのき...

スポンサーリンク

敷寝具に折りたたみマットレスは必要?

来客用の寝具のお手入れは、意外と手間がかかったりするうえに、畳や床になどに直に敷く場合は、寝心地などが気になってしまいますよね。

来客用専用として用意してあるお布団は、圧縮袋から久しぶりに出した時など、お布団の種類によってはぺちゃんこに潰れてしまい、元に戻るのに時間を要する場合もあります。

特に羽毛布団は、圧縮してしまうと羽の芯が折れてしまったり、布に穴が開いてしまうなどの理由から、元のふっくらとした状態に戻りづらい事もあります。

また、ウールも、繊維が動物性蛋白質からできた特殊な構造をしているために、強く圧縮して長期間放置すると、お布団の特性が失われてしまうばかりか、繊維が潰れてぺちゃんこになってしまいます。

綿やポリエステルでも、同じ事がいえます。

布の収納ボックスで保管しておいても、重ねた事で、潰れてしまったりする事もあります。

しかし、再度買い直すにはお金もかかってしまいますので、上記のような理由から寝具を追加して対策したい場合は、折りたたみマットレスを用意すると良いでしょう。

折りたたみマットレスは安い物だと2千円台から販売されていますので、お布団を買い直すコストに比べれば、少しの出費で済ませる事ができますね。

次項では、折りたたみマットレスのメリットについて見ていきましょう。

折りたたみマットレスのメリットとは?

折りたたみマットレスにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

【折りたたみマットレスのメリット】

〇寝心地の良さが上がる

マットレスは、1枚あるだけでも敷寝具の弾力性を上げてくれるため、寝た時のクッション性が増します。

クッション性が増しても、畳や床に弾く場合は体が沈み過ぎる事がないため、腰や背中などの負荷がかかりやすい個所を、ほど良くサポートしてくれますので、ぐっすり眠る事ができます。

1枚追加するだけで、柔らかすぎず硬すぎない敷寝具になるので、長い期間の収納で状態の良くないお布団などにも対応する事ができます。

〇収納がラク

折りたたみマットレスは、折りたたんだ際にしっかりと自立するので、狭い場所でも収納する事ができます。

敷布団のように横幅を取らないので大変便利で重宝します。

さっと取り出せて収納にも手間がかからないので、忙しい時でも時間を掛ける事なく準備ができます。

〇価格が安い物もある

先ほど少し触れましたが、折りたたみマットレスは安い物だと2千円代から販売されています。

急いでいる場合は、ホームセンターでの購入がおすすめですが、インターネットでも販売されていますので、時間がある時は前もってチェックしてみるのも良いでしょう。

さらに時間がある場合は、セール期間を狙えばもっと安く購入する事もできますので、普段から広告などでチェックしておくと良いかもしれませんね。

折りたたみマットレスのデメリットとは?

折りたたみマットレスはクッション性が増したり、収納が便利な寝具ですが、デメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

【折りたたみマットレスのデメリット】

〇クッション性にムラがある

折りたたみ式のマットレスは、敷いた際に溝部分ができてしまうため、長く使用しているとクッション性にムラができてしまいます。

新しいマットレスでは使用していて違和感はありませんが、長く使用する事で溝部分の厚みが減り、クッション性が落ちてしまうのです。

その結果、寝心地が悪くなってしまう場合もあります。

〇自宅での洗濯が難しい

長期間使用したり保管していると、湿気や結露でシミができる事があります。

自宅の洗濯機で入らない事も多いため、洗濯が難しくなってきます。

夏のように気温が高い日に手洗いをする事もできますが、脱水が上手くできなければ乾燥の際に再度シミができてしまう可能性があります。

〇カビ・ダニ

折りたたみマットレスは毎回購入し直すわけにはいきませんので、長期の使用や保管状況によっては、ダニやカビが発生してしまう事もあります。

現在のマットレスには、素材にウレタンを使用している物が多く販売されています。

虫が付きやすい繊維といえば、化学繊維や綿などのお布団ですが、実はウレタンでもダニは発生します。

湿気がこもりやすい特徴があるため、湿気を好むダニやカビが発生しやすいのです。

収納の際は長期間放置せずに、時々日光に当てるようにしましょう。

敷寝具である折りたたみマットレスに使用されている繊維

折りたたみマットレスにも様々な物がありますが、どのような素材や繊維でできているのでしょうか。

一般的には、中素材にウレタンを使用したマットレスがほとんどです。

折りたたみマットレスは、よほど厚みがあって高級な物でない限りは、ベッドマットレスよりも薄く、収納しやすいのが特徴です。

薄くなるとクッション性能も落ちてしまうため、高反発ウレタンを使用している場合もあります。

また、枕やマットレスに使用されるウレタンには、ウレタンフォームと呼ばれる気泡を含んだ弾力性の高い素材も使用されています。

実は、このウレタンフォームにも、低反発と高反発の2種類があります。

製造方法や原料の配合により、柔らかい素材や硬い素材に仕上がりますが、価格が安い折りたたみマットレスには、密度の低い低反発のウレタンフォームが使用されています。

ウレタンは元々は吸収材として使用されていた事もあって、クッション性や弾力性にも優れていますが、薄い低反発は沈みが早いため、クッション性に欠けるというデメリットもあります。

クッション性の高い高密度のウレタンフォームと比べると、低価格な低反発はクッション性には劣りますが、1枚あるだけで敷寝具のクッション性が増すのは確かですので、来客用としては十分であるといえます。

しかし、「ぜひとも寝心地の良い物を購入したい」という場合は、高密度のウレタンフォームを使用した折りたたみマットレスや、スプリングが入っている高価な折りたたみマットレスなどを選ぶと良いでしょう。

次項では、折りたたみマットレスの商品をご紹介しますので、参考にして下さい。

折りたたみマットレス敷寝具の商品紹介①

人気の折りたたみマットレス寝具を、ネット通販からご紹介します。

【人気の折りたたみマットレス】

〇三つ折り マットレス シングル 厚み4cm

中程度の硬さのウレタンフォームを使用した折りたたみマットレスです。

外生地にポリエステルを使用しています。

販売元:シェルドン

ネット通販参考価格:2,325円

〇アイリスオーヤマ マットレス シングル MTRF-S

こちらも、中程度の硬さのウレタンフォームを使用した折りたたみマットレスです。

4cmと、6cmの厚みから選ぶ事ができます。

販売元:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ネット通販参考価格:2,532円

〇アキレス(Achilles) マットレス

硬めのウレタンフォームを使用した暑さ4cmの折りたたみマットレスです。

シングル、セミダブル、ダブルから選ぶ事ができます。

販売元:Achilles(アキレス)

ネット通販参考価格:3,790円

〇高反発マットレス 4つ折り シングル 硬め

硬めのウレタンフォームを使用した暑さ5cmの折りたたみマットレスです。

体が沈み過ぎないので、腰痛のある人にもおすすめです。

販売元:タンスのゲン

ネット通販参考価格:4,980円

折りたたみマットレス敷寝具の商品紹介①

引き続き、人気の折りたたみマットレス寝具を、ネット通販からご紹介します。

【人気の折りたたみマットレス】

〇フランスベッド ラクネスーパー シングルサイズ 31866100 31739

高密度連続スプリングを使用した、折りたたみマットレスです。

折りたたみの境目がないので、安定した高いクッション性があります。

スプリング構造のため、ベッドマットレスのような寝心地です。

販売元:フランスベッド

ネット通販参考価格:18,663円

〇高反発 3つ折り パームマットレス セミシングル 厚さ6cm

高反発ウレタンを使用した、暑さ6cmの折りたたみマットレスです。

11cmの厚さがあるタイプのマットレスもあります。

販売元:FibreLux

ネット通販参考価格:18,900円

〇Shikibuton三つ折りFoam Beds

高密度で15,2cmの厚みがある折りたたみマットレスです。

長さも190,5cmもあるので、広々と使用する事ができます。

販売元:D&D Futon Furniture

ネット通販参考価格:371,761円

〇三つ折りマットレス低反発

低反発なので柔らかい寝心地を好む人に向いています。

シングルとセミダブルの2サイズから選ぶ事ができます。

販売元:近藤商店

ネット通販参考価格:97,010円

敷寝具折りたたみマットレスの選び方

1 敷寝具の折りたたみマットレスの寝心地を重視するなら高反発のウレタンがおすすめ

2 クッション性の高さで選ぶなら、高密度のウレタンフォームがおすすめ

3 低密度のウレタンフォームは安いが沈みやすいので厚みのある物を選ぶと良い

マットレスにはベッドマットレスのような安定性の高い物もありますが、折りたためるタイプでも寝心地の良い物がある事が分かりましたね。

折りたたみは場所も取らず収納がラクですので、購入の際はぜひ参考にしてみて下さいね。

 - 寝具全般