布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

冷却パッド寝具の効果はいかに?実際のその効果に迫る!

2018.7.14

毎年くる暑い夏。

そして、毎年更新される各地での猛暑日の記録。

特に都心部や盆地に住んでいる方などは、熱気が籠りやすかったりするので夜も気温が下がりにくく、寝苦しい日々を過ごしていることでしょう。

そんな暑く寝苦しい夜を乗り切るのに、大体の人は冷房や扇風機や冷却パッドの寝具などを使って暑さ対策をしているのではないでしょうか。

その中でも、冷却パッド寝具の効果は、実のところどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

寝室のベッドをメインにしたインテリアコーディネート

寝室は1日の疲れを取る大切な空間です。 そんな疲れを取ることが出来る、ベッドをメインにしたイン...

可愛いペットの睡眠を快適に!ベッドを安いコストで作ろう!

犬や猫、うさぎやハムスター、中には爬虫類や珍しい動物など、家族の一員としてペットを飼っている人も...

ベッドはどこに置くべき?一人暮らしに最適の配置とは!

一人暮らしをしている人は、ワンルームの部屋に住んでいることが多いのではないでしょうか? ワンル...

ローベッドの下に収納スペースを!ベッドの高さを上げる方法

ローベッドを使用している人は沢山いますよね。 ローベッドを使用することで、お部屋の空間が広がっ...

LEDダウンライトは交換できるの!?その費用はどのくらい?

LEDのダウンライトは交換できないというのは本当でしょうか? もし交換可能であれば、費用はどの...

電球の色や種類の数はどれくらい?寝室に合うのはどれ?

電球の色や種類って、数多くありますよね。 それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 お部屋...

マンションの壁がコンクリート!メリット・デメリットは?

マンションでも住宅でも、見かけたことのあるコンクリートが打ちっぱなしの壁。 コンクリートが打ち...

掛け布団と毛布がずれるのはなぜ!?その理由と防止方法は?

掛け布団と毛布をしっかり掛けて寝たはずなのに、寝ているうちになんだか寒いなーと思うことはありませんか...

ベッドルームのインテリア!どんなコーディネートが良い?

ベッドルームのインテリアは、皆さんどういうコーディネートをしていらっしゃいますか? 自分のお部...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。 今回は、ドアについて詳...

アパートの壁や床にカビが!どうする?対処法や対策とは

壁や床は、意外とカビが生えやすい場所です。 カビは、黒く目立ってしまい見た目が悪く、お客を招きにく...

天井が高い場合の照明器具選び。配置計画はしっかりしよう

高い天井や勾配天井などに付ける照明器具って、どんなものを付ければ良いか悩みますよね?? 高い位...

ベッドを購入する際の様々な視点の注意点を一挙ご紹介!

新生活の時期や引っ越しの時期、購入するべき家具の一つがベッドですね。 毎日使うものなので、...

ベッドに収納出来る?置き場がないお布団の最適な収納場所

皆さんの家には、押し入れがありますか? 押し入れがない場合、お布団の収納場所はどこに設けているでし...

パソコンをお布団の上で使用した際の危険性と安全に使う方法

椅子や床に座ってパソコンを使用すると、体が疲れてしまうことが多いと思います。 お家でネットサー...

スポンサーリンク

エアコンが地球温暖化の原因に?エコな冷却アイテムとは

皆さんは、冷房と言えば、エアコンなどの家電を想像するかと思います。

また、実際に使用するのもこのような冷房機器なのではないでしょうか。

しかし、実は、エアコンをつけることで地球温暖化に一役買ってしまうことがあるのです。

その理由は、室外機から排出される温風熱が、かえって外気の気温を上昇させる原因となり、地域の温暖化に影響を及ぼしていると言われているのです。

また、これだけが影響してではありませんが、温暖化が進んでいます。

そのため、暑苦しい日が続くこともしばしばでしょう。

特に都心部に関しては、商店で人口密度が高かったり、熱を溜め込むコンクリートジャングルなどの影響で気温も上がりやすいです。

その上、夜まで暑苦しくなりやすいので、睡眠がしっかりと取れないという方も少ないのではないでしょうか。

また、中には、電気代の問題でエアコンを敢えて使わないという方もいます。

このようなことからエコな面で考えると、「扇風機」や寝具に使える「冷却パッド」などのアイテムを買った方が、3000円代から購入することができるので、経済的にも安く済みます。

そして、環境的にも良いとも言えるかもしれません。

コストで比較!寝具に使う冷却パッドと扇風機

先程の項で、環境やコスト面で考えると扇風機と冷却パッドをおすすめさせて頂きました。。

そこで、この二つの冷却アイテムをよりコストの面でさらに比較してみます。

・扇風機代+ワンシーズンの電気代
・冷却パッド寝具代

当たり前ですが扇風機の場合、買った時の本体の値段にワンシーズン分の電気代がついてきます。

これは冷房の電気代に比べれば到底安いですが、当たり前の事ながら冷却の場合、本体のみの料金で使い続けられるわけです。

それでは、冷却パッドはどうでしょうか。

実際のところ、値段はピンキリです。

3000円代から値打ちものになると1万円代になる物もあり、冷却パッド市場もなかなか賑わいを見せています。

値段にこれだけ格差がつくということは、製品事態の効果の違いが値段に出るともとれるわけです。

つまり高い物を買うことで、より効果の良い物を使い続けられるという考えに繋がるわけです。

しかし、高価な値段の物を選べばコストはかかってしまいます。

ただ、これに関しては、扇風機も同じことが言えます。

扇風機も本体の値段によって、冷却機能に違いが出るでしょう。

このような観点から、ワンシーズンを目安にするとコスト面では、冷却パッドがおすすめになります。

しかし、冷却パッドには寿命があるため、買い替えをしなければいけません。

このことを考えて、長期的に見ると扇風機の方がコストはかからないとも言えるでしょう。

冷却パッドの効果とコストパフォーマンス

一般で売られている冷却パッドの効果を、実際に検証したという情報があります。

それは体感温度と効果の持続時間を記録したものです。

これによると、体感温度は使用開始の温度は大体32度ほどです。

そこから1時間~2時間で、ほぼ元の人の体温程(36度~37度代)に戻ってしまいます。

コスト面では優れているものの、効果としては短いと感じてしまうことが正直なところでしょう。

個人差こそあれ、寝付くのに大体1、2時間以内に睡眠に入れるのであればそれほど気にならないかもしれません。

しかし、効果が切れた時に寝苦しさで目覚めてしまうことも充分ありえます。

そのため、従来型の冷却パッドの寝具の購入を考えている方は、この辺りの効果時間と値段を秤にかけて検討したいところです。

冷却パッド寝具による症例

夏場は露出も多くなってくるので、寝具などの直接肌が触れる箇所では特に衛生面でも気を使っていきたいところです。

数年前に冷却パッドの製品事故による症例がありました。

それは、中年女性が冷却パッドの寝具を使用して接触皮膚炎を起した、というものです。

この症例は、寝具に使われている冷却ジェルに対して、肌の接触箇所に強いそう痒を伴う浮腫性の紅班が出てしまったということです。

後に貼付試験をしたところ、寝具の生地に陽性反応、冷却ジェルに強陽性の紅班の反応が出たとされ、冷却ジェル内の含有成分が原因物質である可能性を示唆してると言われています。

おそらくこの症例は、一例であり極希な例であります。

一種のアレルギー反応のような過剰反応を起こしていると言えるので、肌の弱い人やアレルギー関連に身に覚えのある方にはお勧めできないかもしれません。

一部の人にだけなのでそれ以外の人には無関係と言えますが、一部の症状が出てしまう人にとっては致命的なこととも言えるでしょう。

塩が入った新しい冷却パッド寝具

ここまであまり良い印象を与えて来なかった冷却パッドですが、最近では従来のものと異なり、冷却効果の高いパッドが出ています。

その最新の冷却パッドに内臓された成分は皆さまのご家庭に必ず置いてある、人類に欠かすことのできない成分の「塩」です。

この製品の売りである塩内臓型冷却パッドは、これまでの寝具とは顕著な差があるのです。

先ほとも述べたのですが、従来型の冷却パッドの効果時間はせいぜい1時間~2時間の間で、徐々に効果が薄れていき、やがて常温に戻ってしまいます。

この冷却の効果持続時間を引き伸ばすことが、これまでの冷却パッド寝具の越えられない壁であり課題点でした。

しかし、この冷却パッドはその課題を克服することができたのです。

次の項では、この効果について詳しくお伝えしていきます。

塩の効果がすごい

それでは、塩を利用した冷却パッドの冷却効果についてお伝えしていきましょう。

この冷却パッドの冷却効果維持は、なんと従来型の3倍の持続効果を発揮するということです。

その原理としては、塩の成分が体温を吸収し、尚且、吸収した熱を放出することで温度を常に低く維持し続けられるというものです。

さらに、冷却にかかる時間も短く、人肌に触れてから1分で約30度ほどまで体感温度を下げてくれます。

このように素晴らしい効果が見込めるのです。

そして、気になるのが価格でしょう。

同じような塩の入った冷却パッド寝具の製品を出しているメーカーを幾つか見比べてみたところ、思ったほど高価な値がついているわけではありませんでした。

枕サイズくらいなら4000円程度で買えるお値段です。

また、サイズも豊富な商品もあり、枕用の物からハーフサイズ、ミドルサイズ、レギュラーサイズなどがあります。

このサイズに比例して、値段も高くなっていきます。

このように値段も比較的安く、効果のある冷却パッドは夏に大活躍することでしょう。

今年の夏の夜は塩で乗り切る

従来の冷却パッドは、持続時間に問題があるとされてきましたが、最後にご紹介した塩の冷却パッドはこの課題を克服しています。

また、冷却パッド自体エコで地球に優しく、コストのほとんどかかりません。

そのため、課題をクリアした塩の冷却パッド寝具はイチオシです。

寝苦しい熱帯夜を、快適に寝るための強い味方になること間違いなしでしょう。

 - 寝具全般