布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

安眠寝具でぐっすり!もう二度と離れられない枕のおすすめ!

2018.6.18

寝具は人の眠りに欠かせない道具です。

よい眠りを確保するために、自分に合った枕やお布団で毎日安眠したいと誰もが思っていることでしょう。

特に枕は、何度も新しいものに変えてみても、安眠できない人が少なくありません。

枕は人間の大事な頭を支える寝具です。

そこで、長く使えて自分に合った安眠できるおすすめの枕をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドのマットレスを洗うのに最適なのは家?専門業者?

ベッドのマットレスは洗いたいけれど、なかなか洗えないのが現状です。 また、どのように洗うのが良...

アメリカのベッドメイキングにチップはなぜ必要?徹底解析!

アメリカに行くとよくベッドメイキングしてもらったときや、レストランなどでチップというものを支払うとい...

ダウンライトで雰囲気UP!ledにすれば電気代は安くなるの?

天井に埋め込まれたダウンライト、とてもおしゃれで素敵ですよね。 最近では、新築時にダウンライト...

読書灯のおすすめ6選!ベッドサイドで使える便利アイテム

寝る前に、ベッドの上で読書を楽しむ方におすすめなのが、読書灯として使えるライトです。 大手...

寝室6畳の、最適なテレビのインチは何インチ!?

寝室が6畳あれば、ダブルベッド、もしくはシングルベッドを2つ置くことが出来ます。 やはり寝室で...

寝具のおすすめブランド6選!アイテム別に紹介

新しい寝具を揃える際に、ネット通販などを見ていると「選択肢が多すぎてどのブランドの寝具を選んだら...

家具や寝具のカビ取りってどうしてる?除去方法と予防の仕方

雨の続く日や、じめじめとした日、食材を放置しておくとカビが生えてしまいますよね。 そんなカビで...

よく眠れる寝具の色とは?リラックスできるネイビーはいかが

「なかなか寝付けないな」と感じている方は、毎日使っている寝具の色をネイビーに変えててはいかがでしょう...

赤ちゃんのための寝具の選び方!6つポイントを押さえよう!

筋肉や骨格が未発達で身体が繊細な赤ちゃんにとって、寝具は発育に影響を与える重要なアイテムです。 ...

寝室の天井照明の注意点!寝室に追加したい間接照明!

寝室で悩むのが天井の照明位置ですね。 寝室は寝るための部屋ですから、リラックスできる空間にした...

布団乾燥機はシャープがオススメ!その理由とは?!

お布団を乾燥して清潔に保つことができる布団乾燥機。 良い睡眠には欠かせない家電製品です。 ...

ベッドの脚はどうやって高くする?上手なかさ上げの仕方

「片付かないな...。」 そう思った時、ベッドの上の空間が、とても無駄に感じたことはないで...

冷蔵庫やベッドなど、引っ越しは近距離だから自分で運べる?

冷蔵庫やベッドなどの大型家具。 近距離に引っ越しするから、仲間を集めて自分達で運びたい!費用を抑え...

ベッドを高くしたい願望、叶います!今すぐ始めようDIY4選!

皆さんの寝室は、お気に入りの場所になっていますか? 睡眠は毎日の事です。 少しでも快適な空間...

赤ちゃんの体を支える寝具!敷マットのおすすめ6選

繊細な赤ちゃんの体を支える重要な寝具が敷マットです。 ネット通販では、機能性が高い赤ちゃん...

スポンサーリンク

寝具の中でも枕はなぜ大事なのか?

私たちが睡眠を取るために必要な寝具には、いろいろなものがあります。

では、なぜこのように「寝るため」の道具は必要なのでしょうか?

誰でも一度は枕を使ったことがあるかと思いますが、中には枕を使わない人もいるかと思います。

実は、医学的に枕を使うことはいいとされています。

なぜかと言うと、枕は寝具の中でも人間の大事な体の部分の「頭」、「首」、「肩」を支えるからです。

寝ている間は、日中の活動している時とは違って頭を支えていた筋肉が緩みます。

人間の体に負担がかからない姿勢は、S字のような脊柱の状態です。

この姿勢は、筋肉に与える疲労も、脊柱にかかる負担も軽い状態を言います。

寝ている間も、この状態を保つために、S字の起点の首を支えることができる寝具が必要になります。

このようなことから、枕を使うと、頸部を支えることが可能になり負担を減らすことになるのです。

しかし、人間の体形や寝ぐせなど十人十色です。

そこで、各ポイント毎におすすめの枕をご紹介していきましょう。

寝具の中でも大事な枕【おすすめの高さ】

寝具の中でも大事な枕は、S字姿勢を保つことができるアイテムです。

自分に合った枕を探す時、重視していただきたいのが「枕の高さ」です。

枕が低すぎると頭が下がり、反対に顎が上がってしまいます。

高い枕ではこの逆になり、両者ともに頭と顎のバランスが崩れ、自然なS字の姿勢ではありません。

では、どのようなポイントを押さえれば、理想の枕を探すことができるのでしょうか。

キーポイントは「5度」です。

この数字は、自然な姿勢で立っている時の顔の角度です。

どのように使うかというと、壁に背中を向けて立ち、顔の角度が5度になっている状態が自然な姿勢になります。

この時に、壁と首の隙間の距離が適切な枕の高さになるのです。

この数字を目安に、選ぶのがおすすめです。

しかし、ぴったりの高さの枕がない場合には、選ぶ素材や使う年数を考慮して少し高めの枕を選んでもいいでしょう。

そして、できれば購入する前に実際に選んだ枕で寝て、試してみるのがおすすめです。

この時も、体はリラックスした自然な状態で、顔の角度は5度にキープすることを忘れないようにしましょう。

また、測った数値に確信が持てなかったり迷いがあるなら、高さ調節のできる枕を選んでもいいかもしれません。

寝具の中でも大事な枕【おすすめの素材】

自分に合った枕の高さがわかったら、次に素材を選びましょう。

枕の素材によっては、若干の頭の浮き沈みの差が生じますが、心地よさを重視して自分の好みの素材を選ぶのがおすすめです。

素材の硬さや柔らかさ、頭を置いた時の音などが選ぶポイントとなるでしょう。

最初は使い慣れた感触の素材なら、違和感なく寝ることができるかもしれません。

さらに好みにプラスして、通気性や吸湿発散性があり、お手入れが簡単な枕もいいでしょう。

洗濯ができる素材には、ポリエチレンパイプやポリエチレンフレイクなどがあります。

そして、フェザー・キャメルなどの素材は、吸湿発散性がいいようです。

また、通気性がいい素材は、高反発ファイバー・ポリエチレンパイプ・そば殻などがあります。

その反対に、最近人気の高い低反発・高反発ウレタン素材は、通気性に欠けますが、メーカーによっては特殊加工をして、通気性をよくしている枕もあります。

この低反発・高反発ウレタン素材は、枕だけでなく敷布団やマットレスなどの寝具の素材にも使われています。

寝具の中でも大事な枕【おすすめのフィット感】

もしウレタン素材の枕を選ぶなら、フィット感を確認しておくことをおすすめします。

なぜなら、ウレタン素材の枕には低反発と高反発があります。

ウレタン素材の他に低反発は、頭を枕に置くとゆっくり沈み、頭を離すとゆっくりと戻ります。

このゆっくり感は、頭にフィットしやすいようです。

一方の高反発は、このゆっくり感がなく弾力性に富んでいます。

弾力性があるので寝返りが打ちやすく、形も崩れにくくなっています。

しかし、1日の1/3に値する睡眠時間を心地よく過ごすための寝具は、柔らかすぎても硬すぎてもよくありません。

後頭部から首にかけて、枕が自分の頭にしっかりとフィットすることを重視して、枕を選びましょう。

最終的に頭が枕に沈んだ時、自然な姿勢で顔の角度が5度の状態にして、枕と首、肩の隙間が空きすぎてしまうのはNGです。

また、硬すぎる枕は、顎が上がりすぎて血行が悪くなり起きた時にだるさが生じます。

そして、柔らかすぎる枕では顎が下がりすぎてむくみの原因にもなりかねません。

さらに、いびきや呼吸が浅くなってしまう原因にもなります。

いびきや首でお悩みのあなたへおすすめの枕

日頃からいびきが気になる人は、今使っている枕では顎が下がりすぎている可能性があります。

そんないびきが気になる人は、気道の通りがスムーズになるための適切な枕が必要です。

先ほどと同様に、顔の傾斜が5度になることや、頭から肩の傾斜が10度から15度くらいの傾斜ができる枕がおすすめです。

この角度を保てる枕なら、気道の通りがよくなるのでいびきを軽減することが期待できます。

また最近では、「ストレートネック」で悩んでいる人も多くなっています。

長時間のスマホやパソコンを使っている時の姿勢の悪さから、通常である人の首の角度の30度から40度のカーブが歪み、まっすぐになってしまいます。

首がまっすぐになってしまうと、頭痛や肩こり、首の痛みが発生しやすくなるのです。

寝ている間に使う寝具で、ストレートネックを少しでも改善できれば嬉しいものです。

この場合もやはり、枕は適正な高さと頸椎のカーブにフィットするような枕を選ぶといいでしょう。

枕の大きさは何を目安に選ぶ?

これらのように、自分に合った高さや素材やフィット感が大事な要素です。

では、枕の大きさはどのくらいのものが適切なのでしょうか。

人それぞれ体形や寝ぐせがあります。

一般的には、大きく寝返りを打つくせのある人は、大きめの寝具を使うといいでしょう。

枕だけではなく、お布団も小さいものを選んでしまうと、お布団や枕から離れたところで寝てしまうこともあるかもしれません。

せっかく自分に合った枕を使っても、枕から頭が落ちてしまっていては理想の角度を保つことができません。

そのような場合は、寝返りを打っても枕から頭が離れることのないサイズの枕を選びましょう。

基本的には肩を基準に考えて、自分の肩幅よりも大きな幅と肩先まで届くような約40センチから50センチのものがおすすめです。

多く販売されている大きさは、35×50・43×63・50×70センチの、3つのサイズがあります。

しかし最近では、就寝スタイルもさまざまなになってきて、寝具の種類も増えています。

それに伴い枕の大きさもこの3つのサイズ以外にも販売されているので、お店の方に聞いてみるのもいいでしょう。

美しい姿勢を保って安眠、健康維持へ

ほとんど無意識の状態にある、睡眠時間に正しい姿勢を維持するには、なかなか難しいことです。

しかし、自分に合った枕に変えることだけで体に負担がかからず、起きている時と同じような美しい姿勢を保ち、健康を維持することもできるのです。

枕1つで毎日が快適に過ごせるのなら、こんなに簡単なことはありません。

あなたと長くお付き合いできる枕に、早く出会えるといいですね。

 - 寝具全般