お布団の収納袋にはどんな種類がある?おすすめの収納袋は?

皆さんはお布団を保管する際には、どのような収納袋を使用されていますか?

保管となると、風通しやカビ対策も考えなくてはいけないので、結構大変ですよね。

今回は、「お布団の収納袋にはどんな種類がある?」、「おすすめの収納袋は?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団のダニやアレルギー対策に布団乾燥機!売れ筋商品は?

お布団をこまめ干していますか!?花粉症で干せない、マンションなどの環境で干せないという事もありま...

介護のコツ!お布団からの起き上がりは3つの工程で介助する

お手本や動画で見る、お布団からの起き上がり介助は、いとも簡単にやっているように見えますね。し...

お布団についた血液は洗濯で消える?感染する病気はある?

怪我をしている時など、そのままお布団に入ってしまい、朝起きるとお布団に血液が付着・・・なんて経験、あ...

お布団をコンパクトにできる圧縮袋は繰り返し使えて便利!

お布団の魅力は、使わないときに畳んで置けることです。畳めることから、部屋のスペースを広く...

コンセントにお布団が接触すると発火する?注意することは?

コンセントからの発火による火災という話はよく耳にしますよね。しかし、コンセントにお布団が接触...

お布団に血液が!洗濯するときに効果的なのはマジックリン!?

ちょっとやり方を間違えただけで落ちにくくなってしまう血液のシミ。特に大きいお布団やマットレス...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか?季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

昔の生活を学ぶ!お布団も着物も大切に使っていた!

今は、なんでも安く購入できる時代で、洋服はワンシーズン着用したらお役御免という方も増えてきていると思...

お布団を圧縮するときはやはり掃除機!正しいやり方とは!?

お布団を収納するとき、みなさんはどのようにしていますか?圧縮袋を使う方も多いと思いますが、「...

お布団に掛ける夏にお勧めのシーツは?大切なのは素材選び!

皆さんは夏に使うシーツをどのように選んでいますか?夏は、快眠を得るのが一番難しい季節です...

壁にコーヒーのシミが!!コーヒーのシミの落とし方

白い壁だと黒いコーヒーの汚れはとても目立ってしまいます。そしてシミはもちろん臭いも気になって...

お布団には、それぞれ正しい天日干し方法がある!

お布団の天日干しですが、一番の目的は乾燥させることです。お布団を天日干しすることで、ふんわり...

カーペット下のフローリングにカビが!!除去方法は?

カーペット下を掃除しようとしたらカビが!フローリングにカビが生えてしまったとき、慌てて対処しよう...

お布団を収納する時のポイントは?押入れのアイデア収納術!

みなさんは、お布団をどこに収納していますか?押入れやクローゼット、お部屋の隅など、住宅事情に...

お布団の湿気が気になる!布団乾燥機と除湿機おすすめは?

雨が続く梅雨の時期って、部屋の湿度が上がるので、ジメジメして嫌ですよね。この時期になると、お...

スポンサーリンク

お布団の収納袋にはどんなタイプがある?

衣替えの季節になると、お布団も変えたくなりますよね。

ですが、変えるとなるとお布団をきちんと収納しなければなりません。

そうなると、収納や保管場所の大小や環境によっては、お布団の収納袋選びから始めなくてはいけませんよね。

お布団の収納袋は、様々な物が販売されていますが、寝具店でもよく見かけるのがボックス型のお布団ケースです。

ボックス型にも大小様々な色や大きさがあり、防ダニ、防カビ加工が施されている物もあります。

また、最近は円筒型のおしゃれなお布団収納袋も販売されています。

円筒型の布団収納袋は、インテリア性の強いデザインもあるので、見える場所でも違和感なく置いておく事ができます。

そしてもう1つ、お布団の収納袋として使われているのが、圧縮袋です。

こちらは、圧縮して厚みをなくしてしまうので、狭いスペースでも気にする事なく、多くのお布団を保管する事ができます。

従来のように、掃除機を使用して空気抜きをするタイプの他、付属の手動ポンプを使って空気抜きするタイプも大変人気です。

次は、ボックス型布団収納袋のおすすめ理由について見ていきましょう。

ボックス型のお布団収納袋がおすすめな理由

ボックス型のお布団収納袋は、圧縮袋が販売される以前から使われていた人気の商品です。

現在でも重宝されているのには、きちんとした理由があります。

防ダニや防カビ対策はもちろんの事、ボックス型はお布団に圧力をかけずに、畳んだ状態で収納するので、繊維が潰れたり傷付ける事がありません。

ですから、圧力に弱い羊毛やウールのお布団にはぴったりの収納袋なのです。

丈夫といわれている綿やポリエステルのお布団であっても、長期間の保存となると繊維が潰れる事もありますので、お布団の形を維持できるボックス型は、お布団に優しい最適な収納ケースであるといえます。

また、収納袋は大きさが自由に選べますので、敷布団と掛け布団など1組をセットにして収納しておく事もできます。

使いたい時にすぐに取り出して使用する事ができるところも、大きなメリットです。

また、使用しない時は、衣類ケースとして使う事ができますので、大変重宝するおすすめアイテムといえますね。

ボックス型のお布団収納袋のデメリット

お布団に優しく、衣類にも使用する事ができる便利なボックス型収納袋ですが、実はデメリットもあります。

それは、場所を取ってしまうという事です。

場所だけで考えると、お布団を畳んで置いておくのと変わらない幅を取ってしまうので、保管の際には、事前に収納場所を確保しなければなりません。

使用していない部屋や専用スペースがあれば良いのですが、そうでない場合は、お布団の保管スペースをあえて作らなければなりませんので、手間が掛かるかもしれませんね。

また、ボックス型のお布団収納袋は、布やビニール製なので上に物を置いてしまうとお布団に負荷が掛かったり、収納袋自体を傷付けたり、汚してしまったりする可能性がありますので、注意が必要です。

幅を取ってしまうボックス型の収納袋ですが、実は種類によっては狭いスペースを利用して収納する事もできます。

狭いスペースの場合は、縦型のボックス収納袋を使うと良いでしょう。

ボックス型収納袋には、横型と縦型がありますので、保管スペースに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、どうしても保管場所がない場合は、円筒型の収納袋を使用し、インテリアとして部屋に置くなどの工夫をされても良いのではないでしょうか。

次は、圧縮型布団収納袋のおすすめ理由について見ていきましょう。

圧縮型のお布団収納袋がおすすめな理由

「場所を取らない収納」に欠かせないのが、圧縮袋での収納です。

どんなお布団でも、空気抜きをして薄くしてしまうので、保管場所が狭くてお困りの方には大変おすすめの収納袋です。

先ほどもお話しましたが、最近の圧縮袋には、手動ポンプが付いていますので、ノズルタイプの掃除機がなくても、お布団を簡単に圧縮する事ができます。

そのため、引っ越しやキャンプなどでもラクに車に積む事ができます。

また、何度も使用する事ができるので、何枚か持っていると大変便利ですね。

インターネットやホームセンターでも購入する事ができますが、実は100円ショップの圧縮袋も丈夫で大変人気があります。

色や大きさも豊富に揃っていますので、ご自宅のお布団に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

圧縮型のお布団収納袋のデメリット

お布団の保管場所が狭い場合には、大変便利な圧縮型の収納袋ですが、実はデメリットもあります。

強い力でお布団を圧縮するので、お布団の繊維を傷付けてしまう事があります。

羊毛布団の場合では、長期間圧縮状態で保管すると、繊維が潰れて弾力性が失います。

そうなってしまうと、お布団の厚みや弾力性が回復しない場合もあります。

また、羽毛布団も、圧縮の際に羽の芯がお布団を突き破ってしまったり、芯自体が折れてしまう事もありますので、注意が必要です。

羊毛や羽毛布団は、元々がデリケートなお布団ですので、空気抜きの際は、圧縮し過ぎないようにするのが重要なポイントです。

また、綿や化学繊維などの丈夫なお布団であっても、1年以上の長期の保存の場合は、時々袋から出すようにしましょう。

そうしないと、袋から出して時間が経っても繊維が潰れたまま弾力が回復しませんので、こちらも注意が必要です。

収納に関しては大変便利なおすすめアイテムではありますが、お布団にとってはデメリットもありますので、長期保管の場合は気を付けるようにしましょう。

人気の布団収納袋って?おすすめ商品の紹介

おすすめの布団収納袋を、ネット通販からご紹介します。

【おすすめの布団収納袋】

〇アストロ布団収納ケース活性炭シート入り

横型のボックスタイプの布団収納袋です。

活性炭シート入りで、消臭効果がありますので安心してお使い頂けます。

お布団が2枚入りますので、セットで収納しておく事ができる便利な収納袋になります。

サイズ:96×70×35cm

販売元:アストロ

ネット販売参考価格:980円

〇アストロ羽毛布団収納ケース3枚組

縦型のボックスタイプの布団収納袋です。

持ち手が付いているので、持ち運びにも大変便利です。

立てて収納できるので、狭いスペースでも収納が可能です。

サイズ:70×30×50cm

販売元:アストロ

ネット販売参考価格:1,480円

〇ふとん圧縮袋10枚セット手動吸引ポンプ付き

圧縮するタイプの布団収納袋です。

手動ポンプが付属されているので、掃除機を必要とする事なくラクに作業ができます。

防水、防ダニ、防カビ加工が施されているので大変重宝します。

S、M、Lの3つのサイズが揃っているので、お布団の大きさに合わせてお使い頂く事ができます。

販売元:ハーランウォン

ネット販売参考価格:2,188円

〇円筒型布団収納ケース

おしゃれなデザインの円筒型布団収納ケースです。

デザイン性が強いので、部屋に出しておいても違和感がありません。

収納スペースがない狭い部屋にはもってこいの商品です。

サイズ:S:65cm×30cm×30cm、M:70cm×40cm×40cm

販売元:RAYWILL

ネット販売参考価格:1,830円

おすすめの布団収納袋の種類って?

1 昔からあるボックス型の布団収納袋はお布団の繊維を傷付けないのでおすすめ

2 圧縮型の布団収納袋は場所を取らないのでおすすめ

3 お布団の保管場所がない場合は、おしゃれな円筒型布団収納ケースがおすすめ

お布団の収納袋にも、様々なタイプがある事が分かりましたね。

購入の際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。