布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団の収納袋にはどんな種類がある?おすすめの収納袋は?

2018.6.2

皆さんはお布団を保管する際には、どのような収納袋を使用されていますか?

保管となると、風通しやカビ対策も考えなくてはいけないので、結構大変ですよね。

今回は、「お布団の収納袋にはどんな種類がある?」、「おすすめの収納袋は?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドとお布団はどちらが優秀なの?健康のために選ぶなら?

ベッドとお布団、どちらを使用していますか? 好みで選んでいる方も、お部屋に合わせて選んでいる方...

幼稚園のお昼寝布団選び!サイズは?柄は?選ぶポイントは?

幼稚園に入園する際の準備物で、最も悩んでしまうのが「お昼寝布団選び」ではないでしょうか? 小さ...

布団カバーやシーツが乾燥機で縮む理由とは?対策方法って?

布団カバーやシーツって、ご自宅の洗濯機でも洗えるので、天気の良い日などに洗う人は多いと思います。 ...

布団シーツがピンク色だと魅力がアップ?風水での効果を紹介

見ているだけで、優しい気持ちになれるピンク色。 かわいらしい部屋にしようと、布団シーツやカーテ...

お布団を収納する時のポイントは?押入れのアイデア収納術!

みなさんは、お布団をどこに収納していますか? 押入れやクローゼット、お部屋の隅など、住宅事情に...

濡れた髪のままお布団で眠るとカビ菌が!ドライヤーの重要性

疲れた時に髪を乾かさずにお布団で眠ってしまうことはありませんか? 実は、髪が濡れた状態のまま眠...

お布団の値段やクリーニング料金の相場ってどのくらいなの?

布団には、敷布団や掛布団といった用途の違いだけでなく、綿や羊毛、更には羽毛まで、いろいろな種類があり...

お布団の天日干しはどうしてる?ブルーシートの便利な活用法

天気の良い日って、お布団を干したくなりますよね。 マンションや、家の2階以上に住んでいる場合は...

お布団に潜むダニにドライヤーは効果あり?ダニの特性と対策

お布団や衣類、畳など、ダニはどこにでも潜んでいる厄介者です。 そんなダニの弱点は熱です。 驚...

お布団やカバーなど、寝具の洗濯頻度はどのくらいが目安?

お布団やカバーの洗濯頻度は、どのくらいで行われていますか? お布団は毎日使うものですから、出来...

お布団を洗濯機で洗うときはネットが必要?正しい洗い方は?

毎晩お布団で寝るときには、清潔な状態にしておきたいですよね。 お布団を洗うとき、特にお家の洗濯機...

便利で暖かい!お布団をふかふかにする布団乾燥機の時間設定

毎日使うお布団だからこそ、清潔で快適なお布団で眠りたいですよね。 ところが、お布団にはカビやダニが...

布団カバーのおすすめ6選!おしゃれで安い商品を厳選

寝室をコーディネートする際に重要になるのが布団カバーやベッドカバーです。 これらは、ベッド...

お布団の正しい干し方!ベランダで衛生的に干す方法と注意点

ベランダにお布団を干すときは、どのような方法で干しているでしょうか? お布団をふかふかにするた...

昔はお布団がなかった!?お布団の歴史について

お布団といえば、日本に昔からあるイメージですよね。 ですが、一般家庭でもお布団が普及するように...

スポンサーリンク

お布団の収納袋にはどんなタイプがある?

衣替えの季節になると、お布団も変えたくなりますよね。

ですが、変えるとなるとお布団をきちんと収納しなければなりません。

そうなると、収納や保管場所の大小や環境によっては、お布団の収納袋選びから始めなくてはいけませんよね。

お布団の収納袋は、様々な物が販売されていますが、寝具店でもよく見かけるのがボックス型のお布団ケースです。

ボックス型にも大小様々な色や大きさがあり、防ダニ、防カビ加工が施されている物もあります。

また、最近は円筒型のおしゃれなお布団収納袋も販売されています。

円筒型の布団収納袋は、インテリア性の強いデザインもあるので、見える場所でも違和感なく置いておく事ができます。

そしてもう1つ、お布団の収納袋として使われているのが、圧縮袋です。

こちらは、圧縮して厚みをなくしてしまうので、狭いスペースでも気にする事なく、多くのお布団を保管する事ができます。

従来のように、掃除機を使用して空気抜きをするタイプの他、付属の手動ポンプを使って空気抜きするタイプも大変人気です。

次は、ボックス型布団収納袋のおすすめ理由について見ていきましょう。

ボックス型のお布団収納袋がおすすめな理由

ボックス型のお布団収納袋は、圧縮袋が販売される以前から使われていた人気の商品です。

現在でも重宝されているのには、きちんとした理由があります。

防ダニや防カビ対策はもちろんの事、ボックス型はお布団に圧力をかけずに、畳んだ状態で収納するので、繊維が潰れたり傷付ける事がありません。

ですから、圧力に弱い羊毛やウールのお布団にはぴったりの収納袋なのです。

丈夫といわれている綿やポリエステルのお布団であっても、長期間の保存となると繊維が潰れる事もありますので、お布団の形を維持できるボックス型は、お布団に優しい最適な収納ケースであるといえます。

また、収納袋は大きさが自由に選べますので、敷布団と掛け布団など1組をセットにして収納しておく事もできます。

使いたい時にすぐに取り出して使用する事ができるところも、大きなメリットです。

また、使用しない時は、衣類ケースとして使う事ができますので、大変重宝するおすすめアイテムといえますね。

ボックス型のお布団収納袋のデメリット

お布団に優しく、衣類にも使用する事ができる便利なボックス型収納袋ですが、実はデメリットもあります。

それは、場所を取ってしまうという事です。

場所だけで考えると、お布団を畳んで置いておくのと変わらない幅を取ってしまうので、保管の際には、事前に収納場所を確保しなければなりません。

使用していない部屋や専用スペースがあれば良いのですが、そうでない場合は、お布団の保管スペースをあえて作らなければなりませんので、手間が掛かるかもしれませんね。

また、ボックス型のお布団収納袋は、布やビニール製なので上に物を置いてしまうとお布団に負荷が掛かったり、収納袋自体を傷付けたり、汚してしまったりする可能性がありますので、注意が必要です。

幅を取ってしまうボックス型の収納袋ですが、実は種類によっては狭いスペースを利用して収納する事もできます。

狭いスペースの場合は、縦型のボックス収納袋を使うと良いでしょう。

ボックス型収納袋には、横型と縦型がありますので、保管スペースに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、どうしても保管場所がない場合は、円筒型の収納袋を使用し、インテリアとして部屋に置くなどの工夫をされても良いのではないでしょうか。

次は、圧縮型布団収納袋のおすすめ理由について見ていきましょう。

圧縮型のお布団収納袋がおすすめな理由

「場所を取らない収納」に欠かせないのが、圧縮袋での収納です。

どんなお布団でも、空気抜きをして薄くしてしまうので、保管場所が狭くてお困りの方には大変おすすめの収納袋です。

先ほどもお話しましたが、最近の圧縮袋には、手動ポンプが付いていますので、ノズルタイプの掃除機がなくても、お布団を簡単に圧縮する事ができます。

そのため、引っ越しやキャンプなどでもラクに車に積む事ができます。

また、何度も使用する事ができるので、何枚か持っていると大変便利ですね。

インターネットやホームセンターでも購入する事ができますが、実は100円ショップの圧縮袋も丈夫で大変人気があります。

色や大きさも豊富に揃っていますので、ご自宅のお布団に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

圧縮型のお布団収納袋のデメリット

お布団の保管場所が狭い場合には、大変便利な圧縮型の収納袋ですが、実はデメリットもあります。

強い力でお布団を圧縮するので、お布団の繊維を傷付けてしまう事があります。

羊毛布団の場合では、長期間圧縮状態で保管すると、繊維が潰れて弾力性が失います。

そうなってしまうと、お布団の厚みや弾力性が回復しない場合もあります。

また、羽毛布団も、圧縮の際に羽の芯がお布団を突き破ってしまったり、芯自体が折れてしまう事もありますので、注意が必要です。

羊毛や羽毛布団は、元々がデリケートなお布団ですので、空気抜きの際は、圧縮し過ぎないようにするのが重要なポイントです。

また、綿や化学繊維などの丈夫なお布団であっても、1年以上の長期の保存の場合は、時々袋から出すようにしましょう。

そうしないと、袋から出して時間が経っても繊維が潰れたまま弾力が回復しませんので、こちらも注意が必要です。

収納に関しては大変便利なおすすめアイテムではありますが、お布団にとってはデメリットもありますので、長期保管の場合は気を付けるようにしましょう。

人気の布団収納袋って?おすすめ商品の紹介

おすすめの布団収納袋を、ネット通販からご紹介します。

【おすすめの布団収納袋】

〇アストロ布団収納ケース活性炭シート入り

横型のボックスタイプの布団収納袋です。

活性炭シート入りで、消臭効果がありますので安心してお使い頂けます。

お布団が2枚入りますので、セットで収納しておく事ができる便利な収納袋になります。

サイズ:96×70×35cm

販売元:アストロ

ネット販売参考価格:980円

〇アストロ羽毛布団収納ケース3枚組

縦型のボックスタイプの布団収納袋です。

持ち手が付いているので、持ち運びにも大変便利です。

立てて収納できるので、狭いスペースでも収納が可能です。

サイズ:70×30×50cm

販売元:アストロ

ネット販売参考価格:1,480円

〇ふとん圧縮袋10枚セット手動吸引ポンプ付き

圧縮するタイプの布団収納袋です。

手動ポンプが付属されているので、掃除機を必要とする事なくラクに作業ができます。

防水、防ダニ、防カビ加工が施されているので大変重宝します。

S、M、Lの3つのサイズが揃っているので、お布団の大きさに合わせてお使い頂く事ができます。

販売元:ハーランウォン

ネット販売参考価格:2,188円

〇円筒型布団収納ケース

おしゃれなデザインの円筒型布団収納ケースです。

デザイン性が強いので、部屋に出しておいても違和感がありません。

収納スペースがない狭い部屋にはもってこいの商品です。

サイズ:S:65cm×30cm×30cm、M:70cm×40cm×40cm

販売元:RAYWILL

ネット販売参考価格:1,830円

おすすめの布団収納袋の種類って?

1 昔からあるボックス型の布団収納袋はお布団の繊維を傷付けないのでおすすめ

2 圧縮型の布団収納袋は場所を取らないのでおすすめ

3 お布団の保管場所がない場合は、おしゃれな円筒型布団収納ケースがおすすめ

お布団の収納袋にも、様々なタイプがある事が分かりましたね。

購入の際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 - お布団