布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

布団クリーナーと温風でベッドのダニを退治!その方法とは?

2018.6.5

お布団って毎日使うので、清潔に保ちたいですよね。

しかし、湿気や乾燥など、季節によって温度や湿度は変わるので、お布団に潜むダニについても気になるところです。

今回は、「布団クリーナーと温風でベッドのダニを退治できる?」、「その方法とは?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

腰痛持ち必見!敷布団は適度な硬さと柔らかさが勝負

よく「腰痛持ちには、硬い敷布団が良い」と耳にしますが、本当はどうなのでしょうか? 疲れた夜...

お布団は粗大ゴミ扱い?小さく切ると普通の可燃ゴミになる?

「お布団を切ると可燃ゴミとして捨てられる」と、自治体の広報などで読んだことはありませんか? 自...

畳にお布団を敷く場合のインテリアコーデ!古き良きスタイル

近年、畳の良さが見直されており、一時期人気が低迷していた和室の物件が人気を取り戻しています。 ま...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。 ...

お布団の収納袋にはどんな種類がある?おすすめの収納袋は?

皆さんはお布団を保管する際には、どのような収納袋を使用されていますか? 保管となると、風通しや...

真綿のお布団ってどうなの?洗濯や値段に違いはある?

真綿のお布団をご存知ですか? 木綿100%でも、もちろん綿混でもない真綿布団です。 今回はそ...

お布団のダニやホコリ対策!布団クリーナーが人気なワケは?

お布団のダニやハウスダストを吸引する「布団クリーナー」って人気ですよね。 使用されているご家庭...

コンセントから発火・火事!原因はお布団?発火理由を解析

よくニュースなどで火事の話題を聞きますよね。 その火事の理由の1/3がコンセントでの発火という...

お布団のダニから赤ちゃんを守る!その効果的な方法と対処!

眠っていた赤ちゃんが急に泣きだしたり、機嫌が悪い時は赤ちゃんの肌にダニによる虫刺されの跡があるかもし...

毎日寝ているお布団にカビ?どんな漂白剤で対処ができるの?

お布団にカビが生えたら、とてもショックですね。 また、気持ちが悪くてそのまま使うのは抵抗があり...

布団カバーやシーツが乾燥機で縮む理由とは?対策方法って?

布団カバーやシーツって、ご自宅の洗濯機でも洗えるので、天気の良い日などに洗う人は多いと思います。 ...

大切なお布団を収納できるコンパクトなグッズ6選!

お布団を限られたスペースにどう収納したら良いか、悩んだ経験がある方も多いかと思います。 ま...

お布団にひそむダニを何とかしたい!ダニ退治に布団乾燥機!

これまで本格的にダニ退治を考えたことはありますか? あまり気にならない方もいると思いますが、ダ...

我が家の飼い猫はお布団に入る?入らない?その違いとは

猫を飼っている方、あなたの飼い猫は、お布団に入ってきますか? 世の中には、お布団に入る猫と入ら...

いらないお布団を処分したい!安価や無料でできる方法は?

そろそろ現在使用しているお布団を処分しようとしている方もいますよね。 「できればお布団の処分に...

スポンサーリンク

なぜベッドにダニがいる?

最近は、ダニ駆除に特化した布団クリーナーも販売されているので、ベッドにダニがいるということはご存知の方も多いのでないかと思います。

家の中でも、特にダニが多いと言われるお布団ですが、買ったばかりのお布団でもダニはいるのでしょうか。

実は、買ったばかりのお布団にダニはいないとされています。

「少しくらいはいるのかな」と思った方もいるのではないかと思いますが、買ったばりのお布団にはダニはいないのです。

これを聞いて少し安心しましたよね。

ダニにも様々な種類がいますが、主に住宅に潜む家ダニは、「人がいないと生きてはいけないダニ」と言っても過言ではありません。

ご存知の方も多いのではないかと思いますが、家ダニの好物は、人の表皮や食べこぼしなので、人と一緒にいることで安泰に暮すことができるのです。

そして、一番良い住処は、人が毎日使うお布団です。

人が使っているお布団は、ダニが生きていくのに必要な温度、湿度、餌と3拍子揃っており、特に遠くまで餌を探し求めて出歩く必要のない、最も快適で最適な環境なのです。

買ったばかりのお布団に住み着くダニがどこから来るのかと言えば、もともと絨毯やソファにいたダニである可能性が考えられます。

さらに、そのダニがどこから来たのかといえば、外出した際に衣類に付いたダニであることが多く、公共のバスや電車の椅子などから付着すると言われています。

ベッドにいるダニは一体何匹?

さて、ベッドには一体何匹のダニが潜んでいるのでしょうか。

「いたとしても、せいぜい100匹くらい?」と思っている人もいるのかもしれません。

実は、1平方メートルに10万匹です。

これは、敷布団の場合です。

掛け布団では、もっと数は少ないと言われていますが、湿気の多い梅雨の繁殖時期ともなると、300倍に増えます。

しかも、ダニは毎日体重の10倍近くのフンをするので、ダニの数どころかハウスダストの対策も考えなくてはなりません。

さらに、ダニの寿命は3ヶ月ほどですが、死んでも死骸は残ります。

フン同様、乾燥したのち数ミクロンのハウスダストとなって宙を舞い、アレルギーなどの健康被害を及ぼしてしまいます。

そのため、お布団は頻繁に布団クリーナーを使って掃除しなければなりません。

また、お布団だけきれいにしても、リビングなどに敷いた絨毯やソファにいるダニが、環境の良いお布団へと夜中に移動する可能性もあります。

特に梅雨から夏の繁殖時期は、お布団意外の家具なども頻繁に掃除するように心がけるようにしましょう。

布団クリーナーの使い方

ダニは夜行性なので、日中はお布団の表面にはおらず、ベッドなどのお布団の中心に身を潜めています。

布団クリーナーは、強力な物であっても使い方によっては効力を発揮しません。

できるだけお布団の中にいるダニも吸い取るように、ゆっくりゆっくり掛けるようにしましょう。

そうすることで、表面にいなくても、表面近くにいるダニを吸い取れる確率が増えます。

また、ゆっくり掛けることでダニのフンや死骸を取り除くことができます。

夜行性の習性を逆手に取って、夜中に布団クリーナーを使用するのも良い方法です。

ダニの成虫は、餌を求めにお布団の表面に移動してきますので、夜を狙って布団クリーナーを使用する方法もおすすめです。

その際は、ダニの捕獲率を上げるために、お布団のある部屋を、1時間程度は電気を消して暗くしておきましょう。

日中に掛ける布団クリーナーでは、ダニのフンや死骸の他、卵や幼虫は取れやすいのですが、成虫はなかなか取れません。

ダニの数を減らすには、成虫を退治しなければなりませんので、時間に余裕のある時は夜中に布団クリーナーを使ってみると良いでしょう。

次では、ダニの成虫退治に効果のある、温風を使った退治法をご紹介します。

布団クリーナー以外にも効果の高い温風ダニ退治法

最近では、性能の高い布団クリーナーも多く販売されていますが、ダニの習性や、範囲が広く分厚いお布団の特性を見ても、なかなか全滅させることは難しい場合もあります。

そこでおすすめなのが、温風でダニを退治する方法です。

ダニは乾燥と高温に弱いため、お布団に内部まで高温にできる温風退治法はとても有効です。

ご自宅であれば、布団乾燥機を使用すると良いでしょう。

ホース付きであれば、高さのあるベッドでも使用できるので便利です。

ダニは、50度の熱の場合は30分で死滅し、60度であれば即死すると言われています。

ご自宅の乾燥機にダニ退治機能があれば、それを利用してみると良いでしょう。

また、コインランドリーの乾燥機は温度が80度まで上がります。

持ち運ぶ手間はかかりますが、乾燥機自体も大きく高温のため、ダニが繁殖する梅雨時期には、一番簡単で効果的な方法と言えるでしょう。

温風が出せる布団クリーナーの商品紹介

最近の布団クリーナーは、ハウスダストの原因となるダニのフンや死骸を除去するだけではなく、ダニの成虫もしっかり退治できるように、温風機能が付いた布団クリーナーも販売されています。

敷布団でも高さのあるベッドでも使用しやすいように、持ちやすく扱いやすい設計になっているのも特徴です。
では、温風が出せる布団クリーナーを、ネット通販からご紹介します。

【温風が出せる布団クリーナー】

〇Vacplus 布団クリーナー

50度~60度の温風を出すことで、ダニの成虫もしっかり退治しながら掃除機を掛けることができる、大変人気の布団クリーナーです。

ダストボックスも楽に分解できるので、お手入れもとても簡単です。

販売元:Vacplus

ネット販売参考価格:6,930円

〇シャープ サイクロン ふとん掃除機

40度の熱でお布団にいる成虫を弱らせ、強力な吸引でダニを除去します。

ダストボックスも水洗いができるので、清潔にお使い頂くことが可能です。

販売元:シャープ(SHARP)

ネット販売参考価格:13,970円

ダニを寄せ付けないのはどっち?ベッドとフローリングの場合

ダニ退治には、布団クリーナーと温風が効くということが分かりましたね。

しかし、そもそも寝ている環境によって、敷布団にいるダニの数は違ってきます。

ベッドとフローリングの場合、敷布団にいるダニが多いのは、一体どちらの方なのでしょうか。

実は、ダニが多いのはマットレスなどを使用して寝ているベッドの方が、ダニの数が多いのです。

また、絨毯の上に敷布団を敷いて寝ている場合も同様に、ダニが多くなってしまいます。

フローリングでは、鉤づめで摑まっていられるような繊維もなく、隠れられるような深い隙間もありません。

人が掃除機で掃除しやすいこともあって、表皮や食べこぼしなどの餌もあまりありません。

絨毯やマットレスのように、温度や湿度が一定して得られる環境ではないために、フローリングに直にお布団を敷いて寝ている場合の方が、ダニは少ないのです。

また、毎日お布団を上げ下げしているのであれば、風通しが良くなるなど、ダニにとっても住みづらい環境になります。

ダニ対策をだけを考えた場合は、ベッドよりもフローリングの方が良いと言えますが、お布団の敷きっぱなしは、湿気やダニの繁殖の原因になります。

どちらにせよ、毎日天日干しするなどして、しっかりケアは行いましょう。

お布団クリーナーの使用+ベッドにダニを寄せ付けない方法

1 お布団にダニを寄せ付けないためには、絨毯やソファなどもダニ対策が必要

2 ベッドよりもフローリングで寝た方がダニは寄り付かない

3 温風が出る布団クリーナーは、ダニ退治効果が高いのでおすすめ

ダニ駆除は、普段からのお掃除が大事なのですね!

ダニを増やさないためにも、布団クリーナーは定期的に使用するようにしましょう。

 - お布団