布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団の湿気対策には除湿シートがおすすめ?その効果とは?

2018.5.22

お布団が湿気っていたり、敷布団の裏側にカビが生えていたりという経験、ありませんか?

日本は高温多湿な気候ゆえ、お布団に湿気が溜まりやすいのは、しょうがないともいえます。

しかし、そのままにしておくのも、気持ちが悪いですよね。

そういう時におすすめなのが、除湿シートです。

今回は、この除湿シートの効果などについてご紹介していきます。

お布団の湿気でお悩みの方、ぜひ参考にされてみませんか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

壁にコーヒーのシミが!!コーヒーのシミの落とし方

白い壁だと黒いコーヒーの汚れはとても目立ってしまいます。 そしてシミはもちろん臭いも気になって...

お布団の正しい干し方!布団カバーも忘れずに洗濯を!

お布団を干すことは、お布団を乾燥させ、ダニの殺菌などの効果があります。 しかし、お布団を清潔に...

お布団を掃除機で吸うといいって本当?正しい方法と頻度とは

お布団に潜むダニは目に見えないですし、アレルギー体質の方や寝起きに体中が痒くなると辛いですよね。 ...

お布団を丸洗い!その時に利用するクリーニング店の評判は?

お布団の丸洗いをするには、専門業者さんのクリーニング店を利用するのが最適だと言われています。 ...

予備のお布団を良い状態でキープ!最適な収納方法とは!?

シーズンものやお客さま用など、普段使わないお布団の収納には何かと頭を悩まされます。 長い期...

お布団にダニスプレーをかけても良いの?その効果はいかに!

お布団にいるダニやダニの死骸によるハウスダスト対策として、今やお布団専用の掃除機は一家に一台に等しい...

お布団を干す頻度は?シーツを付けたまま干していいの?

お日様の光を浴びたお布団で寝るのは、とても気持ちの良いものですよね。 できることなら、毎日でも...

布団カバーやお布団の洗濯ってどうしてる?頻度や方法を紹介

皆様は、布団カバーやお布団の洗濯はどうしていますか?どれくらいの頻度で行っていますか? お布団...

お布団からの立ち上がりで困ったらこの補助器具で!

親戚の家に泊まった朝、誰よりも早く目が覚めてしまい、お布団をかぶって誰か起きるまで待っていた、と...

お布団を収納する時のポイントは?押入れのアイデア収納術!

みなさんは、お布団をどこに収納していますか? 押入れやクローゼット、お部屋の隅など、住宅事情に...

お布団を圧縮するときはやはり掃除機!正しいやり方とは!?

お布団を収納するとき、みなさんはどのようにしていますか? 圧縮袋を使う方も多いと思いますが、「...

洗えるお布団はどうやって丸洗いする?シーツの洗濯方法は?

毎日使っているお布団、汗や汚れが気になりますよね。 最近では、洗えるお布団が人気ですが、どうや...

お布団のカビ落としはどうやるの?自分で試せる方法もある!

普段寝ているお布団に、細かな黒いシミを見つけてしまったら、その正体は「カビ」です。 お布団のカ...

お布団のダニの見つけ方って?お布団のダニを駆除する方法

お布団に中にダニがいるとはよく聞きますが、実際には小さくてなかなか目にすることはありません。 ...

お布団を床に敷く時の工夫は?固い寝床を快適にするために

洋間が多い住宅事情により、お布団を床に敷いて寝ている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? ...

スポンサーリンク

お布団の大敵である湿気!なぜ湿気がこもりやすい?

お布団の湿気対策に効果的な除湿シートについてご紹介していきますが、そもそも、なぜお布団に湿気がこもりやすいのでしょうか?

その原因を見ていきましょう。

《寝汗の量》

人間は眠っている間に、コップ1~2杯もの寝汗をかくといわれています。

そのため、その寝汗が敷布団に吸収され、敷布団の下部に溜まり、湿気がこもりやすくなってしまいます。

《お布団の吸湿性》

高品質な敷布団は、吸湿性のよいものが多くなっています。

吸湿性に優れているということは、表面上はサラッとしているため、眠っている人間は快適に眠れるかわりに、お布団には十二分に寝汗が吸収されているということです。

その結果、湿気がこもりやすくなっています。

《フローリングの特徴》

畳の上に敷布団を敷いた場合は、畳自体も吸湿性が高いため、敷布団の湿気は放湿されていきます。

しかし、フローリングは吸湿性がないので、敷布団の湿気は溜まったままになってしまいます。

《床との温度差》

特に、冬場に起きやすいことですが、寒い時期には、フローリングの床は冷えきっています。

しかし、敷布団は眠っている人間の体温で温められているため、その温度差が原因となって、敷布団に溜まった湿気が結露として現れてしまいます。

結果、敷布団を上げた時に、フローリングの床が湿っていたり、敷布団が湿っていたりということになってしまいます。

湿気がこもったお布団にはどんな悪影響がある?

上記で見てきたように、様々な理由から、お布団には湿気が溜まりやすいものです。

そのため、除湿シートを敷くなどの効果的な湿気対策を行い、なるべく湿気がこもらないようにすべきですが、そのような対策を行わないままだと、どんな悪影響が出るのでしょうか?

ここでは、お布団に溜まった湿気がもたらす悪影響を見ていきましょう。

《カビが生える》

まず、第一の悪影響として挙げられるのが、お布団やフローリングなどの床にカビが生えてしまうことです。

カビが発生する条件としては、以下の3つが挙げられます。

①温度が20~30度
②湿度が70%以上
③十分な栄養分がある

お布団は、寝ている人間の体温で温められているため、特に敷布団は温度が高くなっています。

さらに、寝ている間の寝汗などで湿度も高く、また、眠っている間に付いた皮脂などが栄養源となり、カビが発生しやすい状態といえるのです。

《ダニが発生する》

カビ菌は、ダニの餌となってしまうため、カビが生えたお布団をそのまま使い続けると、ダニまで発生してしまう場合があります。

《病気の原因となる》

カビが生えたお布団で眠っていると、睡眠中にカビの胞子を吸い込んでしまい、アレルギー反応を起こしてしまう場合があります。

また、ダニまで発生したお布団であれば、咳が出たり、体中が痒くなったりといった症状も引き起こしてしまいます。

さらに、発生したカビの種類によっては、気管支ぜんそくや過敏性肺炎、肝臓癌や肺癌の原因ともなってしまう場合もあります。

湿気対策に有効な除湿シートとは?

お布団の湿気は、眠っている人間に様々な悪影響を及ぼします。

そのため、効果の高い湿気対策を行う必要がありますが、その中でもおすすめなのが、除湿シートです。

では、除湿シートとは、一体どんなものなのでしょうか?

まずは、除湿シートについてご紹介しましょう。

《敷く場所》

除湿シートは、ベッドの場合はベッドマットレスの下に、お布団の場合は敷布団の下に敷きます。

《吸湿性》

吸湿性や放湿性に優れた繊維で作られたものが多く、お布団内の湿気をぐんぐん吸収してくれます。

中には、除湿シート内の湿気が溜まると、色を変えて教えてくれるものもあり、その色の変化で天日干しのタイミングが分かります。

《消臭機能》

高機能の除湿シートの中には、消臭機能を持つものもあります。

眠っている間の寝汗の臭いや加齢臭など、嫌な臭いも軽減してくれます。

《お手入れ方法》

いろいろな除湿シートが販売されていますが、中には、自宅で気軽に手洗いできるものも売られています。

また、外に干すなど乾燥させれば、何度も繰り返し使えるのも、とてもありがたいところです。

このように、お手入れ方法は難しくないものが多いです。

効果あり!おすすめの除湿シートとは?

除湿シートは、お布団の湿気対策として人気のあるものです。

では、ここでは、おすすめの除湿シートをご紹介しましょう。

【モイスファインEX】

吸湿性・放湿性に優れた東洋紡の繊維『モイスファイン』を使った、除湿シートです。

このモイスファインは、乾燥剤としても使われるシリカゲルの2~3倍、綿の8倍以上もの吸湿性能があり、最高クラスの吸湿性を誇ります。

また、消臭効果も素晴らしく、汗や加齢臭なども強力に消臭してくれます。

手洗いも可能で、また、天日干しをすることで吸湿性能は元通りになるため、繰り返し使える点で経済的にもおすすめです。

【ベルオアシス30%】

帝人が開発した吸湿繊維『ベルオアシス』を、贅沢にも30%使った除湿シートです。

シリカゲルの2~3倍、綿の7倍以上もの吸湿性を持っています。

また、塩分も含んだ寝汗の吸水力も素晴らしく、この除湿シートたった1枚で、2Lペットボトル4.5本分(シングルサイズ)もの水分を吸収してくれます。

消臭性能も高く、特にアンモニアに対しての消臭性がとても高いので、小さなお子さんがおねしょをしても安心です。

センサーの色が変わったタイミングで天日干しをすれば、吸湿性能も復活するので、繰り返し使えて経済的です。

【竹炭入り除湿シート 吸湿センサー付き】

上記2つの除湿シートより機能性は落ちますが、リーズナブルに購入できるおすすめの除湿シートです。

吸湿性・放湿性の両方を兼ね備えているB型シリカゲルが使われているため、吸水力が素晴らしく、約440ccもの水分を吸水することができます。

さらに、竹炭も配合されているため、消臭効果もUPしています。

第三者機関での実験では、アンモニアガスは99%、蒸れた靴下のような臭いを持つイソ吉草酸ガスは99%、さらに、加齢臭の原因であるノネガールガスは96%脱臭できたという結果を得られています。

洗濯ができないのはマイナスポイントですが、2~3時間天日干しをすれば吸湿機能は回復するので、お手入れも簡単でおすすめです。

除湿シート以外の効果的な湿気対策商品とは?

上記で、お布団の湿気対策として人気の除湿シートをご紹介しましたが、他には、どんな湿気対策商品があるのでしょうか?

ここでは、除湿シート以外の、おすすめの湿気対策商品をご紹介しましょう。

《除湿マット》

除湿シートより厚みのある、マットレスタイプのものです。

調湿効果の高い繊維で作られたものが多く、敷布団の下に敷くことで、敷布団に溜まった湿気を吸収してくれます。

最近では、ジョイント式のすのこ型調湿マットが人気です。

伸縮自在なので、お布団以外にも、押入れの中など様々な用途で使えます。

収納する時は、じゃばらを畳むことでコンパクトにできるので、使い勝手のよい商品でもあります。

《マットレス》

湿気に強いマットレスを選ぶのも、湿気対策には効果的です。

例えば、『ブレスエアー』などの高反発ファイバー素材のマットレスは、湿気が溜まりにくくなっています。

他にも、『セルプールハイブリッドマットレス』という、湿度調整機能を持つウレタン製のマットレスも人気があります。

《すのこベッド》

床と敷布団との間に隙間を作ることで、湿気を逃すことができるのが、すのこベッドです。

すのこの形状は通気性がよい上に、防カビ処理をされているものが多いので、湿気対策商品としておすすめです。

《除湿・吸湿性の高い敷布団》

最近では、敷布団とクッションマット、除湿シートが一体化したタイプの、敷布団が売られています。

敷布団だけで、上からの寝汗などの湿気、そして、下からの床の結露までを吸湿してくれるため、湿気対策に効果的です。

お布団の湿気対策に効果的なお手入れ方法は?

除湿シートなどの湿気対策商品をご紹介してきましたが、いくら効果があるからといって、ご自宅でのお布団のお手入れを怠ると、湿気が溜まってきてしまいます。

では、お布団を湿気から守るには、どのようなお手入れをすればよいのでしょうか?

ご自宅でできるお手入れ方法を見ていきましょう。

《天日干し》

除湿シートや除湿マットを敷いていたり、敷布団の下にすのこを敷いていたりしても、すべてが万全ではないため、定期的にお布団を天日干しする必要はあります。

1~2ヶ月に1度は、お布団を天日干しするようにしましょう。

ただ、注意してほしいのが、当日晴れていても、前日に雨が降っていたりする場合は、天日干しはおすすめできないということです。

前日に雨が降っていると、地面からの湿気がこもっているため、お布団の湿気を取るにはあまり適しているとはいえないからです。

晴れ間が続いている時に、お布団を干すようにしましょう。

《扇風機を活用》

雨が続く梅雨時など、天日干しをしたくてもなかなかできない時もあります。

また、お布団を干す場所がないという方もいらっしゃるかもしれません。

そういう時に活用するのが、扇風機です。

扇風機の風をお布団に当てるだけで、湿気は除湿されます。

30分~1時間程度、当てるようにしましょう。

フローリングの上にお布団を敷いている場合は、お布団だけでなくフローリングにも湿気は溜まりがちなので、フローリングの床にも風を当てるようにしましょう。

《布団乾燥機を使う》

湿気だけでなく、ダニまでも退治できるのが、布団乾燥機です。

電気代はかかってしまいますが、除湿もダニ退治もできるとあって、おすすめのお手入れ方法です。

快適なお布団でしっかりと体を休めよう!

お布団の湿気対策として、除湿シートやおすすめ商品、そして、お手入れ方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お布団に湿気が溜まってしまったままだと、さまざまな病気の原因となってしまい、体に悪影響を及ぼしかねません。

それを防ぐには、効果的な湿気対策を行う必要があります。

お布団の湿気でお悩みの方は、今回ご紹介した商品や方法で、ぜひ湿気対策をされてみませんか?

快適で安心した夜を過ごせるようになるかもしれませんよ。

 - お布団