布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団を丸洗いしたい!その方法と使用する洗剤は?

2018.5.5

お布団を丸洗いしたい人は多いと思います。

しかし、羽毛布団などを含めて、お布団はクリーニングに出すのが当然だと思っていませんか?

お布団は一部のものを除いて、家での洗濯が可能です。

洗剤も家にある中性洗剤で洗うことができます。

ここではお布団の丸洗いについての方法と、注意事項を検証してみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏に最適なお布団と湿気対策グッズをダブルでご紹介!

暑苦しい夏の熱帯夜には、寝汗をたくさんかいてしまいムレやすくなりますね。 そんな時期には、通気...

お布団の購入に迷ったら手軽でお得なセットがおすすめ!

新しい生活が始まるタイミングや、長年使ったものを買い替えるときなど、お布団を購入するタイミングは...

お布団を干す頻度は?シーツを付けたまま干していいの?

お日様の光を浴びたお布団で寝るのは、とても気持ちの良いものですよね。 できることなら、毎日でも...

教えて!羽毛布団の正しい天日干し方法・どんな効果がある?

羽毛布団をお使いの方、こまめに天日干ししていますか? 衛生的に羽毛布団を使い続けるために、天日...

お布団のおすすめ!ダブルサイズも選べる人気のお布団は?

寝心地を左右するお布団は、こだわりを持って選びたいものです。 特に、敷布団は柔らかい低反発タイ...

湯たんぽが原因でお布団にカビが生える可能性は?湿気対処法

冬の湯たんぽは足が暖かくなるので嬉しいですよね。 寝付きも良くなり、睡眠の質も上がるので手離せ...

布団カバーやお布団の洗濯ってどうしてる?頻度や方法を紹介

皆様は、布団カバーやお布団の洗濯はどうしていますか?どれくらいの頻度で行っていますか? お布団...

湿気に負けない賢いお布団収納を!不織布の特性を活かそう!

季節の変わり目のお布団の入れ替えや、お客様用のお布団を収納する際に、どういったことに気をつければ...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

おすすめの来客用布団6選!寝心地が良くて安いお布団を紹介

親戚や友人が自宅に泊まりに来た際に、重宝するのが来客用布団です。 1セット持っていると安心...

お布団はポリエステルと綿のどっち?それぞれのメリットは?

家で毎日眠っている、お布団の素材はなんでしょう? 当たり前のように使っていながら、素材を意...

お布団の干し方は室内の場合、どうすれば効果的?やり方は?

お布団を干すと言えば、明るいお日様に当てる方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。 しか...

お布団の乾燥除湿に役立つおすすめアイテムをご紹介!

晴れ間が少ない梅雨の時期には、お布団を洗っても外に干すことができず困ってしまいますよね。 また、...

お布団の裏側に生えたカビを取る方法って?カビの予防法は?

いつもきちんと掃除しているつもりでも、湿気の多い季節になると「お布団にカビが生えていた」という経験を...

お布団のカビ落としはどうやるの?自分で試せる方法もある!

普段寝ているお布団に、細かな黒いシミを見つけてしまったら、その正体は「カビ」です。 お布団のカ...

スポンサーリンク

お布団はどのように洗ったら良いの?

お布団はベビー布団を初めとして、大変汚れが気になるものです。

しかし、お布団を洗うことは、その方法や手順がわからず、そのままにしてしまいがちです。

お布団に使える洗剤についても考えなければなりません。

実は、お布団を丸洗いできる方法はあるのです。

まずは、使用しているお布団が洗えるかどうかは、洗濯表示のタグを確認しましょう。

洗濯機マークが付いているものと、手洗い表示があるものであれば、家で洗うことは可能です。

水洗い表示が「×」になっているものは家では洗えません。

ドライマーク表示の場合は、専門クリーニング店に相談することをお勧めします。

お布団のサイズによっては、自宅の洗濯機で洗えないものもあります。

そのため、コインランドリーを利用して、お布団を丸洗いする人も少なくないと思います。

また、家やコインランドリーが使えないお布団に関しては、クリーニングに出すことも考えてみましょう。

お布団を家で丸洗いをする時の洗剤は何を使う?

家で丸洗いできるお布団も、最近は増えてきました。

洗濯表示を参考にして、家で洗えるお布団であるかを確認したら、その洗い方を調べましょう。

ドラム式などの洗濯機には、お布団の丸洗いができないものもあります。

知らずに洗濯機に入れてしまうと、異音がしたり、故障の原因につながることもあるので、お布団を丸洗いする場合には、洗濯機の取扱説明書も必ず確認しなければなりません。

お布団を丸洗いするための洗濯機は、7,8キロの洗濯容量のものであれば、シングルサイズのお布団はほとんど洗濯可能でしょう。

お布団を丸洗いする時の洗剤ですが、直接お布団に洗剤がかかると、生地にムラにかかってしまうので、先に洗濯槽に洗剤を溶かしておく方が良いでしょう。

粉石けんよりも液体洗剤が適しており、使いやすいと言われています。

また、お布団はお布団専用のネットに入れて洗うことで、生地の傷みや破れを防ぐことができます。

お布団を丸めて空気を抜き、小さくした状態で専用ネットに入れて洗濯しましょう。

洗濯機でお布団の丸洗いができない場合

お布団の丸洗いが不可となっている洗濯機であったり、洗濯機に入らない大きなお布団に関しては、浴槽を使うことをお勧めします。

お布団を洗う前にはあらかじめ、埃や髪の毛などはできるだけ取っておきます。

浴槽に水かぬるま湯を半分くらい入れ、洗剤を溶かしておきます。

お布団をゆっくり沈め、押し洗いをしましょう。

この際には、手で洗っても良いですし、大きなお布団であれば、足で踏み洗いをしても良いでしょう。

浴槽内の水が汚れてきたら、水を抜き、新しい水を入れて、さらに押し洗いをします。

これを2,3回繰り返して、洗剤のぬめりや汚れがなくなったら、すすぎは完了と考えます。

一番の問題は、お布団の乾かし方ですね。

洗い終わったお布団は、水を抜いた浴槽に1時間ほどかけて、放置します。

浴室内でできる限り、お布団を絞り、水を抜きます。

もちろん、なかなか水分を完全に取るまでには至りませんが、ある程度、水が抜けたら、布団干しを使って、天日干しをします。

この時、お布団は水に濡れて、かなり重たくなっているので、ダブルの布団干しがあればそれを活用して広げて干しましょう。

コインランドリーでお布団を丸洗いする時の洗剤

コインランドリーでお布団を丸洗いすることは、自宅での洗濯機で入らないサイズのものも利用できたり、乾燥機で短時間で完全に乾かすことができるので、とても便利です。

最近のコインランドリーは、10Kgの小容量タイプから30Kgの大容量タイプのものまであるので、家庭の洗濯機では入らないお布団も丸洗いすることが可能です。

コインランドリーも家庭の洗濯機を使用する時と同様に、液体洗剤がお勧めです。

水に溶けやすいので、生地にムラなく浸透してくれるでしょう。

コインランドリーを使うと、その日のうちに洗濯が仕上がるという点や、クリーニングに出すよりも費用が安くすむことで、最近は利用者も多くなっています。

また、コインランドリーの大容量の乾燥機を使うことで、ダニやカビ対策にも有効です。

こう考えると、コインランドリーでのお布団の丸洗いがメリットだけのように思われますが、気を付けなければならない点もあります。

それは、お布団の種類によっては、生地を傷めてしまったり、本来の機能性を損なってしまう場合があるのです。

そのため、お布団の洗濯表示をしっかりと確認しましょう。

羽毛布団の丸洗いの方法と洗剤

多くの家庭で使用されている羽毛布団は、軽くて暖かいとても優れたものです。

しかし、羽毛布団は洗濯ができるのかという問題があります。

ほとんどの家庭では、クリーニングに出しているところが多いのではないでしょうか?

家族全員分のお布団をクリーニングに出すことを考えると、かなりの出費となりますね。

そこで、家で羽毛布団を洗う方法を考えてみました。

羽毛布団の襟元など特に汚れやすいところは部分洗いをしましょう。

この時は、おしゃれ着用の中性洗剤を使うことがお勧めです。

汚れのひどいところには、おしゃれ着用の中性洗剤の原液を使って、スポンジで叩くようにします。

次にお布団を3つ折りにして筒状にし、お布団用の洗濯ネットに入れます。

同じくおしゃれ着用の中性洗剤を溶かした洗濯機に入れますが、柔軟剤は使用しない方が良いでしょう。

乾燥時に羽毛同士が貼り付いてしまい、完全な乾燥ができなくなる可能性があるからです。

洗濯が終わったら、中の羽毛をほぐしてから、お布団を干します。

その際、時間をかけて日陰干しをすることをお勧めします。

完全に乾くと、元通りのふかふかの羽毛布団に戻っていることでしょう。

お布団を丸洗いする時の注意事項

お布団を丸洗いする時には、いくつかの注意事項があります。

まずは、洗う前にお布団の状態を確認しておくことです。

生地が破れていたりすると、洗濯中に中身が出てしまい、大変なことになってしまいます。

また、汚れがひどい時には、ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、浸け置きしておくことをお勧めします。

無理にこすり洗いなどをすると、生地を傷めてしまう可能性もあります。

羽毛布団の場合は、50℃以上になると、ダウンボールが油脂分を失ってしまうので、羽毛がふわりと仕上がらないことにつながり、要注意です。

お布団を丸洗いする時に、一番大切なのが乾燥で、コインランドリーなどでは乾燥機を使うと、完全な乾燥ができるのでお勧めです。

洗濯は家でしても、乾燥機だけコインランドリーを使うという方法もあります。

洗濯をしたお布団が完全に乾いていないと、ダニ、カビの原因となり、後々の大きな問題となります。

自分で洗濯する場合、羽毛を痛めてしまう可能性もあります。

不安でしたら、専門店にお願いしましょう。

お布団の丸洗いは中性洗剤を溶かして使う

毎日使うお布団を丸洗いする時には、汗や脂でかなりの汚れが付いていると考えなければなりません。

そのため、中性洗剤を使用して洗濯することが好ましいのですが、この際にはおしゃれ着用の中性洗剤が適切だと言われています。

また、お布団をふかふかに仕上げるためには、完全に乾燥させることが必要です。

できれば物干しざおを2本使用して、風が通りやすくして時間をかけて、日陰干しをすることをお勧めします。

 - お布団