布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

清潔に使いたいお布団はクリーニングに託す!その相場とは?

2018.5.21

お布団を、専用のクリーニングに出したことはありますか?

衣類と違って、お布団をクリーニングに出す人はあまり多くないかもしれません。

その必要性は感じていても、お布団となると料金の相場も気になりますし、わざわざ持って行く手間を考えると、ついつい後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、今、お布団のクリーニング業者は全国でかなり増えており、切磋琢磨しながら様々なサービスを行っています。

ここでは、お布団の専門クリーニングについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園のお昼寝布団選び!サイズは?柄は?選ぶポイントは?

幼稚園に入園する際の準備物で、最も悩んでしまうのが「お昼寝布団選び」ではないでしょうか? 小さ...

お布団の選び方を詳しく解説!おすすめは羽毛や羊毛

皆さんは、お布団をどんな基準で選び、購入していますか。 今、売り出されているお布団は、安価...

お布団のカビはなぜ生える!?取り方と対処法

お布団の中でも、敷布団は最もカビが生えやすいです。 なぜ敷布団はカビが生えやすいのでしょうか? ...

あまり知られていない!?正しいお布団の干し方と注意点

夜寝るときは必ずお布団を使いますよね。 皆さんは正しいお布団の干し方をご存知でしょうか。 ...

知っていますか?お布団の収納方法と効果的な虫除け方法

季節の変わり目になるとそれまで使っていたお布団を片付けますよね。 皆さんは、どうやってお布団を...

お布団の悩みに布団乾燥機がおすすめ!メーカー人気商品は?

毎日の疲れを癒してくれるお布団、とても大事な日常生活アイテムですよね。 しかし、湿気が溜ま...

お布団の正しい干し方!布団カバーも忘れずに洗濯を!

お布団を干すことは、お布団を乾燥させ、ダニの殺菌などの効果があります。 しかし、お布団を清潔に...

冷たいフローリングにお布団は嫌!発泡スチロールは役立つ?

寒い冬は、フローリングなどの床って冷たいですよね。 体が寒いと、寝つきが悪かったり、睡眠の質も...

お布団を直接床にひくなら、床に湿気をためない一工夫を!

お布団を、直接フローリングなどの床にひく場合、湿気が床とお布団の間にたまりカビの原因になります。 ...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

お布団をコンパクトに保管したい!たたみ方や収納方法など

お布団で眠りについている方もいらっしゃるでしょう。 そんなお布団ですが、なにかと場所を占領して...

お布団は粗大ゴミ扱い?小さく切ると普通の可燃ゴミになる?

「お布団を切ると可燃ゴミとして捨てられる」と、自治体の広報などで読んだことはありませんか? 自...

赤ちゃんのお布団にカビが!!安全な取り方と対処法は?

赤ちゃんは大人の何倍も汗をかきます。なので布団にもカビは生えやすいのです。 また、カビは赤ちゃんに...

布団レスこたつの評判は?メリット・デメリットを公開

最近、こたつ用のお布団がいらない布団レスこたつというアイテムが話題を集めています。 お部屋...

お布団を丸洗い!その時に利用するクリーニング店の評判は?

お布団の丸洗いをするには、専門業者さんのクリーニング店を利用するのが最適だと言われています。 ...

スポンサーリンク

カビの生えたお布団を専門のクリーニングに出す時の相場

毎日使うお布団なので、いつも清潔に心地良く使いたいものですよね。

お布団は汚れやシミなどが気になっても、なかなかその対処に迷ってしまいますが、専門業者にクリーニングを出すことで、新品のような清潔でふかふかしたお布団に戻ってくるものです。

ここでは、専門業者のお布団のクリーニングに出すことを考えてみたいと思います。

まず、お布団をクリーニングに出すタイミングはどんな時なのでしょうか?

一つは、お布団にカビが発生してしまった時ですね。

お布団のカビは家で対処するにはなかなか難しく、重曹やエタノールを使って、除菌はできても黒い斑点の汚れまでは除去できない現実があります。

カビが発生してから、1か月以内程であれば、専門業者のクリーニングで取れる可能性はかなり高いと言われています。

丸洗いをして、高温乾燥することでカビ菌を完全に死滅させ、体への健康被害はなくなります。

また、カビの繁殖を防ぐことで、安心してお布団を使用することができるでしょう。

クリーニングの相場は、お布団一枚につき3000円から7000円くらいと言われています。

お布団のクリーニングの相場はいろいろ?

お布団には、敷布団、掛け布団といった用途の違いがあるだけでなく、綿や羊毛、羽毛とその素材によってもいろいろな種類があります。

そのため、種類によってお布団のクリーニングの相場は変わります。

まずは、その種類によっての料金の違いを調べていきましょう。

まず、お布団自体のお値段ですが、最近では全て面で作られているお布団は、敷布団でシングルが20000円、ダブルで25000円くらいが相場となっています。

羊毛の場合はシングルで30000円から40000円とされ、最近、使用量が増えている羽毛布団の場合は、シングル50000円から60000円が一般的でしょうか。

最近では、様々なメーカーからかなり安いお布団も販売されていますが、羽毛の質が低いものであったりすることもあるので、しっかりと見極めて購入するべきですね。

さて、これらのお布団をいざクリーニングに出すとして、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

羽毛の掛け布団だけであれば、4000~6000円ほどが相場と言えますが、敷布団も一緒にとなると、価格は倍になります。

肌掛け布団でも3000~4000円と言われていますので、一人用でもお布団一式をまとめてクリーニングに出すとなると、最低でも11000円くらいはかかってしまうのです。

お布団をクリーニングに出すことをためらう理由

お布団をクリーニングに出すことは、意外に面倒くさいものですね。

かさばって重たいお布団をクリーニング店に持ち込むのも面倒ですし、相場でも10000円を超えることがわかっているので、なかなか必要に駆られなければ決心できません。

さらに、クリーニングに出したお布団は戻ってくるまでに、10日から2週間ほどかかると言われています。

いつものお布団がそれほど長い間ないことは不便で、あまり使わないお客様用布団で寝ることに違和感を感じたりもします。

また、せっかく持ち込んでも、洗濯不可のお布団であったり、店側に適切な設備がないことで、クリーニングを断られてしまうケースもあります。

高級素材のお布団などはこのようなケースも多いようですから、必ず事前に確認しなければなりません。

このような様々な理由で、お布団をクリーニングに出すよりは、新しいお布団を買い替える方が良いのではないか、と考える人も多いでしょう。

確かに、お布団自体の価格が以前に比べてかなり安くなっているので、それも一つの方法かもしれません。

進化を続けるお布団のクリーニングサービス

買い替えをする方が安い場合もあるお布団ですが、最近ではクリーニング業者も様々なサービスを始めて、顧客獲得に力を尽くしています。

たとえば、「宅配サービス」もその一つでしょう。

申し込みをすると、専用の袋が届き、お布団を入れて業者に連絡をすると、宅配業者が集荷をして、お布団を持って行ってくれます。

送料は必要なところもありますが、お布団の枚数などによっては、無料になるところもありますし、何よりも持ち込まなくて良いので、手間が省けますよね。

また、最近ではクリーニングにかかる日数もかなり少なくしている業者が増えており、お布団が届いてから5日以内に返送するというところも多くなっています。

お布団をクリーニングに出す顧客側の要望を多く取り入れ、少しでも使いやすいサービスにしたいという業者が増えているのでしょう。

金額にしても競争が激しいためか、かなり安くしているところも多くなっており、羽毛布団の掛け布団も5000円くらいからなど、その相場はかなり変動しています。

枚数によって、まとめ割引をしたり、敷布団のクリーニングをしている間、店の敷布団を無料レンタルするなどのサービスを徹底している業者も現れています。

お布団のクリーニング相場から考える買い替えかクリーニングか?

お布団をクリーニングに出す時に、一番気になるのはやはりその料金でしょう。

お布団のクリーニングの料金の相場は業者によって、ピンからキリです。

料金が高い業者と安い業者のどこが違うかと言えば、やはりそのクリーニング方法であったり、技術、設備、サービス内容でしょう。

とにかく安く仕上げたいというのであれば、格安の業者を利用するのも手でしょうけれど、そこまで安いことを優先するのであれば、むしろ新しいお布団を買い替えた方が安くなる場合もあります。

お布団の種類や使用年数によっては、買い替えを選択する方が賢い場合もあります。

しかし、高級素材のお布団であれば、ある程度、料金が高いクリーニング業者でしっかりと洗ってもらった方が良いと思います。

何故なら、お布団の価値を考えてみれば、クリーニングに一度出すことで、新品同様のお布団に仕上がり、それから数年は清潔に心地良く使用できるからです。

いずれにしても、お布団の種類や使用年数などを考慮して、クリーニングに出すか新品を買い替えるかを決める材料とすることをお勧めします。

お布団を洗うという習慣をつけよう!

これまで、お布団を丸洗いしたことがない、と言う人も多くいらっしゃるでしょう。

それは、今までの生活の中で洗う習慣がなかったことと、どうせ家での洗濯は無理だからという理由が多いのではないでしょうか?

しかし、最近ではお布団も丸洗いが当たり前だという感覚を持つ人が増えてきました。

お布団の専門クリーニング業者が増えてきたことや、そのクリーニングの料金の相場がどんどん安くなっているからです。

また、宅配業者を使うことで、持ち込む手間がなくなったり、レンタルの敷布団を用意してくれるなど、様々なサービスが知られてきていることも、丸洗いが当たり前という考えの人が増えてきている理由の一つでしょう。

お布団は、衣類以上に汗を吸収しています。

通常の布団干しだけではなかなか湿気や汗、脂の汚れは全て取り去ることはできません。

それをわかっていても、なかなか丸洗いができないのがお布団ですね。

最近、話題となっている布団専用の掃除機や高性能の布団乾燥機の出現で、お布団の扱い方に大きな変化が出てきたことは皆さんご存知だと思います。

専用クリーニングやお布団を丸洗いできるコインランドリーも増えている中、ぜひお布団の丸洗いを習慣にしましょう。

そして、常に清潔で心地良いお布団を使う習慣をつけましょう。

お布団のクリーニングの相場が変動している事実

現在、お布団のクリーニング業者は全国に多く存在しています。

宅配業者を使うことで、お布団のクリーニングもかなり手軽に行えるようになってきました。

今までは必要だけど見逃されがちだったお布団のクリーニングですが、ここへきてその必要性がクローズアップされており、そのため、料金の相場もかなり変動してきています。

多くのクリーニング業者がいろいろなサービスを考案し、実行しています。

あなたも是非一度、お布団のクリーニングを体験してみませんか?

 - お布団