布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ポリエステルのお布団は洗濯できる?クリーニングに頼む?

2018.4.26

ポリエステルのお布団は、そのほとんどが洗濯可能となっています。

家での洗濯機やコインランドリーでも洗濯が可能とされているポリエステル素材のお布団は、クリーニングでも何の問題もなく出すことができます。

ここでは、ポリエステル素材の特徴と取り扱いなどについて検証し、その上で洗濯するのにはどの方法が一番良いのかを考えてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

無垢材の床をおすすめする理由!塗装の種類って??

無垢材は、合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材です。 割れやひびなどが入...

お布団の乾燥除湿に役立つおすすめアイテムをご紹介!

晴れ間が少ない梅雨の時期には、お布団を洗っても外に干すことができず困ってしまいますよね。 また、...

幼稚園のお昼寝布団選び!サイズは?柄は?選ぶポイントは?

幼稚園に入園する際の準備物で、最も悩んでしまうのが「お昼寝布団選び」ではないでしょうか? 小さ...

布団干す際に一工夫!ベランダが汚い場合の干し方のコツとは

マンションやアパートに住んでいる場合、一軒家と違って不便なこともあります。 例えば、布団干す場...

お布団のダニ!家庭用掃除機&布団専用クリーナーの効果は?

お布団に潜むダニ、小さなお子さんがいるご家庭では、特に気になりますよね? 肌が赤くなったり痒くなる...

お布団がずれるお悩みを解決!寒い冬の快適な睡眠生活のため

寝ている間に、お布団がずれることはありませんか。 冬の季節にずれてしまうと寒いですよね。 ...

和室にお布団を敷く注意点!おしゃれにコーディネート

みなさんの寝室は洋室ですか?それとも和室ですか? 現在でも、和室にお布団を敷いて寝ている人は意...

布団カバーやシーツが乾燥機で縮む理由とは?対策方法って?

布団カバーやシーツって、ご自宅の洗濯機でも洗えるので、天気の良い日などに洗う人は多いと思います。 ...

介護のコツ!お布団からの起き上がりは3つの工程で介助する

お手本や動画で見る、お布団からの起き上がり介助は、いとも簡単にやっているように見えますね。 し...

お布団にダニスプレーをかけても良いの?その効果はいかに!

お布団にいるダニやダニの死骸によるハウスダスト対策として、今やお布団専用の掃除機は一家に一台に等しい...

お布団の直敷きで床が結露!?湿気対策をして快適な睡眠を!

お布団の湿気によって、フローリングにカビが生えることもあるってご存知でしたか。 特に、お布団を...

最近の布団乾燥機は靴にも使える!今時の靴の乾かし方とは

雨の日や冬などに欠かせない布団乾燥機ですが、お布団の乾燥の他に、靴を乾かすのにも使えることをご存知で...

布団乾燥機の利用でダニは退治できる?布団乾燥機の種類比較

雨など湿気の多い季節になると、お布団の湿り気やダニが気になりますよね。 ダニは、熱に弱いとよく...

教えて!カラーボックスや寝具のカビの対処法

カラーボックスは安価にもかかわらず、非常に頑丈で使い勝手もいいですし、工夫次第では机やテレビ台として...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。 ...

スポンサーリンク

ポリエステルのお布団の特徴

最近では、宅配布団クリーニングが多くなっていますね。

布団クリーニングでは、お布団の素材で洗濯不可なものもあるのでしょうか?

家の洗濯機では、綿や羊毛素材のお布団はなかなか洗濯できないものが多いようですが、クリーニングでしたら今はほとんどの素材のお布団の洗濯が可能とされています。

それは、クリーニング業者さんの技術が進歩を続けていることや、お布団メーカーも洗濯が問題なく行えるようなお布団を開発するようになったからでしょう。

では、ポリエステル素材のお布団のクリーニングはどうでしょうか?

もちろん、ポリエステルのお布団はクリーニングに出すことは可能です。

ですが、最近のポリエステルのお布団は、洗えるように加工されたものも増えてきていますから、その場合はご自宅で洗濯が可能です。

自宅で洗濯できるということは、クリーニングに出すよりも大幅にコストを削減できます。

ポリエステルは吸湿性が低いという特徴があるため、濡れてしまってもすぐに乾く素材です。

洗濯をしても、すぐに乾くので、他の素材と比べると洗いやすいと言えます。

寝汗などもすぐに乾くため、最近では人気のお布団の素材となっており、カビなどの雑菌も繁殖しにくいのです。

高温にも対応できるため、乾燥機やアイロンがけをしても、収縮することがないため、便利な素材とされています。

ポリエステルのお布団のお手入れ方法

ポリエステルのお布団は、軽くて埃が出にくく、丸ごと水洗いができるので、清潔で衛生的なお布団として人気ですね。

さらに、放湿性にも優れていて、蒸れにくいこと、さらに保温性もあるので、お布団として優秀な素材だと言われています。

しかし、湿気を含みにくい特徴があるとは言え、お布団にはかなりの寝汗が吸収されています。

ですから、最低でも月に1、2度の日干しをしたいところですね。

日干しをする際、直射日光に当てると、お布団の生地を傷める原因にもなりますので、カバーやシーツをつけたまま干すことをお勧めします。

こまめに日干しができない場合には、椅子の上などにかけて、湿気を逃がすだけでも衛生的に使うことができます。

また、布団乾燥機の使用も良いでしょう。

お布団に汚れがついてしまったら、つまみ洗いをして、十分に乾燥させましょう。

ウォッシャブルマークがついているお布団は、家の洗濯機でも洗濯は可能ですが、それ以外は、クリーニング店に出す方が良いとされています。

ポリエステルのお布団をクリーニングに出すメリット

家での洗濯も可能と言われても、手間や仕上がり状態に不満を感じる人も少なくないでしょう。

少々の汚れであれば、家でつまみ洗いをすることも良いですが、やはり定期的にクリーニングに出したいという人は多いのではないでしょうか?

最近ではお布団専門の宅配クリーニングも多くなっているので、ポリエステル素材も含め、ほとんどの素材のお布団をクリーニングに出すことができます。

お布団をクリーニング店に出すことには、いくつものメリットがあります。

まずはダニやアレルゲン、カビを除去することができます。

また、臭いや汚れが家での洗濯よりも確実に除去できます。

へたっていたお布団がふんわりと新品のように仕上がり、保温力が増して、お布団の耐久性も伸びると言われています。

このようなメリットがあるのであれば、年に1、2回は定期的にクリーニングに出したいものですね。

特に最近では、宅配便を利用した宅配クリーニングが多くなっているので、手間もかからずに清潔なお布団を保つことができるのです。

ポリエステルのお布団はクリーニング以外でも洗濯可能

定期的にクリーニングに出すのはお勧めの方法ですが、小さい子供さんのいる家庭などで、汚れが気になる場合は、クリーニング以外での洗濯も考えましょう。

ポリエステル素材のお布団は、家の洗濯機や、浴槽での洗濯もほぼ可能ではあります。

しかし、手間がかかることや乾燥させる時間がかかることを考えると、なかなか容易にはいきませんね。

そんな時、便利なのがコインランドリーの利用です。

コインランドリーは、綿や毛100%のお布団は中身がばらばらになってしまう可能性があるので、お勧めできませんが、ポリエステル素材は間違いなく洗濯可能です。

お布団を筒型に丸めて入れると、中身が偏らずに洗うことができます。

また、大型の乾燥機も設置されているので、ぜひ活用しましょう。

短時間で完全に乾燥できるのは、コインランドリーの大きな魅力です。

汚れが目立った時などにコインランドリーを利用することで、クリーニングに出すよりもコストを抑えることができます。

ポリエステルのお布団は洗濯に最適!クリーニングにも気軽に出せる素材!

赤ちゃんや、小さいお子さんがいる家庭では、頻繁におねしょをしてしまったり、ミルクを吐いてしまうこともありますよね。

その場合、汚れたお布団を丸洗いしたいと思うでしょう。

また、ダニやカビ対策としても、お布団を常に清潔に保ちたいと考える人も多いでしょう。

綿や羽毛のお布団にはメリットもたくさんありますが、家の洗濯機で手軽に洗うことはできません。

それに比べて、ポリエステル素材のお布団は、洗濯に適しているので、自宅の洗濯機やコインランドリーなど、気軽に洗濯をすることができます。

また、洗濯表示などを気にしなければならないクリーニングでも、ポリエステル素材であれば、ほとんど問題なく引き受けてもらうことができます。

衛生面を最優先して考えれば、ポリエステル素材のお布団は定期的にクリーニングに出し、そのほかの時期で気になった時には、家でも洗えるので、とても便利なのです。

常に清潔でふかふかのお布団であれば、安心してぐっすり眠ることができますね。

ポリエステルのお布団を勧める理由

ポリエステル素材のお布団は、綿や羊毛のお布団よりも人気が高いです。

その理由は、何と言ってもリーズナブルな点でしょう。

しかし、それだけでなく、ポリエステルのお布団にはお布団としての優れた機能がたくさんあるのです。

まず、ポリエステルはクッション性が高く、繊維が太いので耐久性に優れています。

繊維が太いことから、埃が立ちにくく、喘息気味の人にもお勧めのお布団なのです。

また、腰痛持ちの人にお勧めなお布団とも言われています。

その理由は、クッション性が高いので、へたりが少ないからなのです。

さらに、ポリエステル素材は、化学繊維なので加工がしやすく、防菌加工、防ダニ加工など様々な対応がされていて、お布団としての機能は十分なものです。

その上、洗濯に向いている素材なので、家での洗濯や、クリーニングにも気にせず出せるお手入れの簡単さが人気の秘密です。

これらの点から、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭、喘息を持っている人がいる家庭などには、特にお勧めのお布団の素材と言えるでしょう。

ポリエステルのお布団はクリーニングにも最適な素材だった!

毎日使うお布団として、特にお勧めなのがお手入れがしやすいポリエステル素材のお布団です。

ポリエステルは家での洗濯機やコインランドリーでもほとんどが洗濯可能ですし、クリーニングのメリットも最大限に引き出せる素材なのです。

ポリエステル素材のお布団であれば、クリーニングならではの仕上がりのふんわり感や、耐久性、汚れや臭いの除去が確実に実感できるでしょう。

洗濯が手軽にできるため、年に1、2回のクリーニングと、家でのつまみ洗いやコインランドリーを使用しての洗濯がお勧めです。

常に清潔なお布団で、快眠生活を楽しみましょう。

 - お布団