来客用のお布団はどんなものがおすすめ?収納方法は?

お家に来客があった場合に使う来客用のお布団は、皆さん、どのようなものを使っていますか?

折角のお客さんですから、寝る時も気持ちよく寝て頂きたいですよね。

ここでは、どのようなお客様用のお布団がおすすめなのか、また、どのように収納したら良いのかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

天日干しだけで大丈夫?ベビー布団とマットレスの洗い方

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃん。実は大人の2倍もの寝汗をかいています。おしっ...

屋根やベランダでお布団を干す時は布団干しシートが役立つ!

お布団の湿気や汗が気になった時に、天日干しする事もありますよね。屋根にお布団を乗せて干してい...

マットレスと敷布団を敷く順番が気になる?併用にはご注意

ベッドが私たちの生活に浸透し始めたころから「マットレス」というものの存在もクローズアップされるよ...

お布団の洗濯バサミが壊れた!そんなときは何で代用する?

「さて、今日は天気も良いし、お布団を干そう!」と思った矢先に、洗濯バサミに手をかけると壊れてしま...

必見!簡単で楽にできる布団カバーの付け方をご紹介!

お布団にカバーを付けるのは、面倒だと思っている人が多いのではないでしょうか?面倒だから、布団...

お布団を干す場所に迷う!どこに干せば良い?干す場所紹介!

戸建でもマンションでも、建物の向きや間取りなどによって、お布団を干す最適な場所がなくて困ることってあ...

お布団はどうやって収納する?ブログで話題の収納術

ボリュームがあり、かさばるお布団は、収納に困ってしまいます。特に、収納スペースの少ないお部屋...

敷布団やマットレスはどう選ぶ!?おすすめの寝具選び

睡眠は毎日するものですから、寝具のマットレスや敷布団は自分に合ったものを選びたいですよね。そ...

マットレスに敷布団はいらない?正しい寝具の置き方と使い方

「マットレスの上に敷布団はいるのか?いらないのか?」このように迷ったことのある方は、多いので...

夏に最適なお布団と湿気対策グッズをダブルでご紹介!

暑苦しい夏の熱帯夜には、寝汗をたくさんかいてしまいムレやすくなりますね。そんな時期には、通気...

何と言われようがロフトで寝る!お布団カビ対策・快適な方法

お部屋にロフトがある場合、どのような使い方をしていますか?収納スペースでしょうか。そ...

お布団は自由度が高くおすすめ!一人暮らしのお布団の選び方

進学や社会へ出ることをきっかけに一人暮らしを始める際、新たに寝具を購入するという方も多いのではな...

圧縮したそのお布団は大丈夫?圧縮袋を正しく使う方法とは

押し入れを占有するお布団が邪魔で「物が入らない」、なんてことはありませんか。そのような場合は...

上手にお布団を干すには?意外と知らない湿度と風の重要性!

お布団を干すときに重要なのは、適度な日差し、低めの湿度、乾いた風です。中綿の素材によって干し...

お布団のダニやホコリ対策!布団クリーナーが人気なワケは?

お布団のダニやハウスダストを吸引する「布団クリーナー」って人気ですよね。使用されているご家庭...

スポンサーリンク

来客用のお布団はどんなものがおすすめ?

来客があった場合のために、お家に1つは来客用のお布団を用意しているという人は多いのではないでしょうか。

そんな来客用のお布団、皆さんはどのようなものを用意していますか?

来客用のお布団とは言えども、あまり使うことがないため高いものは準備していない、という人もいらっしゃるかと思います。

それでは、来客用のお布団を選ぶ基準として多い項目をお伝えします。

・セットになっているもの
・丸洗い洗濯ができるもの
・コンパクトに収納できるもの

このうち、セットになっているものは、安価で購入できることが多いです。

そのため、セットになっているお布団を準備しているという人が多いです。

また、日頃から使わないため、来客が来ると分かっていたらこと前にお布団を洗濯できるようにと、自宅の洗濯機で洗濯できるものを購入する人もいらっしゃるようです。

そして、一番多いのではないのではないか、と思うのが、「コンパクトに収納できるお布団を用意している」という人です。

通常、お布団はどうしても嵩張り、収納スペースを広く取ってしまうため、収納スペースをあまりとらないものが人気のようです。

また、清潔感が気になるという人は洗濯できるものを選びましょう。

そして、収納スペースが少ない、圧迫されるのは困るという人はコンパクトに収納できるお布団がおすすめです。

来客用のお布団は洗濯できるものが良い

皆さんは来客用のお布団は使わない場合、または使う直前などはどうしていますか。

来客が来た時しか使用しない、しまいっぱなしになりがちな来客用布団ですが、洗濯できるものを揃えておくと便利でおすすめです。

クローゼットや押し入れに入れていると、嫌なカビ臭さやほこりの臭いなど、臭いやシミができてしまうかもしれません。

また、最悪、カビが生えていることもあるのです。

急な来客のときにそんな状態であればもちろん使用することができず、痛い出費にもなってしまいますよね。

ほとんどお泊りするお布団を使うことがないという人は、洗濯ができるタイプのお布団を購入して保管しておくと良いでしょう。

よく言われることですが、人間は睡眠中にコップ2杯もの汗をかく、とされています。

使用したあとに例え天日干しをしても、わずかに残った汗の臭いが次に使用する時にはとても嫌な臭いに、なんてことも考えられますよね。

家で気軽に洗濯ができるお布団であれば来客がある前日に天日干しをし、使用あとは洗濯をして、また収納することで、清潔さを維持できます。

使わない期間が長いなら、2ヶ月に1回程度洗って干すと、さらに清潔なまま収納することができます。

もし、「来客用布団なんて年に1日2日使う程度かな」という人は、このようなお布団を使用してみると楽になることでしょう。

レンタルできる来客用のお布団

来客用のお布団は収納スペースを圧縮し、収納が少ないお部屋や家だと、とても邪魔になってしまう物ですよね。

特に、最近では必要なものを精査する人も増えつつあり、来客用のお布団を準備しない、という人も多くいらっしゃいます。

そのような、「来客用のお布団は邪魔だし、干したりするのも時間がないから購入したくない」という人には、「お布団レンタル」がおすすめです。

お布団レンタルというのは、その名の通りお布団をレンタルしてくれるというシステムです。

申し込む手順としては、

①電話でお布団のレンタル日を伝え、時間を指定する

②当日の指定時間に配達してくれる

たったこれだけです。

布団の大きさとしては畳の2/3程の大きさのバッグが届き、敷布団、掛け布団、枕の3点が入っています。

季節によっては毛布や冬用のお布団になるなど、内容が変わります。

また、敷布団は厚みがあるため、畳に直敷きでも身体が痛くなりにくく配慮されています。

イメージとしては、「旅館のお布団」という感じですね。

使い終わったあとは元の状態に戻し、お店の人が受け取りに来てくれるので、わざわざお店に持っていく面倒もありません。

もし、家を空ける場合は玄関先に置いておくと回収してくれるお店もあるようなので、事前にお店に確認してみると良いでしょう。

このように、来客用のお布団を収納するスペースがないという人は、お布団のレンタルも考えてみてはいかがでしょうか。

突然の来客でも問題なし!エアーベッドがおすすめ?

来客用のお布団を購入する人が少なくなってきつつありますが、最近、来客用として人気を集めているのが「エアーベッド」というものです。

エアーベッドは空気を入れるとベッドのように膨らみ、ベッドとして使用することができます。

また、使わないときは空気を抜くことで、コンパクトに収納することができるため、来客用としてお家に置いておくという人が増えてきました。

値段も2,000円~と安価で購入することができ、収納が少ないお家でも収納スペースを圧迫することがないため、人気となっています。

使用方法は、

①箱からベッドを出し、空気が入りやすいように広げる

②コンセントに刺し、電源を入れる

③自分の好みの硬さになるまで空気を入れ、電源を切る

これだけです。

収納する時は空気を抜く栓があるので、それを抜くと空気が抜けていきます。

注意する点と言えば、エアーベッドによっては、空気を入れる電動ポンプが付いているものと、自分で入れる空気ポンプが付いているものと2つの種類があります。

購入する前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

もし、無駄なスペースを取りたくない、洗濯するのも面倒、レンタルにお金をかけたくないという人は、エアーベッドがおすすめです。

ぜひ、自宅に1つ、準備してみてはいかがでしょうか。

来客用のお布団を小スペースで収納!おすすめのアイデアをご紹介!

来客用のお布団は嵩張るし収納スペースを圧迫するし、本当は購入したくなかったけれど、親戚が泊まる場合はどうしても気を使ってしまって購入せざるを得なかった、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような人に来客用のお布団を収納する、おすすめのアイデアをご紹介していきます。

・紐を使って丸める

来客用のお布団はサイズが大きいため、収納スペースを圧迫してしまいがちですが、紐を2~3本使うことで小さく収納することができます。

方法は

①布団を半分に折る(縦に半分、または三つ折り)

②布団を端から丸める

③紐でぐるっと巻いて開かないように固定する

これだけです。

1ヵ所だけだとどうしても端っこが開いてしまうので、両端と真ん中の最低でも3ヵ所で固定しておくと、開くことがなくコンパクトに収納することができます。

出費もなく収納できることがポイントですね。

・インテリアとして収納する

来客布団を押し入れやクローゼットに収納するのではなく、インテリアとして置いておく、という方法です。

先程と同じようにお布団を丸めて縛り、自宅のインテリアや自分の好みの袋に入れるだけです。

あとはベッドにおいてクッションのように使用しておくと、収納スペースをつくらずに来客用のお布団を置いておくことができますね。

どうしても来客用のお布団を購入しておかなければならないという人はぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

来客用のお布団を収納する時に役立つアイテム!

では、次に、来客用のお布団を収納する時にあると便利なおすすめのアイテムをご紹介します。

・ラック

押し入れにラックを配置し、上下に分けて収納スペースをつくることができます。

お布団も整理しやすく、雪崩が起きるなんてこともないのでお子さんが開けてしまっても安心ですね。

・幅を変えることができる収納ワゴン

どうしても収納スペースは限られてしまいますよね。

収納スペースに合わせて幅を変えることができるワゴンは来客用のお布団だけでなく、様々な収納事情に役立ちます。

キャスターも付いているため、わざわざお布団を押し入れから敷く場所まで運ぶという手間もなくなり、腰を痛めるなどの怪我の心配もないので、おすすめです。

・衣類と一緒に収納できる二段式のクローゼットラック

下にお布団用のワゴンを入れることができるラックも販売されており、上には衣類や小さな衣装ケースを入れることが可能です。

不織布カバーがあるので、客室などにあるとコートや来客用お布団をほこりから守りつつ収納することができます。

そして、他にもさまざまなお布団収納アイテムがありますので、是非自分好みのものを探してみて下さい。

特に、ソファーやクッションのように収納できるものはインテリアにも使えるため、チェックしてみましょう。

来客用のお布団は様々な方法で用意できる!

これから来客用のお布団を準備しようかと考えている人に役立つ情報をまとめました。

以上のように、洗濯できるもの、レンタルのお布団、エアーベッドなど、様々な方法で用意することができます。

収納スペースがないけどお布団は購入してしまった、という人は、インテリアのように収納してみたり、押し入れをコンパクトに収納してくれるアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。