布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

免疫力が弱い幼児でも風邪をひかせたくない!良質な睡眠が鍵

2018.3.30

幼児期の頃は熱を出しやすかったり、風邪をひきやすかったりと心配になってしまうことが多いですよね。

筆者も2歳になる子どもがいますが、突然の発熱や風邪の症状には毎度慌ててしまいます。

今回は、そんな幼児の「風邪と睡眠の関係性」についてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

睡眠は何時間我慢できる?ギネス記録に挑戦した少年

睡眠時間を削ると、体調が悪くなったり集中力が下がるという方は多いのではないでしょうか。 睡...

睡眠不足によるめまいや症状!その対処方法を知っておこう!

最近、寝ていても疲れが取れない、目覚めが悪い、などといった症状はありませんか? それは、もしか...

睡眠が脳を元気にする!疲労の原因物質である活性酸素とは?

「疲れたときは寝るのが一番!」 昔からそのような言葉はよく耳にしますが、実はこの言葉にはち...

インバーター蛍光灯が故障した!蛍光灯がつかなくなる原因!

夜、帰宅して部屋のスイッチを押してもインバーター蛍光灯がつかない! 急に故障してつかなくなると、と...

お布団の中で見る夢、なぜ人は夢を見る?夢占いは当たるの?

お布団の中で、すやすやと眠っている時に見る夢。 人はなぜ夢を見るのでしょうか? 脳の動きに理...

瞑想が質の良い睡眠に効果的って本当?その理由と方法とは?

皆さん、瞑想と聞いて、どんなことを連想しますか? 「宗教的なイメージがあって怪しそう!」、...

睡眠と音楽との関係とは?bgmがもたらす疲労回復の効果

毎日の仕事や家事、育児や勉強などで何かと疲れが溜まります。 中には睡眠もあまり取れない、と...

寝つきが悪い人必見!睡眠を促すツボで眠りの質を上げる!

仕事で忙しくストレスが溜まっていたり、育児で疲れていたりと何かと心身ともに休まる時間が足りない現...

睡眠の周期を計算しよう!質の良い眠りで日中も元気に快適に

「毎日しっかりと睡眠をとっているのに、なぜか朝はすっきりと目が覚めない」 そのように悩んでいる...

机に座ると眠気が襲ってくるのはなぜ!?眠気を覚ます方法

いざ、勉強や仕事をしよう!と思って机に座るとたん、眠気に襲われることってありませんか? それに...

おしゃれにpcのデスク周りとお部屋をレイアウトするコツは?

みなさんのデスクにあるpcの周りは、きちんと整理整頓されていておしゃれにレイアウトされていますか!?...

夜勤明けの上手な睡眠のとり方とは?夏の夜勤明けの快眠方法

不規則な夜勤明けは、生活リズムも乱れがちになります。 また、夏は気温も高いため、熟睡ができない...

睡眠を正しく取る!短時間でも深い眠りを手に入れる方法!

私たちは毎日、様々なストレスと闘いながら過ごしています。 そのストレスをリセットしてくれるのが...

アイボリー色とベージュ色のインテリアで快眠をゲットしよう

あなたの部屋のベッドは、何色のカバーやシーツを使用していますか? 無難に、落ち着いた色合いのア...

窓から入る隙間風を防いで安眠しよう!隙間テープの使い方

冬場、窓の隙間から入り込んでくる冷気で、夜寝るのが辛いと思えば、夏場、網戸から入ってくる虫が邪魔で寝...

スポンサーリンク

幼児はなぜ風邪をひきやすいの?

「幼児期の子どもはよく風邪をひいているな」という印象がある方もいらっしゃるかもしれません。

特に、幼稚園や保育園などに通うお子様がいらっしゃるママさんからはよく「子どもが風邪をひいた」と聞くことが多い印象です。

では、なぜ子どもは風邪をひきやすいのでしょうか?

・大人より抵抗力が弱い

幼児期の子どもは、大人と比べて抵抗力が弱いです。

そのため、外出した際などに菌が体に入ると風邪をひいてしまうのです。

特に幼稚園や保育園などの施設は、誰か1人が風邪をひけばすぐに感染が広がってしまいます。

・栄養が偏る

離乳食の終わった幼児期の子どもは、好き嫌いの好みをはっきりと主張するようになります。

そうなると、栄養バランスを考えて用意した食事も、好きなものしか食べず偏食気味になってしまうこともあります。

その結果、風邪などの菌から体を守るための栄養が足りなくなってしまうのです。

・夜なかなか寝付かない

体がつくられる幼児期に良質な睡眠は欠かせません。

幼児期には長めの睡眠が必要とされていますが、夜更かし気味になってしまうと慢性的な睡眠不足となってしまいます。

上記以外にも様々な要因がありますが、やはり上記にあげたことが、多くの子どもに共通する理由です。

幼児期からバランスの取れた食事で風邪をひきにくい体へ

風邪をひきにくい健康な体づくりには、睡眠はもちろんですが、野菜など栄養のあるものをしっかりと食べさせたいですよね。

しかし、先ほどお伝えしましたが、幼児期の子どもは好き嫌いがはっきりしてくると、偏食気味になってしまいます。

筆者の子どもも今まさにその状態で、目まぐるしく変化する子どもの好みに合わせて献立を工夫しています。

子どもが野菜を食べない理由として、「食感」「苦味」「酸味」などが嫌だ、という場合があります。

毎食出される料理も、見事に好きなものだけを食べて残されるのは悲しいですよね。

ここでは、そんな好き嫌いのある子どもへの対策をご紹介します。

・ミキサーを使ってアレンジする

ご飯に入っている野菜に口をつけないまま残してしまう子どもには、野菜をミキサーなどで細かくしてあげてみましょう。

細かくした野菜とバナナやきな粉・砂糖などを混ぜてスムージーのようにして出してあげてもいいですね。

また、ヨーグルトに混ぜたり、ホットケーキやパン・クッキーなどに練りこんでしまうと、おやつとして食べさせることもできます。

・甘い野菜から徐々に慣れさせる

野菜を食べてほしいからと無理にあげようとすると、トラウマになってしまうこともあるので注意が必要です。

まずは、カボチャやサツマイモ・トウモロコシやトマトなどの甘い野菜から徐々に慣れさせていきましょう。

それでも食べないといった場合には、野菜以外のものから栄養をとれるように工夫しましょう。

幼児の睡眠不足はどんな影響が出るの?

成長期の子どもにとって、睡眠は成長には欠かせません。

幼児期の理想的な1日の睡眠時間は約11~13時間と言われています。

健康な体づくりに欠かせない睡眠ですが、睡眠不足になるとどのような影響が出てきてしまうのでしょうか。

・学習能力、注意力の低下

睡眠不足の影響としては、学習能力の低下や集中力の低下・記憶力が悪くなる・やる気が起きない、といったことがあります。

幼稚園や保育園等の集団生活を送っている場合は、周囲にも影響を及ぼしてしまう場合があります。

・イライラしやすくなる

これは大人にも当てはまりますが、睡眠時間が不足すると自律神経の働きが乱れてイライラしやすくなります。

また、起きている時間には交感神経が働いているのですが、夜更かししていると交感神経の働く時間が長くなるため、興奮状態が続きます。

その結果、忍耐力が低下し、怒りっぽくなってしまうかもしれません。

・成長ホルモンの分泌への影響

通常、成長ホルモンは夜ぐっすりと眠っている間に分泌されます。

しかし、睡眠不足になるとホルモンの分泌が減少してしまうため、骨や筋肉の発達が妨げられて身長が伸びにくかったり、抵抗力が低下し、風邪をひきやすくなってしまいます。

睡眠不足を解消!免疫力を高めて風邪予防

睡眠時間の確保は大人も子どもも大切ですが、幼児期は成長過程にあるため、とても重要になってきます。

風邪などへの抵抗力を上げるためにも、とても大切ですよね。

しかし、寝かしつけたいのになかなか寝付いてくれない、といったお悩みをお持ちのママさんもいるかと思います。

そこで、子どもの寝付きがよくなる方法をまとめました。

・昼寝は早い時間にさせる

幼児期の子どもはお昼寝をさせることが多いかと思います。

お昼ご飯を食べたらそのままお昼寝に突入してくれるのが理想ですが、なかなか一筋縄ではいかないですよね。

しかし、夕方にお昼寝を始めてしまうと夜、寝付きが悪くなり、夜更かしに繋がってしまいます。

もし、お昼寝をするなら、お昼の早い時間にしましょう。

・体を温める

お部屋が暖かいとウトウトしてしまうこと、ありますよね。

子どもも同じで、体を温めてあげることで眠りやすくなります。

お部屋を暖めて眠りやすい環境を整えたり、お風呂で十分に体を温めてあげましょう。

また、抱きしめてあげると安心感も加わって、寝付きやすくなる場合もあります。

・寝る前にはテレビを見せない

睡眠前にテレビ・スマホ・パソコンの光を浴びてしまうと、ブルーライトの影響で睡眠を促すメラトニンの分泌がされにくくなってしまいます。

そうなると寝付くまでに時間がかかってしまうため、できれば、眠る1~2時間前にはテレビを見せないようにしましょう。

運動と睡眠で免疫力をアップ!

「子どもは風の子」といいますが、冬などは寒さや風邪の流行を避けるために、屋内で過ごしがちな方も多いと思います。

しかし、エアコンの環境下に長時間いると、自分で体温をコントロールする力が衰えてきてしまいます。

そうなると、自律神経の働きが衰えて血行が悪くなる・低体温になるといったことから、免疫力低下に繋がってしまう場合があります。

そうならないためにも、いつもより1枚薄着にして自力で体温調節する力をつけられるようにしてあげましょう。

手足が冷たくても、お腹と背中がポカポカしていて寒そうな感じでなければ、そのまま様子を見ていて大丈夫です。

そして、短時間でも外で体を動かすことで、熱を自ら生み出し血行が良くなり、体全体に栄養を巡らせていきます。

そして、体温を上げることで免疫細胞も活性化し、免疫力アップに繋がります。

また、適度な運動で体を疲れさせ、良質な睡眠がとれるようになると、効果はさらに上がります。

幼児期からこのような習慣を付けておくと、風邪をひきにくい体質になっていきます。

親がしっかりお手本になって風邪予防!

上記でお伝えしたように、幼児期に生活習慣を整えておくことは、健康な体づくりにとても重要です。

そのためにはまず、私たち親自身がお手本となることが大切ですよね。

親が自堕落な生活をしていれば、子供にいくら厳しく言っても説得力がありません。

朝は早起きして朝食を食べる・適度な運動・毎食好き嫌いのない栄養バランスのとれた食事・夜は早く就寝してたっぷり睡眠をとる、といったことを、親が意識して行動することが大切です。

親の生活習慣は子どもに良くも悪くも影響が大きいので、一緒に規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

また、風邪の移し合いなどにならないためにも家族みんなが免疫力をアップさせるようにしましょう。

上記でご紹介した食事や睡眠前の習慣など、ぜひ参考にしてみてください。

子どものライフスタイルを見直して免疫力をアップさせよう!

幼児期の睡眠と健康には、深い関係があることがお分かりいただけたでしょうか。

もちろん、子どもの体質によって風邪をひきやすい・ひきにくいということもあると思います。

まずは、規則正しい生活習慣を身につける・栄養バランスをできるだけ整える・体を動かす環境を作る、ということを実践して、子どもの免疫力を上げてあげることが重要ですね。

子どもの強い体づくりができるよう、親としてサポートしましょう!

 - 睡眠, 睡眠の質