お布団を収納するインテリア!お部屋を綺麗に見せるには?

寝る時にベッドではなくお布団を使用していると、収納場所に悩むことが多くあります。

特に、洋間の多いお家では、家族の数だけの、お布団を収納するスペースがないこともあるでしょう。

また、季節を選んで使う、お布団の収納場所も考えてしまいますよね。

今回は、お布団を収納出来るインテリアについてまとめてみました。

お布団をお部屋の見えるところに収納する、こんな方法はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

6畳のお部屋や寝室に合うテレビの大きさはどのくらい?

みなさんは、寝室にテレビを置いていますか?その寝室のテレビは、大きいですか?それとも、小さいです...

賃貸マンションでトラブル!トイレの換気扇から異音が!?

マンションの換気扇から変な音がしてきたら、気になりますよね。そのまま放っておいて大丈夫なのでしょ...

エアコンと扇風機などを併用して隣の部屋を上手に冷やす方法

今年もジメジメとした暑い夏がやってきました。のぼせるような猛暑の中で体調を崩さない様に過ごす...

お布団をコンパクトにできる圧縮袋は繰り返し使えて便利!

お布団の魅力は、使わないときに畳んで置けることです。畳めることから、部屋のスペースを広く...

洗濯機の掃除してる?見落としがちな汚れが多い排水弁とは?

ほぼ毎日使っている洗濯機。部屋干しをしない方を除けば、毎日活躍するのが洗濯機なのではないでしょう...

部屋の光を蛍光灯にすれば虫が入ってこないって本当なの?

夜、外が暗くなると、家の明かりをつけますよね。部屋の明かり、寝室の明かり・・・つけていると虫...

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。お布団とベッドでは、どちらが腰...

ホテルの部屋の掃除方法が知りたい!カギはダスティング!?

きれいに整えられたホテルの部屋。どうやって掃除しているのか気になりませんか?なにやら「ダ...

掛け布団をリサイクル!簡単にできる座布団の作り方とは?

使わなくなった掛け布団。自宅の押入れや物置に眠っていませんか?捨てるのも勿体ない...

子供部屋のクローゼット、奥行は深めと浅めどちらがいいの?

子育て世代のファミリーが、新しく家を建てる際、一番考えるのが「子供部屋」ではないでしょうか?...

インテリアと家具の違い!コーディネーターってどんな仕事?

インテリアと家具の違い、ご存知でしょうか。インテリアと聞くと何やらお洒落なイメージがありませ...

カーテンが短いときの長さ調節するアイデアとリメイク方法

引っ越しや模様替えのときに、気軽に変化を楽しむことができるカーテン。でも、引っ越し先の窓のサ...

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。特に賃貸物件や...

知っておきたい、コンクリート用のネジについてのあれこれ!

DIYでインテリア用に棚を作ったり、ちょっとした工作などでネジを利用することは日常生活で良くあること...

電気が点滅したら危険信号!?その原因と未然に防ぐ方法とは

蛍光灯に白熱電球、LED照明。さまざまな照明器具にたくさんの電気が使われています。普...

スポンサーリンク

お布団って使わない時にはどうしてる?

そもそも、お布団を使用している方は、普段お布団をどのような状態にしておくのでしょうか?

和室であれば押し入れがついていることが多いので、お布団の置き場所にも困らないかもしれません。

しかし、現在の住宅では洋間の数が圧倒的に多いため、お布団の収納場所に困っている方はたくさんいらっしゃるでしょう。

もしかしたら、置き場がなく万年床になってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、お布団は敷いたままにしていると、カビやダニの温床になりやすいため、きちんと風を通さなければなりません。

それは、収納する前にも行う必要があります。

洋間ならばクローゼットが付いていることも多いため、お布団は中に収納すれば良いのですが、押し入れと異なりクローゼットはお布団の収納用に作られてはいません。

また、衣装ケースや鞄など、タンスの代わりに使用することが多いために、お布団を入れるスペースは中々取ることが出来ませんよね。

そうした問題から、万年床ではいかないまでも、お部屋の隅に畳んで置いておく、という方も少なくないのです。

それでは、そんな行き場のないお布団を、お部屋の中でインテリアとしてもおかしくないように収納するにはどうしたら良いのでしょうか?

お布団を収納出来るインテリア!布団タンス

まずおすすめしたいのは、「布団タンス」です。

布団タンスとは、文字通りお布団を収納するタンスのことです。

やはり、お布団の置場に困っている方が多いことから、様々なメーカーから様々な布団タンスが販売されています。

布団タンスは、形としては小さな置き型クローゼットのようですが、お布団を収納するために奥行きが長く取られています。

そのため、通常のタンスや本棚などと比べると、どうしても圧迫感は感じられるかもしれません。

しかし、インテリアとしてもお部屋にあわせやすい色味と形のものが多く、お布団も簡単に収納出来ます。

お部屋の隅に畳んで置いておくよりは、断然見栄えも良いでしょう。

また、高さが一段と二段のものがあるため、一組のお布団ならば一段のものを使用して上に小物などを置いても良いですね。

二段のものは、たくさんのお布団を一部屋で収納出来ますし、上段部分にハンガーバーがついていてクローゼット代わりに出来るものもあります。

収納というのは、多くて困ることはあまりありませんので、二段の方がおすすめと言えます。

また、布団タンスには観音開きだけではなく折れ戸式のものもあるため、スペースを考えて選べるのも特徴です。

中には、クローゼットと変わらない幅のある布団キャビネットという商品もありますので、お部屋にクローゼットが備わっていない場合には、お布団以外も収納出来てとても便利ですね。

お部屋のインテリアにもなる箱型タイプはどれを選ぶ?

次にご紹介するのは、箱型タイプのインテリアです。

箱型タイプでは、まずスツール型の収納があります。

スツール型は、蓋をしてしまえばそのまま椅子として使用出来るのですが、上にものを置くとお布団の取り出しには手間が掛かることになります。

季節ものの毛布や、ベッドパッドの替えなど、毎日取り出す必要のないものならば、上を小物置きとして使用しても良いでしょう。

ただし、スツールはサイズが大きいものでも、敷布団や掛け布団などあまり大きなものの収納が出来ません。

大きなお布団を収納するのならば、「深型桐化粧箱」がおすすめです。

スツールと比べると高額ではありますが、桐は吸湿にも通気性にも優れているため、お布団の収納には非常に向いています。

また、キャスターがついていて、移動出来るのも魅力です。

桐は色味も淡いため、お部屋に置いておいても明るい印象になりますね。

布団収納ラックを利用してお部屋のインテリアに!

お部屋のインテリアとして使用するのであれば、布団収納ラックを使用するのもひとつの方法です。

布団収納ラックには、桐やヒノキを使用したすのこ式のものやパイプ式のもの、樹脂で作られたものなどがあり、そのまま置いて使用するものとキャスターがついているものがあります。

布団収納ラックは、本来は押し入れで使用するもので、お部屋に出しておくものではありません。

しかし、お部屋の隅にお布団を畳んで置いておくよりも、布団収納ラックを使用した方が見た目もすっきりとして清潔感があります。

デザインがシンプルなので、すっとお部屋にも溶け込んで違和感がありませんし、ベッドと同じくあえて見せるものとしても良いと考えます。

また、ただ置いておくだけではなく、上から好きな柄の布を掛けて目隠しにするのも良いでしょう。

中にあるのがお布団のため、メッシュ素材など通気性の良い生地や、不織布などを使用すると湿気がこもらなくて衛生的です。

自分で選んだ柄ならば、お部屋の雰囲気に合わせて決めることが出来ますよね。

中には元々カバーの付いているラックもありますが、どうしても機能性重視になっているために、インテリアとして使用するには華やかさに欠けるものが多いようです。

そして、カバー付きのものはどうしても大きく圧迫感があるため、お部屋の雰囲気を壊してしまうこともあるかもしれません。

一段だけの布団収納ラックであれば、大きなスペースを取ることもないのでおすすめですよ。

おしゃれな布団収納ケースでインテリアのポイントに

次におすすめしたいのは、家具としてのインテリアではなく、布団収納ケースを小物として使用する方法です。

布団収納ケースというものは大分以前からある商品で、不織布を使用するものが多く、色はベージュか茶色がほとんどでした。

しかし、現在の布団収納ケースは様々な色があるだけではなく、形も柄も豊富になっているのです。

中でもおすすめしたいのは、ボストンバック型の布団収納ケースです。

こちらはアウトドア型の収納ケースになっているため、見た目にも通常のボストンバックのようで、水玉や星の柄などと可愛らしいものがあります。

ボストンバックのように収納したら、本物のバックと同じように並べておくだけでお布団とはわからなくなります。

防湿、防塵、防水にも優れているので、お布団はしっかりと守られることでしょう。

また、Moregem Japanの「ふとん収納袋」もおすすめです。

柔らかいスツールのような形状に収納することが出来て、柄もシロクマやボヘミアン柄などの可愛らしいものがあります。

こうした柄でしたら、お部屋の片隅に重ねて置いておくのもインテリアとして素敵でしょう。

こちらは、防ダニや防カビ、防虫効果もあり洗濯も出来るので、見た目だけではなく衛生的にも優れている商品です。

どちらも1000~2000円前後で購入出来るため、お財布にもやさしく買い替えもしやすいと言えますね。

布団収納をソファとして使用する

最後におすすめするのは、お布団を全く別のインテリアとして使用する方法です。

こちらも前項と同じように収納ケースを使用することに変わりはないのですが、その形状や使用方法が少々特殊になります。

掛け布団と敷布団を別々に収納し、それぞれをソファの背もたれと座る部分に置き換えることが出来る商品があるのです。

形状も通常の背もたれと同じようなスクエア型以外に、掛け布団を丸めて筒形にしたものなどがあります。

また、背もたれと座る部分が同じ形のスクエア型で、一体型になっているタイプもあり、それぞれお部屋に置いてあってもお布団とわかることはないでしょう。

素材も、リネンや綿を使用した通気性の良いものから、触り心地の良いマイクロファイバー、お部屋の雰囲気に合わせてシックに出来る合皮のものなど、豊富にあります。

こうしてお布団がお部屋の真ん中にあるのに、おしゃれに見せることが出来る方法というのは中々ありませんし、色々な形や素材のソファをお部屋に置いておくのも楽しいのではないでしょうか。

お値段も、3000円前後から販売していて、とてもリーズナブルですね。

ただし、この方法は毎日使用するお布団を収納するのには、不向きかもしれません。

もたれることでお布団を潰してしまいますし、通気性が良いと言っても毎日カバーにお布団をしまうのはカビの原因になる可能性があります。

季節もののお布団の収納にはとても向いている方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

それぞれのお部屋に合った工夫を

いかがでしょうか。

普段行き場がなくて困っているお布団も、工夫次第では素敵なインテリアとして収納することが出来ます。

お布団は一日の終わりにゆっくり休むものですから、いつでも清潔な状態で大切に保管したいものですね。

お部屋に合った方法で、おしゃれにお布団を収納してみましょう。