布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団を干して快適に!庭で干す時の注意点やおすすめ商品

2018.4.15

天日でお布団を干すのがいいとわかってはいるものの、重いお布団を2階のベランダまで運ぶのは面倒です。

かといって、洗濯用のポールなどを使って庭で干していると、風で倒れてお布団が汚れてしまうこともあります。

このような悩みを抱えている方におすすめの、重いお布団をかけても倒れにくく、天気のいい日に簡単に使えるアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団に熱がこもって暑い!寝苦しい夜の暑さ対策は?

暑い夏の夜には、お布団に熱がこもって寝苦しいときも多いかと思います。 しかし、エアコンの冷房機...

圧縮したそのお布団は大丈夫?圧縮袋を正しく使う方法とは

押し入れを占有するお布団が邪魔で「物が入らない」、なんてことはありませんか。 そのような場合は...

ダニの発生を防ぐ!抗菌・防ダニ加工のお布団で快適な睡眠を

皆さんは、お布団をどれくらいの頻度で洗ったり、干したりしていますか? お布団をあまり洗わないと...

お布団の干し方と干す時間帯は?曇りの日に干してもいいの?

せっかくの休みの日、久々にお布団を干そうと思っていたにもかかわらずお天気が悪いと、がっかりしてしまい...

気持ち悪い!!和室の壁にカビ発生!掃除の仕方と予防法は?

カビを見ただけで気持ち悪くてゾッとしますよね。 家屋に発生するカビは、普通にお掃除しているだけ...

フローリングに敷いたお布団で快眠するための断熱・保温対策

冬の寒い時期、寝る時に床付近の冷えが気になりませんか? 足元が寒くて室内でも靴下は必須、寝...

人気の無垢材の床!フローリングにお布団を敷くときの対策法

無垢材と聞いて、漠然としたイメージはするものの、よく分からないという方もいるかと思います。 ...

布団の下がフローリングとカーペット?それは対策が必要かも

フローリングは、今や人気のある物件です。 しかし、ベッドを置くスペースがないなど、様々な事情で...

お布団を清潔に!丸洗いするなら手軽なコインランドリー!

お布団を衛生的に保つためにはどんな洗濯方法があるのか、ご存知ですか? クリーニングや打ち直し、コイ...

売れ筋の布団掃除機6選!高機能で人気のアイテム特集

お布団は、ハウスダストやダニの温床になりやすいです。 しかし、頻繁にお洗濯をすることも難し...

猫がお布団で占領している!これは安心している証拠!?

猫の行動でお布団に入ってきたり、一緒に寝てくるという行為があります。 飼い主としては、可愛い猫...

夏に最適なお布団と湿気対策グッズをダブルでご紹介!

暑苦しい夏の熱帯夜には、寝汗をたくさんかいてしまいムレやすくなりますね。 そんな時期には、通気...

いい夢みよう!お布団の購入時期やタイミングはいつがいい?

毎日、使っているお布団がいつ購入したものか覚えている人は、あまりいないのではないでしょうか。 ...

布団干しの頻度や、シーツ・カバーの洗濯頻度はどれくらい?

布団干しって、どれくらいの頻度でしていますか? 晴れた日には必ず干すという方は、ごく僅かではな...

敷くだけの布団除湿シートが話題!通販で人気の商品をご紹介

湿気の多い冬の時期に活躍するのが布団除湿シートです。 お布団の下に敷くだけで、嫌な湿気を解...

スポンサーリンク

お布団の天日干しがおすすめ

人は寝ている間に、コップ1杯分の汗をかくと言われています。

お布団は、その分の水分を毎日吸っている訳です。

そのため、晴れた日には庭などでお布団を干して、しっかり乾燥させましょう。

そうすることで、ふっくらしたお布団で朝までぐっすり眠れます。

さらに他にも、お布団を天日で干すメリットがいろいろあります。

例えば、湿気の多い状態では、お布団の中にダニが住み着いたり、カビが生えたりします。

そのような時は、天日に干すことによって殺菌効果を期待できます。

また、カビの嫌な臭いも消してくれる効果もあります。

なお、夏場なら、お布団を天日で干す場合は30分から1時間程度の時間で十分とされています。

そして、天気のいい午前中に、表裏をそれぞれ1時間程度干すのが理想とされています。

なお、冬など外に干せない場合は、布団乾燥機を使うことで、天日干ししたのと同じ効果が期待できます。

また、ベッドなどでもお布団を敷きっぱなしにしないで、湿気を逃がす工夫をしてみてください。

庭でお布団を干す際の注意

庭など外でお布団を干す場合、幾つか注意して頂きたい点があります。

まず、花粉症の方は、花粉の時期に外にお布団を干してしまうと、夜に大変なことになります。

そうなる前に、対策しましょう。

例えば、花粉の時期にはお布団を直接干すのではなく、カバーをかけて干してください。

さらに、お布団を外に干した際に、花粉以外にもゴミやホコリが付きます。

もちろん、お布団を取り込む際にお布団たたきで払い落しても構いません。

なお、カバーを付けて干せば、取り込む際にカバーを外して洗濯することで、お布団を清潔に干せます。

ところで、よくお布団を干しているとき、ふとん叩きでバンバン叩いている方がいますが、これはお布団にとってよくありません。

強く叩いてしまうとお布団の生地を傷めてしまいます。

ふとん叩きの正しい使い方は、ふとんの表面をなでるようにして、表面のホコリなどを払い落します。

なお、ふとん叩きで叩いた程度では、細かいホコリは落とせないので、掃除機などでお布団の表面のゴミを吸い取るのがおすすめです。

もし、布団専用の掃除機を持っているのなら、お布団を庭で干した後に表面に付いたゴミを吸っておくといいでしょう。

お布団を干すならベランダがおすすめ

晴れた日には庭での布団干しがいいとわかっていても、重いお布団を庭まで運んで干すのは大変です。

そのような時には、お布団を楽に干せる場所があればいいのに、と感じたことがあるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのはベランダです。

とはいえ、1階に寝ている場合、わざわざ2階まで重いお布団を運ぶのは大変です。

それなら、1階にベランダを作ってしまいましょう。

もし、一戸建ての家に住んでいるのなら、1階には掃き出し窓があるはずです。

そこにベランダを作ってはいかがでしょうか。

部屋の床と同じ高さの床と丈夫な手すりがあれば狭くても十分です。

また、ウッドデッキを作って、日当たりのいい向きに丈夫な手すりを作るのもおすすめです。

なお、お布団を外に干す場合、お布団が以外に重いことから、しっかりした構造のものが必要です。

そして、ベランダの手すりなら、お布団を干しても十分な強度があります。

さらに、部屋に直結しているので、運ぶ距離も短くて済みます。

こんな布団干しには注意を

庭でお布団を干そうと思ったら、ホームセンターやカタログ通販などでも、布団干し用のスタンドが販売されていますので、そこから選ぶ方も多いことでしょう。

しかし、値段だけで購入してしまうと、使えない物もあるので注意が必要です。

例えば、ステンレスの2本のポールにお布団を干すタイプのスタンドは、風の強い日や干すお布団の重さによっては倒れてしまうこともあります。

このような場合は、平らな場所に設置したり、倒れにくいように風向きに対して縦に設置するなど工夫が必要です。

なお、布団干し用のスタンドには、使わない時には折りたためて、ポールの幅を変えられるタイプもあります。

そういったタイプは、庭でも部屋の中でも使えます。

風の強い日には、無理して外に干さずに、部屋の窓際に布団干し用スタンドを設置して干してみてください。

また、中に綿の入っているお布団は天日干しが必要ですが、お布団によっては天日干しができないタイプもあります。

例えば羽毛布団は、陰干しがよいとされています。

もし、羽毛布団を使っている場合は、外に持ち出して直接日光に当てずに、部屋の中などで干すように心がけましょう。

庭が小さい場合のお布団の干し方

広い庭のあるご家庭ならば、掃き出し窓の近くにお布団を干すアイテムを設置できますが、敷地が狭い家ではそう、うまくはいきません。

しかし、庭が狭いとはいえ、駐車場があるご家庭は多いはずです。

もし、敷地が狭い家でも駐車場があるのなら、そこに駐車している車の上に干してはいかがでしょうか。

車のボンネットや屋根の上は日当たりがよく、さらに意外に広いのでお布団を干すのにおすすめの場所です。

ただし、車は汚れています。

車を洗った後、水分を丁寧に拭いてきれいにしてから、お布団を干すのがいいでしょう。

また、車を洗うのが面倒な場合は、汚れ防止のシートを敷いて、その上にお布団を干すなど工夫してみてください。

さらに、スタンドの付いている自転車なら、その上にお布団を干すこともできます。

ただし、自転車に重いお布団を乗せてしまうと、風で倒れることがあります。

そのため、風がある日には、おすすめできませんが、狭い庭でも使える方法の1つです。

お布団を庭干しするのにおすすめのアイテム

庭でお布団を干す場合におすすめしたいアイテムは、軽量ステンレスのポールでできた布団干しです。

幾つかのタイプがありますが、扇形に広げて使うタイプと、両脇がクロスしているタイプであれば、重いお布団を干しても安定します。

ただし、こういった軽量ステンレスのポールの布団干しを利用する場合は、重さのバランスに注意が必要です。

片方に敷布団を寄せてしまうと、風で倒れやすくなります。

二組のお布団を同時に干して、重さを均等にするなどの配慮が必要です。

また、ベランダの手すりなど、屋外に設置されたものは意外と汚れています。

そのような場所にお布団を干すことに、抵抗を感じる方もいることでしょう。

この場合には、布団干し用の汚れ防止シートを利用してください。

さらに、外にお布団を干すことで、ホコリやゴミが付いてしまいます。

そのため、そういったホコリを払ってから取り込んでください。

その際に活躍するのが布団叩きです。

そして、おすすめの布団叩きは、叩く部分が大きいなタイプです。

さらにゴミを払いやすい、ブラシの付いたタイプも販売されているので、検討してみてください。

天気のいい日は庭で布団干しを

毎日汗を吸っているお布団は、天気のいい日には外に干しましょう。

天日でフワフワになったお布団なら、夜もぐっすり眠れます。

そして、お庭があるお宅では、ぜひお庭でお布団を干しましょう。

とはいっても、お布団を干すためには、その重さに耐えられる丈夫な物干しが必要です。

また、お布団を外に干した場合、ホコリやゴミも気になります。

そのような用途におすすめのアイテムも販売されてるので、ぜひ、活用してください。

 - お布団