布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団のお引越し!布団圧縮袋を使って宅急便で送ろう!

2018.4.11

学生さんや新婚さんなど、お布団だけお引越ししたいことがありますね。

そんな時、どのようにしてお布団を送りますか?

車などで単独で運ぶことも良いですが、時間的にも料金的にも、宅急便を使って、布団圧縮袋を使って送ることが理想です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団を圧縮するときはやはり掃除機!正しいやり方とは!?

お布団を収納するとき、みなさんはどのようにしていますか? 圧縮袋を使う方も多いと思いますが、「...

人気の無垢材の床!フローリングにお布団を敷くときの対策法

無垢材と聞いて、漠然としたイメージはするものの、よく分からないという方もいるかと思います。 ...

コロコロでお布団の掃除を手軽にしよう!正式名称は??

掃除用品としておなじみの「コロコロ」。 カーペットやシーツとかについたホコリやゴミなどを取るのに皆...

ベッドとお布団はどちらが優秀なの?健康のために選ぶなら?

ベッドとお布団、どちらを使用していますか? 好みで選んでいる方も、お部屋に合わせて選んでいる方...

お布団を掃除機で吸うといいって本当?正しい方法と頻度とは

お布団に潜むダニは目に見えないですし、アレルギー体質の方や寝起きに体中が痒くなると辛いですよね。 ...

コンセントから発火・火事!原因はお布団?発火理由を解析

よくニュースなどで火事の話題を聞きますよね。 その火事の理由の1/3がコンセントでの発火という...

綿?ポリエステル?夏におすすめのお布団選びのポイント

暑くて寝苦しい日本の夏の夜。 暑さや汗で、なかなか熟睡できずに困っている方もいらっしゃると思い...

ベビー布団はレンタルが主流?購入との比較と選び方

これから赤ちゃんを迎えるママにとって重要なのが、ベビー布団を購入するかレンタルするかという問題ではな...

腰痛に悩んでいる人必見!お布団に工夫するだけで和らぐ?

高齢者だけでなく、若い人も悩んでいる人が多い「腰痛」ですが、皆さんは痛い時どうしていますか? ...

オシャレな和室・寝室に!お布団もインテリアにアレンジ

巷に溢れている寝室のインテリアなどは、洋室がメインですよね。 しかし、和室を寝室として、お布団...

お布団のダニで肌荒れを起こす!ダニを防ぐための対処法

「お布団にダニが発生し、噛まれて肌荒れしてしまった!」 そんな、ご経験をした方もいらっしゃ...

お布団を干す最適な時間帯があるって本当!?正しい干し方

お布団を干す作業は、ふっくら乾燥させ、ダニ対策、殺菌などの効果があります。 しかし、ただ天気が...

お布団の圧縮袋のタイプを知ろう!毛布専用・羽毛布団専用も

お布団や毛布を圧縮袋に入れて保管している人は多いでしょう。 最近では収納スペースが少ない造りに...

注目の布団乾燥機を探る!その人気の秘密とは何だろう?

お日様に当てることが難しくなった現在、布団乾燥機が大人気だと言います。 布団乾燥機にもいろいろ...

お布団の湿気対策には除湿シートがおすすめ?その効果とは?

お布団が湿気っていたり、敷布団の裏側にカビが生えていたりという経験、ありませんか? 日本は高温...

スポンサーリンク

お布団を布団圧縮袋を使って宅急便で送ることはできる?

1点、2点のものを遠方に届けるために使う宅急便はとても便利で、今の私たちの生活には欠かせないものですが、お布団なども送ることは可能なのでしょうか?

また、お布団の包装の仕方には、様々な方法がありますが、布団圧縮袋ごと送れたら便利だと思いますが、これは可能なのでしょうか?

結論から言いますと、可能です。

それもコンパクトになる布団圧縮袋での宅急便配送は、そのまま送るよりも安く送ることができます。

お布団を通常の大きさのまま、布団袋などで送れば、当然、その大きさで宅急便の料金は高くなりますが、布団圧縮袋で小さくしてしまえば、容量も小さくなるため、費用もかなり安くなります。

また、小さな箱にお布団を押し入れる方法もありますが、箱が破損してしまったり、衛生面ではあまりお勧めできません。

布団圧縮袋は、ホームセンターなどで1枚200円から300円で売っているものもあります。

布団圧縮袋を使うことで、安心でかつ安く発送できますし、布団圧縮袋は引っ越し後も使えますので、活用していきましょう。

宅急便に使うお布団の圧縮袋!お勧めはある?

宅急便でお布団を送る場合、一番心配なことが、途中で袋が破損したりしないかということです。

もちろん、規定通り丁寧な配達をしてもらえていれば、そのような破損などはめったに考えられないです。

しかし、何があるかわからないため、念のために布団圧縮袋は、通常よりも少し厚みのある頑丈なものを選んだほうが良いでしょう。

しかし、注意点もあります。

羽毛布団には羽毛布団専用の圧縮袋があるので、必ず守るようにしてください。

なぜなら、圧縮しすぎると羽毛が痛んでしまったり、羽毛の羽がどうしても袋を破損してしまう可能性があるためです。

また、使い方も、あまりにカチカチに板のようにしてしまうのではなく、通常よりも少し余裕を持って、空気を入れておきましょう。

宅急便の荷物の中で、角張った他の段ボールと一緒に積み込まれることを考えれば、少しでも避けられるトラブルは回避するべきだからです。

あとは、布団圧縮袋をむき出しにして送るのではなく、ナイロンや大きめの袋で1重、2重にしておけばさらに安心でしょう。

布団圧縮袋を引っ越し後に使うことを考えても、上にカバーをする方が良いですね。

布団圧縮袋についての注意点はある?

お布団の圧縮袋には、大きくわけて、ジッパー式とバルブ式があります。

金額はバルブ式の方が少し高めですが、手間がかからないことと、しっかりと空気が抜けることで人気があります。

お布団を圧縮袋で送る時に、宅急便を使う際には、バルブ式を利用すると良いでしょう。

バルブ式は、生地が分厚いことと、空気が均等にしっかりと抜けるので、運搬途中の事故が起こりにくいためです。

100均ショップなどで売っている安価な布団圧縮袋は、穴が開きやすかったり、そもそも空気を抜いている段階で、お布団に傷をつけてしまいがちです。

また、途中で空気が抜けてくる心配もあります。

しかし、バルブ式であれば、そのような心配もありません。

さらに1000円以内で購入できるので、家での収納用としても重宝するでしょう。

また、宅急便での運搬が終わったら、そのまま収納することはせずに、必ず一度は広げて、できれば日に当てたいものですね。

良いお布団であればあるほど、長く大切に使いたいものです。

お布団を圧縮袋を使わずに宅急便で送る方法

では、お布団を圧縮袋を使わずに宅急便で送るとなると、どうなのでしょうか?

布団圧縮袋を使わないのであれば、段ボールに押し込む方法がありますね。

お布団は、ある程度形が変えやすいので、多少小さめの段ボールでも押し込むことはできるでしょう。

しかし、いくつもの段ボールを運搬している宅急便での箱詰めのお布団は、いつ箱が破損し、中身のお布団がむき出しになってしまうかわかりません。

また、運搬後にすぐに使いたくても、段ボールから出してそのまま使うことには衛生的にも不安がありますね。

もう一つ、布団袋での運搬方法があります。

これは確かに安全ですが、かさばるので、容量で料金に大きな負担がかかってしまいます。

実際に比べてみると、同じお布団を圧縮袋と通常の布団収納袋で運んでみた場合、布団圧縮袋の方が約半額にまでなるという結果が出ています。

同じ宅急便で送るのであれば、布団圧縮袋を利用することが最適だとおわかりでしょう。

引越し先ですぐにお布団を使いたい場合も宅急便はお勧め

お布団は本来とてもデリケートなものですし、衛生面に注意をしたいものですね。

たとえば、お引越し時に新居へお布団を届けるのであれば、できればふんわりそのままの形で新居に運び、その日の夜から気持ち良く眠りたいものです。

たとえば、学生さんが実家からお布団だけを運び出す場合、お布団だけのお引越しになりますね。

下宿先で使うお布団や、お引越しをした後から、お布団だけは使っていたものを再利用したい場合です。

そんな時には、やはり手っ取り早く届けてくれる宅急便が便利なのです。

宅急便でしたら、ある程度時間の幅を持って、お届けが可能ですし、丁寧に運んでくれます。

また、お布団のように軽いものであれば、料金もそれほど高くありません。

お布団を宅急便で届ける場合には、布団圧縮袋を使えば、通常の半分くらいの料金での運搬ができますし、楽ですね。

最近では宅配サービスで、家まで荷物を受け取りにも来てもらえるので、より便利に使えるでしょう。

一人が前の家からお布団を送り、もう一人が新居でお布団を受け取ることもでき、手っ取り早く運搬を済ませるにはお勧めです。

お布団だけのお引越し!安く手っ取り早く送る方法

宅急便は、手っ取り早く商品を運搬してもらう最大の方法と言えるかもしれません。

現在、宅急便で送れないものはないくらい、ほとんどのものを送ることができますが、お布団もその一つです。

特に、お布団だけのお引越しの場合は、宅急便が一番お勧めの方法と言えるでしょう。

そして、お布団を送る場合は、必ず圧縮袋でコンパクトにして送りましょう。

そうすることで、料金がかなり安くなることと、途中で破損するなどの事故が起きないためです。

宅急便で送ることのメリットは、料金だけでなく、手間がかからないこと、安全に衛生的に運んでもらえることです。

商品管理に気を使う、羽毛布団も羽毛布団専用の圧縮袋を使うことで、問題はありません。

ただし、余裕があれば、圧縮袋をさらに大きめのナイロンでくるむか、段ボールへ入れるかすることで、より安全に運搬することができます。

大切な寝具ですので、丁寧に扱いたいものですね。

お布団を圧縮袋で宅急便で送ろう!

今は何でも宅急便で送れるという便利さがあります。

しかし、その一方で気をつけなければならない点も多くあります。

取り扱い項目があるからこそ、宅急便で送る時にはその商品内容を明らかにすることと、注意してほしいことを明確に記載する必要があります。

お布団に関しては、圧縮袋を使うことが一般的ですが、それも厚みがあって穴が開きにくいものを選ぶことと、その圧縮袋だけで送らないことが大切です。

安く便利に宅急便を利用しましょう。

 - お布団