布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

短時間の睡眠で勉強の効率を上げる!そのために必要なこと!

2018.3.28

質の良い睡眠をすれば、短時間でも十分な体の疲れが取れ、勉強の効率も上げることができる、と言われています。

ここでは、質の良い睡眠を手に入れる方法を考えてみました。

学生さんたちには特に必須の勉強の効率、あなたはどのように上げますか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

エルグランドを車中泊用に改造!快適な空間づくりのコツ

最近、車中泊がとても流行っていますよね。 車中泊は、車の中で過ごす時間が多くなりますので、でき...

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ること...

食後の眠気を改善する方法とは?睡眠とダイエットの密な関係

おいしいご飯をお腹いっぱい食べた後って、眠くなりますよね。 デスクワークの仕事をしている人は、そん...

家や外でもカフェイン飲料・睡眠に悪影響?きび団子の岡山へ

コーヒーや紅茶はお好きですか? 家でも外でも、お茶が飲みたくなったらコーヒー・紅茶・日本茶など、無...

お布団の中で見る夢、なぜ人は夢を見る?夢占いは当たるの?

お布団の中で、すやすやと眠っている時に見る夢。 人はなぜ夢を見るのでしょうか? 脳の動きに理...

睡眠不足かな!?実は起きるタイミングが原因の可能性あり!

朝の目覚めがスッキリせず、「起きてからも体のダルさや眠気がとれない」ということや「調子がなかなか...

子供の睡眠にも効果的?オルゴールの癒し効果でぐっすり!

毎日の生活の中で音楽は身近な存在となっています。 音楽には色々なジャンルがありますが、その中に...

睡眠不足は甘く見てはいけない!血圧に悪影響・病気の原因に

寝る前に考え事をしたり、忙しかったりと、普段と少しでも違う出来事が起きたりするだけで、ちゃんと眠れな...

朝起きると二重から一重になってる!原因はまぶたのむくみ?

二重なのに、朝起きると一重になっているなんて事ありませんか? 目元で顔の印象がだいぶ変わり、気分も...

アイボリー色とベージュ色のインテリアで快眠をゲットしよう

あなたの部屋のベッドは、何色のカバーやシーツを使用していますか? 無難に、落ち着いた色合いのア...

夜、ベッドでぐっすり眠りたい!どうすれば安眠できるの?

あなたは、夜、ベッドでぐっすり眠れていますか? ぐっすり眠ることができず、寝不足になってしまう...

睡眠中によだれが垂れてしまう原因とは?対策方法教えます!

「つい電車でウトウトしていたらよだれが垂れてた!」、「朝起きたらよだれの跡が!」という経験、あり...

杉の無垢フローリングには、塗装・無塗装どちらを選ぶ?

今回は杉の素晴らしい効果と共に、寝室に杉のフローリングをおすすめする理由をお話します。 また、...

大学の勉強が集中できないときの対処法はあるの!?

大学の勉強に集中できない!! なんて人も多いのではないでしょうか。 集中できる人とできない人...

雨音を聞いただけで体調不良に!?天候と睡眠の意外な関係

雨の日に、窓の外から「しとしと...」と雨の音が聞こえてくると、眠くなったり頭痛やめまいが起きる...

スポンサーリンク

睡眠時間にちょうど良い時間ってあるの?

子供の頃は睡眠時間が長く、大人になるに従って、徐々に時間が減っていくと言われていますが、人によって睡眠時間は大きく幅がありますよね。

1日5時間の短時間の睡眠でも全然大丈夫だと言う人もいれば、8時間寝ても足りないと言う人もいます。

受験勉強中などは、睡眠の取り方で勉強方法を変える人もいるようですが、これはただ単に、寝ることが好きとか嫌いといった問題なのでしょうか?

長く寝ていても、疲れが取れないと感じる時もありますし、ちょっとだけの時間でも十分に寝たと感じる時もあります。

私たちの体調によって、睡眠時間は決まるのでしょうか?

また、年齢や環境によっても、睡眠時間の取り方を考えるべきなのでしょうか?

そう考えてみると、睡眠にはわからないことや不思議なことがたくさんありますね。

人間の体と睡眠とのバランス、病気との関わりなどについて解説していきます。

短時間の睡眠時間でも質の良い睡眠を取るには?

短時間の睡眠時間で、効率良く十分な睡眠が取れ、効率の良い仕事をこなしたり、勉強を進めることができれば、それに越したことはありません。

忙しい芸能人や著名人は、1日の中で短時間の睡眠を繰り返し取ることで、仕事や勉強との両立を図っていると言われています。

その人たちがよく口にするのが、「質の良い睡眠を取る」ことだそうです。

この「質の良い睡眠を取る」ことは簡単そうに思えることですが、誰にでもできることではないです。

そのため、多くの人が睡眠不足や睡眠障害に悩んでいるのだと言います。

しかし、「質の良い睡眠を取る」ために、あまりに神経質になってしまうのは考えものです。

そこで、まずは次のような内容を意識しすぎないようにする必要があります。

①寝ないといけないと思い込みすぎる

②寝てはいけないと思い込みすぎる

③自分の睡眠を完全な状態にしたいと考えすぎる

④睡眠環境にシビアになりすぎる

このことを自然に受け入れられるようにできて、初めて「質の良い睡眠を取る」ことができると考えられています。

質の良い睡眠とはどんな睡眠なの?

「質の良い睡眠を取れた」と感じるかどうか、その満足感によって、睡眠の質を判断することができます。

満足感がないままに睡眠を取っていると、長い日数をかけても満足感に至らず、体のだるさや不調を感じてしまい、仕事や勉強どころではなくなってしまうでしょう。

もし、短時間でも熟睡でき、体の疲れが取れて軽く感じたら、それは質の良い睡眠を手に入れたことになります。

では、どうしたら質の良い睡眠を手に入れることができるのでしょうか?

それは、まず自分の睡眠のタイプを知ることから始めます。

短時間で目が覚めてしまう人、または、目覚ましなどで強制力を持たないといつまでも起きられない人、というように睡眠のタイプを知ります。

短時間で目が覚める人は眠りにつくのが早く、深い眠りに入る時間も早いことが多いでしょう。

よく「レム睡眠」とか「ノンレム睡眠」という言葉を聞きますが、「レム睡眠」とは体が眠っていても脳は起きている状態です。

これに反して、「ノンレム睡眠」は脳も完全に休んでいる状態で、この時に無理やり起こされると頭がぼーっとしたり、不快な症状に陥ります。

私たちはこの「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返して眠っているわけですが、起きる時にはレム睡眠の状態で起きるとすっきり起きられると言われています。

勉強の効率をアップさせるために!質の良い睡眠を手に入れよう

では、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」のバランスを良く、質の良い睡眠を手に入れるためには、何か方法はあるのでしょうか?

特に受験勉強中の学生さんたちにとっては、短時間で満足感のいく睡眠を取り、勉強の効率化に結び付けたいものですね。

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」のバランスを調整し、睡眠の質を上げることは誰にでも十分可能です。

そこで、まずは深い眠りにすぐに入れる方法を身に付けましょう。

「レム睡眠」から「ノンレム睡眠」にすぐに切り替えられるように、あらゆる手段が考えられます。

その手段として、まずは足を温めることがあります。

これはこたつやお風呂などに入ると眠くなることから考えてもわかりますが、私たちの体は足先を温めることで、眠気が襲ってくるようになっています。

また、リラックスできるように音楽を流したり、アロマの香りに頼るのも一つの方法です。

そして、忘れてはならないのが、部屋を暗くすることです。

眠る直前はもちろんですが、その数時間前からキャンドルにしたり、落ち着いた雰囲気を作り、眠る準備を進めていくことが、短時間でも質の良い睡眠を得ることができる鍵となります。

質の良い短時間の睡眠で勉強の効率を上げる!

早い段階で「ノンレム睡眠」に入れると、その後「レム睡眠」がきます。

その「レム睡眠」の間に目覚めることができれば、すっきりと起きることができるでしょう。

このバランス関係がうまく作用されるようになれば、短時間の睡眠でも、十分な体の疲れを取ることができ、頭がぼんやりすることもありません。

バランスを良く「ノンレム睡眠」を「レム睡眠」取れるようにするためにも、より質の良い睡眠をする必要があります。

その方法として、先程ご紹介したアロマや足を温める方法を書くことが重要になってきます。

また、睡眠に入る時間も重要です。

普段から遅い時間になりすぎず、決められた時間に就寝することが質の向上にも繋がります。

そして、目が覚めた後の行動も質の良い睡眠に影響してきます。

目覚めた後に太陽の光を浴びることで、頭がすっきりとして、勉強や仕事に対する姿勢も前向きになりやすい傾向にあります。

また、学生時代に試験勉強をする方の中には、「夜中にするタイプ」と「朝早く起きてするタイプ」と大まかに分かれる傾向にあるかと思います。

このうち、朝早く起きてするタイプは、質の良い睡眠を手に入れていた、とも言えるのではないでしょうか。

もし良質な睡眠を取って、朝早く起きたいということでしたら、夜は同じ時間に寝る準備をし、なるべく定刻にお布団に入り、寝付ける環境を作っておくことが大切です。

短時間で睡眠時間を管理できて、勉強や仕事の効率を上げるには、自分なりのルーティンを作り、それを崩さないことが重要になってくるでしょう。

勉強の効率が下がった!そんな時の短時間睡眠の間違いとは?

長い人生の中で、常に良い睡眠を手に入れ続けるのは、なかなか難しいことです。

同じように短時間で睡眠を取っていても、何となく頭が冴えなかったり、ぼんやりしてしまうこともあるでしょう。

その時は自分の思惑とは別に、様々な体の変化や環境の変化によって、睡眠の状態が変わってしまっていると考えられます。

当然、勉強の効率が落ちたり、スランプに感じたりしがちですが、そんな時ほどリラックスして、もう一度、原点に返りましょう。

何らかのストレスの原因を探り、その対処を考えます。

大抵のストレスは思い当たるところがあるはずですから、対処方法も見えてくるはずです。

進学や就職、転勤などで環境が変わったら、もう一度自分のルーティンを作り直し、一番心地良い環境を作り上げることです。

時には、目覚ましをかけずに思いっきり寝たいだけ寝てみるのも良いでしょう。

また、旅行などで自分の生活をリセットするのも良いかもしれません。

寝室のインテリアを変えてみたり、いつもと違う音楽を流すなど、できる限りの対処をしてみましょう。

焦らずに、自分の世界を作り上げることが質の良い睡眠に繋がるのです。

睡眠時間を短時間で!勉強の効率はどうなる?

学生時代、朝型、夜型と呼ばれる勉強の仕方ですが、これが睡眠の取り方で大きく勉強効率が変わるとしたら、大きな問題ですよね。

今回は、短時間でも質の良い睡眠を手に入れる方法をご紹介しました。

これであなたも是非、効率の良い勉強方法を始めましょう!

 - 睡眠