布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

短時間睡眠でも気分良く起きる方法とは?上手に起きられる?

2018.4.23

仕事が忙しいときなどは、どうしても睡眠が短時間になってしまうことってありますよね。

それも、短時間睡眠の場合は、起きるのがとても辛いものです。

今回は、「短時間睡眠でも気分良く起きる方法とは?」、「上手に起きられる?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏場の睡眠はクーラーをつけっぱなしが良いって本当!?

寝苦しい夏の夜、クーラーをつけたまま寝たくても電気代や体調を崩すことを懸念して我慢している方はい...

カーテンが短いときの長さ調節するアイデアとリメイク方法

引っ越しや模様替えのときに、気軽に変化を楽しむことができるカーテン。 でも、引っ越し先の窓のサ...

電球の100w相当や60w相当とは?明るさ基準はW数じゃない!?

最近では、白熱電球よりもLED電球が主流になってきました。 白熱電球に比べ、LEDは消費電力が...

睡眠の質を向上させる音楽がある?!その効果とは?

みなさんは、質の良い睡眠を毎日とっていますか? おそらく、質の良し悪しを考えて眠りについている...

心地よい眠りを得たい!グリシンの睡眠への効果を検証しよう

「睡眠の時間をとっているのに疲れが取れない」、「すぐに寝つけない」など、眠りに関しての悩みはなか...

健康への影響!睡眠時間が短い生活で基礎体温が下がったら

睡眠が短いと基礎体温が下がります。 そして、基礎体温が下がることに加えて重篤な疾患の原因にもな...

質の良い睡眠を取ること!頭痛の解消と睡眠の深い関係とは?

私たちの日常生活にはあらゆるところにストレスの原因がひそんでいますが、そのストレスから睡眠に支障が出...

精神疲労の回復には睡眠が不可欠!良質な睡眠を取ろう

ストレスは、生活する上で切っても切り離せないもので、多くの人の悩みの種になっています。 ま...

家や外でもカフェイン飲料・睡眠に悪影響?きび団子の岡山へ

コーヒーや紅茶はお好きですか? 家でも外でも、お茶が飲みたくなったらコーヒー・紅茶・日本茶など、無...

寝るときに音楽を聴くと良く眠れる?クラシックは?

寝るときに音楽を聴くといい・・・そんなお話を聞いたことはありませんか? 実はこれ、本当のことな...

長時間睡眠は逆効果?長時間睡眠になってしまうその原因とは

疲れているときの休日って、時間を気にせず睡眠をとることができるので気分的にもとても楽ですよね。 ...

肌荒れ防止には質のよい睡眠時間が不可欠!その対策とは?

「吹き出物ができてる!」、「なんかお肌がカサカサ!」と、肌荒れでお悩みの方、いらっしゃいませんか...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

質のよい睡眠は脳や体の修復に役立つ!その修復効果とは?

皆さん、睡眠の健康への影響をご存知ですか? 「睡眠不足が続くとお肌の状態が悪いよね」、「睡...

要注意!!寝相のバンザイ寝は身体からのSOS!?

朝、起きたら知らないうちに両手を頭の上にあげて“バンザイ”の格好で寝ていた… 心当たりのある方も多...

スポンサーリンク

日中に短時間睡眠で気分良く起きる方法とは?

短時間睡眠でも、気分良く起きる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

睡眠時間が短いなど、時間に限りがあるときは、短い時間でどのくらい熟睡したのか、ということが重要になってきます。

睡眠の内容によって、気分良く起きられるかそうでないかが決まるといっても過言ではありません。

では、日中に睡眠をとる場合は、どのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

日中の場合は、なるべく部屋を暗くし、静かな場所で仮眠をとるようにしましょう。

また、寝る前に冷たい飲み物を摂取するのはやめましょう。

体を冷やす飲食や行動は、リラックス効果が得られず、寝るまでに時間がかかってしまいますので、おすすめできません。

短時間という限られた時間での睡眠なので、なるべく寝る前は体を温めるようにしておきましょう。

特に、足元は温かい方がより早く眠りに就くことができます。

逆に頭部は温めるよりも冷えていた方が睡眠には効果があり、眠りにも就きやすいといわれていますので、「足元は温かく」、「頭部は冷たく」、と覚えておくと良いでしょう。

お風呂がポイント?夜に短時間睡眠で気分良く起きる方法

テスト勉強や受験勉強で短時間睡眠をとるときにも、上記のような方法は有効的です。

では、夜の短時間睡眠の場合は、どのようにすればより気分良く起きることができるのでしょうか。

夜の短時間睡眠で、気分良く起きる方法をご紹介します。

夜の場合は、日中の疲れもあってとても眠くなるものです。

お布団に入って寝てしまうと、うっかり朝まで寝てしまう可能性もあります。

そうならないためにも気をつけたいのが、入浴です。

実は、受験生など夜に勉強を頑張りたい人には、全身浴は向きません。

全身浴の場合は、体を深部まで温めてしまうのため、睡眠の質を高めたい人にはとても良い方法なのですが、短時間睡眠で気分良く起きたい人には向いていない入浴法なのです。

短時間睡眠の後に勉強や仕事を頑張りたいと考えている場合は、全身浴ではなく、シャワーで済ませるようにしましょう。

これは特に、短時間睡眠で頑張る受験生におすすめの入浴法でもあります。

日常的に入っているお風呂1つとっても、睡眠への影響は様々です。

自分の生活サイクルを考えた方法で、入浴法を選ぶことも短時間睡眠には大事なポイントといえますね。

短時間睡眠で気分良く起きる方法ポイント①

短時間睡眠で気分良く起きる方法のポイントをお伝えします。

1つ目は、寝る前に満腹になるまで食べない、ということです。

これは、日中であっても夜であっても同じことがいえます。

満腹になるまで食べてしまうと、血液が消化器に集中することで眠気が増します。

自然な眠りを誘うので、一見良いようにも感じられますが、実はそんなことはありません。

食後に気分良く寝てしまったとしても、実は熟睡できていないのです。

胃は食べ物を消化しようとしても、睡眠をとることで活動も弱まりますが、消化活動自体は続きます。

そうなると、睡眠の質は落ち、さらには満腹に食べて寝てしまったことで消化不良を起こしてしまう可能性もあります。

睡眠前の食事は、睡眠にも、体にも良くありませんね。

短時間睡眠の質を上げようと思うのであれば、睡眠も計画的に行わなければいけません。

最低でも睡眠をとる2時間~3時間前に食事を済ませるようにしましょう。

限られた時間内で質の良い睡眠をとろうと思うならば、熟睡できたほうが良いですよね。

熟睡することができれば、気分良く起きることができて、その後も快適に仕事や勉強ができるようになります。
ですので、寝る前の食事時間は意識するようにしましょう。

短時間睡眠で気分良く起きる方法ポイント②

短時間睡眠で気分良く起きる方法の2つ目は、体を締めつけない服装で寝る、ということです。

一口に短時間睡眠といっても、睡眠時間や睡眠場所は人によって様々です。

たとえば、男性であるなら、体を締めつけるようなベルトは避けるか、緩めて寝るようにしましょう。

ベルトなど、体を締めつけるようなものは、脈や血圧を上げてしまうこともあります。

また、季節によっては発汗などにも影響してしまう可能性もあり、睡眠にも体にも良くありません。

そうなってしまうと、短時間で質の良い睡眠は得られず、気分良く起きることもできなくなってしまいます。

また、窮屈と感じるようなネクタイや腕時計なども外すと良いでしょう。

女性の場合でも、アクセサリーや腕時計は外すことをおすすめします。

また、場所によってはヒールなども脱いだほうが体への負担は少なく済みますので、睡眠の質を上げるのにも効果的です。

このように短時間睡眠で気分良く起きるためには、窮屈に感じるものは外して寝るようにしましょう。

1度の短時間睡眠で気分良く起きれなかった場合は?

上記の「短時間睡眠で気分良く起きる方法」を試しても、1度の短時間睡眠で気分良く起きれなかった場合は、日中に短時間睡眠を繰り返して夜の睡眠を補うという方法があります。

短時間の睡眠を何度か繰り返すことで、気分がすっきりするのです。

1度の短時間睡眠で気分良く起きれなかったとしても、隙間時間を使って短時間睡眠をとることをおすすめします。

たとえば、電車やバスでの移動を睡眠に充てるだけでも脳の活動は上昇します。

10分~20分という短い睡眠であっても、実は通常の夜の睡眠に近い効果を得ることができるのです。

秒単位から数分間であれば、繰り返すことで脳の効率はアップすることが分かっています。

1回の短時間睡眠で気分良く起きられなかったとしても、数分でも仮眠を繰り返すことで脳の活動は活発になりますので、ぜひ試してみると良いでしょう。

短時間睡眠でも上手に起きるための「まとめ」

短時間睡眠でも上手に起きるためには、様々な工夫が必要です。

短時間睡眠の前に、満腹になるまで食べてはいけませんし、食べる時間も重要な要素になります。

また、食事内容も大事なポイントです。

冷たい飲み物や、食べ物は避けなければいけません。

短時間睡眠のためには、なるべく温かいものを摂取する癖をつけておくのも良いかもしれませんね。

また、短時間睡眠は時間が限られていますから、寝る前に携帯電話などの強い光を見るのもやめた方が良いでしょう。

食事時間や食事内容に気をつけていても、寝る前にブルーライトを目にすることによって脳が覚醒してしまうことがありますので、気をつけなければなりません。

また、日ごろから短時間睡眠で勉強を頑張っている受験生におすすめするのは、入浴をシャワーにすることです。

体を温め過ぎないことが、短時間睡眠でも気分良く起きるポイントになりますので、ぜひ試してみてくださいね。

以上が「短時間睡眠でも気分良く起きる方法」になります。

短時間睡眠でも気分良く起きる方法の5つのポイント

1 短時間睡眠でも気分良く起きる方法としては、足元を温めるがポイントです。

2 満腹まで食べると熟睡できないので気をつけましょう。

3 寝る前に冷たいものを摂るのはやめましょう。

4 入浴はシャワーにすると眠気を防止しますのでおすすめです。

5 体を締めつける服装で睡眠をとるのはやめましょう。

ぜひ、試してみてくださいね。

 - 睡眠