布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

すっきりした睡眠がとれない!効果的な飲み物ってあるの?

2018.3.27

短い時間でもすっきりと目覚めるような良質の睡眠を取りたい!

このようなことは、誰でも望むことではないでしょうか?

実は睡眠を効果的に取るために、お勧めの飲み物があるのです。

そこで、ここでは睡眠と飲食を関連と、お勧めの飲み物についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

洗顔後や寝る前に、顔の保湿してますか!?寒い冬の乾燥対策

女性は特に顔や肌の乾燥が気になりますよね。 この乾燥をどうにかしたいと悩む方は、多くいらっしゃ...

心地良い睡眠を誘うおすすめのアロマブレンドを使おう

人間の3大欲求のひとつである睡眠は、決して軽視できないものです。 睡眠が浅かったり、不眠状態が...

寝る前に聴く音楽は癒やし効果がある?波の音は良いの!?

最近眠りが浅くてスッキリしない、なんて方も多いと思います。 夢も良く見るのになぜか眠りが浅いと...

睡眠時間が短いと基礎体温が低い?基礎体温と睡眠の関係とは

睡眠時間をしっかりとることも、食事と同じように、人が生きるためにはとても重要です。 そして、睡...

夜にお茶を飲んで質の良い睡眠をとろう!おすすめのお茶3選

夜、寝る前にお茶を飲むとほっこりと落ち着いた気持ちになりませんか? 実はお茶には、睡眠の効果を...

6畳のお部屋や寝室に合うテレビの大きさはどのくらい?

みなさんは、寝室にテレビを置いていますか? その寝室のテレビは、大きいですか?それとも、小さいです...

睡眠中の夢の内容は日常生活の記憶からのメッセージ?

あなたはよく夢を見る方でしょうか? 睡眠中の夢の内容を、はっきりと覚えているという人も多いです...

感性光る女性建築士!建築士の仕事とは?働く女性の快眠法!

「建築士」と聞くと、男性を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 男性に比べて人数は少ない...

短時間のお昼寝で効率アップ!机でも使える睡眠グッズとは

今、食事の後の短時間睡眠が見直されており、会社の机でも使えるお昼寝グッズが人気です。 とはいえ...

カーテンが短いときの長さ調節するアイデアとリメイク方法

引っ越しや模様替えのときに、気軽に変化を楽しむことができるカーテン。 でも、引っ越し先の窓のサ...

夏場の睡眠はクーラーをつけっぱなしが良いって本当!?

寝苦しい夏の夜、クーラーをつけたまま寝たくても電気代や体調を崩すことを懸念して我慢している方はい...

赤ちゃんにとって快適な睡眠がとれる室温を詳しく知ろう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、熱い・寒いといったことをはじめ、様々なことをまだ言葉に出して伝えることが...

睡眠が短時間でも熟睡効果がある!?その方法とは?

お仕事やご家庭の都合などで、「短時間しか寝ることが出来ない」という人も多いのではないでしょうか。...

窓だけじゃない!エアコンからも虫が入ってくる!?

「なんだか、エアコンの中からガサガサと音が聞こえる」・・・そんな経験はありませんか? もしかし...

睡眠が浅いとなぜ頭痛が起きる?頭痛が起きるメカニズムとは

忙しい現代社会においては、日々十分な睡眠時間を取ることは難しくなっているのかもしれません。 元...

スポンサーリンク

睡眠時間を正しく取る必要性とは?

私たち人間の体には、睡眠は不可欠とされています。

「眠る」ということは、決して人間だけの特別な行為ではなく、他の動物も同じ仕組みでできています。

哺乳類のような恒温動物は、内外からの情報を処理することで、体をうまく働かせるために大脳が発達したと言われています。

この大脳は、長時間働かせ続けると、膨大なエネルギーを消費するため、大脳を休息させる必要があります。

そのために睡眠があるのです。

しかし、人間の場合、肝心の脳の働きを休息させる睡眠を、はたして取れているかどうかが問題です。

体だけ横になっていても、脳が休まることはありません。

長く睡眠時間を取っていても、脳が休むことができなければ、良い睡眠とは呼べないと言っても良いでしょう。

そこで、最近では効果的な睡眠を取るために様々な研究がなされるようになってきました。

睡眠を取るための部屋の整え方や、眠りにつくためのグッズ、お勧めの飲み物まで、あらゆる角度から睡眠に対して前向きな研究が多くなってきているのです。

では、そんな良い睡眠の取り方に関して、これから解説していきましょう。

良い睡眠を取ることで女性は美しくなる?

女性が肌荒れを起こしたり、イライラがつのると、睡眠不足を疑われることがありますね。

確かに、眠りが肌にもたらす効果は様々なものがあると言われています。

肌のハリを保つことはその中でも大きな効果と言われていて、質の良い眠りを持つことで、皮下組織の再生を促し、筋肉の緊張を保つことが大きな要因と言われています。

また、睡眠時に成長ホルモンを分泌することも有名です。

皮下細胞の分裂による肌の再生には、睡眠によってコントロールされる血液中の成長ホルモンの分泌が関係していると言われています。

肌のアンチエイジングには、睡眠が大きく関係しているのですね。

良い睡眠は、まず老廃物を排出する要因となります。

睡眠で血液が増え、酸素や栄養素の供給が盛んになるためです。

また、睡眠は肌の保湿に重要な役目を持っているコラーゲンの合成を助ける働きを持っています。

さらに、良い眠りを取ることで、副交感神経が活発になり、血管が開くため肌の血色が良くなるのです。

これらのことから、女性には寝不足は大敵と言われますが、より良い睡眠を得るためにお勧めの飲み物をご紹介しましょう。

良い睡眠を得るために効果のある飲み物とは?

良い睡眠を取るためには、まずリラックスした雰囲気を作ることが大切です。

温かい飲み物は、内臓から体温上昇を促してくれます。

体温が下がり始める時に、自然な眠気が起きるため、睡眠前のリズムを作るのには最適です。

そして、寝つきが良く、ぐっすり眠りたいなら、ノンカフェインのものを選ぶのがいいでしょう。

それでは、お勧めの飲み物をご紹介します。

そのお勧めの飲み物は、まずは白湯です。

白湯は胃腸に負担をかけずに体を温めることができるので、特に冬季にはお勧めですね。

また、生姜湯も体を温める効果が高く、睡眠の質を高めてくれます。

市販のものは糖分が多く配合されているので、自分なりに調節すると良いですね。

そのほかに有名なところでは、カモミールティーでしょう。

カモミールティーは、ヨーロッパで昔から不眠症の対策に使われていたくらいです。

心身ともにリラックスさせてくれる香りが特徴で、好きな人も多いですよね。

交感神経から副交感神経優位へ切り替える時に効果が高いと言われています。

いろいろと試してみて、自分に合った飲み物を見つけることができると良いですね。

温かい飲み物をより効果的に睡眠に役立てるコツ

睡眠前に温かい飲み物で睡眠効果を高めることは簡単ですが、そのほかにもより高い効果を上げるコツがあります。

まず、夕食は睡眠を取る3時間前にはなるべく済ませておきましょう。

睡眠時には消化活動が終わっていることが理想で、眠る時に眠りに入りやすくする手段とも言えます。

朝起きた時に、胃もたれがしたり、体の疲れが取れていない時を考えてみると、「就寝前に食事を摂っていた」と思い当たることがあるはずです。

また、心地良い睡眠を得るためには、38度くらいの温度のお湯に、15分から30分くらいつかってみると良いでしょう。

体をじっくりと温めて、リラックス効果を生むからです。

そして、寝室では、リラックスできる音楽を流してみるのはいかがでしょうか?

日常の緊張から解き放たれ、心身共にリラックスできる環境を整えましょう。

この状況でゆっくりと温かい飲み物を飲んでから眠りにつけば、質の良い睡眠を取ることができます。

睡眠効果を妨げる飲み物とは?

効果的な睡眠を取ることは、体にとっても脳にとっても、とても大切なことです。

しかし、私たちは日常生活の中で、睡眠に良くないとされる飲み物を摂取している場合も多いです。

まず、コーヒーや紅茶、緑茶や栄養ドリンクなど、覚醒作用を持つカフェイン入りの飲食物は深い睡眠の妨げになるので、就寝前の少なくても3,4時間前から避けたいものです。

日本の習慣として、食後のコーヒーや緑茶を飲む習慣があるので、それを考えても夕食は就寝の3時間前には済ませておきましょう。

また、寝酒として有名なアルコールですが、実際には眠りが浅くなってしまう効果があると言われています。

さらに利尿作用でトイレに行く回数が増えるため、熟睡できる時間が短くなります。

夕食時に軽く飲むアルコールは別として、寝酒として大量の飲酒は避けた方が無難なようですね。

また、眠りに関しては、その他に食事そのものの影響を大きく受けている、とも言われています。

やはり朝食は、体を目覚めさせるのと同時に、日中のエネルギーを摂取できるので必ずしっかりと摂ることが必要です。

そして夕食は、たんぱく質中心のメニューにすることで、摂り入れたたんぱく質が体の修復材料や良質な睡眠に不可欠なセロトニンの材料となります。

このように肉や魚、卵や乳製品など必須アミノ酸を多く含む、良質なたんぱく質を積極的に摂取することも、良い睡眠につながるのです。

良い睡眠を取れる環境を整える

良質の睡眠を取ることで、私たち人間の体は日中の疲れを取り、脳の働きを活発にし、心身共に健康でいることができます。

しかし、そうは言っても長い人生の中で、私たちの生活は時折、環境が変わってしまうことがあります。

就職や転勤、結婚などでそれまでの生活と一変してしまう出来事も起こることでしょう。

そんな時、体の調子が不安定になったり、眠りにくくなる、ということもよく聞きますね。

しかし、人間の体はリセットできるので、心配いりません。

ストレスを感じている原因を突き止め、もう一度、自分なりの快適な環境を取り戻せば良いのです。

生活のリズムを整え、寝室の状態を変え、睡眠効果を高めるグッズや飲み物を見直して、常に健康でいられる環境を整えましょう。

睡眠がしっかりと守れていれば、健康で悩むことも少なくなっていきます。

自分なりの快適な環境を作り上げて、良質な睡眠を取ることを心がけることが大切なのです。

良質の睡眠を取るために大切な飲み物とその効果

寝酒と言われているアルコールではなく、温かい飲み物を就寝前に楽しむ習慣をつけることで、良質の睡眠を確保する努力をしましょう。

お勧めなのは、カモミールティーなどの安眠効果のある温かい飲み物を飲み、リラックスして眠りに入ることです。

夕食は少なくても就寝時間の3時間前には済ませ、コーヒーなどのカフェインもその時点で摂取しないことも重要です。

食生活と睡眠には密接な関係がありますので、注意してみてください。

 - 睡眠