布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドのきしみが気になって眠れない!その原因と対策とは

2018.3.17

夜熟睡することは、翌日に疲れを残さず、毎日元気に働くために必要なことです。

しかし、ベッドのきしむ音が気になってよく眠れなかったりすると、1日不快な思いをしてしまいます。

もし、ベッドのきしむ音が気になったら、原因を調べてしっかり対策したいものです。

ここでは、ベッドのきしみの原因とその対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

直管型・丸型蛍光灯の交換方法をご紹介!寝室の照明の色は?

丸型蛍光灯や直管型蛍光灯を自分で交換できますか? 蛍光灯の外し方や取り付け方を知らない方は、...

あなたの睡眠は質の良い睡眠?ポイントは温度と湿度にあり!

十分に睡眠時間を取っているはずなのに、目覚めがすっきりしない。 そのような場合は、質の高い睡眠...

押入れの寝具を賢く整頓!おすすめ収納グッズ6選

押入れの中に寝具をそのまま入れ、重ねて収納すると、下の方の寝具が取りにくくなってしまったりほこり...

除湿シートをベッドで使用するときの敷き方の順番は?

除湿シートをベッドやお布団などの寝具とともに利用すると、ダニやカビ対策になります。 体温で温め...

【不眠でお悩みの方へ】アロマのリラックス効果で上質な睡眠

良い睡眠はとれていますか? 最近は、ストレスや不規則な生活などが原因で、よく眠れないという方が増え...

マットレスが腰痛の原因に?腰痛を和らげるマットレスの種類

「朝、目が覚めて起きようとしたら、腰が痛くてすぐには起き上がれない。」 このようなとき、今日一...

ベッド用マットレスの無料処分!分解作業は手順と準備が重要

ベッド用マットレスを処分する際、いくつか方法がありますが、粗大ゴミ回収や廃品引き取り業者への依頼...

仕事中にもう眠くならない!睡眠の質の改善方法をチェック!

皆さんは、睡眠をしっかりととれていますか? それも、ただの寝てるだけではなく、しっかりと疲れが...

40wと60wの電球の明るさは、60Wが明るいとは限らない!?

40Wと60Wの電球。 どちらが明るいと思いますか? 一見、60Wの電球のほうが明るいと思わ...

照明のダウンライトはリビングや寝室にはどうなの!?

おしゃれで邪魔にならないダウンライトは、今の家でも多く取り入れられています。 そんなダウンライ...

省スペースで使いやすいベッド!サイズ短めショート丈に注目

ショート丈ベッドは、通常サイズより長さが短めです。 小柄な方やお子さん用ベッドとして使いやすく、...

赤ちゃんが予防接種を受けた後の睡眠は?注意することは?

赤ちゃんは、生後2ヶ月で初めての予防接種を受けます。 初めての赤ちゃんの時は「こんなに小さいの...

布団乾燥機はシャープがオススメ!その理由とは?!

お布団を乾燥して清潔に保つことができる布団乾燥機。 良い睡眠には欠かせない家電製品です。 ...

和室とベッドって意外に合う!旅館でベッドが増えた理由

「旅館=お布団」のイメージがありませんか? しかし今、そのイメージを覆す旅館が増えているの...

ベッドのマットレスは通気性で選ぶべし!カビの対処も紹介!

皆さんはベッドのマットレスをご購入する際、どんな点に注意して選びますか? 温暖湿潤な日本で...

スポンサーリンク

ベッドのきしみの原因を突き止めよう

高級ベッドでない限り、大抵のベッドは長く使っているうちに、きしみの音が気になるようになります。

これは、ベッドが寝返りを打つたび動き回るあなたの体重を支えているからで、毎晩使っている限り、避けることは難しいものです。

しかし、ベッドがきしむ原因は他にも幾つかあります。

そして、原因に合った対策をしないと、きしみの音は消えません。

まずは、ベッドがきしむ原因を突き止めましょう。

突き止め方としては、ベッドの上で動いてみて、「どこできしむ音が出ているか」を調べてみてください。

チェックして欲しい箇所は、「パイプベッドのフレームのつなぎ目」、「すのことフレームの隙間」、「ベッドの足と床との隙間」、「ベッドのマットレスの使用期間」です。

「パイプベッドのフレームのつなぎ目」の原因としては、ベッドのフレームは組み立てた後にネジ止めされていることが原因になることがあります。

そのネジが緩んでいると、床材との間に隙間ができて、きしみの原因になります。

他に「すのことフレームの隙間」の原因ですが、すのことフレームの隙間は使用しているとどうしても変形をしてしまい、隙間ができてしまうことがあります。

そのため、ガタガタ音が鳴ったり、きしんだりしてしまうのです。

さらに、「ベッドの足と床との隙間」があることで、ベッドの足が踏んでいる床材から音がしていることもあります。

この場合は、床が傾いていたりしていることも、ベッドがきしむ原因になります。

また、「ベッドのマットレスの使用期間」も考えてみましょう。

マットレスの寿命は、長くても約10年が寿命といわれています。

このマットの寿命できしみの音が鳴ることもあります。

その理由は、長く使っているうちに、金属製のバネから音が出てしまうからです。

このようにして原因を確認してみましょう。

きしみやすいベッドとは

きしみの原因をご紹介しましたが、そもそもきしみやすいベッドもあります。

郊外の大きな家具専門店を訪れると、広い売り場にベッドがたくさん並んでいます。

そして、デザインの違いや大きさの違いなどで、ベッドには多くの種類があります。

その中でも、きしみが気になりやすいベッドとは、金属製のパイプでできたベッドです。

このタイプのベッドは、比較的安価なこともあって若い人には人気がありますが、耐久性が無いので長くは使えません。

そして、パイプでできたベッドがきしむ理由は、フレームの接続部分です。

大抵はネジで止めてあるのですが、長く使っているとネジが緩んできます。

また、金属製のパイプ材は、力がかかる場所は少しずつ曲がっていきます。

それが、きしみの原因になることもあります。

とはいえ、木製のベッドならいい、ということではありません。

木のフレームは、金属製の板とネジで固定されています。

そのため、このネジが緩んだり、金属製の板が曲がることでもきしみの原因となります。

もし、こういったベッドのきしむ音が気になったら、フレームの接合部が緩まないように対策する必要があります。

パイプベッドのきしみの対策

先ほども紹介したように、パイプベッドは、きしみが気になりやすいベッドです。

それも、こういったベッドは、分解された状態で届いた商品を、自分で組み立てることが多く、ネジがしっかり締まっていないこともあります。

そのため、徐々にネジが緩んでしまうこともあります。

そして、チェックして欲しい箇所のところでご説明した「パイプベッドのフレームのつなぎ目」がある場合の対策が必要になるのです。

また、引っ越しなどで、一度分解して組み立て直した場合も、ネジがしっかり締まっていないことがあります。

もし、きしむ音が気になりだしたら、ネジが緩んでいないかチェックしてください。

とはいえ、しっかりネジを締めたとしても、毎晩寝ているうちに寝返りなどの振動で、少しずつ緩むことがあります。

このような場所で使われるネジでは、緩み止め対策としてスプリングワッシャーを使うといいでしょう。

具体的には、ネジだけで固定するのではなく、ワッシャーリングとスプリングワッシャーを組み合わせます。

ポイントは溝があるスプリングワッシャーで、これがネジとワッシャーリングをしっかり固定してくれます。

これは、パイプベッドだけでなくネジ止めする木のフレームでも有効です。

フレームとすのこのきしみ対策

パイプペッドに限らず、木製ベッドも、長く使っていると、振動などで少しずつフレームに隙間ができます。

さらに、マットを支えるすのこも、長く使っているとゆがんできます。

木製ベッドのフレームのゆがみは、パイプベッドのようにネジを締めれば直るものではありません。

ですので、この場合の「すのことフレームの隙間」の対策は、きしみの音が出ないように隙間を埋めることです。

例えば、フレームと床材の隙間と、フェルト生地などのクッション材で埋めてみてください。

両面テープで貼りつけるか、裏面がテープになっている素材を使えば簡単に作業できます。

そして、ゆすってもすのこが動かなくなれば、気になる音が抑えられます。

また、フレームにひびが入っていると、動くたびに隙間ができて、きしみの原因になります。

この場合の対策は、ひびに木工用の接着材を塗ったり、パテで埋めたりして動かないようにすることです。

これらは、ホームセンターで売っている材料でもできるので、きしみの原因を見つけたら、ぜひ、挑戦してみてください。

床のきしみの対策

ベッドで寝ていて気になるきしみ音は、ベッドからの音とは限りません。

その原因は、「ベッドの足と床との隙間」であり、ベッドを置いている部屋の床かもしれません。

フローリングは床だから丈夫と思うかもしれませんが、床下に使われた材料が経年劣化して、床板がしなることがあります。

歩くくらいなら気にならない程度でも、ベッドの足には、ベッドの重さに加えて大人1人分の体重がかかっています。

ですので、劣化を起こした床にそんな重いベッドが置かれていたら、ベッドのきしみの原因にもなります。

また、古い家をリフォームした部屋では、家の構造上のゆがみが原因で、フローリングの床が傾いていることもあります。

もし、そのような床の部屋にベッドを置いている場合も、ベッドがきしむことがあります。

この場合の対策は、床を修理するのが一番ですが、それに伴う費用がかかります。

ですので、まずはベッドの位置を変えてみることから行ってみましょう。

また、それでもダメな場合は、ベッドの足の下にクッション材を入れて調整してみましょう。

マットのスプリングにも注意

ベッドの気になるきしみ音は、ベッドのフレームが原因とは限りません。

ベッドは、フレームの上にマットレスが乗っています。

そして、このマットに入っているスプリングが古くなると、キリキリという嫌な音がします。

先ほどもお伝えしたように、一般的に、ベッドに使われるマットの寿命は、長くて約10年とされています。

そして、その頃になると、マットに入った金属製のスプリングが劣化して、音が出るようになります。

もし、マットの中から気になる音がしているのなら、それはマットが寿命ということです。

こうなったら対策は買い替えるしかありません。

家具専門店に行けば、マットだけでも購入できます。

ベッドのサイズを調べておいて、そのサイズに合ったマットに買い替えましょう。

なお、新しいベッドでも、マットがずれていると変な音がすることもあります。

もし、ちょっと違和感を感じたら、ベッドを整える際にずれていないかチェックするといいでしょう。

ベッドのきしみ対策は原因の確認がポイント

これまでご紹介したように、ベッドのきしみの原因はベッドの種類によっても違いがあり、発生場所もさまざまです。

原因をよく調べて対策しましょう。

とはいえ、毎日使うベッドは長く使っていると、どうしても劣化してきしみがひどくなることも多いです。

長く使ったベッドの場合は、買い替えも検討してください。

 - 寝具, 睡眠, 睡眠の質