布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

2018.2.22

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。

特に賃貸物件や、購入した物件が築年数が経っている場合などは、ウォシュレットが付いていないことが多いものです。

中には、ウォシュレットを設置したいと思う方もいることでしょう。

しかし、トイレがコンセントなしのときもあります。

ここでは、どうしたらコンセントなしのトイレにウォシュレットが設置できるか、また、どういった問題点や解決法があるかご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オシャレを諦めない!高校生の理想の部屋着はジャージ即決!

高校生の部屋着として未だ根強い人気の「ジャージ」。 最近では、可愛い部屋着を扱った部屋着専...

インテリアにお花を!お手入れ不要フェイクフラワーのご紹介

自分の好きな物に囲まれたインテリア空間。 そこにお花を添えると、一気に優しくおしゃれな空間...

生活臭がたまる!ファブリーズでお部屋の匂いを良くしよう

お宅によって、それぞれのお部屋の匂いがありますよね。 お部屋の匂いは、そのお部屋のイメージにつ...

全自動洗濯機の掃除の方法って?もしかして分解掃除できる?

全自動洗濯機って長年使っていると、細かいところが汚れてしまいますよね。 手の届く場所なら良いの...

インテリアとしてグリーンを吊るす!気軽に始める植物生活

インテリアとしてグリーンを吊るしてみませんか? グリーンを吊るすと場所を取りません。 ...

憧れの部屋スタイルになるアイデア!おしゃれ部屋に大変身!

自分の部屋が、おしゃれなインテリアだったら、帰宅するのが楽しみになっちゃいますよね。 インテリ...

インテリアとしておしゃれに!万能な本を使ったお部屋づくり

1人暮らしのお部屋というのは、どうしても趣味の空間になりがちです。 その人の個性がにじみ出る空...

癒されたい!お風呂の壁を飾るインテリアアイテムを教えて!

一日の終わりに、お風呂に浸かる瞬間の気持ち良さはなんともいえませんね。 お風呂に浸かること...

自分で出来る?電球のソケットを引っ掛けシーリングへ変換

毎日使う照明器具は、その部屋にあったものを使いますよね。 ですが、おしゃれなペンダントライ...

インテリアコーディネートの極意!テレビボードにこだわろう

今や、生活に欠かすことのできない存在となっているテレビですが、どのような場所に配置されていますか? ...

玄関灯がつかない!自分で行うカバーの着脱や電球交換方法!

仕事などで疲れて帰って来た時、温かな玄関灯の明りが出迎えてくれると、ほっとしますよね。 そんな...

生活保護受給者の入院中の支給額は?オムツ代はどうなるの?

厚生労働省によれば、生活保護受給者のおよそ半分が高齢者にあたるそうです。 高齢者ともなれば...

センス抜群!インテリアはグレーでコーディネートしよう!

お部屋のインテリアを決めるうえで、どの色を合わせるかも重要になってきますね。 使う色次第で...

実家に眠る掃除しづらい物のちょっとした手入れのコツ

実家にある普段使ってるもの、使ってないもの、手入れしづらいもの… 掃除しようと思ってもどう...

ベランダに洗濯機を置く時、囲いをする必要性とアイデア!

ベランダにどうしても洗濯機を設置しなければならないという方がいますよね。 ベランダに洗濯機を置...

スポンサーリンク

ウォシュレットを設置したくてもコンセントなしのときは諦めるべき?

海外では意外と普及されるのが遅いといわれるウォシュレットですが、日本では半数以上のご家庭で使用しているといっても過言ではありません。

最近は、新築物件を建てる時点で、ウォシュレット付きのトイレにするのが一般的ですが、賃貸や古い物件でもウォシュレットを望む方が多くいます。

ウォシュレットといえば、電動でシャワーが出るのが一般的な仕組みのものです。

当然、電気が使えなければ、電動のウォシュレットは機能しないのが普通です。

そのため、トイレにコンセントなしの物件ともなれば、容易にウォシュレットを設置できないことが予想されます。

しかし、実はちょっとした工夫次第で、ウォシュレットをコンセントなしの状態でも取り付けが可能になるのです。

では、どういった点に注意してコンセントなしのトイレにウォシュレットを取り付けたらよいか、様々な話を通してこれから詳しくご説明していきます。

コンセントなしであればコンセントを増設したほうがよい?

まず、ウォシュレットを設置したいと思ったら、取り付けるトイレの壁をよく観察しましょう。

コンセントがあれば、もちろん差し込むだけで簡単に設置できます。

しかし、古い中古物件や賃貸でも築年数が古いアパートなどのトイレには、残念ながらコンセントなしの状態が多いのです。

このようにトイレにコンセントがない理由は、以前はトイレで家電を使うといった思想がなかったのが主な理由です。

あくまでもトイレは用を足すだけのスペースであって、本や新聞、スマホを持って長居する場所とは捉えていませんでした。

しかし、近年、ウォシュレットや、トイレぐらいのスペースに最適な温風ヒーターの普及によって、新しい物件ではトイレにコンセントを設けるのが一般的なスタイルになってきています。

トイレの壁面にコンセントがないときには、コンセントを設ける工事をしたいところですが、それに伴う費用も掛かりますし、賃貸の場合には、勝手に工事をしてはトラブルのもとにもなります。

また、工事自体できない構造であれば、コンセント増設は諦めた方がいいのです。

ウォシュレットを設置するのにコンセントなしでも対処できる!

さて、ウォシュレットを設置するのに、コンセントの有無が大きなカギになる話をしてまいりました。

ウォシュレットをコンセントなしのトイレに設置するのは、単純にはできない話です。

しかし、これまでは壁に付属しているコンセントに限って注目してきましたが、他にも取り付ける手段はあります。

それでは、コンセントなしであってもウォシュレットを取り付けられる方法とは、どのような手段があるでしょうか。

実は、壁だけを見ていると答えは見つからないのです。

ヒントはトイレの中でも、唯一電源が入れられるところにあります。

どのような物件でも必ずトイレに使われている電源、「天井の照明」が答えなのです。

照明でどうやってコンセント代わりになるのか、という大きな疑問が出てきますが、便利な世の中です。

電球のソケットを差す部分に分岐ができている、丸型1灯2差クラスタという部品を使えば、コンセントなしでも電源が取れるようになります。

使い方は、いたって簡単です。

天井の電球を外し、クラスタを差し込んで、クラスタ自体に電球とウォシュレットのコンセントを繋げた延長コードを差せばよいのです。

クラスタを使用することで、ウォシュレットをコンセントなしのトイレでも、簡単に設置できます。

ウォシュレットをコンセントなしでも設置するときの注意点

これで、ウォシュレットをコンセントなしのトイレでも設置できることがわかりました。

壁にコンセントを増設する工事をすることなく、ウォシュレット付きのトイレにすることができます。

しかし、設置する時点で多少注意が必要になってきます。

通常、トイレにコンセントがある場合には、使いやすい壁の下方に付いているのが一般的です。

壁の上部に付いていたら、配線が邪魔ですし、見栄えも悪いものです。

今回お話した電源の取り方は、更に上部の天井から配策するものであり、繋げただけでは電気の延長コードが邪魔になります。

もちろん、そのまま垂らしていてはコードに引っかかり大変危険です。

そこで、配線コードを壁に固定するといった方法をおすすめします。

ホームセンターなどで配線カバーが売っていますので、あらかじめ配策する長さを図って止める方法があります。

また、そこまで本格的な配策を望まないなら、コードの太さまでの対応可能のキャッチピンを使用して止める方法もあります。

どちらも金釘を使ってコードを止めるわけではないので、コードの破損の心配なく取り付けられます。

コンセントなしでのデメリットを克服する

ウォシュレットをコンセントなしのトイレで設置し使用する際に、さらに注意しなければならないことがあります。

天井の照明を外してクラスタを使い、電源コードを差し込んで天井に戻す際には、必ず電気の通電をオフにして作業しましょう。

ブレーカーの電源も落としておけば完璧です。

この作業は、漏電や感電の恐れがあるので、注意して作業しましょう。

さらに、天井の電源を使ってウォシュレットを使用するということは、照明の電気をいつでもオンにしておかなければ、温水が出ないといった不都合が出てきます。

夏に使用するなら、さほど問題には思いませんが、寒い冬場には冷水ですと大変不便です。

だからといって、絶えず照明をオンにしていると電気代の無駄になり、経済的ではありません。

そこで使うと便利なのが、人感センサー付きLED電球です。

照明が付いたままでは電気代がもったいないけれど、ウォシュレットの温水はいつでも使いたいという方にピッタリな製品です。

センサーで照明がオンオフできるということは、照明のスイッチを入れっぱなしで使っても、人がいないときは感知して電源をオフにしてくれます。

これで、照明を無駄に点けておく必要がないので、照明と電気の無駄使いが避けられます。

ウォシュレットの種類を確認しておこう

ウォシュレットをコンセントなしのトイレに設置するときには、同時にトイレの空間の幅なども確認しましょう。

ウォシュレットは、手元でリモコン操作するものと、壁にリモコン操作盤を設置するものが主流です。

壁に付けた操作盤を使うのであれば問題ないのですが、便座の横に付いている場合には操作盤のスペースが取られ、うまく設置できない場合があります。

購入するときには、事前にご自分のトイレのスペースの幅を測っておき、どちらのタイプにするか決めましょう。

また、本格的なウォシュレットではなく、簡易的に利用したいといった場合には、電源がなくても取り付け可能なものも存在します。

このタイプは、出張先のホテルなどにウォシュレットが設置されていないときに持っていれば、簡単に取り付けられ使用できるものです。

トイレに温水の管があれば温水洗浄も可能ですが、温水が使えなくてもとりあえず使用できればいいという方に最適です。

賃貸物件でウォシュレットを取り付けたら、退去時に撤去しなければならないという契約が多い中、このタイプなら、普段手軽に使えて簡単に取り外しが可能であるといったところが魅力の製品です。

ウォシュレットをコンセントなしのトイレで電源を考えずに使いたいのであれば、考慮に入れておくとよいでしょう。

 

コンセントがないトイレでも快適に使用できる

以上、ウォシュレットをコンセントなしのトイレに設置する方法や注意点などをまとめました。

コンセントなしでも、ウォシュレットは設置する工夫さえ考えれば、簡単に設置して使うことができます。

その際に注意したいのが、電源コードの配策の処理と、節電対策、ウォシュレットの種類によっては設置するスペースを押さえておくことが重要になってきます。

また、全く電源は考えないで使いたいといったときには、簡易式の製品もありますので利用するとよいでしょう。

 - 生活