ベッドの柵が意外と危険?ベッドガードで子供を守ろう!

赤ちゃんや子供は、寝ている間に上へ行ったり、下に移動したり、寝相が悪い事もあります。

寝返りをうてるようになると、ベビーベッドの柵に頭をぶつけたり、手足が入ってしまい、動けなくなるという心配もあります。

今回は、そんな事故を防止するためにベビーベッドに取り付ける事のできるベビーベッドガードについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

最近人気の簡易エアーベッド!どんな点がおすすめ?

最近人気が出てきている簡易エアーベッドをご存知でしょうか。お手軽に購入出来て、女性でも簡単に...

夏の寝具お勧め6選!おしゃれで清潔に使える人気商品!

梅雨が明ければ、夏が到来します。日本の夏は暑いだけでなく、湿気が多いのが特徴ですよね。...

賃貸マンションのクッションフロアにカビ!お布団にも注意!

最近の賃貸マンションは、クッションフロアが使用されていることも多いですよね。クッションフロアは利...

マットレス選びで腰痛改善!値段が安いとダメ?オススメ商品

「腰が痛くて眠れない」「朝起きた時から腰が痛い」「病院や整体に何度通っても治らない…」ものす...

女子の部屋の整理整頓、ベッド下収納でまとめちゃおう!

女子のみなさん!お部屋の収納に困っていませんか?洋服にメイクにと、ついつい物が多くなってしまい収...

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

体を支える重要な寝具!マットレスのおすすめ6選!

マットレスは、寝心地を大きく左右する重要な寝具です。通販サイトでは、数多くの高品質なマッ...

ベッドルームのインテリアを北欧風にするポイントをご紹介!

北欧のインテリアには、おしゃれなデザインのものがたくさんありますよね。おしゃれでありながらも...

エアコンのある部屋から隣の部屋に冷気を送る!扇風機の効果

震災以降、節電が求められている昨今・・・エアコンと扇風機を上手に使って快適な夏の生活が送れていま...

アパートへ入居前の必要費用と蛍光灯の交換費用などについて

あなたは期待を胸に、『アパートで一人暮らしをするぞ!』と決意したとしても、アパートへ住む為には、やは...

寝る時に体や顔周りが寒い!冷え対策・寝る時マスクは良い?

寒い季節、寝る時に体や顔周りが冷たくて、寝つけないなんて経験ありませんか?あたたかい状態で、...

ベッドのダニは増える前に徹底除去!身近な便利アイテムは?

ベッドは、お布団に比べて、外に干すことができなかったり丸洗いができないので、きれいにするのが少し...

寝室のカーテンを洗濯したいけど遮光カーテンの扱い方は!?

光を遮り、安眠や省エネに役立つ便利な遮光カーテン・・・。そこで、遮光カーテンをこれから使って...

ベッドがギシギシ音がする!音の原因は床板の「すのこ」?

ベッドからギシギシ音がして気になって眠れなかったことは、一度は経験があるのではないでしょうか?...

畳にウッドカーペットを敷くときのダニ・カビの対策方法とは

畳のお部屋をプチリフォームするのに、とても便利なウッドカーペット。設置する際には、ダニ・カビの対...

スポンサーリンク

子供用ベッドの柵の危険性とは?

子供用のベッドには、柵がつけているから安心、と考えている方も多いと思います。
しかし、ベッドの柵による窒息事故や、間に挟まって怪我をする事故は、多発しています。

また、家事をしている間などに、柵があるからと油断し、ベッドの中に赤ちゃんや子供を置いて目を離す事も危険です。

つかまり立ちを始めている赤ちゃんは、枕などを踏み台にして、ベッドから転落してしまう事もあります。

赤ちゃんや子供は、一人になると不安だったり、後追いを始める時期に入るとお母さんの後をついてまわるので、あの手この手で、ベビーベッドから出ようとします。

赤ちゃんが、ベビーベッドの柵につかまって揺らしている間に柵の留め金が外れ転落してしまうケースもあるのです。

ちょっとの間なら大丈夫と過信せず、赤ちゃんや子供から離れるときは、何か起きるかもしれないと危機感を持ち、対処法を考えておきましょう。

そんな不安を少しでも和らげてくれるのが、ベッドにつけるベッドガードです。

ベッドガードとは?

ベッドガードとは、赤ちゃんや子供用のベッドの柵につけるパッドのことです。

子供を安心して寝かすためにも、ベッドガードをつけた方が、安全でより良いでしょう。

クッションのような柔らかい布の素材でできているので、頭を打つ心配もありません。

また、ベッドの柵だけの場合、ペットがいるお家では、犬や猫が赤ちゃんや子供にいたずらをしないか心配になってしまいますよね。

ベッドガードは、ペットから赤ちゃんや子供を守ってくれるという利点もあります。

その中でも、いくつか種類があり、ベビーベッドや子供用ベッドにつけるベッドガードと大人用のベッドにつけるベッドガードがあります。

ベッドガードの取り付け方は、いずれも簡単で、紐で結ぶものやマジックテープで止めるものなどです

では、ベビーベッドや子供用ベッドにつけるタイプのベッドガードと、大人用のベッドにつけるベッドガードはどのような違いがあるのでしょうか。

子供用ベッドの柵につけるベッドガードの種類

まず、子供用ベッドの柵につけるタイプのベビーガードは、ベッドの周りを全て囲む全周タイプのものと半周タイプのものがあります。

全周タイプのベッドガードは、お母さんが横にベッドをくっつけて寝ている場合、横から見えないという難点があります。

しかし、赤ちゃんや子供にエアコンの風が直接あたらず、特に冬は暖かいという利点もあります。
また、ベッドの全ての面を覆っているので、寝相が悪い赤ちゃんは、どこに頭をぶつけても安心です。

半周タイプのベッドガードは、全周タイプのベッドガードに比べて、マットレスの出し入れがし易く、お手入れが楽です。

そして、洗濯もしやすいので、すぐ汚してしまう赤ちゃんの事を考えるとお母さんも嬉しいですね。

また、お部屋に合わせて、赤ちゃんの顔が見えるように取り付ける事ができるので、安心です。

夜中、赤ちゃんの様子を見たいけど、その度にベッドから起き上がって様子を見るのも大変ですよね。

ベビーベッドをお母さんのベッドの横に置いて、半周タイプのベビーガードを取り付けておくと、いつでも赤ちゃんの様子が確認できるので安心です。

大人用のベッドにつけるベッドガード

大人用のベッドで赤ちゃんと一緒に寝たい方や、子供が大きくなったので柵のついているベビーベッドでは寝れない、というご家庭もありますよね。

そんな場合は、大人用のベッドに取り付けるベッドガードを使用しましょう。

大人用のベッドに取り付けるベッドガードは、ベッドフレームとマットレスの間に挟むだけという非常に簡単なものが多いです。

また、しっかりと固定できるようになっているので、ずれたりする心配がありません。
ものによっては、使わないときは、下に倒しておいたり、コンパクトに収納することが可能なものもあります。

そして、中央部分が、メッシュタイプになっているものが多く、風通しが良いので、蒸れる心配もありません。

また、旅行や実家に帰る際には、持ち運びができるタイプのベッドガードがおすすめです。
付属のポンプで空気を入れて使用します。

このタイプのベッドガードは、アメリカやカナダなどの外国で人気のようです。

便利な一方で、ベッドとベッドガードの間の隙間に赤ちゃんや子供が挟まってしまう事故も起きているのも事実です。

取り付ける際には、ベッドとベッドガードの間に隙間ができていないかしっかりと確認しましょう。

柵付きのベッドと子供用ベッドガードをレンタルする方法も

出産前に赤ちゃんのものを揃えようと考えている方で、柵付きのベビーベッドやベッドガードを購入するか迷っている方もいると思います。

実際、購入してから赤ちゃんが一人で寝てくれなかったり、合わなかったりすると、せっかく購入したものが無駄になってしまいますよね。

もし、迷っている方は、一度赤ちゃんや子供が気に入ってくれるかどうか確認する為に、ベビーベッドやベッドガードをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんのレンタルグッズをネットで探す事ができ、1ヶ月以上の期間からレンタルすることができます。

購入する際は、送料や口コミなどを色々見てからレンタルするようにしましょう。

レンタル会社によって、品揃えや配送期間などまちまちで、すぐ使いたいのに配送が2週間から1ヶ月ほどかかってしまう場合もあります。

ベッドガードは、手作りできる?

赤ちゃんが生まれたり、子供が成長すると、色々なものを買い揃えなければならないので、お金がかかりますよね。

ベッドガードは、本当に必要なのか悩む方も多いと思います。
実際に、出産前に買ったけど、結局使う機会が無かったという先輩お母さんもいます。

先ほどご紹介した、レンタルするという方法もありますが、なるべく金額を抑えたいという方もいるでしょう。

そのような方は、ベッドガードを手作りで作ってみては、いかがでしょうか。

作り方は、簡単で、家にある段ボールをベッドの柵に合わせて切って取り付けるだけです。

中には、段ボールの色が茶色で寂しいので、子供の好きな絵を描いたり、色紙を貼ったりして、見た目をカラフルにしたいという方もいるようです。

また、好きなタオルケットやおくるみをかけてあげると可愛く飾る事ができますね。

ベッドの形に合わせて、クッション性のあるキルトの布をつなぎ合わせても、可愛いベッドガードができるでしょう。

子供にぴったりのベッドを用意してあげよう

赤ちゃんが、寝返りができるようになったり、子供が動けるようになってくると、お母さんも目が離せなくなり、疲れてしまいますよね。

柵付きのベッドも、ベッドガードも子供とお母さんが安心して過ごせるように作られたものです。

子供にとって、危険のないベッドを用意してあげたいですね。