ペットも大事な家族!ベッドもおしゃれなものがたくさん!?

ペットを飼っているご家庭にとっては、ペットも大事な家族の一員です。

そんなペットにも、出来ることならおしゃれなベッドや、かわいいベッドを選んであげたいですよね。

最近では、そんなおしゃれで、かわいいベッドがたくさん販売されています。

では、どんなベッドが販売されているのか、ペット用のベッドについてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸のクッションフロアの張り替え費用の相場は!?

近頃の賃貸でも増えている、クッションフロアという床材。クッションフロアは水に強く、台所やキッ...

シーツを洗濯機で洗うには?頻度から洗い方、設定コースまで

汚れが目立たないのでサボってしまいがちなのがシーツの洗濯ですよね。「大型の洗濯物なだけに...

ベッドへ車椅子から移乗 様々なケースの介護方法とポイント

ベッドから車椅子へ、車椅子からベッドへ、移動するのに介護が必要な人もいます。そのような動作を...

結婚祝いのプレゼントにおすすめな快適寝具を紹介!

結婚祝いのプレゼントにおすすめなのが、お揃いの寝具です。特に、タオルケットは洗い替え用として...

すのこベッドに敷布団一枚で寝ると背中が痛いことがある?

寝るときのアイテムは、お布団とベッドの他に、すのこマットというアイテムがあるのを知っていますか?...

寝具カバーの人気ブランド6選!おしゃれブランドを厳選

寝具カバーは、寝室の印象を大きく変える重要なアイテムです。また、おしゃれな寝具カバーを使って...

マットレスに敷布団はいらない?正しい寝具の置き方と使い方

「マットレスの上に敷布団はいるのか?いらないのか?」このように迷ったことのある方は、多いので...

フローリングの上にカーペットは滑る!滑り防止アイテムは?

フローリングの上にカーペットを敷いている方は多いと思います。カーペットを敷くと床の傷防止になった...

デッドスペースが大変身!ベッド下収納ケースのおすすめは?

ベッド下のデッドスペースといわれる空間は、工夫次第で衣類や雑貨、寝具などの収納スペースとして利用でき...

マットレスは中古でも買取ってもらえる!?買取のポイント

引越しなどで、新たにマットレスを新調した場合、中古マットレスをそのままゴミとして処分してしまっている...

お布団のダニから赤ちゃんを守る!その効果的な方法と対処!

眠っていた赤ちゃんが急に泣きだしたり、機嫌が悪い時は赤ちゃんの肌にダニによる虫刺されの跡があるかもし...

オーダーメイドマットレス!各メーカーの評価や口コミは?

家を建てたり、引っ越しをしたり、新生活のために寝具を買い替える機会があるでしょう。せっか...

ベッドに除湿シートは必要!?有効的な除湿シートの使い方

ベッドの生活は便利ですが、ベッドも寝具である以上、寝汗などの湿気とは縁が切れません。ベッドの...

ベッドのマットレスは通気性で選ぶべし!カビの対処も紹介!

皆さんはベッドのマットレスをご購入する際、どんな点に注意して選びますか?温暖湿潤な日本で...

憎きベッドバグ(トコジラミ)!対策を知って楽しい旅行を

みなさんは「ベッドバグ」をご存知ですか?「ベッドバグ」とは「トコジラミ」・「南京虫」のことです。...

スポンサーリンク

おしゃれなベッドを選ぶ前の注意点とは

ペットに「おしゃれなベッドや可愛いベッドを買ってあげよう!」と思う人は、最近増えてきつつあります。

そのようなベットの購入を検討しているといった場合は、ベッドを選ぶ際に、気を付けるべきことを事前に把握しておくことが大切になります。

まず、ベッドは人間と同じように、ペットにとっても快適に過ごすための重要なアイテムです。

ベッドには、、自分の寝る場所という認識を持ち、眠くなったらその場所に行って眠るという安心スペースという役割がありますね。

外見も大事ですが、絶対条件として「睡眠の質」を優先したものを選ぶようにしましょう。

では、選ぶ際のポイントをご紹介します。

・寝心地が良いか

人間と同じように、ペット用ベッドにも寝心地があります。
素材によって差がありますので、ペットの好みの素材を選んであげましょう。

・耐久性があるか

噛み癖があったりする場合はすぐにボロボロになってしまう事もあります。
裏地や生地の素材をしっかりと確認しておきましょう。

・掃除、洗濯がしやすいか

ペットとご家族の人、双方にとっても重要なポイントです。
掃除がしやすく、洗濯が出来るものは清潔に保つことが可能になります。
しっかりと確認しておくと良いでしょう。

・機能性

オールシーズン使えるリバーシブルタイプの物や、高齢のペットのための機能がついたものもあります。
場合によっては、こちらのポイントも押さえておきましょう。

以上のポイントを、しっかりと頭に入れておきましょう。

ペット用のおしゃれなベッドはお部屋のインテリアにもなる!

ペット用のベッドは、かわいいものや、おしゃれなものにすると、お部屋のインテリアとしてのワンポイントにもなってくれます。

そのように、ワンポイントとして取り入れたい場合は、どのような柄のものを選ぶかがポイントになってきます。

そこで、人気の柄と併せて、どのようなお部屋にマッチするのかをご紹介しましょう。

・モノトーンやストライプ柄

ボーダーやストライプ柄のものは、ベッドが定番なものでも、インテリアに合わせやすく人気が高いです。
リビングなどに置いても、雰囲気を壊すことなく設置する事が出来ます。

・水玉模様

キュートで可愛い水玉模様は、女性の飼い主さんに人気が高いようですね。
特に、一人暮らしの女性のお部屋のインテリアに合わせやすいと好評です。

・ヒョウ柄

ヒョウ柄は、性別を問わず幅広い層に人気を得ています。
少し派手な印象を持っている方も多いかもしれませんね。

しかし、暗いヒョウ柄はクールなお部屋に、優しい色合いのヒョウ柄は、可愛らしいお部屋に、など色を工夫することで、どんなお部屋にもマッチします。

このようにペット用のベッドは、柄を変えるだけで、お部屋の印象をガラリと変えることも出来ます。

お部屋の印象も意識しながら、ペット用のベッドを選んでみましょう。

ペット用ベッドは大型犬のものは少ない!?おしゃれなものはないの?

ペット用のベッドを選ぶとき、大型犬用のベッドが少ないと感じた人もいるのではないでしょうか。

ペット用のベッドは、大半がネコ用、小型犬用で店頭で販売されています。

「大型犬用のベッドは無いの?」と心配に思う人もいらっしゃると思いますが、大型犬用のベッドでも可愛いものやおしゃれなものはきちんと販売されています。

ですが、先ほど記述したように、大型犬用のものを取り扱っていないというお店も数多くあるようです。

また、取り扱っていても、大型犬用ということもあり販売スペースを取ってしまうので、店頭に置いていないケースが多いようですね。

店頭にない場合は、お店の人に取り扱いをしているかを聞いてみましょう。

もし、近くの店舗に取り扱いがない場合は、通信販売などで購入すると良いでしょう。

通信販売は、店頭では収まり切らないほどの商品を取り扱っているショップもあり、店頭よりも安値で購入することが出来る場合もあります。

最近では、送料無料の通信販売もあるので、店頭だけでなく、通信販売での購入も検討してしてみると良いですね。

ペットが好む人気のベッド素材は?

せっかく購入した、ペット用のベッドを使ってもらうためには、素材も選びにも力を入れましょう。
素材の寝心地や肌触りは、素肌で寝そべるペットにとっては、とても重要なポイントになります。

では、ペットが好む素材はどういったものなのでしょうか?

ペットは、基本的に肌触りの良い素材を選ぶ事が多いため、「もこもこした素材」を選ぶ飼い主さんが多いようです。

もこもこした素材は、おしゃれで可愛いものが多く、選択肢が幅広いのもポイントとなっています。

しかし、注意していただきたい点があります。

それは、季節によって素材を変えた方が良いという点です。

真夏に、もこもこした素材を使用してしまうと、ペットの体温調節が上手くいかず、体調を崩してしまう恐れがあります。

真冬に、通気性の良い素材を使っているものも然りです。
冷房や暖房で調節してあげることも大事ですが、ベッドの素材にも注意してあげましょう。

最近では、リバーシブルタイプのベッドも人気が高く、夏冬ともに使えるので、そちらの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

ペットのベッドにはさまざまな形がある!おしゃれなベッドを探そう!

ペット用のベッドには、さまざまな形があります。

そこで、ペットのサイズや、寝相に合ったベッドを探してみましょう。

ここでは、様々な種類についてご説明していきます。

・マット型

縁のないマットレスのことで、ピロー型とも言います。
大型犬やのびのびと寝っ転がるペットに使用する事が多く、縁がないので持ち運びに便利なベッドです。

また、掃除や洗濯がしやすく、販売されている種類が多いことも特徴です。

・ドーナツ/ベーグル型

ドーナツの様な形をしたベッドで、小型、中型のペットが好む形です。
ドーナツの形がおしゃれで可愛い、と最近人気が高まってきています。

寄りかかったり、寝るときに丸まって寝るペットにはこちらのタイプがおすすめです。
身体をすっぽりと包まれることに安心するペットが多いので、サイズはぴったり目を選ぶと良いでしょう。

・ボックス型

箱の形の様な縁があるタイプのベッドで、カドラー型とも言います。
サークルの中でも使えるので、ペットをサークルに入れているというお家に人気です。

アゴを乗せて寝たり、丸まって寝るような寝相のペットにはこちらがおすすめです。

・ドーム型

小型のペットに使われていることが多く、包まれる安心感と、何よりベッドの外見がおしゃれで可愛いものが多いところが人気です。

しかし、ペットが中に入ってくれなかったり、上に乗ってしまってゆがんでしまったりと、ペットによって好みが分かれてしまう形でもあるので、注意しましょう。

他にも様々な種類がありますので、ペットの好みのベッドを探してあげてくださいね。

おしゃれなだけじゃだめ!機能も重点的に見よう

もし、ペットが高齢である場合や、旅行に連れて行くなど、状況に応じなければいけないということもあるでしょう。

その場合、外見のおしゃれさだけでなく、機能性にもしっかりと気をつける必要があります。

そこで、機能性のある寝具の種類をご紹介していきます。

・整形外科用マット

介護用ベッドとも呼ばれ、尿漏れ、嘔吐、関節症などのペットによく使用されます。
高齢や関節、脊柱不全などの病気を持ったペットには、関節に負担がかからず、おすすめです。

他のベッドよりも少し値段が高くなってしまい、あまり種類も多くないので、好みを探しづらいことがネックです。

・撥水、防水マット

カバーが撥水、防水性なため、外でも使用することが出来、耐久性にも優れています。
噛んだり引っ掻いたりしても、なかなか破れることがありません。

ただし、撥水加工をしているため、肌触りや擦れた時の音を嫌うペットもいるかもしれないので、注意しましょう。

・トラベルベッド

持ち運びが出来、普段と同じベッドが使えるのでペットも安心する事が出来ます。

デメリットは持ち運びが出来るように、素材が少し薄くなってしまうことと、値段が少し高くなってしまうということです。

よく旅行や、公園などに出かけることがあるというご家庭におすすめです。

以上のように、様々な機能があるので、心配という人は是非選ぶ際に注意してみてみましょう。
状況に応じて、ペットが快適に過ごせる機能を探してみてくださいね。

ペット用ベッドはおしゃれなデザインだけじゃない!

ペット用のベッドを選ぶ時は、デザインだけでなく、機能や素材にも注目して選んであげましょう。

ペットによって好みもそれぞれ違うため、自分の飼っているペットがどの素材が好きか、どんな寝相かをしっかりとチェックすることが大切です。

ペットが気持良く寝れる環境を作ってあげてくださいね。