ベッドで快眠できるおすすめの方法!シングルでも快眠は可能

毎日人間は、平均7時間から8時間の睡眠をとります。
これは、1日の3分の1を過ごしている計算になります。

この睡眠をとる際にベッドで寝ている方も多いのでしょう。

そして、一人暮らしをしている方は、シングルサイズのベッドで寝ている方もいるはずです。
しかし、少々狭く、なかなか快眠ができないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はシングルでも快眠できるように「快眠できるアイテム」をご紹介していきます。

また、おすすめする理由や、使い方、お得な理由なども併せてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝具の寝心地はマットレスで決まる?ダブルベッドで使おう!

ダブルベッドは「2人用のベッド」という想像をしがちですが、1人でくつろぐために使用している人も多...

ベッドのマットレスにベッドパッドは必要なのか?

ベッドのマットレスに敷く、シーツや敷きパッドの他にベッドパッドがあります。ベッドパッドと敷き...

中古ベッドは需要が低い?無印良品のベッドは高価買取可能?

上質な商品を幅広く取り扱い、世代を問わずファンが多い無印良品。「無印良品のベッドを高価買取し...

背中が熱い!身体が熱くて眠れない原因と対策を徹底解明!

夏の夜、「背中が熱い」と感じ、眠れないといった経験はありませんか。実は、背中が熱いと感じるの...

大学から一人暮らしを始める女子必見!ベッド選びのコツ

一人暮らしの部屋の家具の中で、一番大きく存在感があるのがベッドです。だからこそ、ベッドの購入は慎...

睡眠とストレスの関係を知って快眠!要因別の対処法

「寝ようと思っても眠れない。」「眠気はあるけど思うように寝付けないで浅い眠りで、ボーッとした...

セミダブルのベッドを購入!掛け布団の最適なサイズは!?

一人でセミダブルのベッドを使う場合、掛け布団はシングルにするのかセミダブルにするのか迷いませんか?...

ホテルライクなベッドに!フットスローとは?選び方も解説

ホテルのベッドの足元にかけてあるベッドスローは、本来どういった役割を持っているのでしょうか。...

赤ちゃんのための寝具の選び方!6つポイントを押さえよう!

筋肉や骨格が未発達で身体が繊細な赤ちゃんにとって、寝具は発育に影響を与える重要なアイテムです。...

北海道へ家族旅行!お値段はいくら?旅行中の安眠グッズは?

家族旅行に北海道を選ぶ方、多いですよね。北海道といえば夏は避暑地、冬は「札幌雪まつり」をはじ...

ウールのお布団にダニを寄せ付けない!お布団のダニ対策

お布団には、必ずダニがいます。ウールのお布団は木綿のお布団に比べるとダニを寄せつけにくい...

夏の寝具はどう選ぶ?赤ちゃんが快適に過ごすための方法は?

毎年夏になると、暑くて寝苦しい夜が続きますよね。大人でも体調管理が難しい真夏など、赤ちゃんの...

呼吸法でリラックスして眠る!快適な睡眠で明日も元気に

理想的な睡眠とはどのようなものでしょうか。毎日朝まで気持ち良く眠り、時間が来てすっきりと起き...

北欧風にアレンジ!トイレや寝室などの照明を変えてみよう!

夜になると、家に明かりを灯してくれる照明。この照明も、時代とともに変化しつつあります。現代の...

リビングには電球色・昼白色・昼光色どの色にすればよい??

お部屋の中で最も使用頻度の高いリビング。みなさんは何色の照明を使っていますか?代表的な3...

スポンサーリンク

一人暮らしの方はシングルサイズのベッドを選ぶ?快眠しづらい?

眠る事は、人間にとって、疲れをとる事に関してとても重要な事です。

そして、眠るためには、基本的に寝具を使うのが一般的でしょう。
その寝具の中でも、最近ではベッドを使う方が多くいます。

このベッドには、シングル、セミダブル、ダブルなどサイズが多数存在しており、お伝えしたとおり、その中でも一人暮らしをするのであれば「シングルサイズ」を選ばれることが多いです。

その理由は、部屋の大きさにあります。

初めての一人暮らしなら特にですが、間取りは比較的狭めに設定して、家賃が安いところに住むことが多く、その狭めの部屋にベッドを置くとなると、サイズにも限りが出ます。

そのため、空間を少しでも確保するためにも、シングルサイズを選ぶということです。

また、「サイズが小さい分、商品が安い」ことも選ばれる理由の一つでしょう。

しかし、快眠を目的でベッドを選ぶのであれば、おすすめは、セミダブル以上のサイズになります。

やはりシングルサイズですと、少し狭いため、快眠がしづらいのです。

これも男性と女性、また身長、体重によっても感じ方は人それぞれですが、狭いと感じている方が比較的多くいます。

そこで、ここからはシングルのベッドでも快眠できるおすすめの方法をご紹介していきましょう。

快眠するならマットレスにこだわるのがおすすめ

シングルのベッドで、快眠できるおすすめの方法は、まずマットレスにこだわることです。

長時間過ごすベッドですので、快適さを求めるとマットレスが重要になるわけです。
素材感、肌触りなど様々で、たくさんの商品があります。

綺麗な環境で過ごしたいという人には、「抗菌、防臭、防ダニ加工済」商品は必須でしょう。

また、高反発マットレスも人気があります。
その理由は、寝返りがしやすく、身体の体調が良くなりやすいからです。

さらに、1万円以内で高品質の商品を購入する事ができるからです。
同グレードであれば、低反発マットレスも、高反発マットレスと変わらない値段で購入する事が可能です。

また、触り心地を気にしている方は、人肌感触マットレスもおすすめです。
とても肌触りが良いので、気持ち良くて離れたくなくなります。

シングルのサイズだと、3万5000円もあれば十分高品質なマットレスが購入できるでしょう。

このようにマットレスは、素材、肌触り、機能性の面で様々です。

マットレスにこだわると、シングルサイズであっても満足した睡眠がとれるようになるはずです。

好みは人によって分かれますが、いろいろ試して快眠を楽しんでみてください。

ベッドで快眠の必需品おすすめ寝具!シングルにもあう寝具とは?

ベッドで快眠するのに、おすすめしたい必需品はまだ残ってます。

この必需品は、シングルでも、キングサイズのベッドでもサイズに関係なく必需品です。
何か分かりますか?

答えは枕です。

枕にも、沢山の種類がありますので、厳選して選んでご紹介していきます。
「素材、価格、肌触り、デザイン」など、選ぶ時の参考にしてください。

まずは、快眠グッズとしておすすめしたい枕ですが、超極小ビーズ枕がおすすめです。
柔らかく自然に包まれるような感覚で、首に負担が少なく長時間安心して快眠できるでしょう。

低反発の枕も身体のラインに沿ったデザインで、長時間でも安心して快眠できます。

同様に高反発も、独特のラインで身体が楽な姿勢をとりやすくなり、心地良いです。

また、枕は枕カバーでデザインを変える事ができます。

色や季節によって、「気分の切り替えに簡単に買い替え」する事ができますし、清潔にするために洗濯もしやすいです。

季節によって、枕カバーに変化をつけると、より寝室が華やかになります。

快眠だけでなく、寝室をおしゃれにすることができるでしょう。

ベッドにもおすすめの必需品 !シングルは安くてお得

快眠するのに忘れてはいけないのが、ベッドにも必需品の掛け布団です。
掛け布団も、シングルベッドの大きさなら、比較的安く購入する事ができます。

お布団は、ブランドで選ぶよりも、実際に肌触りや、質感の確認、メンテナンスの仕方を重視して選ぶと良いでしょう。

また、掛け布団で、重視するものは「暖かさや、快適さ、軽さ」です。

そして、一番のおすすめは羽毛布団です。

羽毛布団は、「通気性、保温性、保湿性」に特に優れており、また非常に軽量なため、毛布なしでも快眠できます。

また、「羽毛が苦手という方」へ、おすすめなのが、ウール素材の掛け布団です。
ウールはとても暖かく快適です。

そのため、快眠にもおすすめできる素材です。

ちなみに皆さん、知っている方も多いと思いますが、ウールとは「羊の毛」です。
この羊の毛は、通気性、保温性、保湿性がしっかりしてます。

また、上記以外で人気があるのが、木綿の掛け布団です。

日本で昔から使われている素材で、吸湿性に優れていて寝汗を吸収してくれます。
ただ、放湿性に劣る部分があり、頻繁に干す必要があるのが弱点です。

この中では、羽毛布団が軽量で、性能が良いので快眠のためにこだわってみてはいかがでしょうか。

さらに快眠へ!おすすめ快眠グッズ!

シングルのベッドで、さらに快眠をするためにおすすめなグッズをご紹介します。

快眠のためには、寝室の照明も重要なポイントです。

そこでおすすめするグッズは、「Mospro LEDデスクスタンド」です。

その理由は、「ソフトな照明」「光の角度が調節可能」「LED電球の対応可」と高性能だからです。
そして、見た目も可愛らしく、値段もお手頃です。

また、照明は「明るさの調整ができる」ことが重要ですが、こちらの商品は明るさを3段階まで変えることができます。

自分に合った明るさに調節して、リラックスすることでさらに快眠へと誘ってくれることでしょう。

また、抱き枕も、快眠グッズとしておすすめです。

大きな肌触りの良いぬいぐるみでもリラックスできますが、男性のお部屋に大きなぬいぐるみは、少し恥ずかしいかもしれません。

抱き枕は、長いシンプルな棒状のものが多く、肌触りと抱き心地が良い商品が多いです。
抱き枕といっても、たくさんの種類があるので自分のお部屋に合った抱き枕を選ぶ楽しさもあります。

また、耳栓もおすすめです。
小さな音が気になる人にとても人気があります。

最近は、耳に痛みが残らないフィット感が良い商品が人気です。
耳に入れるだけで静かな空間に早変わりする耳栓は、快眠するためにもとても便利なグッズでしょう。

このように、「静かさ、明るさ、心地良さ」を手にすることでより快眠ができるようになるはずです。

ベッドを清潔に保つおすすめの方法!シングルは少し楽

ここまで、シングルのベッドで快眠するためのおすすめの方法をご紹介してきましたが、何度も眠る内にベッドも汚れてきてしまいます。

汚れてしまうと、せっかく快眠するために準備してきたことが台無しです。
そこで、ここでは、ベッドを清潔に保つ方法もご紹介していきます。

まずは、ベッドは長い時間過ごす場所なのでこまめに埃や、チリを掃除機やコロコロローラーで取り除いて下さい。

次に、お布団、マットレス、枕は「湿気を吸っています」ので、天気の良い時は、できるだけ干して、湿気を取り除きましょう。

その後は、寝具専用の掃除機などで綺麗に掃除してください。

なお、除菌効果のある消臭スプレーを使うとより良いでしょう。

また、カバー類は、洗濯をこまめにしたり、カバーの交換をしながら清潔にしておくことがベストです。

シングルのサイズはこの点が、小さい分綺麗にする掃除が楽で助かります。

せっかくここまで快眠にこだわったのですから、適切な清潔感も維持していく事が大事です。
忘れてはいけませんが、ベッドだけでなく部屋全体を掃除しておいた方が、より快眠を維持できますよ。

これからもベッドで快眠生活を楽しもう

快眠をするための様々なアイテムをおすすめしてきました。

人生の3分の1は寝て過ごすと言われていますから、快眠を心掛けましょう。

シングルでもキングサイズでも快眠してたら、人生の幸せの3分の1は幸せですよね。

仕事で疲れていても、ただ寝たいだけの時も、快眠で健康な生活をしていきましょう。